更新日:

プロミスで増額するには?審査の流れや注意点を解説

プロミスで増額するには?審査の流れや注意点を解説

プロミスを利用していて、もう少し借入可能額があれば…と思ったことはありませんか? この記事では、プロミスで増額を希望する場合に気になってくることをまとめました。申込から審査に至る流れや内容、基準、注意しておきたいポイントなどを解説しています。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスで増額するには?増額申請のタイミング

プロミスで増額するためには、利用限度額変更の申込をして審査を受けることが必要です。増額申請のタイミングについて、見ていきましょう。

①プロミスから増額案内が来た

プロミスのサービスを少なくとも数ヵ月以上、継続して利用している場合、プロミスの方からメールや電話で増額の案内が来ることがあります。

プロミスから案内が来た場合は、すでに増額の事前審査が終わっている状態です。増額を申請する良いタイミングと言えます。

②自ら増額の申し込みを行う

増額の案内が来ていない場合でも、審査の申込自体は可能です。

案内が来ない=審査に通らない、というわけではありません。ただし、審査を通過するには、いくつかクリアしておくべき前提条件があります。

一つは、プロミスで一定期間、きちんと期日通りの返済を続けていること。それから、他社のローンも利用している場合は、そちらでも延滞などがないこと。さらに、総量規制による借入限度額に達していないことも必要です。

総量規制とは、消費者金融のサービスなどを対象に、借入総額が年収の3分の1以内に制限される規制のことです。銀行のカードローンは対象外ですが、他の消費者金融会社や、クレジットカードのキャッシング枠を利用している場合は、それらを合算した額が借入総額になります。

プロミスの増額は土日も可能!審査結果はその場で通知

プロミスでの増額申請は、次の3つの窓口から申し込むことができます。

  1. インターネット(プロミスインターネット会員サービス・アプリ)
  2. 電話(プロミスコール)
  3. 自動契約機

①インターネットなら24時間受付

プロミスのインターネット会員サービスからは、24時間いつでも、増額申請を申し込むことができます。

インターネット会員サービスか、アプリにログイン後、「限度額変更のお手続き」画面で、①希望限度額、②連絡先の電話番号などを入力し申請します。

申請後、30分ほどで登録した電話番号に折り返し担当者から連絡が入ります。この電話で、申込者の現在の状況などについてヒアリングが行われ、確認ができれば、その後すぐ、審査結果が伝えられます。

ただし、プロミスの増額審査は平日の9時~18時が営業時間のため、それ以外の時間では連絡が翌営業日になることがあります

すでに増額の案内を受取っている場合は、土・日、祝日でも即日で増額手続きが完了することがあります。

②プロミスコールなら審査結果までわかる

プロミスが推奨している方法が、プロミスコールからの増額申込です。

プロミスコールから問い合わせると、必要な情報の確認後、追加の書類などが必要ない状況であれば、その場で審査結果の案内をしてもらえます

申込から増額の決定まで、一回のやり取りで済むので、プロミスコールの営業時間内であれば、インターネットからの申込よりも、おすすめしたい方法です。

◆プロミスコール:0120-24-0365

女性会員の方は、女性専用ダイヤルのレディースコールも利用することができます。
◆レディースコール:0120-86-2634

増額申込の受付時間は、いずれも平日9時~18時です。

③自動契約機なら土日・祝日でも審査

プロミスの公式ホームページでは申込窓口として案内がありませんが、プロミスの自動契約機からも、増額の申込をすることができます。

自動契約機の営業時間は、土日・祝日を含めた9時~22時です。プロミスコールの受付時間外に急ぎで増額をしたい、という場合は自動契約機から申込を行えば、追加の審査が必要なければ即日で増額手続きを完了することができます

ただし、自動契約機ならではのデメリットとして、ブースが限られているため、先客がいる時は待ち時間が発生すること、また、審査が終わるまでブース内で待つ必要がある可能性があります。

通常、審査結果が出るまでの待ち時間は、15分~30分です。

なお、申込者の利用状況によっては、最新の収入証明書などが必要になってくる場合があります。自動契約機を利用する場合は、無駄足にならないよう、あらかじめ最新の源泉徴収票など、審査の助けになりそうな書類も持っていくとよいでしょう。

プロミスの増額審査に落ちる人の特徴

プロミスの増額審査に落ちるのには、どんな理由があるのでしょうか。プロミスでは、増額審査は様々な要素から総合的に判断を行っていますが、特に注意したいポイントを挙げておきます。

  1. プロミスの返済を延滞している、していた
    冒頭でもご説明したように、増額審査に申込むためには、期日通り返済を続けていることが必要です。今現在、プロミスの返済を延滞していたり、近い過去に延滞したことがある人は、審査に通ることは難しいでしょう。

  2. 総量規制ギリギリまで借入れている
    この場合も、増額できる余地がないため、申込をしても受付けてもらうことは難しいでしょう。

  3. 信用情報の記載に問題がある
    他社のローンやキャッシングで延滞するなどして信用情報機関に事故情報が登録されている場合は、プロミスで増額することは厳しいと考えましょう。

    また、間近6ヵ月で複数のローンやクレジットカードへの申込をした記録が残っている場合も、借入に困っていると判断され、増額が通らない可能性があります。

プロミスの増額審査~審査の流れと通過するためのポイントを解説

プロミスの増額審査の内容について、ご説明します。

プロミスの増額審査で聞かれること

プロミスの増額審査では、①現住所や勤務先に変更がないかどうか、②現在の年収、③他社の借入状況などを聞かれます

年収など数字に関しては正確に答えられるよう、申込の際には源泉徴収票などの書類を手元に用意しておくとよいでしょう。

増額審査の流れと必要な書類

プロミスの増額審査では、まず、申込時の入力情報や電話による確認、提出された書類などをもとに事前審査が行われます。その後、信用情報機関への問い合わせによって得られる外部からの信用情報とを合わせて、最終的に審査結果が出されます。

審査結果では、増額の可否と融資可能な金額が伝えられます。伝えられた金額の範囲内で利用限度額を選び、変更することができます

基本的には、即日で審査結果が伝えられます。ただし、契約の条件で追加の確認が必要であったり、審査の窓口が混雑している場合は、翌日以降の回答になることもあり得ます。

申込に必要な書類

プロミスの増額審査では、状況に応じて書類の提出が必要になることがあります。書類が必要な場合と、その種類についてご案内します。

▼審査に必要な書類

  • 収入証明書
    50万円以上の借入可能額を希望する場合、また、他の消費者金融でのローンやクレジット会社でのキャッシングサービスの利用額とプロミスでの利用額の合計額が100万円を超える場合に必ず提出が必要となります。

    また、プロミスのサービスを契約してから3年以上が経過している場合も、提出を求められることがあります。

    下記の証明書類のうち、いずれか一点が必要です。
収入証明書の種類を説明する画像
  • 本人確認書類
    自動契約機で申込む場合、必要となります。また、インターネットや電話からの申込の場合でも、状況に応じて提出をお願いされることがあります。
プロミスの増額審査に必要な本人確認書類を説明する画像

増額審査に在籍確認はある?

プロミスでは、最初の契約申し込み時と異なり、増額審査では勤務先への在籍確認は通常行われません。

ただし、状況によっては、住所変更の証明書提出や、会社への架電がある場合があります。

プロミスで増額申請する時に留意すべきこと

増額申請で留意しておきたいポイントをご説明します。

①希望額が通るとは限らない

増額の申込手続きの際には利用希望額を伝えますが、必ずしも希望額で増額されるとは限りません。審査の結果、20万円の増額希望に対して10万円しか増額が提示されなかった、などもありえます。

このため、借入れるお金を利用する予定があり、必要な金額がはっきりしている場合は、金額が足りなかった場合にどうするか考えておく必要があります。

②審査の結果、不利になることも

増額を申請したことによって、かえって利用限度額を減額されたり、利用制限がかかるなど、不利になる可能性があります。

以下のような条件に自分があてはまっていると思う方は、今の時点での増額申請は見送ったほうがよいかもしれません。

▼増額審査を待った方がよい場合

  • 契約時から年収が下がった
  • 転職して日が浅い
  • プロミスや他社での借入で最近、延滞したことがある
  • 複数のローンを利用していて、契約時よりも借入額が増えた

③申請期間中はプロミスから新たな借入ができない

増額申請の期間中は、プロミスから追加の借入ができません

プロミスの増額審査は通常、即日で終了しますが、土日・祝日などの休業日をまたぐ場合などは、数日間、借入ができない状況となってしまいます。
急ぎで借入をしたい場合は、先に借入をしてから申請したほうがよいでしょう。

④他社でのカードローン利用に影響も

貸金業法の総量規制では、年収の3分の1を超える金額を貸し出すことが禁止されています。

プロミスは消費者金融のサービスなので、この総量規制の対象です。また、他の消費者金融会社や、クレジットカードでキャッシング枠を持っている場合は、すべての枠を総合した金額が収入の3分の1に収まる必要があります。

そのため、プロミスでの借入枠が増えたということは、他社での借入枠が減ったということになります。

プロミスで増額申請をする時は、他社のローンでの利用見込みなどを考慮に入れた上で、希望する金額を決めることが肝要です。

プロミスの増額まとめ

以上、プロミスの増額についてご説明しました。

増額の申請については、初回の契約時の審査以上に、申込者の契約状況によって様々な対応があり得ます。

プロミスで増額を希望する場合は、まずはプロミスコールに問い合わせて、増額の可能性や、書類提出の有無などを確認した上で申込むことをおすすめします。

関連記事

プロミスの審査に関する記事

プロミスの借り方に関する記事

プロミスの金利に関する記事

プロミスの返済に関する記事

プロミスに関するその他の記事