更新日:

プロミスのおまとめローンは即日利用できる?メリット・デメリットや審査について解説!

プロミスのおまとめローンは即日利用できる?メリット・デメリットや審査について解説!

プロミスといえば最大金利17.8%の「フリーキャッシング」が知られていますが、「おまとめローン」も提供しているのをご存知ですか?

カードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用していて、気づけば複数の借入先ができ、返済の負担が増えてきた…。「おまとめローン」は、そんな悩みを改善する有効な手段のひとつです。

この記事では、おまとめローンの概要と、プロミスのおまとめローンについて詳しく解説していきます。

おまとめローンを検討される際の参考になりましたら幸いです。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスのおまとめローンは「即日利用OK」&「総量規制の対象外」!

プロミスのおまとめローンについてご紹介する前に、まずは、「おまとめローン」とはどんな商品なのかについて説明します。

「おまとめローン」とは、貸金業者からの複数の借入をひとつにまとめて返済する目的でできたローンです。プロミスのような消費者金融のサービスのほか、信販系や銀行のカードローンでも取り扱いがあります。

プロミスのおまとめローンは最短即日で利用できる!

プロミスのおまとめローンの審査は、カードローンの審査と同じく最短即日で完了します。

銀行のローン商品では、即日で審査が完了することはまずありません。その点、プロミスの審査スピードは、融資を急いでいる人には魅力的ですよね。

おまとめローンは総量規制の対象外

通常、消費者金融やクレジットカード会社などの「貸金業者」が提供するローンは貸金業法による総量規制の対象下にありますが、おまとめローンに関しては例外的に総量規制の対象外となります。

このため、おまとめローンでの利用であれば、プロミスのような消費者金融からも、年収の3分の1を超える借入れをすることができます

おまとめローンのサービス名称は、会社によってさまざまですが、「一括借り換え融資」を目的とした金融商品であるということがおまとめローンの特徴です。

おまとめローンと借り換えローン、何が違うの?

インターネットで「おまとめローン」を調べていると、一緒に「借り換えローン」の情報が出てきて混乱したことはありませんか?

おまとめローンと借り換えローンは同じ商品なのでしょうか、それとも違うのでしょうか。

実のところ、はっきりと使い分けについて定義があるわけではありません。

ただ、おまとめローンは、複数の借入を文字通りひとつに「まとめる」ことで返済の負担を減らすことを趣旨としています。

対して、借り換えローンは、高金利のローンからより低金利のローンに借入を移し替えて金利の負担を減らす、ということが主目的となっています。

このため、シンプルにA社からB社に「借り換え」ることもできます。借入金額の大きい住宅ローンについては、「借り換えローン」と銘打ったサービスをよく見かけますね。

つまり、異なっているのは、複数の借入先を前提としているか否か、共通していることは、ローンの借入先を変更することで金利の負担を減らす目的、と捉えることができます。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスのおまとめローンの商品概要

では、おまとめローンは何を基準に選ぶのがよいのでしょうか?

金利(借入利率)や借入できる額、使い勝手など、さまざまな判断基準が考えられます。

ここからは、プロミスのおまとめローンについて詳しく紹介していきます。

プロミスのおまとめローンとフリーキャッシングの違い

プロミスには、「おまとめローン」と「フリーキャッシング」というふたつのローン商品があります。

プロミスで取り扱っている「おまとめローン」と「フリーキャッシング」との違いを表にしてみました。

カードローン種別 おまとめローン フリーキャッシング(通常のローン)
申込可能な方 年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入のある方 年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方
担保・保証人 不要 不要
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済 生計費(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費)
融資額 300万円まで 500万円まで
借入利率 6.3%~17.8% 4.5%~17.8%
返済方式 元利定額返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・返済回数 最終借入後、最長10年・1回~120回 最終借入後、原則最長6年9ヶ月・1~80回
追加借入
不可 可能

まず、異なるのは、おまとめローンとフリーキャッシングの使用目的です。おまとめローンの資金使途は「他の貸金業者からの借入金返済」となっています。

また、おまとめローンは追加の借入ができないことも特徴的です。

さらに比較すると、下限金利や融資額、申込可能な年齢で、おまとめローンのほうが厳しくなっています。

返済期間・回数については、おまとめローンのほうが長めですね。

プロミスのおまとめローンのメリット

それでは、プロミスのおまとめローンにはどのような特長があるのでしょうか。

①総量規制の対象外のため、まとまった金額が借入できる

これはプロミスのおまとめローンだけに限りませんが、おまとめローンは貸金業法の総量規制の対象外のため、年収の3分の1以上の借入ができます。

例えば、年収300万円の方は通常のフリーキャッシングだと100万円までしか借入ができませんが、おまとめローンなら100万円以上の借入が可能となります。

おまとめローンは、複数の債務をまとめて返済することが目的ですので、審査に通れば、他社への完済に必要な金額を一括で融資してもらうことができます。必ずしも希望額で増額してもらえるとは限らないフリーキャッシングと違うところです。

②金利の引き下げ効果が期待できる

こちらもプロミスのおまとめローンに限りませんが、複数の借入先からの借入が一本化されて金額が大きくなることで、金利の引き下げ効果が期待できます

後ほどおまとめローンのシミュレーションのところで詳しくご説明しますが、100万円以上を借入れた場合は、金利は少なくとも15%以下になります。これにより、今、15%以上の金利で借入しているとすれば、毎月の返済の負担を減らすことができます。

逆に言えば、ローンをおまとめした結果、金利が上がってしまうようであれば、おまとめローンを利用するより現状のまま返済を続けたほうが得策となります。

③借入先へ手数料無料で返済代行

プロミスのおまとめローンでは、契約が済むと、プロミスが契約者の名前でこれまでの借入先に返済額を振込みます。この返済代行にかかる振込手数料や手続き費用は無料です。

他社のおまとめローンでは、借入額がいったん契約者の口座に振込まれ、自分で返済する仕組みの商品もあります。このため、返済に使うつもりだったのにほかの用途に使ってしまった、ということも起こりえます。

プロミスのおまとめローンではこのような心配がなく、自分で返済する手間も省くことができます。

④審査が早く、即日融資も可能。パートやアルバイトでも申込める

プロミスの審査は早く、最短30分で結果がわかります。このため即日融資も可能です。また、安定収入があれば、パートやアルバイトの方でも申込が可能です。

⑤返済しやすい仕組み。繰り上げ返済も可能

おまとめローンで返済先が一本化されると、借入先ごとに月に何回も返済日が来る状況から解放されます。返済日が毎月1回に定まり、返済管理がしやすくなります

さらにプロミスの返済では、通常の返済日は毎月5日ですが、三井住友銀行かジャパンネット銀行からの口座振替による返済を選択すると、返済日が5日、15日、25日、末日のなかから自由に選択できるようになります。

また、プロミスのおまとめローンでは、口座振替や振込、ATMからの返済のほかに、カードレスでスマホから返済することもできます。このように返済の自由度が高いのも、プロミスのおまとめローンの特長です。

また、繰り上げ返済も可能なため、毎月の返済に加えてゆとりのあるときに追加の返済を行うことで、返済期間や返済総額を減らすことができます。

以上の特長から、プロミスでおまとめローンを利用するメリットとして、特に以下の3点が挙げられるでしょう。

おまとめローンのメリット

  • 即日融資が可能
  • 手数料無料で返済代行
  • 返済しやすい仕組み
プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスのおまとめローンのデメリット

プロミスのおまとめローンのメリットについてお話ししたので、デメリットについてもご紹介します。

①銀行カードローンの借入はまとめることができない

プロミスの「おまとめローン」の商品説明には、資金使途は「他の貸金業者からの借入金返済に限ります」と書かれています。

貸金業者とは、消費者金融や信販、クレジットカード会社などのノンバンクを指し、銀行や信用金庫などは含まれません。

このため、プロミスのおまとめローンでは貸金業者以外からの貸付、銀行カードローンなどをまとめることができません

銀行系カードローンを利用している方にとっては大きなデメリットと言えるでしょう。

ただ、銀行カードローンの金利は消費者金融の金利よりも低いのが一般的です。例えば、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の金利は、1.8%~14.6%です。プロミスのおまとめローンの金利は、6.3%~17.8%です。

このため、金利面を考えると、銀行カードローンに関しては、プロミスでまとめてしまうよりも、別に返済したほうが有利になる可能性が高いです。

しかし、その場合、返済がシンプルになって管理がしやすくなるというメリットは失われてしまいます。

②融資限度額が300万円まで

プロミスのおまとめローンの融資限度額は300万円で、自社のフリーキャッシングの500万円よりも低く設定されています。

まとめたいローンの合計が300万円を超えている場合は、返済に必要な金額の一部しかまとめられず、契約ができない可能性があります。

③追加借入ができない

プロミスのおまとめローンは「返済専用」のローンのため、追加の借入はできません。また、他社からの借入の合計残高以上の金額を借入れることはできません

返済だけでなく借入もおこないたい場合は、他社の借り換えローンなどを検討したほうがよいでしょう。

④インターネットや電話から申込ができない

プロミスのフリーキャッシングはインターネットから契約することができますが、おまとめローンは自動契約機かお客様サービスプラザでのみの契約となります。電話での申込もできません。契約のため、営業時間内に店舗に出向く必要があります。

このように、プロミスのおまとめローンのデメリットをまとめると、以下の点が挙げられます。

おまとめローンのデメリット

  • 「おまとめ」できないローンがある
  • 300万円以上はまとめられない
  • 追加借入ができない

プロミスのおまとめローンの返済シミュレーション

カードローンの金利は、契約者の取引実績などさまざまな要素で決まりますが、一般的に借入金額が大きいほうが金利は低くなります。

2010年6月に利息制限法で上限金利が引き下げられ、100万円以上の上限金利は年15%と定められました。プロミスのおまとめローンについても、この決まりが適用されます。

このため、金利18%のA社、B社、金利17.8%のプロミスのフリーキャッシングからそれぞれ40万円ずつ借りているときに、プロミスのおまとめローンを利用すると、金利は確実に15%以下となります。

金利15%になった場合に、どのくらいの負担減になるのかシミュレーションしてみましょう。

▼金利18%、17.8%の3社から別々に借入れた場合
借入先 A社 B社 プロミス
借入額 40万円 40万円 40万円
金利 18% 18% 17.8%
毎月の返済額(※) 15,000円 14,460円 14,420円
毎月の返済額合計 43,880円
返済期間3年
(36回)の利息
114,215円 120,582円 119,134円
利息合計 353,931円
(※)同じ金利でも、会社によって計算方法などの違いにより返済額が変わります


▼金利15%でプロミスのおまとめローンにまとめた場合
借入額 120万円
金利 15%
毎月の返済額 41,598円
返済期間3年
(36回)の利息
297,524円

まとめる前と後を比べてみると、毎月の返済額が43,880円から41,598円に減り、2,282円の負担減となりました。

また、3年間の利息合計額が、353,931円から297,524円に減りました。完済までの利息は、56,407円減った計算になります。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスのおまとめローンの審査・申込方法

プロミスのおまとめローンの申込や審査の流れについて解説します。

おまとめローンの申込条件

プロミスのおまとめローンの商品説明では、申込可能なのは「年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入のある方」となっています。

専業主婦や無職の方は申込むことができませんが、パートやアルバイトでも安定した収入があれば、申込が可能です。

また、借入金の利用目的は「他の貸金業者からの借入返済」に限られます。ほかの目的では審査に通ることができません。

おまとめローンの申込方法と審査の流れ

プロミスのおまとめローンは、自動契約機かお客様サービスプラザから申込むことができます。営業時間は以下の通りです。

・自動契約機:9時~22時
・お客様サービスプラザ:平日10時~18時

自動契約機やお客様サービスプラザの場所は、プロミスの公式サイトやアプリから検索することができます。

また、手続きをスムーズに進めるため、あらかじめ出かける前に、自分が申込める可能性や必要な書類について電話で問い合わせておくとよいでしょう。

プロミスコール:0120-24-0365(9時~22時)

申込には、運転免許証や健康保険証、パスポートといった本人確認書類のほか、源泉徴収票や確定申告書など収入を証明する書類を提出する必要があります。

外国籍の方は、本人確認書類と収入証明書類に加えて「在留カード」か「特別永住者証明書」の提出も必要です。

プロミスのおまとめローンの申込に必要な本人確認書類を説明する画像
プロミスのおまとめローン申込に必要な収入証明書を説明する画像

審査の結果はその場で伝えられます。早ければ30分~1時間程度、通常即日で審査結果がわかります。

プロミスとの契約が初めての場合は、審査の途中で勤務先への在籍確認がおこなわれます。

すでにプロミスの会員の方がおまとめローンに借り換える場合は、契約時から大きな変化があり、必要と判断された場合を除いては在籍確認はありません。

在籍確認が必要であったり、追加の書類が必要となった場合は、翌営業日以降の審査結果通知となることがあります。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの「おまとめローン」審査に落ちる3つのポイント

プロミスのおまとめローンの審査に落ちるのは、どういう場合でしょうか。

基本的なところは、同社のフリーキャッシングの審査と変わりません。3つのポイントを挙げておきます。

  1. 安定した収入がない
    申込要件にも明記されているように、安定的な収入があることは審査に通る大前提です。安定の判断には勤続年数も考慮されますので、収入があっても転職したての場合は審査に通りにくくなります。
  2. 信用情報に問題がある
    審査申込を受けてプロミスが照会する信用情報機関には、申込者がどこからどれだけ借入をしているか、間近で延滞などの金融事故を起こしていないか、などの情報が集まってきます。

    もし信用情報に金融事故などの記載があれば、審査を通過するのは難しいでしょう。
  3. 申込書に虚偽の内容があることが発覚した
    申込の際の書類に虚偽の情報が入っていたり、間違っていたことがわかった場合は、プロミスの審査担当者から確認が入ります。

    悪質な場合は審査に通らないのはもちろん、プロミスでのほかの契約も打ち切られてしまうおそれがあります。
プロミスの審査は甘い?気になる審査難易度や審査基準、落ちる原因まで総まとめ

プロミスのおまとめローンの解約方法

プロミスのおまとめローンで無事完済した後の解約方法もご案内しておきます。

プロミスでは、完済しても自動的に契約終了とはなりません。契約が残っていると、信用情報に契約の情報が掲載されたままになります。もし、今後プロミスのサービスを使わない予定なのであれば、完済後に自ら解約手続きを申込む必要があります。

解約手続きの申込は、プロミスコールもしくはお客様サービスプラザを通しておこないます。

【問合せ受付時間】
・お客様サービスプラザ:平日10時~18時
・プロミスコール:9時~22時(0120-24-0365)

プロミスのおまとめローン審査に通るために気をつけたい4つのポイント

プロミスのおまとめローン審査に通りたいなら、次の4つのポイントに気をつけたいところです。

審査に通るためのポイント

  1. 信用情報
  2. 安定した収入
  3. 他社借入件数・金額
  4. 在籍確認

①信用情報

信用情報に傷がついていると、審査に落ちやすくなってしまいます。

例えば、クレジットカードやローンの支払い・返済に遅れたり、債務整理などの金融事故を経験したりしている場合には、審査にマイナスの影響が及ぶでしょう。

一度信用情報に傷がついても、一定の保有期間が過ぎれば信用情報は回復します。信用情報に問題がない状態でおまとめローンの審査に申し込むことで、審査に通りやすくなるのではないでしょうか。

②安定した収入

ローンの審査では、「安定した収入を持っているか?」という点はとても重視されます。

なぜなら、安定した収入がなければ、借りたお金を返すための返済能力もないことになってしまうからです。収入が安定しており、十分に返済額を支払うことができるような状態で審査に申し込むことで、審査に通りやすくなる可能性があります。

③他社借入件数・金額

おまとめローンだからといって、いくらでも他社借入があってよいという訳ではありません。

当然、他社借入件数・金額が多いほど、おまとめローンの審査に通る可能性は低くなってしまいます。そこで、もし「もう少しで完済できる」という他社借入があるのなら、少しでも他社借入を減らしてからおまとめローンの審査に申し込むことで、審査に通る可能性を上げられるかもしれません。

④在籍確認

プロミスのおまとめローンでは、審査の一環として在籍確認がおこなわれることがあります。

在籍確認の際に、電話が繋がらなかったり、電話に出た人が申込者の名前を知らなかったりすると、そのせいで審査に落ちてしまう可能性があります

また、虚偽の勤務先を申告するようなことがあると、審査に落ちる可能性が非常に高くなってしまいます。正直に勤務先を申告したうえで、繋がりやすい連絡先を伝えるようにしましょう。

まとめ~プロミスのおまとめローンに向いている人

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

最後に、プロミスの「おまとめローン」は、どのような人に向いているのか、まとめておきます。

プロミスのおまとめローンに向いているのは、①おまとめ後の総額が300万円に近いが、超えないことが見込まれる、②現在の借入は、他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスによるもののみ、もしくは大部分を占める、③融資を急いでいる、以上の3点に当てはまる人と言えるでしょう。

金利の低い銀行系のサービスの場合、審査結果が出るのは最短で翌営業日です。また、申込から融資まで数日~数週間かかることがほとんどです。プロミスは消費者金融の中でも、審査のスピードが速く、即日融資も可能のため、融資を急いでいる方には向いているサービスです。

また、プロミスの提示する下限金利に近い金利を受けるには、借入額が大きいほうが可能性は高まります。それでも、銀行カードローンなどの低金利のローンがメインの借入先の場合は、プロミスのおまとめローンに一本化すると、かえって返済の負担が増えてしまうおそれがあります。

以上、プロミスのおまとめローンや、おまとめローンの概要についてご説明してきました。

ご案内したように、おまとめローンやそれに類似する商品は、プロミス以外にもさまざまな会社が取り扱っています。比較検討してご自分に一番有利なサービスを選ぶことをおすすめします。

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事

プロミスの審査に関する記事

プロミスの借り方に関する記事

プロミスの金利に関する記事

プロミスの増額に関する記事

プロミスの返済に関する記事

プロミスに関するその他の記事

プロミス:※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要