更新日:

プロミスとレイクALSAを徹底比較!2社の成約率やそれぞれのメリットもご紹介

プロミスとレイクALSAを徹底比較!2社の成約率やそれぞれのメリットもご紹介

大手消費者金融の中でも、アプリによるカードレスな借入れが特長であるプロミスとレイクALSA。どちらに申込むべきか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、プロミスとレイクALSAの2社を徹底的に比べました。結論をまとめると、審査結果を早く知りたい方は、申込み後から最短15秒審査が特徴のレイクALSAを、契約後の利便性を重視する方は「瞬フリ」による最短10秒振込や豊富な提携ATMをそろえるプロミスがおすすめとなっています。

本記事では2社が持つスペックからサービス内容までを、口コミを交えながら比較していますので、ぜひ参考にしてください。

プロミスとレイクALSAに共通する要素を比較

プロミスとレイクALSAの違いを確認するためには、2社のスペックなどを細かく比較していくことが大切です。そこでまずは、2社に共通する以下の要素を比較していきましょう。

プロミスとレイクALSAの比較項目

  1. 金額と限度額
  2. 申込み条件
  3. スマホアプリ
  4. 提携コンビニATMの数
  5. 最低返済額
  6. 借入れ・返済方法

それぞれの要素を細かく比較していくことで、2社の違いやメリットなどがわかりやすくなります。詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

1.プロミスとレイクALSA、金利と限度額はどちらがおすすめ?

まずは、2社の金利と限度額を比べていきましょう。金利は返済に大きく関わる部分であり、借入れを検討しているのであれば、金利のチェックは必須です。まずは、以下の表を確認しましょう。

プロミスとレイクALSAの最高限度額と金利
消費者金融 プロミス レイクALSA
最高限度額 500万円 500万円
金利(年) 4.5%~17.8% 4.5%~18.0%

プロミスの上限金利が年17.8%であるのに対し、レイクALSAは年18.0%となるため、金利に関しては、わずかながらプロミスにメリットがあるといえますね。ちなみに金利や限度額は、両社とも申込内容や信用情報、他社からの借入れ情報をもとに設定されています。

また、プロミスは「借入残高」が、レイクALSAは「借入れ限度額」が設定される金利に大きく影響します。まずは、プロミスの設定金利についてみていきましょう。

プロミスの金利設定目安
借入れ残高 金利(年)
100万円未満 4.5%~17.8%
100万円以上 4.5~15.0%

プロミスでは、借入れ残高に応じた金利の目安は公表されていません。とはいえ、利息制限法によって100万円以上の借入れに対し、実質年率15.0%を上限とする利息制限法があります。

そのため、100万円以上を借入れる方は、上限年15.0%以下の金利が設定されます。続いては、レイクALSAの金利について確認していきましょう。

レイクALSAの金利設定目安
借入れ限度額 金利(年)
1万円以上10万円未満 15.0%~18.0%
100万円超過200万円以下 12.0%~15.0%
200万円超過300万円以下 9.0%~15.0%
300万円超過400万円以下 7.0%
400万円超過500万円以下 4.5%

表にもあるように、レイクALSAの「借入れ限度額」に対する金利の設定は、100万円単位で設定されています。借入れ限度額をもとに金利を設定するということは、限度額が変わらなければ、金利も変わらないということです。

つまり、300万円を超える限度額が設定された場合は、上限年7.0%の金利が設定されるため、借入れ金額が100万円以下であっても、年7.0%の金利で借入れが可能ということになるのです。

300万円を超える利用限度額が設定される自信がある方は、上限金利が明記されているために、低い金利で利用できる可能性が高いレイクALSAを検討するのがおすすめです。

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から最短60分融資
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • 選べる無利息サービス!※
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可能
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

2.プロミスとレイクALSAの申込み条件の違いは?

次に、プロミスとレイクALSAの申込み条件について見ていきましょう。2社の申込み条件は共通する点が多くなっていますが、対象年齢の面に差が見られます。

申込み条件の違い
消費者金融 プロミス レイクALSA
使用用途 生計費(※1) 生計費
対象年齢 20歳以上69歳以下 20歳以上70歳以下
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書(※2)
・本人確認書類
・収入証明書(※2)
そのほか 安定した収入がある方
安定した収入がある方
(※1)個人事業主の場合、事業費も可
(※2)50万円を超える借入れを希望する場合もしくは、他社との借入れ残高と希望借入れ額を合わせて100万円を超える場合

上記の表のとおり、プロミスとレイクALSAは対象年齢に1歳分の差があります。わずかな差ではありますが、1年分長く借入れをおこなうことができる点はレイクALSAのメリットのひとつといえるでしょう。

3.プロミス・レイクALSAの公式スマホアプリ機能を比較

プロミス・レイクALSAでは、公式アプリを活用して借入れ・返済が可能です。2社ともセブン銀行ATMであれば、カードレスで借入れ・返済ができるため、アプリを利用することで利便性が上がることも共通していえます。では、そのほかのアプリ機能はどこが違うのか比べてみましょう。

アプリ機能の比較
消費者金融 プロミス レイクALSA
会員ログイン
新規申込み
必要書類の提出
返済シミュレーション
店舗・ATM検索
よくある質問
生体認証サービス
アプリ利用特典 ×

アプリの機能を比較しても、ほぼ変わらないということがわかりますね。しかし、「生体認証サービス」は、スマートフォン自体が生体認証に対応していれば使用できるレイクALSAに対して、プロミスはAndroid端末にしか対応していません。

生体認証サービスとは、指紋や顔、声などを使ってアプリにログインする方法であり、セキュリティ強化にも役立つ機能です。iPhone端末を使用している方は、セキュリティ面を重視する場合にはレイクALSAへの申込みがおすすめです。

一方プロミスでは、アプリを利用することによって「アプリdeクーポン」という優待サービスを受けることが可能です。

たとえば、ピザーラのLサイズピザを500円引きで注文できる割引クーポンを受け取れるなど、日々の買いもので活用できるお得なサービスとなっています。このようなサービスは他社のアプリにはないので、独自の魅力といえるでしょう。

このほかに、「プロミスポイント」といったポイントシステムも提供されています。詳しくは後述の「借入れ・返済手数料が無料になるプロミスポイント」で解説するので、ぜひ確認してください。

4.プロミスとレイクALSAの提携ATMはどちらが多い?

次に、プロミスとレイクALSAの提携ATMはどちらが多いのか比較していきましょう。以下の表にATM数をまとめました。

プロミス・レイクALSAのATM数比較
消費者金融 プロミス レイクALSA
自社ATM数 932台 703台
提携ATM数 140,736台
約77,000台
<参考資料>
プロミス:2020年3月期決算補足資料
レイクALSA:2019年度四半期データブック2020年3月末(17ページ)

利用できるATM数が多いということは、それだけ利便性も高くなるということです。プロミスは消費者金融のなかでも、提携ATM台数が多いカードローンとなっており、さまざまな場所で取引がおこなえるというメリットを持っています。

また、コンビニATMなど提携ATMが多いということは、カードローンをバレないように利用したい方には重要なポイントとなります。家族や同僚に内緒でカードローンを使いたいという方は、プロミスの提携ATM数にも注目しましょう。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

5.プロミスとレイクALSAの最低返済額に差はある?

プロミスとレイクALSAを比較した場合、借入れ額によってはプロミスの方が最低返済額が低くなります。

最低返済額は、毎月必ず返済をしなくてはいけない金額なので、生活に直結するものであり、借入れをする前に必ずチェックしてほしいポイントです。プロミスの場合は、借入れ金額に応じて以下のようにパーセンテージで最低返済額が決められています。

プロミスの最低返済額の割合(※)
借入れ残高 割合
30万円以下 3.61%
30万円超過100万円以下 2.53%
100万円超過 1.99%
(※)1,000円未満切り上げ

プロミスの場合は、「残高スライド元利定額返済方式」を採用しており、借入れ残高に対し一定の割合を掛けることで最低返済額がわかるため、自分でも確認しやすいのが特徴です。

たとえば、借入れ残高が20万円である場合、200,000円×3.61%で7,220円、1,000円未満は切り上げになるため8,000円が最低返済額となります。

一方、レイクALSAの場合は、「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の2種類の返済方式があります。

元利低額リボルビング方式は、借入れ残高に左右されず月々の最低返済額は変わらない返済方式です。たとえ返済を続け借入れ残高が減少したとしても、一度決まった最低返済額は変わらないため、ここでは「残高スライドリボルビング方式」に注目していきましょう。

レイクALSA「残高スライドリボルビング方式」の最低返済額(※)
借入れ残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過20万円以下 8,000円
20万円超過30万円以下 12,000円
30万円超過40万円以下 13,000円
40万円超過50万円以下 14,000円
(※)金利が年18.0%の場合

「残高スライドリボルビング方式」は、新規で借入れをしたときの金額によって返済額が設定され、追加で借入れをした場合は、その都度借入れ残高に応じて最低返済額が再設定されます。

つまりプロミスと同じように、借入れ残高が減るにつれて最低返済額も減少していきます。異なるポイントとしては、プロミスは借入れ残高を直接参照して最低返済額が決められるのに対し、レイクALSAは借入れ残高が一定の範囲で区切られ、その範囲に応じて最低返済額が設定されています。

実際には、どのように最低返済額が変わるのか次の表を見ていきましょう。

プロミスとレイクALSAの最低返済額の比較
借入れ残高 プロミス レイクALSA(※)
10万円 4,000円 4,000円
30万円 11,000円 12,000円
50万円 13,000円
14,000円
(※)残高スライドリボルビング方式で計算

表に、借入れ残高に応じて返済額が変動するものの、プロミスとレイクALSAでは算出の方法が違うため、借入れ残高によって最低返済額が異なります。最低返済金額を抑え、できるだけ毎月出費を最低限にしたいという方は、プロミスを検討するのがおすすめです。

6.プロミスとレイクALSAの借入れ・返済方法の利便性は?

借入れ・返済の方法については、両社にあまり差はありません。しかし、提供されるサービス内容を細かく確認することで、それぞれの強みが見えてきます。まずは以下の表を確認してみましょう。

プロミスとレイクALSAの借入れ・返済方法の比較
消費者金融 プロミス レイクALSA
借入れ方法 ・振込融資
・瞬フリ
・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
・提携ATM
・振込融資
・新生銀行カードローンATM
・提携ATM
返済方法 ・口座振替
・WEB返済
・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
・提携ATM
・銀行振込み
・口座振替
・WEB返済
・新生銀行カードローンATM
・提携ATM
・銀行振込み

表を見てもわかるように、基本的に借入れ・返済には振込みや引落し、ATMを利用したものの2種類に分かれます。そこで注目してほしいのが、プロミスの「瞬フリ」です。

瞬フリはその名のとおり、振込融資の手続きから最短10秒で融資を受けることができる最短の融資方法です。詳しくは後述の「最短10秒で振込融資を受けられる瞬フリ」で解説していくので、チェックしてください。次に、借入れ・返済によって発生する手数料を比べていきましょう。

借入れ方法別利用手数料(※1)
借入れ方法 プロミス レイクALSA
振込融資 無料 無料
自社ATM
無料(※2) 無料(※3)
提携ATM ・1万円以下:110円
・1万円超過:220円
・1万円以下:110円
・1万円超過:220円
(※1)金額はすべて税込
(※2)プロミス・三井住友銀行ATMの利用手数料
(※3)新生銀行カードローンATMの利用手数料

コンビニなど提携ATMでは、2社ともに手数料が発生します。自社ATMや振込融資であれば、手数料がかからずに融資を受けることが可能です。また、返済をする場合にはその手段によって手数料の有無や一括返済への対応が変わります。以下の表を確認しましょう。

プロミスの返済手数料と一括返済方法(※)
返済方法 手数料 一括返済
口座振替 無料 ×
WEB返済 無料
プロミスATM 無料 ×
三井住友銀行ATM 無料 ×
提携ATM ・1万円以下:110円
・1万円超過:220円
×
銀行振込み 各金融機関の振込み手数料
(※)金額はすべて税込

レイクALSAの返済手数料と一括返済方法(※)
返済方法 手数料 一括返済
口座振替 無料 ×
WEB返済 無料
新生銀行カードローンATM 無料
提携ATM ・1万円以下:110円
・1万円超過:220円
×
銀行振込み 各銀行の振込み手数料
(※)金額はすべて税込

プロミスとレイクALSAの返済方法の違いとしては、レイクALSAで利用できる新生銀行カードローンATMが一括返済に対応しているという点があげられます。

レイクALSAでは、WEB返済以外に、新生銀行カードローンATMを利用することでも手数料無料で一括返済をすることができます。借入れ・返済方法はカードローンを利用するうえで利便性に大きく関わります。借入れのスピードや利用手数料など、自分が使う際に重視したい項目に注目して比較しましょう。

申込み者数が多いのはどっち?2社の人気や成約率を比較

プロミスとレイクALSAではどちらが人気なのでしょうか。結論からいえば、魅力的に感じる方が多いのはプロミスになります。その理由として、申込み者数や顧客数、新規契約者数などの数値が挙げられます。

新規契約者数と顧客の比較
消費者金融 プロミス レイクALSA
申込み者数 59,260人
非公表
新規契約者数 260,000人 34,300人
成約率 44.8% 30.6%
顧客数 1,461,000人 864,900人
<参考資料>
プロミス:2020年3月期SMBCコンシューマーファイナンス月次データ(申込者数)
プロミス:2020年3月期決算補足資料
レイクALSA:2019年度四半期データブック2020年3月末(17ページ)

レイクALSAは新規申込み者を公表していないため、その点で比較することは難しいですが、新規契約数、成約率、顧客数をふまえて考えると、プロミスの方が人気であるとわかります。

また、新規契約者数が多いということは、申込時に新規契約に対するメリットが大きいと考えられます。そして顧客数が多いということも、利用している方が利便性の高さを感じて継続して借入れているとも考えられるでしょう。

プロミス独自のメリット「瞬フリ」と「プロミスポイント」をご紹介!

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

消費者金融のなかでも、プロミスとレイクALSAはサービスが充実していることに定評があります。とはいえ、そのサービスが自分にとって利便性よく使えるものでなくては、いくらサービスが豊富でも意味がありません。

サービスの内容とメリットをよく理解したうえで、自分に必要かどうか検討することが大切です。そこで、2社が展開する独自サービスをご紹介します。まずは、プロミスの強みである2つのサービスについて詳しく解説していきます。

最短10秒で振込融資を受けられる「瞬フリ」

プロミスは銀行口座への振込融資では最速ともいえるほど早い融資を受けることができる「瞬フリ」サービスを提供しています。瞬フリは、振込融資の手続きを申込んでから最短10秒で振込みが完了するサービスです。

プロミスとレイクALSAの振込融資対応時間
消費者金融 プロミスの「瞬フリ」 レイクALSAの振込融資
融資までの時間 最短10秒 即日
申込受付時間 24時間365日(※1) ・月曜日:8時10分~23時50分
・火~土曜日:0時15分~23時50分
・日曜日:4時~18時50分
(※2)
(※1)メンテナンス時間をのぞく
(※2)新規申込者は平日・土曜日は21時まで、日曜日は18時まで

瞬フリは365日24時間申込みを受け付けており、さらに手数料0円で利用可能です。また、初めて融資を受ける場合も、すぐに手続きができる点もメリットのひとつです。自宅にいながら、最短10秒で振込融資を受けられるのは、急な出費にも対応しやすくとても利便性が高いです。

レイクALSAでも、手続きから融資までの時間は「即日」としていますが、最短10秒という振込融資の早さは業界全体で見ても非常にスピーディです。マネ会に寄せられた口コミのなかにも、「瞬フリ」の利便性を評価する口コミが見られます。

(40代 / 女性 / フリーター / 年収200万円未満 / 借入金額10万円~50万円未満)

即時入金の「瞬フリ」がとても便利で気に入っています。「瞬フリ」の名の通り、借りたい金額を入力すると本当に数秒で入金されるので、初めは大変驚きました。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円未満 / 借入金額50~100万円未満)

対応時間内なら自分の口座にネット申し込みですぐに振り込んでくれる「瞬フリ」が便利です。通帳に振り込み記録は残りますが、わからないように実際の会社名での記載はありませんし、あとで自分がいついくら借りたのか通帳を確認すればわかるため、借りすぎになりにくい管理しやすいシステムだと思います。

瞬フリは、口座に社名が残ることを不安に思う方もいますが、「パルセンター」という別名義で記帳されるなど、プライバシーにも配慮されています。

瞬フリは全国約200の金融機関に対応していますが、振込実施時間は利用する金融機関によって異なります。手続きをおこなう前に、振込みを依頼する口座の対応時間を確認しておくのがおすすめです。

借入れ・返済手数料が無料になる「プロミスポイント」

プロミスでは、「プロミスポイント」という独自のポイントプログラムを採用しています。ポイントは、次のようなサービスを利用することで貯められます。

ポイント対象サービスとポイント獲得数
対象サービス 獲得ポイント 備考
プロミスポイントサービス申込み 100ポイント 初回登録のみ
ネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時のみ
プロミスからのお知らせの確認 5~20ポイント ポイント対象外のお知らせもあり
収入証明書類の提出 160ポイント 同年中1回のみポイントを獲得できる
返済日お知らせメール
1ポイント 月末時点でサービスの登録済みの方が対象
取引確認メール 1ポイント
WEB明細の受取り 1ポイント

毎月会員ページへのログインや、返済日のお知らせメールなどを設定・確認することでポイントを獲得できます。会員ページを利用するだけでもポイントが貯まるため、気軽にポイントを獲得できるのも魅力です。また、貯まったポイントは、以下のサービスと交換ができます。

ポイントの交換先
サービス 必要ポイント 適用期間
提携ATMの手数料無料 40ポイント 申込み日から翌月末日
無利息サービス 250ポイント 7日間
400ポイント
15日間
700ポイント 30日間

全国に提携ATMを多数抱えるプロミスで、提携ATMの手数料が無料になるのはうれしい特典です。申込み日から翌月末まで無料で利用できるということは、月初めに申込むことで約2ヶ月間にわたり手数料無料で借入れ・返済ができるということになります。

コンビニATMなどをよく利用するという方は、ポイントを利用することでATM手数料を節約できます。また、多くのポイントを必要としますが、無利息期間を新たに獲得することで、借入れ総額を抑えることも可能です。

プロミスポイントを利用するためには、会員サービスから「プロミスポイントサービス」への加入が必要になるので、利用したい方は契約後すぐに加入手続きをしておきましょう。

「複数の無利息期間」と「申込み後から最短15秒審査」がレイクALSAの強み!

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から最短60分融資
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • 選べる無利息サービス!※
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可能
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

プロミスは借入れに対するサービスが充実していますが、レイクALSAでは「選択制の無利息サービス」や「申込み後から最短15秒審査」など新規申込み者に対するサービスが充実しています。ここからは、レイクALSAが持つふたつの特長について、詳しく解説していきます。

レイクALSAでは複数の無利息期間を提供している

レイクALSAの最大の特長ともいえる「複数の無利息期間」は、最大180日間にわたって無利息サービスを受けられる点が魅力です。消費者金融の多くは、新規申込者に向けて30日間の無利息期間を設けています。

しかし、レイクALSAでは複数の無利息期間が用意されており、借入金額や期間に合わせた無利息期間を利用することができます。

レイクALSAの無利息期間
無利息期間 期間開始日 適用条件
30日間 契約日の翌日 ・新規申込み者の方
・利用限度額が500万円以下
60日間 ・WEB申込み者限定
・新規申込み者の方
・利用限度額が200万円以下
180日間 ・新規申込み者の方
・利用限度額が200万円以下
・5万円までの借入れが対象

借入れ額が5万円までではあるものの、無利息期間が180日もあるのは消費者金融のなかでも類を見ないサービスです。

しかも、180日間の間に何度借入れ・返済を繰り返しても5万円以内であれば無利息期間が適用され、無利息で借入れができます。少額融資を希望しており、180日以内で返済できるという方におすすめです。

では、実際にレイクALSAと契約した方は、無利息期間をどのように活用しているのでしょうか。マネ会に寄せられた口コミを下記にまとめました。

(20代 / 女性 / 学生 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以下)

CMで30日間利息無料を見ていたこともあり、30日以内に返せるようなスケジュールで借りられたので、金利に関しては特に何も気にせずに返済出来ました。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200~400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

レイクALSAさんの独自のサービスである、60日間分の金利がゼロになる話は他の消費者金融にはない素晴らしいサービスだと思いました。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額10万円以下)

私はレイクALSAを初めて利用したため、独自サービスである「5万円まで180日間利息0」の恩恵を受けることができました。私は3ヶ月間で一括返済したこともあり、完全に無利息で4万円を借りることができたのでした。

無利息期間を活用することによって利息ゼロ円で完済できたという方も見られました。期間中であれば、借りた分だけ返せば完済となる無利息期間は、カードローン以外の金融商品全般を見ても、非常にお得なサービスとなっています。

レイクALSAは審査結果が申込み後から最短15秒でわかる!

レイクALSAは申込み後から最短15秒審査を掲げており、急いで借入れをしたいという方にとっては、スピーディな審査体制は大きな長所となります。

プロミスとレイクALSAの審査時間
消費者金融 プロミス レイクALSA
審査時間 最短30分 申込み後から最短15秒
審査対応時間 9時~21時(※) 日曜日:18時まで
その他:21時まで
(※)自動契約機からの申込みは9時~22時

最短30分審査回答を掲げる消費者金融他社と比べても、申込み後から最短15秒というレイクALSAの審査時間は非常にスピーディです。即日融資を受けたいという方にとって審査結果が早いことに越したことはなく、レイクALSAと契約した方からは、「驚くほど審査結果が早かった」という口コミも数多く寄せられています。

そこで、マネ会が独自に収集したレイクALSA利用者の口コミから、審査所要時間について触れている方の口コミを以下にまとめました。

(30代 / 女性 / 主婦 / 年収200~400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

他にも借入があったにもかかわらず、本当に最短15秒で審査結果が表示がされた。

(30代 / 女性 / フリーター / 年収200~400万円未満 / 借入金額10万円以下)

全体を通してスピーディー且つスムーズだった印象でした。最短で15秒で審査結果表示というサービスがあったので、仕事の合間にチェックできました。

申込み後から最短15秒で審査結果を確認できるので、仕事の合間やスキマ時間に申込むことができるのは、レイクALSAの大きなメリットといえるでしょう。

ただし、申込内容や他社借入状況によっては、審査結果の回答に時間がかかる方もいるようです。レイクALSAは即日融資に定評があるものの、審査時間はあくまで目安なので、急いで融資を受けたいという場合には、早めの申込みをおすすめします。

プロミスとレイクALSAの比較まとめ

ここまで、プロミスとレイクALSAのさまざまなスペックを比べてきました。大手消費者金融のなかでも、サービスが充実しているとされるプロミスとレイクALSAですが、細かく比較することで違いがわかっていただけたのではないでしょうか。最後に、それぞれのメリットをまとめました。

プロミスの魅力

  • 上限金利が年17.8%とレイクALSAと比べて低い
  • 利用できるATM数が多い
  • 「瞬フリ」など借入れ方法が多彩かつ振込融資が早い
  • 独自のポイントプログラムを展開

レイクALSAの魅力

  • 審査結果が早い
  • 無利息期間を選択できる
  • 対象年齢がプロミスより高い
  • 新生銀行カードローンATMであれば一括返済が可能

日々の利便性を求めるのであればプロミスを、無利息期間を上手に使って金利を節約したいという場合はレイクALSAといったように、自分の目的にあった消費者金融を選びましょう。

ただ、プロミスとレイクALSAはそれぞれに魅力的な部分が多く、そのため同時に申込んでしまう方もいます。しかし同時申込みは、申込みブラックにつながる可能性もあるため避けましょう。

自分にあった消費者金融はどちらなのか、返済方法などをふまえよく検討してから1社だけに申込むのがおすすめです。

子供が大きくなったのを機に、2017年より本格的にWebライターとして始動。クレジットカードとカードローンを得意分野とし、恋愛・離婚・エンタメ系や商品紹介など、さまざまなメディアのライターを経験。誰もがわかりやすい記事を作成するのを信念に、自分の無知さや語彙力のなさに落胆しながらも、持ち前の探求心を武器に奮闘中。クレジットカードは、楽天カード・Yahooカード・地元のマイナーのカードを利用。キャッシュレスはPayPayとメルペイを利用し、家計を整理するのが目標。

TAMAYAMAの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

借り方のプロミスに関する記事

借り方のレイクALSAに関する記事

借り方に関するその他の記事