更新日:

カードローンで10万円借りるときの金利・利息・返済額は?お得な借入先の選び方も紹介

カードローンで10万円借りるときの金利・利息・返済額は?お得な借入先の選び方も紹介

ちょっとした資金需要で、「10万円だけ借りるためにカードローンを利用したい」という方もいらっしゃることでしょう。

そこで、この記事ではカードローンを10万円を借りるときの金利利息返済額などを詳しく解説します。また、10万円をお得に借りるためのカードローンの選び方についてもご紹介します。

カードローンで10万円借りたときの金利は何%?

カードローンは、限度額内で何度も借入できる商品です。最大限度額が数百万円という商品も珍しくないなか、10万円という金額は、カードローンを利用するうえで比較的少なめの金額と言えます。

それでは、カードローンで10万円借りるときの金利は何%くらいになるのでしょうか?

10万円借りたときの適用金利は審査で決まる

カードローンで何%の金利が適用されるかは、審査で決まります。そのため、審査が終わるまで実際に適用される金利はわかりません。

しかし、借入金額から、適用される金利をある程度まで推測することは可能です。

適用金利は、借入金額が高額になるほど低くなる傾向にあります。そのため、利用限度額が10万円と少額な場合、そこまで低金利でお金を借りることは期待できません。

実際には、「◯%〜◯%」という金利帯のうち、上限金利に近い金利が適用される可能性が高いといえるでしょう。

例えば、利用したい商品の金利が「3.0%〜18.0%(年)」なら、10万円を借りる際には18.0%(年)に近い金利が適用されやすいということです。

なお、審査の手順や審査通過のコツについては、下記の記事で解説しています。カードローンの審査前には、ぜひご参照ください。

カードローンの審査基準や審査に落ちる原因、審査通過のコツを徹底解説!

大手消費者金融と大手銀行カードローンで10万円借りるときの金利相場は?

消費者金融と銀行カードローンは、カードローンを利用したい方ならまず頭に浮かぶ有力な選択肢ではないでしょうか。

大手消費者金融の上限金利の相場は、17%〜18%(年)。対して、大手銀行カードローンの上限金利の相場は、14%台(年)です。

よって、10万円を借りる際に上限金利が適用されたとしても、消費者金融と銀行カードローンでは数%の金利差が生じるということですね。

ただし、だからといって「銀行カードローンのほうがお得」というわけではありません。消費者金融には無利息サービスがあるので、そのメリットを享受すれば、消費者金融を選んだほうがお得になる場合もあります。

お得なカードローンの選び方については、「銀行カードローンと消費者金融、10万円だけ借りたいときはどっちがオススメ?」という章で後述します。

カードローンを金利で選ぶなら?金利の仕組みと計算方法からお得に借りるコツまで解説

カードローンで10万円借りたときに支払う利息・返済額をシミュレーションしてみた

「カードローンで10万円を借りたときに支払う利息・返済額がいくらになるのか?」という点は、借りる前に確認しておきたいところですね。

カードローンには、各社で最低返済金額というものが決まっており、各社で金額に差があります。また、金利差によって支払う利息も変わってきます。

ここでは、大手消費者金融と大手銀行カードローンを1社ずつ取り上げ、利息・返済額をシミュレーションをしてみます。

大手消費者金融からは消費者金融のなかで利用者数No.1のアコム、大手銀行カードローンからは3大メガバンクで最も上限金利が低いみずほ銀行カードローンを例に挙げました。それぞれ、10万円を借りるときの利息・返済額はいくらになったのでしょうか?

アコムの上限金利で10万円を借りたときの利息・返済額

大手消費者金融であるアコムで10万円を借り、上限金利である18%(年)が適用された場合の、毎月の最低返済額・返済回数・返済総額・利息総額は下記のようになりました。

なお、契約限度額は10万円と仮定しています。

金利18%で10万円借り入れた場合のシミュレーション
最低返済額 5,000円
返済回数 24回
返済総額 119,772円
利息総額 19,772円
(※)上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


ご返済シミュレーション

毎月5,000円の返済の場合には24ヵ月(2年)で完済が可能です。利息額は19,772円で、元本の約20%を支払うことになりました。

なお、このシミュレーションはあくまで最低返済額のみを返済した場合の利息です。一括返済・任意返済をおこなったり、無利息サービスを活用したりすることで利息をさらに抑えることが可能です。

アコムの無利息期間をうまく利用するには?適用条件から利用上の注意点まで解説

みずほ銀行カードローンの上限金利で10万円を借りたときの利息・返済額

大手銀行のみずほ銀行カードローンで10万円を借り、上限金利の年14%が適用された場合の、毎月の最低返済額・返済回数・返済総額・利息総額は下記のようになりました。

この場合も、利用限度額を10万円として仮定しています。

金利年14%で10万円借り入れた場合のシミュレーション
返済回数 76回
返済総額 150,897円
利息総額 50,897円
(※)上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


カードローン返済シミュレーション

このように、意外にもみずほ銀行カードローンで借りて、最低返済額で返済した場合には、アコムよりも、返済総額も利息総額も多くなってしまいます。

金利はみずほ銀行カードローンのほうが低いのに、意外ですよね! この結果は、返済額の差に起因しています。詳しくは、次の章でご説明します。

10万円でも最低返済額が少ないと利息が高額化するので注意しよう

上限金利が低いみずほ銀行カードローンのほうが、アコムよりも利息総額が高い結果になったのは、みずほ銀行カードローンの最低返済額が低いためです。

返済期間が長いほど、利息は高くなります。最低返済額が少ないと、自然と返済期間も長くなるため、「金利は低いのに利息は高い」という自体が発生するのです。

もちろん、みずほ銀行カードローンでアコムと同じ期間で返済した場合には、金利が低い分みずほ銀行カードローンのほうが利息が少なくなります。そのためには、任意返済一括返済を活用するようにしましょう。

例えば、アコムの最低返済額である5,000円で、みずほ銀行カードローンの毎月返済をおこなった場合には、下記のようにアコムよりも利息が少なくなります。

金利年14%で10万円を借り入れて毎月5,000円を返済した場合
返済額 5,000円
返済回数 25回
返済総額 116,046円
利息総額 16,046円
(※)上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


まとめると、利息を少なく抑えたいなら、10万円程度の少額融資でも、返済期間を意識して短期返済したほうがお得にお金を借りられるということです。

10万円を「利息0円」で借りられる?無利息サービスを活用しよう!

大手消費者金融では、初回利用時に無利息サービスが展開されていることがあります。

無利息サービスとは、一定期間は無利息でお金を借りられるサービスのことです。無利息期間を過ぎると、通常通りの金利で利息が発生します。

無利息期間のあるカードローンを紹介!無利息期間を賢く利用するコツや注意点を解説

10万円の少額融資なら無利息期間内に完済できる可能性が高い

10万円程度の借り入れであれば、短い期間中に完済できる可能性が高いですよね。

無利息サービスの期間中に10万円を完済すれば、利息0円でお金を借りることが可能になります。大型融資となれば期間内の完済は難しいですが、10万円程度であれば、早期返済することでメリットを最大限に享受できる可能性が高まります。

したがって、少額融資を受ける際には、ぜひ大手消費者金融の無利息サービスを検討したいですね。

金利が低い銀行カードローンよりお得に返済できるかも

無利息期間中に完済できれば、利息0円なのでこれ以上のお得な借入方法はありません。

銀行カードローンは金利が低い傾向にあるとはいえ、当然のことながら利息は発生します。多少なら無利息期間を過ぎてしまっても、短期返済することができれば、銀行カードローンよりも消費者金融のほうがお得になるケースが少なくありません。

【口コミ】無利息サービス期間中に完済することは本当に可能なのか?

「無利息期間中に完済できれば利息0円」といっても、実際に完済できている方はいるのでしょうか?

そこで、マネ会に寄せられた口コミのなかから、「10万円以下を借りて無利息期間内に完済できた」という実例を探してみました。

すると、多くの方が「無利息期間中に完済して利息0円で借りることができた」という口コミを寄せてくれていました。この章では、そのなかから数件を紹介します。

まずは、レイクALSAの無利息期間中に全額返済した方の口コミです。

(30代男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額10万円以下)

私はレイクALSAを初めて利用したため、独自サービスである「5万円まで180日間利息0」の恩恵を受けることができました。私は3ヶ月間で一括返済したこともあり、完全に無利息で4万円を借りることができたのでした。

次は、アイフルの無利息期間中に全額返済した方の口コミです。

(20代女性 / 派遣社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10万円以下)

当時の入会キャンペンーンで、初回の借り入れは30日間利子が無料だったのは知っていたので、その期間内に全額返済しました。

さらに、下記の男性はプロミスの無利息期間中に全額返済して、かなり満足しているようです。

(30代男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10万円以下)

「30日間まで無利息サービス」を利用しました。これは文字通り30日までに返済すれば金利が0%になるというもの。2週間後に全額返済したのですが、実際に金利は掛かりませんでした。初回しか利用できないようですが、金利0%というのは本当にお得です。タダで消費者金融が利用できるようなものなので、一時的な金欠ですぐに返す目途のある方はかなりにおすすめなサービスでした。

このように、10万円以下という少額であれば、無利息期間中に完済して利息0円で借りられるケースが少なくありません。早期返済できそうな方は、ぜひ消費者金融の無利息サービスを検討してみましょう。

10万円借りるときにオススメの無利息サービスは?

10万円を利息0円で借りたいなら、長めの無利息期間も選べるレイクALSAがおすすめです。

Web申込なら、「いくらでも初回契約翌日から60日間」or「5万円まで初回契約翌日から180日間」から無利息期間を選択できます。

Web申込以外なら、「いくらでも初回契約翌日から30日間」or「5万円まで初回契約翌日から180日間」となります。「アコム・アイフル・プロミスの無利息期間は30日なので、最大180日まで無利息になるのはうれしいですね!

10万円全額を無利息にしたい方は、60日間のほうを選択するとよいでしょう。

レイクALSAの無利息サービスは利息0円!一番お得な無利息期間の選び方を詳しく解説
レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • はじめてなら利息0円!しかも選べる!
  • 24時間お申込みOK!
  • 最短15秒で審査結果を表示!
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可能
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

銀行カードローンと消費者金融、10万円だけ借りたいときはどっちがオススメ?

10万円だけを借りたいというときは、銀行カードローンと消費者金融、どちらがオススメなのでしょうか? 

金利が低い傾向にあるのは銀行カードローンですが、無利息サービスのことを考えると消費者金融のほうがお得な場合もあります。この章では、10万円をお得に借りるためのカードローンの選び方について解説します。

10万円を無利息期間内に完済できるなら消費者金融がお得!

大手消費者では、初回利用時には無利息サービスを利用することができます。

無利息期間中に完済できるのであれば、銀行カードローンを利用するより確実にお得になります! また、多少であれば無利息期間を過ぎてしまっても、早期返済すれば利息を少なく抑えることができるでしょう。

つまり、早期返済できる見込みがある方には、10万円を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめということです。

消費者金融を徹底解説!闇金との違いから選び方・注意点までご紹介

返済期間が長期化しそうなら低金利な銀行カードローンがオススメ

借り入れた10万円の返済が長期化しそうな場合には、金利が低い傾向にある銀行カードローンのほうがオススメです。

ただし、最低返済額が少ないと金利が低くても利息が高額になってしまうことがあるので、任意返済一括返済を利用して、積極的に早期返済を目指しましょう。

また、銀行カードローンの場合は、審査が厳しく、融資までに時間も長くかかる傾向があります。したがって、審査に自信がない方や急いでいる方の場合は、金利が高くなっても消費者金融のほうが満足できるかもしれません。

まとめると、返済期間が長期化しそうな方のなかでも、「審査に自信がある」、「即日融資を受けられなくてもいい」という場合には、銀行カードローンがおすすめということになります。

低金利なカードローン7選を徹底比較!さらにお得に利用するためのポイントもご紹介

まとめ〜10万円だけ借りるなら無利息期間内の完済を目指そう!

カードローンで10万円を借りる場合は、上限金利に近い金利が適用されやすくなります。また、利息は金利と最低返済額によって異なり、無利息サービスを利用することで安くなる場合もあります。

10万円という少額なら、無利息期間中に完済できる可能性も高まるのではないでしょうか。利息0円も目指せる無利息サービスを活用して、お得に返済することをおすすめします。

ただし、返済期間が長期化しそうな場合には、当然のことながら利息が低いカードローンのほうが利息が少なくなります。返済計画を十分に立てて、自分に合ったカードローンを選びましょう!

長く1部上場の消費者金融で経営企画課長をして、カードローン事業にかかわってきました。経営計画の担当が中心でしたが、カードローンのスコアリングシステムなどを担当するリスク管理や審査、回収などをおこなう集中センターの構築にも携わった経験があり、比較的カードローンに関しては詳しいと自負しております。また、子会社のクレジットカード会社に行っていたことがあり、カード事業の方面もいろいろ情報を提供できるかと思います。宜しくお願い致します。

野崎 照美の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事