更新日:

長﨑銀行カードローンのメリット・デメリットや審査難易度について徹底解説!

長﨑銀行カードローンのメリット・デメリットや審査難易度について徹底解説!

長﨑銀行は長﨑市に本店をおき、長崎県以外に熊本県と佐賀県に支店を持つ、地方銀行です。

長﨑銀行は、銀行カードローンとしては珍しく、正社員以外のパート、アルバイトの借り入れが可能であるばかりか、年金収入の人や専業主婦であっても申し込みが可能です。

受け入れの間口が広いため、カードローンをしたことがない方でも、あまり抵抗なく申し込めるのではないでしょうか?

では、どのようなカードローンなのか詳しく解説していきたいと思います。

長﨑銀行カードローン「プレミアA(エース)」と大手カードローンの違いを解説

それでは長崎銀行カードローンで代表的な「プレミアA(エース)」と、消費者金融や大手銀行のカードローンとで金利や限度額など見比べていきましょう。

銀行カードローンは一般的に、低金利で限度額が低めと思われている方が多いのではないでしょうか?長崎銀行にも当てはまるかどうか見ていきましょう。

金融機関 長﨑銀行カードローン プロミス アコム アイフル みずほ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
金利(年率)
2.8%~14.95% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 2.0%~14.0% 3.5%~9.2% 1.8%~14.6%
限度額 800万円 500万円 800万円 800万円 800万円 800万円 500万円
最低返済額

5,000円 4,000円 1,000円 4,000円 10,000円 2,000円 1,000円
提携ATM利用手数料 110円~220円 原則無料 110円~220円 110円~220円 110円~220円 原則無料 原則無料

金利については、消費者金融のカードローンと比べると低いですが、大手銀行に比べると高めです。

カードローンの金利は、初めて利用する場合やよっぽど優良な利用者でない限り、一番高い金利が適応されるといわれています。

借入額によっても金利は異なり、借入額が多いほど金利は安くなります。長崎銀行のカードローン利用が初めてで、50万円程度の申込額であれば一番高い金利が適応されることが考えられます。

借入限度額については800万円とかなり高めです。

最低金利が2.8%と低めなので、大きな金額の融資を希望される方におすすめのカードローンではないでしょうか?

長﨑銀行カードローン「プレミアA(エース)」のメリットを紹介

次に長﨑銀行カードローン「プレミアA(エース)」の、メリットについて説明していきます。

長崎銀行カードローンのメリット

  • アルバイト、専業主婦でも借入可能
  • 65歳以上の年金収入の方でも借入可能
  • 口座開設しなくても申し込みができる
  • 来店、印鑑不要で申し込み可
  • インターネットからの申し込みを受け付けている
  • 返済は自動引き落としを利用できる

パート、アルバイト、専業主婦でも申し込み可能

長崎銀行のカードローンが申し込みできる条件のひとつに、「満20歳以上満75歳未満で安定した収入のある方」とあります。

これはパートやアルバイトの方を含め、配偶者に安定した収入のある専業主婦の方や、年金収入の方も借入可能の対象になります。

銀行系カードローンの中で、75歳未満まで申し込み可能という条件の広さはかなり珍しいのではないでしょうか?

この条件を踏まえ、専業主婦の方や年金収入の方でカードローンをお考えの方にとっては特に有利なカードローンだといえます。

残念ながら、学生の方は申し込み不可となっています。アルバイトなどの収入がある場合でも借入できませんのでご注意ください。

学生でもカードローンを利用したい方は下記をご覧ください。

学生でもカードローンを利用できる?おすすめ商品や利用のコツも詳しく解説!

口座開設の必要がなく、印鑑不要、来店不要で申し込みが可能

銀行系カードローンの場合、カードローンを申し込む際に口座を持っていることが条件であることが多いです。

長﨑銀行のカードローンでは、口座を持っていない人でも申し込みが可能なのでスムーズに申し込みができます。

申し込みはインターネットから24時間可能で、契約まで印鑑も必要ありません。

そして、基本的には来店の必要がないため、手続きが迅速で簡単です。

ただし、申し込み時に長﨑銀行の口座は必要ありませんが、審査通過後の契約時には返済用の普通預金口座を作成する必要があります。

また、その際は印鑑の用意が必要になるので注意しましょう。

長﨑銀行カードローン「プレミアA(エース)」のデメリットを紹介

金利や貸付限度額で有利であったとしても、カードローンにはメリットとデメリットの両方があることに注意する必要があります。

申し込みをする前に、こちらの内容をよくお読みいただき、考慮に入れていただきたいと思います。

長崎銀行カードローンのデメリット

  • 九州に在住の方のみ申し込み可
  • 安定した収入がないと借入不可
  • 条件によっては来店が必要な場合がある
  • 保証会社が2社あり審査に差異がある
  • 利用明細が自宅に届く

九州在住でないと借入が出来ない

カードローン申し込み条件のもうひとつに、「九州内に在住していること」とあります。九州以外に住んでいる方は、沖縄の方も含めて申し込みすることが一切できません。

とても有利な点が多いカードローンですが、九州に住んでいる方を限定にしているのは非常に残念です。

借入の申し込み自体は九州に限られていますが、ローンカードを使った借入れは全国のゆうちょ銀行とセブン銀行などのATMから可能となっております。

九州にお住まいの方で、長崎銀行のローンカードをお持ちの方であれば、全国どこでも借入れが可能となっております。旅行や出張先で急にお金が必要になった際でも、便利ですね。

保証会社が複数あり、審査の差異がある

長崎銀行のカードローンの種類は3種類。この3種類のカードローンに対して、保証会社は5社あり、それぞれの保証会社で申し込み条件などが異なるのでわかりにくいというデメリットがあります。

カードローン商品名 保証会社名
プレミアA(エース) 九州カード株式会社
アコム株式会社
マイファースト 九州総合信用株式会社
VCLASS 九州カード株式会社
九州総合信用株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プレミアA(エース)の場合、「九州カード株式会社」と「アコム株式会社」の2社があります。これはどういうことかというと、

2社が協働して審査をおこなうのではなく、どちらかの会社が審査の業務をおこなうという形になります。


そのため、同じカードローンであっても審査に差異が生じます。

例えば、保証会社が「アコム株式会社」の場合は75歳まで借入が可能となりますが、「九州カード株式会社」の場合は、満70歳の誕生月の月末を超えた時点で借入はできません。

同じ、カードローンで審査基準が違うと利用者にとっては複雑で戸惑ってしまいます。

ですが、保証会社が複数あることはデメリットばかりではありません。プレミアA(エース)の審査が通らなかった方でも、長崎銀行のカードローン「マイファースト」を申し込めば、保証会社が違うため審査が通る可能性があります。

保証会社が異なることで審査が甘くなることが考えられるので、メリットととらえることもできます。

利用明細などが自宅に発送されるため、カードローン利用が家族にばれる可能性あり

長崎銀行カードローンから自宅に発送されるものには、ローン専用のキャッシュカードと利用明細の2つがあります。

いずれも、封筒には長崎銀行と記されているだけなので、外から見ただけでは分かりませんが、中身はカードローンについて記載されていますので取り扱いには注意が必要です。

また、長崎銀行のカードローンは、毎月決まった返済日に指定された普通預金口座から自動引き落としでの返済をすることができます。

この場合、通帳に返済額が支払われた旨の記載がありますので、通帳の取り扱いにも注意しましょう。

長﨑銀行カードローンが向いている人を紹介

長崎銀行カードローンが向いている人

  • 満20歳以上満75歳未満の人
  • パート・アルバイト・契約社員など収入が安定している人
  • 配偶者の収入が安定している主婦
  • 九州にお住まいの人
  • 来店不要で申し込みをしたい人

長崎銀行の営業エリアにお住まいの方ということはもちろん、自身もしくは配偶者に収入のある方に向いているカードローンです。

金利の点から見た場合、最低金利が2.8%と低金利なため大きな額を借入したい方に向いているといえます。

借入額が大きいほど、金利が安くなると説明しましたが、これまでにも長崎銀行のカードローンを利用したことがあり、きっちり返済をしている優良な利用者であれば、低金利で高額な借入をすることが可能かもしれません。

このような高額借入が可能な方にとったら大変有利であると考えられます。

ですが、初めて利用される方が大きな額での申し込みをすると、審査に落ちてしまう可能性が高いので注意が必要です。

また、審査が通り借入が出来た場合、大きな額の返済は大変です。

低金利といえども、借りた額以上に返済しなくてはなりません、返せる範囲での借入をしましょう。

長崎銀行カードローンが向いていない人

長崎銀行カードローンが向いていない人

  • 学生、75歳以上の人
  • 収入が安定していない人
  • 即日融資を望む人
  • 九州以外にお住まいの人(沖縄含む)
  • 家族にばれたくない人

学生や、安定した収入のない方、九州以外にお住まいの方は申し込むことができません。

そして、長崎銀行カードローンは即日融資に対応していないため、即日融資を受けたい方にとっては向いていません。

これは長崎銀行だけではなく、他の銀行カードローンも、2018年1月より即日審査・即日融資が受けられなくなりました。

ですので、最短での融資を希望される場合は、消費者金融系のカードローンがおすすめとなりますが、借りやすい分金利が高くなるので、借りすぎには注意が必要です。

長崎銀行カードローンの審査の際、在籍確認としてお勤めの会社に連絡がある場合があります。

担当者の個人名で電話をしてきてくれるという配慮がありますが、もしかしたら会社にカードローンをしようとしていることがばれてしまう可能性があります。

また、利用明細書などが自宅に配送されることから、家族にもばれる危険性があるため、絶対にばれたくないという方には不向きかもしれません。

長崎銀行カードローンの審査について

では、長崎銀行カードローンの審査について説明していきます。

まずは審査基準について確認していきましょう。

審査基準

  • 申込時の年齢が満20歳以上満75歳未満で、安定した収入のある方(パート・アルバイト・配偶者に収入のある専業主婦・年金受給者の方も可能)
  • 九州内(沖縄県を除く)にお住まいの方
  • 保証会社の保証が受けられる方

審査基準が厳しいといわれている銀行カードローンですが、長崎銀行カードローンは比較的、審査通過が容易ではないでしょうか?

断言はできませんが、年齢条件が広く、職種の間口の広さは他の銀行カードローンと比べると歴然です。

注意したい点としては、先ほども説明しましたが、保証会社が「九州カード株式会社」の場合、満70歳の誕生月の月末を超えた時点で借入はできないということ。

70歳以上75歳未満の方でも借入することが出来ないことがあるので、留意しておいてください。

長﨑銀行カードローンの審査の流れ

では、長崎銀行カードローンの審査の流れを説明します。申し込みは、インターネットや電話、または店頭からすることができますが、一番迅速な方法は、インターネットからの申し込みとなります。

来店不要で契約するためには、契約書をダウンロードし、発送する必要があります。

審査の流れ

  • インターネット、電話または店頭から申し込み
  • 審査の実施(勤務先への在籍確認の可能性あり)
  • 電話にて審査の回答
  • インターネット上または店頭窓口で契約書類の入手、記載の上、提出(FAX可)
  • 契約完了後、ローンカードの送付

ローンカードが到着次第、借入が可能となりますが、長崎銀行のカードローンは振込融資に対応しているため、ローンカード到着前でも窓口からの申し込みで借入が可能となります。

では、次に詳しい振込融資の説明を含む、借り入れ方法について説明していきます。

長崎銀行カードローンの借り入れ方法、振込融資とは?

長崎銀行カードローンは、下記のATMで借入・返済の両方を行うことが出来ます。

ATM 営業時間(平日) 営業時間(土日祝)
長﨑銀行本店ATM 8:00~21:00 9:00~19:00
長崎銀行支店ATM 8:00~21:00 9:00~19:00(一部17時閉店)
長崎銀行出張ATM 8:00~19:00(一部20時まで) 9:00~19:00(一部8:00から)
ゆうちょ銀行ATM 24時間営業(メンテナンス時除く) 24時間営業(メンテナンス時除く)
セブン銀行ATM 24時間営業(メンテナンス時除く) 24時間営業(メンテナンス時除く)

ATMの貸付サービス以外に、振込融資サービスにも対応しています。

振込融資とは、長﨑銀行の窓口で手続きをおこなうと、2~3営業日後に指定の口座に、借入額が振り込まれるというサービスです。

このサービスは、ローンカードを受け取る前でも利用することが出来るので、ローンカードが手元に届くまで待つ必要がありません。

ローンカードがないと借入ができないという、銀行カードローンが多い中、このサービスはとても便利です。できるだけ急ぎでお金が必要な場合は大変助かりますね。

長崎銀行カードローンの返済方法について

返済時、利用できるATMは上記と同様、長崎銀行各ATM、ゆうちょ銀行とセブン銀行のATMとなります。

また長崎銀行カードローンでは、契約時に返済用の普通預金口座を作成する必要があります。

この作業は印鑑が必要になり、少し面倒ですが、この口座から毎月返済日に自動引き落としをしてくれるので、返済忘れなどが防げて便利です。

ですが、そもそもその口座に返済可能な残高を残しておかないと、引き落としてもらえないので注意が必要です。

長崎銀行カードローンのまとめ

長崎銀行のカードローン「プレミアA(エース)」は受け入れの間口がとても広く、契約までの手続きや借入・返済方法が簡単なので、九州地方にお住まいの方にはとても利便性の高い商品といえます。

金利は銀行カードローンにしては、少し高めの水準となりますが、その分審査が甘くなることが考えられます。

審査基準がやさしく、便利なカードローンをお探しの方は、ぜひ長崎銀行カードローン「プレミアA(エース)」を参考にしてみてください。

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

長﨑銀行カードローンの融資条件

融資額 貸付利率(実質年率) 遅延損害金(利率)
公式サイト参照 公式サイト参照 公式サイト参照
返済方式 返済期間・回数 担保・保証人
約定返済 1年間 不要(原則、自動更新)  ※原則として1年毎更新しますが、満72歳の誕生月の翌月以降は新たなお借入れはできません。
返済期日 お申し込み資格 お試し審査
毎月15日 お申込み時の年齢が満20歳以上で満70歳未満の安定した収入のある方 お取引店のお近くにお住まい、またはお勤めの方 ※現住所が当行の営業エリア内にあることが条件となります。 保証会社の保証が受けられる方 なし
必要書類
通帳 (通帳をお持ちでない方は、新規に作成していただきますので、ご印鑑をご用意ください。) ご本人を確認できる資料 (原則、運転免許証または顔写真付き住民基本台帳カードまたは個人番号カード) ※運転免許証等をお持ちでない方は、パスポート・健康保険証のいずれかと現住所の確認できる住民票の写し等をあわせてご用意ください。 収入を確認できる資料(お申込み金額50万円超の場合に必要) (所得証明書・源泉徴収票・住民税課税決定通知書のいずれか) ※会社代表者の方は所得証明書または住民税課税決定通知書、および経営する法人の直近2期分の決算報告書が必要です。 ※その他の資料をご用意いただく場合もございますのであらかじめご了承ください。 ※銀行および保証会社所定の審査の結果、ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

長﨑銀行カードローンの会社情報

商号株式会社長崎銀行
本社所在地長崎市栄町3番14号
登録番号福岡財務支局長(登金)第 11 号
所属協会

関連記事