更新日:

SMBCモビットで返済額を減らすコツ!返済方法や返済シミュレーションなど総まとめ

SMBCモビットで返済額を減らすコツ!返済方法や返済シミュレーションなど総まとめ

SMBCモビットをお得に活用するためには、「返済」に関する知識を学ばなくてはなりません。

毎月の返済をきちんと続けているとSMBCモビットからの信用が高まり、優良顧客として「増額案内」が届けられたり、金利交渉の役に立ったりします。

返済を工夫することで、支払う利息の金額を抑えることもできます。反対に、SMBCモビットで設定される最低返済額だけを支払っていると、利息が膨らんで損をすることになります。

本記事ではSMBCモビットの返済について、マネ会で独自に収集した口コミを交えて詳しく解説していきます。

SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット ※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。

口座振替・銀行振込・ATMで!SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットには、3通りの返済方法があります。

SMBCモビットの返済方法

  1. 口座振替
  2. 銀行振込
  3. 提携ATM

それぞれの返済方法は、手数料や特徴が異なります。場合によって適切な返済方法を選びましょう。

【各返済方法の手数料と特徴】
返済方法 手数料 特徴
口座振替 無料 ・手数料が無料
返済を忘れるリスクがない
銀行振込 金融機関によって異なる(※1) インターネットバンキンなら24時間振込可能
・追加返済として利用可能
提携ATM 提携ATMによって異なる(※2)
営業時間が長い
・追加返済として利用可能
(※1)振込元が三井住友銀行でインターネットバンキングなら手数料無料
(※2)三井住友銀行の本支店や店舗外に設置のATMなら手数料無料


1.口座振替で確実に返済

口座振替がおすすめな人の画像

SMBCモビットの返済は、口座振替を利用することができます。

口座振替なら毎月の返済日に自動で引き落とされるため、返済を忘れてしまうリスクがありません。そのうえ、手数料が無料なのがうれしいポイントです。

SMBCモビットで口座振替を利用するためには、下記いずれかの銀行に預金口座を持っている必要があります。

口座振替が可能な銀行

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

銀行によって引き落としのタイミングは異なりますが、原則として引き落とし日の前日には口座に入金しておくようにしましょう。当日の午前0時に引き落としをする場合もあるからです。

SMBCモビットの公式ホームページでも、「口座振替で返済する場合、返済用資金はいつまでに口座に用意しておけばよいですか?」という質問には以下のように回答しています。

お支払期日の前日までにご準備をお願いします。
なお、お支払期日に口座振替ができなかった場合、再振替は行っておりませんので、ご注意ください。

まとめると、口座振替での返済には下記のようなメリットがあります。

口座振替のメリット

  • 手数料が無料
  • 返済を忘れる心配がない
  • 返済に手間がかからない

口座振替は、返済を忘れるのが不安な方におすすめな返済方法です。下記の口コミでも、返済を忘れないために口座振替を利用する人の実例が報告されています。

(20代/男性/会社員/年収400万円〜600万円未満/借入金額100〜300万円)

返済に関しては、複数選択できますが、支払忘れが怖いので、月末口座引き落としとしています。

対して、下記のようなデメリットもあります。

口座振替のデメリット

  • 口座残高に注意する必要がある
  • 指定された銀行の預金口座が必要
  • 前日までに入金しておく必要がある

SMBCモビットで口座振替するときは、口座残高が不足して返済に遅れてしまうことがないようにしましょう。

2.銀行振込なら自宅で返済できる

銀行振込がおすすめな人のイラスト

SMBCモビットの返済は、銀行振込を利用することもできます。

口座振替では引き落とし金額が決まっていますが、銀行振込なら最低返済額以上の好きな金額を振り込むことができます。追加返済をする機会が増えるのがうれしいですね。

インターネットバンキングを利用すれば、自宅や外出先など、どこからでも振込をおこなうことができる点も魅力です。

三井住友銀行のインターネットバンキングなら手数料無料

SMBCモビットの振込先は、三井住友銀行の口座です。そのため、三井住友銀行の口座から振り込む場合はお得です。

三井住友銀行の口座間で振込をおこなうとき、インターネットバンキングなら手数料無料で利用することができるからです。

住信SBIネット銀行やソニー銀行、新生銀行などが提供する「月○回まで他行への振込手数料無料」というサービスを利用して、手数料を無料にすることもできます。

ただし、他行宛振込には手数料がかかる銀行がほとんどです。三井住友銀行以外の口座から振り込む場合には、手数料が発生していることを覚えておきましょう。

銀行や振込方法によって、何時までが当日扱いになるかは異なります。

返済日の15時以降に振込をした場合、翌営業日に入金が反映されることもあります。利用している銀行では何時までが当日扱いになるか、事前に確認しておきましょう。

振込先の確認方法

SMBCモビットでは、一人ひとりに返済専用の口座が用意されています。銀行振込をする場合は、下記いずれかの方法で振込先を確認しましょう。

振込先の確認方法

  1. コールセンターに電話して確認
  2. 会員専用サービス「Myモビ」から確認

コールセンターに電話する場合は、フリーコールの「モビットコールセンター(0120-24-7217/営業時間:9:00〜21:00)」で担当のオペレーターに確認しましょう。

会員専用サービス「MYモビ」で確認する場合は、ログイン後に「振込キャッシング番号照会」という項目をクリックします。表示される振込返済口座を参照して振込に進みましょう。

まとめると、銀行振込での返済には以下のようなメリットがあります。

銀行振込のメリット

  • 最低返済額以上の好きな金額を返済できる
  • インターネットバンキングならどこからでも返済できる
  • どの口座からでも返済できる

口座振替で指定された銀行の口座を持っていない方には、どの銀行からでも利用できる銀行振込がおすすめです。対して、下記のようなデメリットもあります。

銀行振込のデメリット

  • 金融機関によっては手数料がかかる
  • 返済を忘れてしまうリスクがある
  • 振込先を確認する手間がかかる

銀行振込では、自分で返済日を管理して振込をする必要があります。返済を忘れてしまう人にはおすすめできない方法です。

3.最寄りの提携ATMで返済

提携ATMでの返済がおすすめな人の画像

モビットカードを使えば、銀行やコンビニなど全国約130,000台(2017年12月現在)の提携ATMから返済することができます。

提携ATMの数が多いことは、SMBCモビットが人気を集める理由の1つです。下記の口コミでも、豊富な提携ATMによる利便性の高さが報告されています。

(30代/男性/会社員/年収400万円〜600万円未満/借入金額10〜50万円)

返済は基本的にはだいたいのATMで返済が出来るので、使いやすいと思います。

提携ATMからも、最低返済額以上の好きな金額を返済することができます。追加返済のきっかけが毎月訪れるのはうれしいポイントです。

三井住友銀行の本支店や店舗外に設置されたATMなら、手数料無料で返済が可能です。それ以外の提携ATMでは、以下のような手数料がかかります。

【提携ATMの利用手数料】
取引金額(入金/出金) 手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円
(※)出金で発生したATM手数料は次回入金時に精算


ネット上では「FamiポートやLoppiも手数料無料」との記述が見られますが、正しくは三井住友銀行ATMのみ手数料無料である点にご注意ください。

提携ATMの利用明細・領収書

提携ATMによって、利用明細と領収書の取り扱いが異なります。

貸金業法に基づく利用明細・領収書が発行されるATM

  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • プロミスATM
  • セゾンATM
  • 第三銀行ATM
  • 福岡銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 熊本銀行ATM

上記以外にも「Famiポートで手続きしてファミリーマート店舗レジで支払う」場合、「Loppiで手続きしてローソン店舗レジで支払う」場合には、貸金業法に基づく利用明細・領収書が発行されます。

店舗によって貸金業法に基づく利用明細・領収書が発行されるATM

  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM

上記ATMでは、モビットカード挿入時に「三井住友銀行三菱UFJ銀行福岡銀行親和銀行熊本銀行」の画面が表示されたときに、貸金業法に基づく利用明細・領収書が発行されます。

ゆうちょ銀行、全国の信用金庫(※1)、地方銀行(※2)、VIEW ALTTE、PatSatの提携ATMで返済すると、利用明細・領収書は後日郵送されます。

(※1)一部の信用金庫では利用できない
(※2)第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行を除く


郵送で届くのがいやな場合は、「Myモビ」から利用明細・領収書の受取方法を「ダウンロード」に変更しておきましょう。

家族に秘密でSMBCモビットを利用している方は、郵送で利用明細・領収書が届くと困りますよね。下記の口コミでも、郵送ではなくWEBで明細を確認している方の実例が寄せられています。

(40代/男性/会社員/年収1,000万円以上/借入金額10〜50万円)

返済などの月々の利用明細を郵送ではなく、ネットで確認するようにしているので、家族にばれることはありません。

まとめると、提携ATMでの返済には以下のようなメリットがあります。

提携ATMのメリット

  • 最低返済額以上の好きな金額を返済できる
  • 提携ATMの数が多い
  • 営業時間が長い

即時振込サービスがない銀行の振込では、夜遅い時間の振込は翌営業日扱いとなります。提携ATMなら営業時間が長いため、夜遅い時間に入金しても当日扱いになる点がうれしいですね。

対して、下記のようなデメリットもあります。

提携ATMのデメリット

  • 三井住友銀行ATM以外では手数料がかかる
  • 返済を忘れてしまうリスクがある
  • モビットカードが必要

提携ATMから返済する場合には、必ずモビットカードが必要になります。WEB完結で利用している方は、モビットカードを発行しなければいけません。

SMBCモビットで返済方法を変更するには

SMBCモビットの返済方法は、会員専用サービス「Myモビ」から変更することができます。

返済方法の変更は、「ATM入金型→口座振替型」か「口座振替型→ATM入金型」の2通りです。ATM入金型には、銀行振込と提携ATMでの返済が含まれます。

返済方法を変更する手続きは、1日1回までしかおこなうことができません。利用状況によっては、返済方法が変更できないこともあります。

カードローンの返済方法について、それぞれの特徴や注意点をもっと詳しく知りたい方は下記の記事もあわせてご覧ください。

カードローンの返済は複雑?正しい返済方法や利息を減らすコツなどを徹底解説
カードローンは返済方法の選び方次第で、利便性が大きく異なります。そのうえ、同じ借入額でも、返済方法によっては利息額や手数料に違いが生まれてしまう可能性があります。今回は、そんなカードローンの返済に注目し、返済金額を抑えて、お得にカードローンを利用するためのポイントなど、役に立つ知識について解説いたします。

SMBCモビットの返済日は「5日・15日・25日・末日」で変更可能!

「5日、15日、25日、末日」というSMBCモビットの返済日を表す画像

SMBCモビットは約定返済制です。約定返済制とは、毎月1回の決まった日にちに返済をする制度のことです。

約定返済日は、毎月5日15日25日末日のいずれかから選ぶことができます。給料日などのスケジュールに合わせて選択したいですね。

下記の口コミでも、給料日の翌日に返済日を設定している方の実例が寄せられています。

(30代/女性/主婦/年収200万円未満/借入金額10〜50万円)

アプリ内のMyモビから返済日の設定ができるので、毎月給料日の翌日に設定することで管理しています。

約定返済日の取り扱いは、ATM返済型(銀行振込or提携ATMで返済)か口座振替型かによって異なります。

約定返済日の取り扱い

ATM返済型
・ 前回の約定返済日翌日から今回の約定返済日までの間に返済すると、返済期日は次回の約定返済日に繰りのべられる。
口座振替型
・ 約定返済日(毎月5日・15日・25日・末日のいずれか)に自動で引き落とされる。

借入日が月初の人もいれば、月末の人もいます。

借入日によって、初回の返済期日が異なります。31日に借入れて翌月の5日に返済日に返済する、などということがないように調整するためです。

【借入日と初回の返済期日(※)】
毎月の返済日 借入日 初回の返済期日
5日 1〜19日 翌月の約定返済日
20日〜末日 翌々月の約定返済日
15日 1日〜末日 翌月の約定返済日
25日 1〜9日 その月の約定返済日
10日〜末日 翌月の約定返済日
末日 1〜14日 その月の約定返済日
15日〜末日 翌月の約定返済日
(※)借入残高がない状態からの借入日をもとに起算


約定返済日が土日祝日だった場合は、翌営業日がその月の返済期日となります。

SMBCモビットで返済日を変更する方法

SMBCモビットでは、パソコン版かアプリ版の「Myモビ」から返済日を変更することができます。

会員専用サービス「Myモビ」にログインして、「約定支払日変更」という項目をクリックしましょう。本人認証と注意事項への承諾のうえで、毎月の返済日を返済することができます。

返済日の変更で不明な点があれば、フリーコール「モビットコールセンター(0120-24-7217/営業時間:9:00〜21:00)」に電話して聞いてみましょう。

返済日が迫っている場合は、翌月からの変更になることもあるようです。SMBCモビットで返済日の変更を希望する場合は、余裕を持った手続きを心がけましょう。

SMBCモビットの返済額は?最低返済額だけを支払うのはNG!?

SMBCモビットの返済方式は、借入後残高スライド元利定額返済方式です。

借入後残高スライド元利定額返済方式では、借入後の残高にもとづいて毎月の最低返済額が決められ、返済金額のなかに元金分と利息分が含まれています。

返済額が一定なので毎月の返済管理がしやすい一方で、最低返済額のみで返済していると返済期間が長期化してしまうという特徴があります。

【毎月の最低返済額(※1)】
借入後残高(※2) 最低返済額(※3)
10万円以下 4,000円
10万円超、20万円以下 8,000円
20万円超、30万円以下 11,000円
30万円超、40万円以下 11,000円
40万円超、50万円以下 13,000円
50万円超、60万円以下 16,000円
60万円超、70万円以下 18,000円
70万円超、80万円位以下 21,000円
80万円超、90万円以下 24,000円
90万円超、100万円以下 26,000円
(※1)実質年率18.00%(最大の利用残高が100万円以上の場合は15.00%)の場合
(※2)最終借入後の残高をもとに算出
(※3)借入後残高が100万円超の場合、20万円ごとに返済額が4,000円追加


毎月の返済額は変更可能

毎月の最低金額のみを支払っていると、最長期間で返済することになります。

利息は、返済期間が長ければ長いほど大きくなります。多く利息を支払いたいという人はいませんよね。

利息を抑えるためには、毎月の返済額を可能な範囲で増やすことをお勧めします。SMBCモビットの返済額は、電話一本で簡単に変更することができます。

SMBCモビットで返済額を変更したい場合は、フリーコール「モビットコールセンター(0120-24-7217/営業時間:9:00〜21:00)にお問い合わせください。

利息を抑える返済のコツは「追加返済」

「短期間で返済すること」という利息を抑えるコツを表す画像

SMBCモビットでお得に返済するためには、追加返済が欠かせません。

利息を抑える返済のコツは、「短期間で返済すること」です。返済期間が長期化すれば、利息はどんどん膨らんでいきます。

早期に多くの返済をするほど、返済期間を短縮して利息を抑えることができます。余裕があるときはどんどん追加返済をして、お得にSMBCモビットを利用しましょう。

SMBCモビットの追加返済には、2通りの方法があります。

追加返済の方法

  • 銀行振込
  • 提携ATM

銀行振込か提携ATMで毎月の返済額以上の金額を支払うと、自動的に追加返済と見なされます。

銀行振込やLoppi・Famiポートを利用した店舗レジでの返済なら、1円単位で入金できます。提携ATMでは、ATMによって1,000円単位から返済可能です。

銀行振込の際は、「口座振替・銀行振込・ATMで!SMBCモビットの返済方法」で前述した方法で振込先を確認しましょう。

追加返済のタイミングは、いつでも構いません。同月中に何度も入金をしても大丈夫です。

追加返済をするときは、SMBCモビットに事前連絡をする必要はありません。お財布に余裕があるときには、気軽に追加返済を利用しましょう。

SMBCモビットで返済が遅れてしまうときの対処法

SMBCモビットの返済で気をつけたいのは、返済に遅れないことです。

SMBCモビットの返済に遅れると、SMBCモビットからの信用度を下げてしまいます。延滞が長期にわたる場合は、信用情報にも傷がつきます。

SMBCモビットの遅延利率は、実質年率20.00%で日割計算されます。下記の口コミでは、返済利息を余分に支払うことになってしまった実例が報告されています。

(20代/男性/公務員/年収200万円〜400万円未満/借入金額10〜50万円)

支払い返済日を忘れてしまったことがあります。延滞金が少しかかり、悲しい思いをしました。

SMBCモビットで期日までの返済が難しい場合には、返済額の変更がおすすめです。

最低返済額より多い金額を設定している方は、フリーコール「モビットコールセンター(0120-24-7217/営業時間:9:00〜21:00)に連絡して返済額を引き下げてもらいましょう。

最低返済額を支払うことも難しい場合は、「利息分だけ返済」や「半額だけ返済」など、最低返済額以下の返済を相談しましょう。場合によっては減額に応じてくれるそうです。

注意したいのは、「Myモビ」から「お支払い予定日」を変更する場合です。

「お支払い予定日」は「○日までには返済します」という約束をするための仕組みであり、支払い期日を先延ばしするものではありません。

期日までに返済できないからといって期日より先に「お支払い予定日」を設定しても、経過日数分の遅延利息が発生します。

「お支払い予定日登録」は、SMBCモビットの返済日に遅延することがあらかじめわかっていて、フリーコールに電話をする時間がない場合に利用したい仕組みです。

遅延利息を避けるために他社で新規借入をすることは、借金の自転車操業を招くためおすすめできません。

多重債務になると、返済の大変さは倍増します。どうしてもSMBCモビットの返済が難しいときは、弁護士や消費生活センターなど、第三者の相談窓口を利用しましょう。

すでに返済期日に遅れた場合の対処法

SMBCモビットに返済期日に遅れているのに何も対応をしないと、SMBCモビットからの印象をさらに悪化させてしまいます。

自分から連絡しないと、携帯や職場に督促の連絡があったり、自宅に督促状が届いたりすることがあります。

自宅や職場への連絡では、SMBCモビットからの連絡だとわかりにくいように配慮してくれますが、なるべく自分からSMBCモビットに連絡しておきたいものです。

返済期日に遅れてしまたときは、まずはフリーコール「モビットコールセンター(0120-24-7217/営業時間:9:00〜21:00)」に電話しましょう。現在の状況を報告するとともに、返済計画の相談をすることもできます。

発生した遅延利息の金額を知りたい場合も、上記のフリーコールに電話して確認しましょう。

SMBCモビットの「返済シミュレーション」を活用しよう!

SMBCモビットで返済計画を立てるときには、公式ホームページの「返済シミュレーション」を利用するのがおすすめです。簡単な情報入力で、返済額や返済月数を何度でも試算することができます。

下記の口コミでも、「返済シミュレーション」を返済計画の策定に役立てた方の実例が報告されています。

(30代/男性/会社員/年収400万円〜600万円未満/借入金額10〜50万円)

SMBCモビットの公式ホームページの返済シミュレーションを活用しました。簡単な入力をおこなうだけで、返済額や返済月数がすぐにわかります。

SMBCモビットでは、「毎月の返済額を知りたい」と「返済月数を知りたい」の2通りのシミュレーションが用意されています。

「毎月の返済額を知りたい」では、利用希望額と返済月数、借入利率から毎月の返済額を算出します。

「返済月数を知りたい」では、利用希望額と毎月の返済額、借入利率から返済月数を算出します。

自分が余裕を持って返済できる範囲で、最大の返済額を設定してみましょう。SMBCモビットが設定している最低返済額で支払うよりも、利息を節約できることが分かるはずです。

試しに、10万円を毎月「4,000円(最低返済額)or8,000円or12,000円」で返済したときの返済月数を試算してみましょう。「返済総額-元金」の式で総利息額も求めることができます。

【10万円を借入れたときの返済シミュレーション】
毎月の返済額 返済月数
返済総額 総利息額
12,000円 9ヶ月 107,622円 7,622円
8,000円 14ヶ月 111,565円 11,565円
4,000円 32ヶ月 126,260円 26,260円
(※)実質年率18.00%で計算


上記の表からは、返済額が大きいほど返済期間が短く、利息が少なくなっていることがわかります。

SMBCモビットが設定した最低返済額4,000円で返済した場合と、毎月12,000円を返済した場合では、利息に18,638円の差が出ています。最低返済額だけを返済していると損をするという理由がよく分かる結果となりました。

返済期間が短くなれば、利息額を引き下げることができます。毎月の返済額を増やしたり、追加返済を活用したりして、SMBCモビットをお得に利用しましょう。

モビット公式の返済シミュレーションを試してみたい方は、下記のリンク先をご参照ください。

カードローンミュレーションについて。「SMBCモビット」公式サイト。カードローンのご利用について、お借入診断と返済シミュレーションを用意しております。

SMBCモビットの返済まとめ

SMBCモビットには、「口座振替・銀行振込・提携ATM」という3つの返済方法がありました。返済日は「5日・15日・25日・末日」から選択可能で、一人ひとりのライフスタイルに合わせた返済をアレンジすることができるのがSMBCモビットの魅力です。

返済シミュレーションでは、SMBCモビットが設定している最低返済額だけを支払っていると損をしてしまうことを裏付ける結果となりました。利息を抑えるためには、何よりも「短期間で返済」することをおすすめします。

この記事が、SMBCモビットをお得に利用したい方のお役に立てることを願っています。

執筆者のプロフィール
CHISA
CHISA

会計コンサルタントを経て、ライターとして活動。現在はマネ会にてカードローン記事を担当。主なテーマを金融・ビジネスとして、記事の執筆や書籍の編集に携わる。

CHISAの記事一覧へ

関連記事

SMBCモビットの審査に関する記事

SMBCモビットの借り方に関する記事

SMBCモビットの増額に関する記事

SMBCモビットに関するその他の記事