更新日:

SMBCモビットの金利を徹底解説!大手6社との金利比較から金利を下げるコツまでご紹介

SMBCモビットの金利を徹底解説!大手6社との金利比較から金利を下げるコツまでご紹介

審査は最短30分で完了し、WEB完結なら電話連絡なし。口コミで熱い人気を集めるSMBCモビットの金利・利息について、どこよりも詳しく解説します。

SMBCモビットの金利は「実質年率3.0%~18.0%」です。

「SMBCモビットの金利は高い? 低い?」

「最低金利の3.0%で利用できる?」

「金利を下げるにはどうしたら?」

など、この記事ではSMBCモビットの金利を巡るあらゆる疑問に答えます。金利が下がらなくても利息を抑える返済のコツなど、SMBCモビットのお得な活用方法に迫っていきます。

SMBCモビットの金利は3.0〜18.0%

SMBCモビット
SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
-
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット

SMBCモビットの金利は、実質年率で3.0%18.0%です。

SMBCモビットで申込をすると審査が行われ、「3.0%〜18.0%」の範囲で適用する金利が設定されます。つまり、何%の金利が適用されるかは審査が終わるまでわかりません。

実際にSMBCモビットを利用している人の口コミを見ても、人によって金利は異なります。

(20代/男性/公務員/年収200〜400万円/借入金額10〜50万円)

金利に関しても借り入れしていた金額を考えると、低かったので、完済ができたと思います。
<借入金利:9.5%

(30代/女性/主婦/年収200万円未満/借入金額10〜50万円)

金利に関しては他の会社と大差ないと思いますが、ネットで申し込みが全て完了する点が良かったです。
<借入金利:18%

(20代/女性/会社員/年収200万円未満/借入金額50〜100万円)

金利は普通だと思います。
<借入金利:13%

どのようにSMBCモビットの金利が決められているかを一概に説明することはできませんが、「借入金額」と「返済能力・信用力」、「継続的な利用」は金利を下げる重要な要素となります。

詳しくは、「SMBCモビットの金利を下げる2つの方法」の章で後述します。

「金利3.0%は安い!」という思考は危険

モビットの金利は3.0%18.0%。「金利3%で借りられるなら安い!」と思う方もいるかもしれません。

しかし、カードローンの金利で「○%〜○%」と幅がある場合に最低金利を期待するのは危険です。

3%ほどの低金利が適用されるためには、かなり大きな金額の借入が必要です。モビットの限度額は最大800万円ですが、最大限度額で借入する人は少ないでしょう。

モビットで800万円を借り入れるためには、2400万円の年収が必要です。総量規制により借入金額は年収の1/3を超えることができないからです。

総量規制 貸金業法で定められている、貸付の上限金額を制限する規制。この規制により、利用者は原則として年収の1/3を超えて借入することはできません。
(※)銀行からの貸付は総量規制の対象外です


初回借入時には限度額が低く設定されることも多く、最高金利である18.0%が適用される可能性は十分にあります。

何%の金利が適用されるかは審査が完了するまでわかりません。金利で借入先を検討する場合には、最低金利よりも最高金利を参照するのが賢明です。

カードローンを金利で選ぶなら?金利の仕組みと計算方法からお得に借りるコツまで解説

SMBCモビットの借入に無利息サービスはあるの?

残念ながらSMBCモビットには無利息サービスはありません。アコムアイフルプロミスなどが無利息サービスを提供する中、少し物足りなく感じられるかもしれません。

しかし、SMBCモビットには「WEB完結」&「電話連絡なし」で申込・借入・返済ができるという利点があります。カード郵送や職場・自宅への電話がないため、周囲にバレずにカードローンを利用したい人にとっては大きな魅力です。

無利息サービスは30日などの短期間で実施されることが多いです。無利息サービスを利用しなくても、返済を工夫することで利息総額を抑えることは可能です。詳しくは後述する「金利が下がらなくても大丈夫!利息を抑える返済のコツ」の章をご覧ください。

金利が高い!?SMBCモビットを大手6社と比較してみた

SMBCモビットの金利を大手カードローン6社と比較

「SMBCモビットの金利は高い? それとも低い?」

この疑問を解決するために、SMBCモビットと大手消費者金融3社(アコム・アイフル ・プロミス)、大手銀行3社(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)の金利を比較してみました!

カードローン 金利
SMBCモビット 3.0%〜18.0%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
三菱UFJカードローン(バンクイック) 1.8%〜14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%

やはり銀行カードローン3社は最高金利14%台と低金利です。しかし、銀行カードローンは金利が低いぶん審査は厳しい傾向があります。

大手消費者金融3社の比較では、金利は約18.0%でほぼ横並びです。プロミスの最高金利が17.8%とわずかに低い一方で、最低金利は4.5%で他社よりも高くなっています。

SMBCモビットの金利は、「銀行カードローンより高いが消費者金融としては一般的な金利」であるといえます。

SMBCモビットの金利を下げる2つの方法

SMBCモビットで借入をするなら、金利は低いに越したことはありません。「適用された金利に納得がいっていない」「もっと金利を下げたい」という方も多いことでしょう。

SMBCモビットで金利を下げるためには、下記2点のポイントがあります。

SMBCモビットで金利を下げる方法

  • 「利息制限法」でSMBCモビットの金利を下げる!
  • SMBCモビットの「優良顧客」になって金利を交渉!

1.「利息制限法」でSMBCモビットの金利を下げる!

利息制限法によって、SMBCモビットが設定することができる法定の上限金利が定められています。SMBCモビットは、この金利を超えて利息を請求することはできません。

法定の上限金利は借入金額によって変動します。

【利息制限法による上限金利】
借入金額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

100万円以上の借入をすれば、確実に金利は15%以下になります。借入金額がもっと高ければ、更に金利が下がることでしょう。

初回から100万円以上の限度額を設定される人は多くありません。大きな金額を借入したければ、SMBCモビットの増額で限度額をUPすることができます。

2.SMBCモビットの「優良顧客」になって金利を交渉!

返済能力・信用度」と「継続的な利用」が、SMBCモビットの金利を下げるために重要な要素です。

きちんと返済をしながら継続的にSMBCモビットを利用している人は、SMBCモビットのお得意様です。きちんと返済してくれるならどんどん利用してほしいというのが、会社側の本音でしょう。

SMBCモビットからの信用度が上がり「優良顧客」として認められれば、継続的な利用の中で金利を交渉することも可能です。おすすめの交渉タイミングは、増額案内が届いたときです。

(20代/女性/会社員/年収200〜400万円/借入金額10〜50万円)

毎月コツコツと返済を続けているとMyモビのトップページに増額のお知らせの案内がありました。

(20代/男性/会社員/年収400〜600万円/借入金額100〜300万円)

使用すると2週間以内の比較的早い段階で、電話にて増額の案内があり、希望の借入限度額まで増額していただくことができました。


SMBCモビットの利用を続けていると、上記口コミのように「限度額を増額しませんか?」という案内が届くことがあります。増額案内はあなたが優良顧客として認められている証なので、金利を交渉する絶好のタイミングです。

金利が下がらなくても大丈夫!利息を抑える返済のコツ

「短期間で返済する」という利息を抑える返済のコツを表すイラスト

金利はSMBCモビットの審査で決められます。「返済金額を減らしたいのに金利が下がらない」ということもあるでしょう。

SMBCモビットの金利を下げたいのは、利息額を抑えたいからですよね。実は、利息を抑える方法は金利の引き下げだけではありません。総支払額を減らすためには、利息を抑える返済のコツが非常に重要です。

SMBCモビットで利息を抑える最大のポイントは、「短期間で返済する」ことです。利息は返済期間が長期化するほどに膨れ上がります。

試しに、SMBCモビットで10万円を借入して「金利15%・18%」×「返済期間1ヶ月・半年・1年」の6パターンで返済したときの利息額を計算してみましょう。

【金利と返済期間に応じた利息額】
金利 返済期間 利息
15%(※)
1ヶ月 1,250円
半年 4,418円
1年 8,304円
18%(※)
1ヶ月 1,500円
半年 5,312円
1年 10,011円
(※)実質年率


上記の表では、1ヶ月→半年→1年と返済期間が長くなるにつれて利息額が大きくなっています。1ヶ月で返済した場合と1年で返済した場合では、金利18%では利息額に8,511円の差が出ます。

金利18%で返済期間1ヶ月の方が、金利15%で返済期間半年・1年の場合よりもはるかに利息が少ない点にも注目しましょう。金利が高くても、返済を工夫することで利息額を大きく抑えることができます。

SMBCモビットでは、毎回の約定返済日以外にも追加返済が可能です。ボーナスが入った際や余裕があるときにまとめて支払うことで、返済期間を短縮できます。

(40代/女性/会社員/年収200万円〜400万円/借入金額50〜100万円)

計算してみるとやはりなかなか月に2万円ずつとかでは元金が減らなかったので少しずつ多く返済に回すようにしていきました。

上記の口コミでも、早く返済を終えるために追加返済を活用している実例が報告されています。利息を抑えるためには追加返済を活用して短期間で返済することを目指しましょう。

SMBCモビットの「返済シミュレーション」で利息を計算!

SMBCモビットの公式ホームページでは、毎月の返済額や返済月数を試算する返済シミュレーションを利用することができます。借入期間や金利に応じて増減する利息額を確認してみましょう。

SMBCモビットには2種類の返済シミュレーションが用意されています。「毎月の返済額を知りたい」か「返済月数を知りたい」から、知りたい情報を選ぶことができます。

「毎月の返済額を知りたい」では、借入金額と借入月数から毎月の返済額を算出します。「返済月数を知りたい」では、借入金額と毎月の返済額から返済月数を算出します。

総返済額-元金」という計算式で、利息総額も求めることができます。実際にかかる利息をイメージすることで、返済計画の最適化を目指しましょう。

(30代/女性/会社員/年収200万円〜400万円未満/借入金額100〜300万円)

15.0%と聞くだけでは、金額の想像がしにくいですが、シミュレーションすることで、実際の金額が確認でき、管理をしっかりとしなければという気持ちになりました。

上記の口コミでも、利息を計算するために返済シミュレーションを活用した実例が寄せられています。

残高スライド元利定額返済方式の利息は、「借入金額×金利」という単純計算で求めることはできません。事前にシミュレーションを行い、「思ったよりも利息が多い」ということがないようにしましょう。

SMBCモビットの最低返済額

「返済シミュレーション」で毎月の返済額を入力する際には、SMBCモビットでは最終借入後の利用残高に応じて最低返済額が決められている点に注意しましょう。

【毎月の最低返済額】
最終借入後残高
最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円
20万円超過、30万円以下 11,000円
30万円超過、40万円以下
11,000円
40万円超過、50万円以下 13,000円
50万円超過、60万円以下 16,000円
60万円超過、70万円以下 18,000円
70万円超過、80万円以下 21,000円
80万円超過、90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円
(※)実質年率18.0%(最高利用残高が100万円以上なら実質年率15.0%)の場合の最低返済額です
(※)100万円超過の場合は、最終借入後残高が20万円増加するごとに最低返済額が4,000円追加されます


上記はあくまでも最低返済額であり、もっと多くの金額を返済することは可能です。毎月の返済額を変更したい場合はSMBCモビットに連絡しましょう。

追加返済で返済額を増やすことも可能ですが、毎月決まっていたほうが返しやすいという方は返済額の変更をオススメします。毎月の返済額が大きいほど、支払う利息は少なくて済むからです。

最低返済額で返済すると「返済期間」や「利息」はどうなる?


それではSMBCモビットの返済シミュレーション「返済月数を知りたい」を使って、10万円〜100万円を借りて上記の最低返済額で返済した場合の返済月数を確認してみましょう。

【毎月の最低返済額による返済シミュレーション(※1)】
借入金額 返済額 返済月数 総返済額 利息総額 利率(※2)
10万円 4,000円 32ヶ月 126,260円 26,260円 26%
20万円 8,000円 32ヶ月 252,540円 52,540円 26%
30万円 11,000円 36ヶ月 388,683円 88,683円 30%
40万円 11,000円 53ヶ月 582,494円 182,494円 46%
50万円 13,000円 58ヶ月 751,057円 251,057円 50%
60万円 16,000円 56ヶ月 888,380円 288,380円 48%
70万円 18,000円 59ヶ月 1,058,396円 358,396円 51%
80万円 21,000円 57ヶ月 1,195,059円 395,059円 49%
90万円 24,000円 56ヶ月 1,332,579円 432,579円 48%
100万円 26,000円 53ヶ月 1,371,743円 371,743円 37%
(※1)実質年率18.0%(借入金額100万円以上は15%)で計算
(※2)元金に対する利息の割合(小数点以下四捨五入)


上記の表によると、SMBCモビットの最低返済額で返済していくと借入金額が大きいほど返済期間が長くなる傾向にあります。70万円を最低返済額で返済した場合は4年11ヶ月の長期戦です。

一番右の「利率」の欄をご覧ください。この利率は「実質年率3.0%〜18.0%」のことではなく、元金に対する利息総額の割合です。

上限金利18.0%というと「元金の18.0%分の利息を支払えばいい」と思う方がいますが、そうではありません。返済期間が長期化すると利息が膨れ上がり、上記のように借入金額の50%以上の利息を支払うこともあります。

SMBCモビットによって提案される最低限度額の約定返済だけでは、多くの利息を払わなくてはなりません。利息地獄を回避するためには、追加返済で返済期間を短縮することが重要です。

18.0%よりも高い利率…遅延損害金とは?

SMBCモビットの金利は「3.0〜18.0%」。ところが、最高金利である18.0%よりも高い利息を支払うケースが存在します。

利息制限法により10万円以上100万円未満を借入するうえでの利息は18%までに制限されますが、遅延損害金の利率はこの限りではありません。

SMBCモビットで返済に遅れた場合の遅延利率は20.0%(実質年率)です。利息制限法で遅延利率は制限利率の1.46倍までと定められており、遅延利率が18%を超えても合法になります。

遅延損害金は1日返済が遅れるごとに発生します。滞納が続けば催促状の送付や強制解約、最悪の場合財産の差し押さえにつながることもあります。おトクにSMBCモビットを利用するためにも、返済に遅れないようにしたいですね。

SMBCモビットの金利まとめ

審査最短30分、WEB完結で郵送物や電話連絡もなし。多くの魅力を持つSMBCモビットの金利について、口コミや専門家からのコメントを交えてご説明しました。

SMBCモビットで利息を抑えるためには、金利の引き下げだけでなく返済期間も非常に重要です。SMBCモビットの追加返済を活用して短期間での返済を目指しましょう。

この記事がSMBCモビットをご利用されるあなたのお役に立てれば幸いです。

執筆者のプロフィール
CHISA
CHISA

会計コンサルタントを経て、ライターとして活動。現在はマネ会にてカードローン記事を担当。主なテーマを金融・ビジネスとして、記事の執筆や書籍の編集に携わる。

CHISAの記事一覧へ

関連記事

SMBCモビットの審査に関する記事

SMBCモビットの借り方に関する記事

SMBCモビットの増額に関する記事

SMBCモビットの返済に関する記事

SMBCモビットに関するその他の記事

SMBCモビット:※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。