更新日:

SMBCモビットで増額したい人必見!気になる申請方法や増額案内、口コミを徹底解説

SMBCモビットで増額したい人必見!気になる申請方法や増額案内、口コミを徹底解説

本記事は「SMBCモビットで増額したい!」という方のために、増額の申請方法や審査のポイント、口コミから注意点までを専門家監修のもとに詳しく解説します。

SMBCモビットから届けられるという、気になる「増額案内」の実態にも迫っていきます。

SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット ※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。

最大限度額は800万円!SMBCモビットの増額とは

SMBCモビットで設定された限度額に納得がいかない。もっと多くの金額を借入れたい。そんな方にオススメしたいのが、SMBCモビットの増額です。

増額とは、現在設定されている利用限度額を大きくすることです。

SMBCモビットで増額するためには、増額申請をして審査を受けることが必要です。利用者の返済能力や信用度をもとに増額審査が行われ、1万円〜800万円の範囲内で限度額が設定されます。

SMBCモビットで増額するメリット2点

SMBCモビットで増額するメリットは、大きく分けて以下の2点です。

SMBCモビットで増額するメリット

  • 金利が下がるかもしれない
  • 新規で借入先を増やす必要がない

1.金利が下がるかもしれない

SMBCモビットの金利は、「借入金額」と「返済能力・信用度」をもとに設定されます。借入金額が大きいほど金利は低い傾向にあるため、増額によって金利を引き下げることができるかもしれません。

利息制限法の観点からも、SMBCモビットで増額することで金利が下がる可能性はあります。

利息制限法とは、借入金額に応じた上限金利を定めた法律です。貸主は、上限よりも高い金利で利息を課すことを禁じられています。

【利息制限法で定められた上限金利】
借入金額 上限金利(年率)
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

つまり、SMBCモビットの増額によって限度額が100万円以上になれば、金利は必ず15%以下に制限されるのです。もっと借入金額が大きくなれば、さらに金利は下がっていくことでしょう。

2.新規で借入先を増やす必要がない

SMBCモビット利用者の方が限度額以上に借入金額を増やそうと思ったら、選択肢は「増額をする」か「他社から新規で借入れる」かの二択です。

他社から新規で借入れるには、SMBCモビットを初めて利用したときのような申込のステップを踏まなくてはなりません。初回申込時は申告する内容が多く入力に時間がかかります。増額審査なら登録内容に変更がある点のみでOKです。

借入先が複数になると、総借入額や返済日の管理が難しくなります。合計でいくら借りているかが曖昧になり借入金額が増えてしまったり、返済日を忘れて信用度を下げてしまったりするかもしれません。

SMBCモビットの増額なら新規で借入先を増やす必要がなく、面倒な手続きや金銭管理の複雑化を避けることができます。

SMBCモビットで増額するときの3つの注意点

SMBCモビットで増額したいからといって、リスクを考えずに増額申請に進むのはおすすめできません。SMBCモビットの増額には、下記のような注意点があります。

増額の注意点

  • 審査に時間がかかることがある
  • 逆に減額されてしまうことがある
  • 利用停止になるかもしれない

1.審査に時間がかかることがある

SMBCモビットの増額審査は、最短なら即日で完了します。しかし、増額審査に数日を要してしまうケースは珍しくありません。

SMBCモビットの増額審査は初回の審査よりも厳しいです。より多くの限度額を適用するためには、より高い返済能力信頼度が認められる必要があるからです。

すでに増額案内が届いている方は、SMBCモビットの信頼が高まっているため審査がスムーズに進む可能性があります。そうでない方は、スケジュールに余裕を持って増額申請に進みましょう。

2.逆に減額されてしまうことがある

限度額を増やしたくて増額申請しているのに、逆に減らされてしまうことがあります。SMBCモビットで増額するときには、減額のリスクを頭に入れておきましょう。

SMBCモビットは、返済能力や信頼度が低いと判断した利用者の限度額を引き下げることができます。公式ホームページにも、「お客様の利用状況に応じて利用限度額は増減することがございます。」と記載されています。

増額審査のタイミングで、最新の収入や勤務状況、返済履歴や借入額などがチェックされます。現在の限度額が高すぎると見なされれば、容赦なく減額されてしまうのです。

減額されやすいケース

  • 収入が下がった
  • 他社を含めた借入額が増えた
  • 転職して勤務状況が変わった
  • 個人情報の変更点を申告していない
  • SMBCモビットとトラブルがあった

3.利用停止になるかもしれない

今までの利用状況や信用情報から「これ以上利用してほしくない」という結論に到れば、最悪の結果として利用停止になる可能性もあります。

増額審査のタイミングで利用停止になってしまうのは、返済能力や信頼度が著しく損なわれていると判断された場合です。減額よりも厳しい対応が必要なときに、利用停止の判断が下されます。

規約違反や度重なる延滞、収入の大幅な減少など、初回申込時よりも状況が悪くなっているときは増額申請を避けたほうがよいでしょう。

増額のリスクが不安なら…おすすめの新規借入先

減額利用停止のリスクを考えると、SMBCモビットの増額が不安になりますよね。

前回の審査時よりも状況が良かったり、問題なくSMBCモビットを利用していたりする方は、安心してSMBCモビットの増額に進むことができます。

前回の審査時よりも状況が悪かったり、SMBCモビットとトラブルがあったという方には、新規の借入先に申込むことをおすすめします。

新規の借入先としては、大手消費者金融であるアコムアイフルプロミスが候補に上がります。SMBCモビットと知名度や金利が大差なく、審査基準も特に厳しいということはない点がおすすめです。

銀行カードローンは審査が厳しく、前回よりも状況が悪いという方にはおすすめできません。

1.アコム

アコムは審査最短30分。金利は「実質年率3.0%〜18.0%」でSMBCモビットと同じです。最大30日間金利0円の無利息サービスも魅力の一つです。

アコムの利用者数と新規申込者数は、消費者金融業界でNo.1のシェアを占めています。安心して利用できる消費者金融だといえます。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

2.アイフル

アイフルも審査最短30分で、金利も「実質年率3.0〜18.0%」とSMBCモビットと同じです。最大30日間の無利息サービスも用意されています。

アイフルは、「無人契約でんわBOXてまいらず」や「1秒診断」など独自のサービスを展開しています。即日融資を希望の場合は、WEBから申込んだ後に電話をすれば優先審査をしてくれる点が魅力的です。

アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 原則不要(※)
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

3.プロミス

プロミスも審査は最短30分で完了します。金利は「実質年率4.5%〜17.8%」で、最高金利がSMBCモビットよりも低い点が魅力です。

30日間利息0円に加えて、会員向け優待サービス「おとくらぶ」、「三井住友VISAプリペイド」のプレゼントなど、充実したサービスも人気の秘密です。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

電話・Myモビ・増額案内から!SMBCモビットの増額申請

増額申請方法「電話から・Myモビから・増額案内から」を表す画像

SMBCモビットで増額する場合には、大きく分けて3通りの申請方法があります。

増額の申請方法

  • 電話で増額申請
  • 「Myモビ」のアプリ・WEBから増額申請
  • 増額案内のタイミングで増額申請

1.電話で増額申請

SMBCモビットでは、コールセンターへの電話から増額申請をすることができます。

契約後のお客様専用のフリーコールは2通りあります。増額申請の場合は、オペレーターが対応してくれる「お問い合わせフリーコール」(0120-24-7217/営業時間9:00〜21:00)に電話しましょう。

「自動音声案内フリーコール」(0120-24-7061/24時間対応)は、残高照会と振込キャッシング専用のダイアルです。増額申請はできない点にご注意ください。

電話での増額申請は、わからない点をオペレーターと相談しながら進められる点が安心できます。

2.「Myモビ」のアプリ・WEBから増額申請

SMBCモビットの会員専用サービスである「Myモビ」からも増額申請をすることができます。

増額審査申込が可能なのは、「Myモビ」のアプリ版パソコン版からです。モバイル版からは増額申請ができない点にご注意ください。スマートフォンからも、パソコン版を利用することができます。

「Myモビ」のアプリ版を利用したいときは、スマートフォンにSMBCモビット公式アプリをダウンロードしましょう。パソコン版は、SMBCモビットの公式ホームページからログインできます。

増額申請から審査結果の確認まで、手続きのすべてが「Myモビ」上で完結する
点がうれしいですね。

3.増額案内のタイミングで増額申請

SMBCモビットできちんと返済しながら継続的に利用していると、増額案内が届くことがあります。増額案内とは、SMBCモビットからの「限度額を増やしませんか?」というお誘いのことです。

増額案内が届きやすい人の特徴

  • 遅れずにきちんと返済している
  • SMBCモビットを継続的に利用している
  • 追加返済を活用している
  • 収入が上がっている
  • 他社で借入をしていない

増額案内が届いた人はSMBCモビットに優良顧客として認められており、増額審査に通過する可能性も高いといわれています。

下記の口コミでは、SMBCモビットを利用しているうちに増額案内が届いた方の実例が報告されています。

(20代/男性/会社員/年収400万円〜600万円未満/借入金額100〜300万円)

使用すると2週間以内の比較的早い段階で、電話にて増額の案内があり、希望の借入限度額まで増額していただくことができました。

(20代/女性/会社員/年収200万円〜400万円未満/借入金額10〜50万円)

毎月コツコツと返済を続けているとMyモビのトップページに増額のお知らせの案内がありました。

SMBCモビットの増額案内は、電話メール「Myモビ」郵送の4通りで連絡があります。

増額案内が来ているのであれば、案内に返信するかたちで増額申請をするのがおすすめです。

電話での増額案内なら、そのまま電話口で増額申請に進むことができます。メールや「Myモビ」からは増額申請用のURLにアクセスできますし、郵送なら郵送物を返送して増額申請することができます。

郵送を希望しない場合には、事前にSMBCモビットに相談しておくとよいでしょう。

増額案内が来たタイミングは、「現在の状況であれば審査に通りやすい」という目安にもなります。状況が変われば審査結果も変わるため、機会を逃さずに増額申請できるとよいでしょう。

SMBCモビットの増額に必要な書類

SMBCモビットで増額するときには、収入証明書類の提出が必要になるときがあります。

貸金業法は、貸金業者が一定の金額を超える貸付をおこなう場合、利用者が収入証明書類を提出することを義務付けています。

SMBCモビットで収入証明書類の提出が必要になるのは、以下のような場合です。

収入証明書類が必要になる場合

  • SMBCモビットでの借入金額が50万円を超える場合
  • 他社を含めた借入金額が100万円を超える場合
  • そのほか、審査を進める中で必要になった場合

増額後の限度額で借入れたときに上記の借入金額を超える場合は、収入証明書類の提出が必要になります。

収入証明書類の例を表す画像

収入証明書を提出する目的は、現在の収入状況を証明することです。

収入証明書類一覧

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(※)
(※)直近2ヶ月の給与明細書を提出


いずれの場合も、原本ではなく写しの提出でOKです。給与明細書の写しを提出する人は、賞与支給があれば年間の賞与額を確認できる賞与明細書もあわせて提出します。

個人事業主の方は、「営業状況確認のお願い」という書類の提出が必要になる場合があります。SMBCモビット公式ホームページからダウンロードして、必要事項を記入して提出しましょう。

マイナンバーが記載されている書類を提出する場合は、個人情報保護の観点からマイナンバー部分が見えないように加工して提出しましょう。

収入証明書についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

収入証明書はなぜ提出が必要なのか?その種類や取得方法について解説
カードローンや住宅ローンなどの審査を受ける際や、賃貸保証を受ける際など、様々な場面で必要になる収入証明書ですが、なぜ収入証明書は必要になるのでしょうか? この記事では、「なぜ収入証明書の提出が必要になるのか?」という理由や、その種類や取得方法について解説していきます。

SMBCモビットの増額審査で落ちないために

SMBCモビットので増額申請をすると増額審査がおこなわれます。利用者の状況が総合的に審査され、「増額できる/できない」という最終判断が下されます。

SMBCモビットの増額審査に落ちると、「SMBCモビットで増額するときの3つの注意点」で先述したように減額や利用停止のリスクが生じます。

無謀な増額申請で信用情報に傷をつけないためにも、SMBCモビットで増額審査を受けるときのポイントを確認しておきましょう。

SMBCモビットで増額できる人・できない人

「SMBCモビットで増額できる人・できない人」を表す画像

SMBCモビットで増額できるのは、増額審査を通過した人だけです。増額審査に受かりやすい人、落ちやすい人の特徴を確認してみましょう。

増額できる人の特徴

  • 遅れずに返済できている
  • SMBCモビットを継続的に利用している
  • 前回の審査時よりも収入が上がった

1.遅れずに返済できている

あなたがSMBCモビットの返済日に遅れることなく返済を続けているのなら、増額審査に通過する可能性は高まっています。

現在の限度額は、前回の審査時点での「返済能力」や「信用度」をもとに設定されています。きちんと返済を続けることで、あなたの信用度は前回の審査時よりも上がっているのです。

SMBCモビットの最大の懸念は、貸したお金を返してもらえないことです。きちんと返済してくれる人であれば、もっと利用してほしいというのがSMBCモビットの本音でしょう。

2.SMBCモビットを継続的に利用している

SMBCモビットを継続的に利用している人は、SMBCモビットのお得意様です。長期にわたって利用を続けている、何回も借入を繰り返している、という人は増額審査に通過する可能性が高くなっています。

ただし、返済の遅延や過払い金の返還請求、規約違反や虚偽の申告など、SMBCモビットとトラブルがあった場合には期待できません。あくまでも優良顧客として継続的にSMBCモビットを利用していることが求められます。

例えば「SMBCモビットを半年以上問題なく利用している」という方は、SMBCモビットで増額できる可能性が高いといえます。

3.前回の審査時よりも収入が上がった

収入が上がって入れば、返済能力も上がっている可能性が高まります。前回の審査時よりも収入が上がっている場合には、SMBCモビットの増額で審査を通過しやすくなっています。

ただし、転職によって収入が上がった場合には注意が必要です。転職直後は勤務状況が安定していないと判断されるかもしれないからです。

返済能力を審査する際は、収入に対する支出の割合も重要です。収入が上がっていても住宅ローンなどの借入金額が増えていれば、増額可能性は下がってしまいます。

対して、SMBCモビットで増額できない人には以下のような特徴があります。

増額できない人の特徴

  • 利用状況や信用情報に問題がある
  • 収入に対する借入額が大きい
  • 前回の審査時よりも収入が下がった

1.利用状況や信用情報に問題がある

SMBCモビットでの利用状況や、信用情報機関に記録されている信用情報に問題がある場合には、SMBCモビットで増額できる可能性が低くなります。

長期滞納ではなくても、SMBCモビットの返済に少しでも遅れたことがある人は印象が悪くなっています。増額を期待することはおすすめしません。

SMBCモビットへの申告内容に虚偽があった場合も同様です。仮に故意ではなくても、SMBCモビットからの信用は下がってしまいます。申告内容は十分な確認のうえで提出しましょう。

SMBCモビット以外の他社とトラブルがあった場合にも、増額審査を通過できる可能性は低くなります。クレジットカードやローンなどの利用情報は信用情報として記録され、増額審査でも審査材料の1つとなります。

金融事故を起こしたことがある、長期滞納の経験がある、他社での借入件数・借入額が多すぎる、など信用情報上の問題はSMBCモビットの増額審査にマイナスの影響を与えます。

信用情報についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

2.収入に対する借入額が大きい

収入に対する借入額が大きすぎる人は、返済能力が低いと判断されます。SMBCモビットの増額審査では、信用情報を照会して他社での借入額もチェックされます

SMBCモビットは貸金業者なので、貸金業法で定められた総量規制の対象となります。そのため、他社を合計した総借入額が年収の1/3を超えるような限度額が設定されることはありません。

総量規制 貸金業法で定められている、貸付の上限金額を制限する規制です。この規制により、個人の借入額は原則として年収の1/3を超えることができません。
(※)銀行は総量規制の対象外となります


希望限度額が大きいほど、増額審査の基準は厳しくなります。収入と支出のバランスを考慮して、余裕を持った希望限度額を申請しましょう。

3.前回の審査時よりも収入が下がった

現在の限度額は、審査時の状況をもとに設定されたものです。収入が下がっていれば、返済能力も低くなったと判断される可能性があります。

SMBCモビットの増額審査において、収入は主要な判断材料です。収入が低いと返済比率が高くなるため、SMBCモビットの増額審査にマイナスの影響が及びます。

前回の審査時よりも収入が低い場合、限度額を減額されてしまうかもしれません。減額のリスクについては、次の「SMBCモビットで増額するときの3つの注意点」で解説します。

SMBCモビットの増額審査時間・受付時間は?

SMBCモビットの増額審査は、最短であれば即日で完了します。

ただし、増額審査は初回申込時の審査よりも限度額が上がるため、基準が厳しくなります。数日間を要するケースも少なくないため、ゆとりを持った増額申請することをおすすめします。

SMBCモビットで増額審査をするときの受付時間は、毎日9:00〜21:00です。受付時間ギリギリに連絡をしても翌日以降の対応となるため、結果を急ぐ場合には早めの増額申請を心がけましょう。

SMBCモビットの増額審査結果は、電話またはメールで届きます。電話で増額申請をした場合には、電話で結果連絡が来ることが多いようです。

増額審査にも在籍確認の電話はある?

在籍確認の電話がかかってきやすい場合を表す画像

SMBCモビットが増額申請を進める中で、必要になれば職場や自宅に在籍確認の電話をかけることがあります。

特に初回審査が完了してから転職をした場合には、改めて在籍確認が行われることがあります。土日祝日など、職場が休みで在籍確認がとれないときは審査が滞る可能性がある点に留意しましょう。

職場に在籍確認の電話をしてほしくない方は、SMBCモビットに相談すれば書類提出で代替してくれる可能性があります。「お問い合わせフリーコール」(0120-24-7217/営業時間9:00〜21:00)で相談してみましょう。

SMBCモビットの増額まとめ

SMBCモビットで増額するときは、むやみに増額申請をするのではなく自分の状況を確認することが重要です。

増額するつもりが減額利用停止にあったり、信用情報に傷をつけてしまわないためにも、本記事を参考に自分が「増額できる人/できない人」のどちらであるかを考えてみてください。

増額のリスクが不安なら、新規借入先を探すのも1つの方法です。SMBCモビットで増額を希望する方が、この記事を参考にして自分に合った借入のかたちを見つけていただければ幸いです。

執筆者のプロフィール
CHISA
CHISA

会計コンサルタントを経て、ライターとして活動。現在はマネ会にてカードローン記事を担当。主なテーマを金融・ビジネスとして、記事の執筆や書籍の編集に携わる。