更新日:

SMBCモビットの借り方を徹底解説!利用者からの口コミも紹介

SMBCモビットの借り方を徹底解説!利用者からの口コミも紹介

わずか10秒で簡易審査ができると話題になっているSMBCモビット。電話連絡や郵送物がないことも魅力であり、利用したいと考えている方は多いでしょう。そんなSMBCモビットには「WEBサイト」、「郵送」、「電話」、「三井住友銀行内のローン契約機」と4種類の申込み方法があります。

この記事では、SMBCモビットの申込み方法と併せて、借入方法もご紹介。「SMBCモビットの借り方」について徹底解説していきます。カードローンの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

SMBCモビット
SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
-
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット

満20歳〜満69歳の安定した収入のある人がカードローンに申込める

SMBCモビットの申込み条件は、公式サイトでも記載されているとおり「満20歳以上満69歳以下の安定した定期収入のある方」です。

年齢条件を満たしていれば、雇用形態にかかわらず、アルバイトやパート、自営業の方も申込めます。また、住宅ローンなどと異なり、借入れをするときに担保や保証人も必要ありません。

ただし、年齢条件を満たしていても専業主婦(主夫)の方は安定した収入がないので、申込みをしても審査には通りません。また、生活保護受給者や仕送りだけで生計を立てている方も、「収入」とは判断されないため、SMBCモビットのカードローンは利用できないので注意してください。

無職の方がSMBCモビットのカードローンを利用したいと思ったときは、アルバイトやパートを始めましょう。毎月のように安定した収入を証明できれば、申込むことはできます。

カードローンを利用するためには審査に通る必要がある

SMBCモビットのカードローンを利用するためには、審査に通る必要があります。「満20歳以上満69歳以下の安定した定期収入のある方」というのは、あくまでも申込み条件であり、誰でも利用できるわけではないのです。

SMBCモビットは、本審査の前にいくつかの質問に答えるだけで借入れ可能か判断できる「10秒簡易審査」を受けられます。本審査の項目は公表されていませんが、この10秒簡易審査の質問内容からある程度の予想をすることができます。

10秒簡易審査の質問項目

  • 生年月日
  • 税込年収
  • 勤務先の種類
  • 契約希望額
  • 利用目的
  • 最終学歴
  • 国籍

「10秒簡易審査」は、審査結果を素早く知りたいと思っている方におすすめです。スマートフォンからでも気軽に利用できることも魅力ですが、あくまでも簡易的な審査であり、本審査との結果に違いが生じることもある点には注意してください。

ちなみにSMBCモビットは、事業性の資金やギャンブル資金を目的としている申込みには融資をおこなっていません。反対に、その2点以外の目的であれば、基本的に利用目的は自由です。

また、SMBCモビットなどの消費者金融は、年収の3分の1までしか借入れできない総量規制が適用されるため、税込年収と契約希望額は必ず確認されます。たとえば、年収300万円の方は100万円を超える金額を借入れることはできないのです。

さらに、複数社から借入れている場合はその合計金額が適用されるため、年収300万円の方がA社から50万円、B社から40万円借入れている場合、C社からは最大でも10万円しか借りられません。

加えて利用限度額は、申込者の利用履歴や信用情報から審査されるので、はじめてカードローンに申込む方は、契約希望額よりも少額になる傾向があります。ちなみに、返済を重ねて利用実績をつくることで増額も可能です。「もう少し借りたい」という方は、契約後、担当者に相談をしてみましょう。

SMBCモビットの申込み方法は4つある

申込み方法

  1. WEBサイト
  2. 郵送
  3. 電話
  4. 三井住友銀行内のローン契約機

SMBCモビットの申込み方法は4つあります。それぞれ申込み手順が異なるのはもちろんのこと、借入れまでのスピードやその後の利用方法にも差が生まれてきます。それぞれの特徴を理解して、自分のライフスタイルや目的に合わせた方法を選びましょう。

WEBサイトは他人にバレずに申込みできる

スマートフォンやパソコン、タブレットからWEBサイトを経由して申込む方法は「WEB完結申込」にも対応しており、ローンカードや契約書類などが郵送されないので、他人にバレるリスクが少ない申込み方法となっています。

他の方法でも利用できる「カード申込み」は、一般的な消費者金融と同じように、SMBCモビットから電話がかかってくるほか、契約時に書類が郵送されてくるため、申込みが他人にバレる可能性があるので注意しましょう。

「電話をかけてきてほしくない」、「メールのやり取りで済ませたい」と思っている方は、WEB完結申込がおすすめです。実際に、WEBサイトから申込みをおこなった方からは、「郵送物を心配せずに申込みを進められた」といった下記のような口コミが寄せられています。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額10万円以下)

今回のSMBCモビットのカードローンを利用するにあたっては、会社だけでなく、妻にもバレてはいけない借金でした。このため、カードローン利用を申し込むにあたっては、WEB完結申し込みという方法を選択し、お金は直接、私の銀行口座に入金する方法を選択したのです。この方法ならば、SMBCモビットのホームページ上で契約締結をすることができますし、ローンカードの発行も必要ありません。自宅に契約書が送付されてくる心配もないため、妻にはSMBCモビットのカードローン利用がバレることはありませんでした。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

スマートフォンでのやり取りだけなので、とくに周りを意識する必要はないのではないでしょうか?私は一応女房にバレたくないので、会社への通勤時に申込手続きを行いました。流石に電車の中で入力作業をするのは気が引けたので、最寄り駅の途中にある公園のベンチでコツコツと作業を行いました。自分一人の時間と空間さえあれば問題ないかと思います。

上記口コミのように、他人にバレにくいという点に加えて24時間いつでもどこでも申込みができる点もWEBサイトから申込むメリットのひとつです。申込み書類を取りに行く必要がないので、忙しい方にもおすすめの方法となっています。

専門家からのコメント

小林 裕子
ファイナンシャル・プランナー
小林 裕子

SMBCモビットは、電話や郵便物なしで申し込み手続きできる「WEB完結申込」が魅力で利用されている方は多いです。

「WEB完結申込」は申込書類に不備がなければ、家族や知人に知られるといった心配はなくスムーズに手続きを完了することができるでしょう。

ただ、手続き完了後の借入後に返済が滞るようなことがあると話は別です。返済を忘れてしまった状態で支払期限が過ぎると電話や郵送物などが届くことはありますのでご注意ください。

もし、どうしても返済期日までの返済ができなさそうと事前に分かれば、電話や郵送物などが届くことになる前にコールセンターに連絡をして相談しましょう。またSMBCモビットは会員専用サービス「Myモビ」や公式スマホアプリから支払期限後のお支払予定日を登録できるサービスがあります。

いずれにしてもSMBCモビットから返済遅延による電話や郵送物などが届くことは避けたいのなら早めの対応が肝心です。

WEBサイト申込みは審査から借入れまでをインターネットで完結できる

WEB完結申込は、申込みから審査、借入れまでをインターネットだけで完結できることが魅力です。一般的な消費者金融では、審査結果を電話や書類で伝えることが多いのですが、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すると、メールで連絡をしてくれるのです。

郵送や電話などの申込み方法とは異なり、申込みから審査完了まで最短30分(※)でおこなえることも嬉しいポイントです。また、入会完了メールの到着後からすぐに振込キャッシングを申込むことができるので、「今すぐお金を借りたい」と思っている方にもおすすめです。

(※)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

ちなみにWEB完結申込を利用するときは、下記の条件を満たしておく必要があります。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方。(お客様名義の口座に限ります)

全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方。

2つの条件を満たしていない場合は、WEB完結申込を利用できないので注意しておきましょう。どうしても利用したい方は、あらかじめ対象となる銀行口座を開設しておくなどの準備をしておくべきです。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額50〜100万円未満)

SMBCモビットは審査するスピードが早く感じます。個人情報などの選択欄も分かりやすくなっているので、スピーディーに入力できました。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円 / 借入金額10〜50万円未満)

全てWebで審査が完了するので、面倒なやり取りは一切無く楽でした。 書類提出に不備等があった際は、電話連絡がきますが基本的にはメールでのやりとりのみです。電話での対応もとても丁寧でした。

上記口コミを見てもわかるように、SMBCモビットの担当者はとても親切な対応をしてくれるので、カードローンの利用が初めての方でも安心です。誤った情報で申込みをすると審査に落ちてしまうので、申込み方法でわからないことがあれば、担当者に相談をしましょう。

郵送はローンカードや契約書が自宅に届く

SMBCモビットでは、三井住友銀行の店頭やローン契約機で入手できる書類を使い、郵送で申込むこともできます。申込書に記載する内容はWEBサイトと変わらないので、インターネットの操作が苦手な方におすすめです。

申込書を送付した場合、数日後に電話で審査結果が伝えられます。申込書には連絡がとれる電話番号を記載しておきましょう。審査を通過した場合、モビットカードと呼ばれるローンカードと契約内容確認書が自宅に届きます。

郵送での申込みはWEBサイトとは異なり、ローンカードや契約書類が発行されることから他人にバレるリスクが高くなります。ここで、実際に郵送で申込みをした方の口コミをご紹介します。

(20代 / 男性 / 派遣社員 / 年収200〜400万円 / 借入金額10〜50万円未満)

事前に書類がくるとわかっていたので、自身が実家でポストの確認をするかかりを担い、他人に開封させないようにしていました。

郵送物による家族バレを防ぎたい場合には、口コミのように、カードローンの申込書を郵送したあとの数日間は自身でポストを確認するなどの対策をしておきましょう。

また、SMBCモビットではカードをコンビニや郵便局で受取ることができます。コンビニでローンカードを受取りたい場合には、審査時に申込み者の顔写真等を提出する必要がありますが、自宅への送付による家族バレを避けたい方には嬉しい受取方法となっています。

どうしてもローンカードの郵送を避けたいという方は、あらかじめ担当者に相談しておきましょう。SMBCモビットでは、郵送での申込みでもローンカードを無人契約機で受け取ることが可能です(郵送のみの対応となるケースも存在します)。

電話申込みはオペレーターと手順を確認しながら申込める

電話での申込みは、オペレーターと手順を確認しながら申込めることが魅力です。インターネットの操作が苦手な方やカードローンの申込みが不安な方におすすめです。

消費者金融は怖いというイメージを持つ方も多いと思いますが、SMBCモビットは親切な対応が評価されている会社でもあります。実際に利用者からは対応の良さを評価する口コミが寄せられています。

(20代 / 男性 / 派遣社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

電話でご対応いただいた方の対応がとても愛想が良く、安心してお話することができました。

電話での申込みは、ミスなく利用できることが嬉しいポイントですが、WEBサイトと比べて時間がかかってしまう点には注意が必要です。少しでも借入れまでのスピードを早くしたいと思っている方は、あらかじめ本審査で必要な書類を揃えておきましょう。

本審査に必要な書類については、SMBCモビットの審査について解説している下記記事の「申込みに必要な書類」の項目をご覧ください。

SMBCモビットの審査を受けたい人必見!メリットや口コミ、借入までの流れを徹底解説

三井住友銀行内のローン契約機は初回手続き約5分で完了

三井住友銀行内ローン契約機の利用の流れ

  1. タッチパネルから申込み(本人確認書類の提出)
  2. モビットカードの発行
  3. 電話で追加項目の聴取
  4. メールで審査結果の連絡(ネットか電話で入会手続き)

三井住友銀行内に設置されているローン契約機からSMBCモビットに申込むと、初回手続き(上記リストの「2.モビットカードの発行」まで)は約5分で完了します(※)。

また、その場でローンカードが発行されるので、自宅にローンカードが送られる心配はありません。

ローンカード発行後、電話にて審査に必要な項目を質問されます。SMBCモビットの担当者は個人名でかけてくれるので、自宅や職場に電話がかかってきた場合でも、カードローンの利用がバレる可能性が低くなっています。

また、審査の状況によっては、現在の収入が証明できる書類の写しを送付することもあるので、あらかじめ書類を準備しておくのがおすすめです。

審査結果はメールで届くようになっており、そのまま入会手続きを始めることができます。実際にローン契約機を利用した方からは、スムーズな手続きと丁寧なオペレーター対応を評価する口コミが寄せられていました。

(※)申込完了からカード発行までの目安の時間となります


(20代 / 男性 / 公務員 / 年収200〜400万円 / 借入金額10〜50万円)

とにかく審査が早く、手続きして数分で無人の窓口からカードがでてきて、その場で借り入れができたことが良かったです。電話での対応も早く、問い合わせをすると、オペレーターに個人情報を伝えると、すぐに質問にも答えていただき助かりました。

また、ローン契約機が三井住友銀行の店舗内に設置されていることを生かし、カードローンを他人に内緒で契約したという口コミも寄せられていました。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600〜800万円 / 借入金額50〜100万円未満)

無人契約機での契約でかつ、カードもその場でもらえる消費者金融を選びました。SMBCモビットは無人契約機でカードを発行してくれますし、無人契約機が三井住友銀行の中にある場合がありますので、銀行へ行っていると伝えられますので会社への説明も楽になります。

(20代 / 男性 / 派遣社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

ローン契約機は自宅の近くでなく、隣の市まで行き契約いたしました。自宅近くや、通っていた学校、職場近辺だと身内に見られてしまう可能性があり、見られてしまう可能性があると思うと不安で契約を進めらなくなりそうだったので、あえて遠くの契約機にて契約いたしました。

上記の口コミのとおり、三井住友銀行内のローン契約機を使うことで、銀行のサービスを利用しているとカモフラージュすることもできます。

ちなみに、ローン契約機が設置されている店舗は限られているので、自宅や職場から離れた場所を利用する際には、SMBCモビットの公式サイトから確認しておきましょう。

SMBCモビットの借り方は「振込キャッシング」と「提携ATMでのキャッシング」の2種類

SMBCモビットの借り方は「振込キャッシング」と「提携ATMでのキャッシング」の2種類が用意されており、借り方によって便利なタイミングが異なります。以下で詳しく解説していきますので、ご自身のライフスタイルや目的にあった借り方を選びましょう。

振込キャッシングはスマートフォンから振込依頼ができる

振込キャッシングは、SMBCモビットの公式サイトにある会員専用サービス「Myモビ」、または電話から指定の預金口座へ振込手続きができる借り方です。スマートフォンやパソコンから利用できるので、場所を問わずスムーズに借入れたいと思っている方にも選ばれています。

振込キャッシングのメリット

  • スマートフォンから24時間いつでも振込依頼ができる
  • アプリから気軽に利用できる
  • 何回でも利用手数料無料
  • 口座にお金を入金しておきたい状況で活躍する

振込キャッシングで依頼できる金額は1,000円単位となっており、利用手数料はかかりません。また、スマートフォンや電話一本で申込みができるので、他人にバレずに使える借入れ方法となっています。

SMBCモビットの振込キャッシングは振込先が限定されていないため、普段使っている口座を利用することができます。そのため、振込キャッシングはクレジットカードの支払いやローン返済、家賃などの引き落としが迫っている場合にも活用できます。

公共料金の支払いを遅延・滞納してしまうと信用情報に傷がつくので、「今すぐにお金を借りて、自分の口座に入金したい」と思っている方は、振込キャッシングの利用がおすすめです。

また、日程によっては振込依頼から入金されるまでの時間が異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

振込依頼から口座に反映されるまでの時間

  • 平日0:00〜9:30の申込みの場合
    9:00以降または受付完了から最短3分で振込(メンテナンス時間を除く)
  • 平日9:30〜14:50の申込みの場合
    受付完了から最短3分で振込
  • 平日の14:50〜23:59、および土日・祝日の申込みの場合
    翌金融機関営業日9:30頃のお振込、または受付完了から最短3分で振込み(メンテナンス時間を除く)

また、スマホアプリや公式サイトからアクセスできる「Myモビ」から振込キャッシングを利用した方からは、使いやすさを評価する口コミが多数寄せられています。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

スマホアプリのMYモビを利用すれば、ローンカードを持たずに借り入れ、返済が可能である為、手間や防犯上においても重宝している。

(20代 / 男性 / 派遣社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

SMBCモビットの独自サービスとして「Myモビ」がとても便利です。増額の申し込みや、取引履歴の確認、支払い予定日の登録、振込みキャッシングなど全てがスマホで完結させることができます。カードローンを利用していたことは同僚には内緒でしてので、スマホで操作できるのは大変な便利な機能です。

「Myモビ」では、振込キャッシングだけでなく増額審査申込み、取引履歴照会などもインターネットやアプリからおこなえるようになっています。

また、ご自身のライフスタイルにあわせて返済日を変更できるサービスも展開している点もメリットのひとつです。転職にともない、給料日が変わった場合でも安心して利用できるのは嬉しいポイントですね。そんな「Myモビ」から振込キャッシングを利用する手順は、以下のようになっています。

Myモビで振込キャッシングを利用する手順

  1. 「Myモビ」にログインをする
  2. 「振込キャッシング」をタップする
  3. 認証項目を入力する(モビットカード番号・暗証番号・生年月日)
  4. 振込口座選択
  5. 振込希望額を入力する(1,000円単位)
  6. 振込依頼ボタンをタップで完了

「Myモビ」では領収書や利用明細書は郵送ではなく、インターネットから確認できるので、カードローンの利用が他人にバレる心配はありません。公式サイトの指示に従って作業することで6ステップで借入れができる振込キャッシングなら、機械操作が苦手な方も簡単に使いこなせるでしょう。

提携ATMはコンビニや銀行から気軽に利用できる

SMBCモビットは、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用する借り方もあります。

SMBCモビットの提携ATMは全国に約140,000台(2019年9月現在)設置されており、下記のようなメリットを持っています。

提携ATMを利用した借入れのメリット

  • コンビニでの取引なのでバレにくい
  • セブン銀行ATMではカードレス取引も可能
  • 急な出費にも対応できる

消費者金融の借入れでは、店舗ATMを使うと近所の人や職場の同僚に見られてしまう可能性がありますが、提携ATMを利用すればコンビニや銀行に用事があるというカモフラージュができます。

「何をしに行ったの?」と聞かれたときのために、「通帳記入をしていた」、「急ぎの支払いをしていた」など、あらかじめ言い訳を用意しておけばより安心です。

さらに、セブン銀行ATMであればモビットのスマホアプリを利用してカードレスに借入れをおこなえるため、ローンカードを持ち運ぶことなく借入れ・返済が可能です。カードを使わずコンビニ等で取引できるセブン銀行ATMは、よりバレにくい利用方法であるといえます。

また、振込キャッシングと異なりコンビニ提携ATMの営業時間帯なら確実に借入れをおこなうことができるのも魅力のひとつです。実際に利用した方からも、「自分の都合にあわせた借り方ができる」という口コミがマネ会に寄せられていました。

(30代 / 男性 / 派遣社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

借り入れ時はアプリから口座への振込、急いでいた際はコンビニATMから現金の受け取りもでき、都合に合わせて色々と選択肢があり助かりました。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

借り入れ、返済においては、セブン銀行ATMにてコンビニ利用が可能な為、就業時間内外問わず、時間を気にする事無く利用出来て便利。他のコンビニでも利用出来ると思い込んでいた時期に、利用出来ず、電話にてコールセンターに問い合わせた際も、比較的混雑しておらず、スムーズな対応であった。

コンビニや銀行などの提携ATMは利便性が高いことが魅力ですが、利用明細書が発行されるため、服のポケットやカバンに入れておくとバレる可能性があります。くれぐれも利用明細書を雑に扱わないように注意してください。

提携ATMが設置されている場所

全国規模で設置されている、SMBCモビットで借入れをおこなうことができる主要提携ATMを以下のリストにまとめました。

どのATMも入出金ともに可能ですが、ゆうちょ銀行ATMは利用明細書および領収書が後日郵送されるようになっています。他人にバレないように借入れをしたい方は、利用後の書類の取り扱いに注意が必要です。

SMBCモビットへの入金・出金に対応する主な提携ATM

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミス
  • セゾンカード
  • ローソン銀行
  • イーネット(ファミリーマート、デイリーヤマザキ等に設置)
  • ゆうちょ銀行

上で紹介しているメガバンクやコンビニ提携ATM以外にも、JR東日本主要駅に設置されている「VIEW ALTTE」や、阪急電鉄主要駅を中心に設置されている「PatSat」などの駅ナカATMでも取引をおこなうことができます。

さらに、全国各地の地方銀行でもSMBCモビットを利用できます。提携している地方銀行を詳しく知りたい方は、以下のリンクからご確認ください。

専門家からのコメント

小林 裕子
ファイナンシャル・プランナー
小林 裕子

SMBCモビットでお金を借りる時、全国の提携ATMなどでいつでも引き出すにはローンカードが必要になります。しかしSMBCモビットで人気の「WEB完結申込」はカード発行がないカードレス契約です。

ローンカードがなくても公式スマホアプリを使えばセブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMからの借入れは可能ですが、時には急な出費の際にセブンイレブンがなく慌ててしまうなんてこともあるかもしれまあせん。

自身の好きなタイミングで借入れができることを優先させたい場合には電話連絡などの手間はかかりますが「カード申込」も選択肢にいれておくといいかと思います。

提携ATM利用時の手数料

提携ATMを利用した借入れは、全国約140,000ヶ所(2019年9月現在)で取引をおこなえる利便性が魅力ですが、利用時の手数料はどのくらい発生するのでしょうか。

SMBCモビットのグループ会社である三井住友銀行のATMなら、ATM手数料無料で借入れ・返済ができるようになっています。また、三井住友銀行以外の提携ATMを利用した際の手数料は以下のとおりです。

提携ATM利用時の手数料
取引金額 入金手数料(税込) 出金手数料(税込)
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円

あらかじめお金が必要だとわかっているときは手数料のかからない振込キャッシングを、急な出費でお金が必要な場合は提携ATMを利用するなど、用途によって使い分けることがおすすめです。

専門家からのコメント

小林 裕子
ファイナンシャル・プランナー
小林 裕子

SMBCモビットはセブン銀行ATMや提携金融機関のATM(三井住友銀行ATM以外)を利用してお金を借りた場合、手数料がかかります。手数料は数百円程度ですが、一回の手数料でジュースが買えるなんて改めて考えていただくと大きな出費と感じませんか。

SMBCモビットでは振込キャッシングや三井住友銀行ATMからの借入れには手数料はかかりません。

マネープランを考える上では、少しでも払わなくて済むことのできる無駄な出費は減らすという考え方が重要です。お金を借りる時は手数料の存在を忘れずに、手数料は節約するということを意識していただきたいと思います。

SMBCモビットのメリット・デメリット

ここまではSMBCモビットの申込み方法や借入れ方法などの「借り方」について説明してきましたが、ここからは記事を読んでSMBCモビットの利用を検討している方のために、SMBCモビットのメリット・デメリットを簡潔に解説します。

メリット
  • 即日融資に対応
  • 3つの返済方法を利用できる
  • ローンカードをコンビニや郵便局で受取可能

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融会社であるため、最短即日融資にも対応しており、急な出費によりまとまったお金が必要となったときにも頼れるカードローンのひとつです。

また、SMBCモビットの返済方法は、「提携ATM」、「口座振替」、「銀行振込」の3つが用意されています。借り方だけではなく、返済方法も自分の都合にあわせて選べるのです。なかでも口座振替は、指定した返済日に自動で引き落としをしてくれるため、うっかり返済日を忘れてしまうことがありません。

また、SMBCモビットではローンカードをコンビニや郵便局で受取ることができます。大手消費者金融のローンカード受取方法は、自宅への郵送もしくは自動契約機での受取りが主流となっており、どうしても家族や他人にバレないよう注意が必要となってしまいます。

しかし、SMBCモビットではコンビニで郵送物としてローンカードを受取ることができるため、他人の目を気にする必要がありません。また、コンビニ提携ATMやゆうちょ銀行ATMがある店舗であればその場で借入れをおこなうこともできます。

デメリット
  • 銀行系カードローンと比べて金利が高い
  • 無利息期間がない
  • おまとめローンがない

複数社から借入れている場合、支払先を一つに絞れる「おまとめローン」のサービスを展開している消費者金融は多いですが、SMBCモビットは「おまとめローン」に対応していません。

SMBCモビットは総量規制が適用されるので、年収の3分の1以上の借入れはできないのです。すでに複数社から借入れている方や、まとまった金額の融資を求めている方には不向きです。

また、大手消費者金融のなかには、はじめてカードローンを利用する方に向けた無利息期間サービスを提供している商品もありますが、SMBCモビットは無利息期間サービスがありません。

「借入れたあとにすぐに返済できる」という方は、無利息期間サービスを提供しているカードローン商品が適しているでしょう。

まとめ

SMBCモビットの申込み方法は、「WEBサイト」、「郵送」、「電話」、「三井住友銀行内のローン契約機」の4種類です。WEBサイトなら、電話不要かつカードレスで申込めるので他人にバレる心配もありません。

借入方法は「振込キャッシング」、「提携ATMでのキャッシング」の2種類です。SMBCモビットの独自サービスである「Myモビ」を利用すると、利用手数料が無料かつ24時間振込依頼できます。

以上のように複数の「借り方」が用意されているSMBCモビットは、ライフスタイルや目的に合わせた借入れができるのが特長です。電話連絡の有無や郵送物の受取方法などにも配慮しているので、他人にバレずに利用したいと思っている方にもおすすめのカードローンです。

小林 裕子

専門家からの一言

ファイナンシャル・プランナー 小林 裕子

SMBCモビットは「振込キャッシング」、「提携ATMでのキャッシング」の2種類の借入方法に対応しています。申込時にカードあり、なし、どちらを選ぶかで借入方法は異なりますので、ご自身の生活環境に合わせて便利な方法を選ぶようにしましょう。

カードレスのWEB完結申込をした方も振込キャッシングやセブンイレブンでの借入れは可能なのでそれほど不便ではないと思います。

SMBCモビット
SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
-
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット

お客様の財産を守り、育むお手伝いをすることを使命として2008年にファイナンシャルプランニングをメイン業務とした事務所をスタートさせました。 国際的に認められた適正なファイナンシャルプランニングの考え方に基づき、「ファイナンシャルプランニングは100人100様」をモットーに、一人ひとりに最適なライフプラン実行支援をしています。 お客様の大切な人生設計を家計のホームドクターとして大切に丁寧にサポートさせていただいています。

小林 裕子の監修記事・プロフィール一覧へ

健康運動実践指導者・サッカー指導者として活動後、「人生を変えられる情報を提供したい」という想いからライターに転職。クレジットカードやカードローンなどの金融系の記事はもちろんのこと、商品レビューや自らの経験を活かしたフィットネス関係の記事も執筆している。趣味は映像制作と温泉旅行。アメリカンエキスプレス・プラチナカードを保有しており、特典を使って高級ホテルに宿泊するのが大好き。最近はコストパフォーマンスを重視しており、楽天カードを愛用している。

じゃりの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

SMBCモビットの審査に関する記事

SMBCモビットの借り方に関する記事

SMBCモビットに関するその他の記事