更新日:

みずほ銀行カードローンは低金利って本当?金利を引き下げるコツも詳しく解説

みずほ銀行カードローンは低金利って本当?金利を引き下げるコツも詳しく解説

子どもの進学、結婚式への出席、急な病気やケガ…予想外の出費に悩まされることは誰しも経験するものです。そんなとき、足りない資金を補うために、カードローンの利用を検討することもあるでしょう。

かつては消費者金融のイメージが強かったカードローンですが、近年は身近な銀行の名前を冠したカードローンがずいぶんと増え、身近な存在となっています。なかでも、安心感と低金利との評判から、みずほ銀行カードローンを選択肢に加える人が多いようです。

そこでマネ会が、みずほ銀行カードローンが低金利とされる理由、審査のポイントや金利を引き下げるコツなどをわかりやすくご紹介いたします。みずほ銀行カードローンのことが気になっているなら、この記事で疑問や不安をしっかり解消しておきましょう。

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行 ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンの金利は低い?他社カードローンと比較してみました

みずほ銀行カードローンは、お金の利用目的を問わない個人向けの無担保ローン。限度額内であれば、必要なタイミングでいつでも利用することができます。借りたお金と利息の返済のみで、年会費や維持費などの費用はかかりません。

老舗メガバンクの手がけるカードローンとなると、経営がしっかりしている分、安心感はあっても金利が高そう…そんなイメージを持たれるかもしれませんね。しかし実際には、みずほ銀行カードローンの金利は他社と比較して低金利な傾向にあります。

そこで、なぜ低金利といわれているのか、みずほ銀行カードローンの金利についてわかりやすくまとめてみました。

みずほ銀行カードローンの金利は借入れ限度額によって変わる

みずほ銀行カードローンの金利は、限度額に応じて決定されます。限度額は申込み後の審査によって決まるので、申込みの時点では自分に適用される金利を知ることはできません。

ただし、希望する限度額が現実を大きく離れたものでなければ希望どおりに決まる可能性が高いため、適用金利を予測することも可能であり、申込み前からある程度の返済計画を立てることもできます。

みずほ銀行カードローンの限度額は10~800万円。使いみち自由なローン商品でありながら、最大800万円までキャッシング可能なのは業界最高水準です。この限度額の幅の広さも、みずほ銀行カードローンのメリットのひとつといえます。

みずほ銀行カードローンの限度額に対する基準金利は以下のとおりです。

限度額 金利(実質年利)
10万円~100万円未満
14.0%
100万円~200万円未満 12.0%
200万円~300万円未満 9.0%
300万円以~400万円未満 7.0%
400万円~500万円未満 6.0%
500万円~600万円未満 5.0%
600万円~800万円未満 4.5%
800万円 2.0%

上記の表からは、限度額が大きく設定されているほど、低い金利でみずほ銀行カードローンを利用できることが分かります。

初回利用時は限度額が小さめに設定される傾向にあり、結果として金利が高くなりやすい点に注意しましょう。

みずほ銀行カードローンの金利と消費者金融のカードローン金利を比較

銀行が参入する前は、カードローンは消費者金融の独壇場でした。かつては高金利のイメージが強かった消費者金融ですが、最近はメガバンクのグループ会社となっていることも多く、適正な金利でお金を借りられるようになっています。

では、キャッシングを本業とする消費者金融の金利の実態はどれくらいでしょうか?

人気の消費者金融としては、アコム・アイフル・プロミスの3社が挙げられます。みずほ銀行カードローンの金利と、これらの消費者金融の金利を比較してみましょう。

みずほ銀行カードローンは消費者金融と比べると格段に低金利!

カードローン 金利 限度額
アコム 3.0~18.0%
800万円
アイフル 3.0~18.0%
800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円

銀行と消費者金融とでは、同じカードローンでも条件の違いなどが大きいこともあって単純に比較することはできません。契約や審査がスムーズ、30日間無利息といったサービスの充実など、メリットもいろいろあります。

しかし、金利だけを銀行カードローンと比べると、消費者金融各社はやはり高金利な傾向にあります。特に上限金利は、利息制限法で定められた上限金利である18.0%に近い金利でほぼ横並びという状態です。

消費者金融の金利と比べると、みずほ銀行カードローンの金利である2.0~14.0%の金利はかなり低いということが分かりますね。

最高金利が18.0%に近い消費者金融比べると、最高金利の差は約4.0%に及ぶため、金利面ではかなりお得にカードローンを利用できるでしょう。

消費者金融では、審査が終わるまでは適用される金利の予想がつきにくいうえ、はじめての借入れでは上限金利が適用されることもあります。

自身の限度額に見合った金利があらかじめ明らかにされているみずほ銀行カードローンは、計画的なキャッシングの利用という点でも優位といえます。

みずほ銀行カードローンの金利とメガバンクのカードローン金利を比較

低金利と評判のみずほ銀行カードローンですが、有名他社のカードローンとどれほどの違いがあるのか気になる人も多いはず。

そこで、みずほ銀行と同じ大手メガバンクである三菱UFJ銀行と三井住友銀行が手がけるカードローンの金利と比較してみましょう。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行とも、みずほ銀行カードローンと同様に借入れ限度額によって金利が決まるスタイルです。限度額の設定に違いはありますが、次の表から実質的な金利をチェックしましょう。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
限度額
金利(実質年率)
10万円~100万円
13.6~14.6%
100万円超~200万円 10.6~13.6%
200万円超~300万円 7.6~10.6%
300万円超~400万円
6.1~7.6%
400万円超~500万円 1.8~6.1%
三井住友銀行カードローン
限度額
金利(実質年率)
100万円以下
12.0~14.5%
100万円超~200万円
10.0~12.0%
200万円超~300万円 8.0~10.0%
300万円超~400万円
7.0~8.0%
400万円超~500万円 6.0~7.0%
500万円超~600万円
5.0~6.0%
600万円超~700万円
4.5~5.0%
700万円超~800万円 4.0~4.5%

みずほ銀行カードローンはメガバンクと比べても低めの金利

金利(実質年利)だけに着目すると、三菱UFJ銀行は1.8~14.6%、三井住友銀行は4.0~14.5%。みずほ銀行カードローンの金利は2.0~14.0%に設定されていますから、一見すると3社にそれほど大きな違いがあるようには見えないかもしれません。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の最低金利は、3社で最も低い1.8%です。同じメガバンクで信頼性がさほど変わらないなら、より低金利なカードローンを選びたいと考えるのは当たり前ですよね。

しかし、「三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の1.8%がいちばん低金利だ」と考えるのは危険です。実は、金利をチェックするときには上限金利こそが重要な意味を持ちます。

なぜなら、初回の利用時には低めの限度額が設定される傾向にあり、上限に近い金利が適用されることも少なくないからです。

先ほどの表から各社の上限金利を見ると、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)が14.6%、三井住友銀行カードローンが14.5%、みずほ銀行カードローンが14.0%です。つまり、みずほ銀行カードローンの上限金利は他行よりも0.5%以上も低金利となります。

3社とも審査によって金利が決まりますので、申込み時点では誰もが下限金利になるとは限らず、少額を借りようとして上限金利に決まる人も少なくないでしょう。

借りた金額や期間によっては、たった0.1%の金利の違いが返済額を大きく左右することがあります。返済額をふくらませるリスクを避けるなら、みずほ銀行カードローンの上限金利はかなり魅力的といえるでしょう。

なお、みずほ銀行カードローン含め、各銀行ともカードローンには変動金利を採用しています。今のところ金利に変化はないようですが、社会情勢や経済動向によっては変動することもありますので、契約前後は定期的に金利をチェックしておくのをお忘れなく。

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

みずほ銀行カードローンで金利を引き下げるコツ

みずほ銀行カードローンの金利を引き下げるコツを紹介している画像

みずほ銀行カードローンがいくら低金利でも、「もっと金利を引き下げたい」という方もいらっしゃるでしょう。

「審査で決まったものだから仕方がない…」とあきらめることはありません。

契約後であっても、みずほ銀行カードローンの金利を下げる方法があるのです。しっかり活用して、返済総額ダウンを目指しましょう。

1.みずほ銀行カードローンで増額して金利を引き下げる

みずほ銀行カードローンの金利は、限度額が増えるほど少なくなります。たとえば、限度額10万円なら金利14.0%、800万円なら4.0%で、その差はなんと10.0%。

少しでも低金利でお金を借りるには、限度額をできるだけ増やすのが近道なのです。

申込み時点では、審査にとおりやすいように、実際の返済可能額よりも限度額を低めに設定する人も多いでしょう。そこで、無事に契約できてから、増額審査を受けるのがおすすめです。

みずほ銀行カードローンで限度額の増額を申し込むには?

みずほ銀行カードローンの限度額は、カードローンの再申込みをすることで増額できます。

すでに契約中なのにもう1度申込みをするとなると、不思議に思われるかもしれませんが、正式な方法なので心配は要りません。

手続きそのものはとてもかんたん。パソコン・スマートフォン、みずほ銀行カードローン専用ダイヤル、みずほ銀行窓口のいずれかで申込みをするだけでOKです。

忙しいなら24時間受付のパソコンやスマートフォン、平日に時間をとれるならフリーダイヤル、対面で相談したいなら窓口を利用するなど、都合にあわせて使い分けるといいでしょう。

みずほ銀行カードローンで増額して金利を下げるためには「返済」が重要

ただし、みずほ銀行カードローンで増額するためには、増額審査を通過する必要があります。

申込みが簡単とはいえ、審査が必要なものですので、限度額は必ずしも増額できるわけではありません。

しかしながら、みずほ銀行カードローンを継続的に利用している方は、返済実績などによって信用力が高まっているケースが多く、初回の審査よりも限度額がアップしやすいといわれています。

反対に、みずほ銀行カードローンでの返済に遅れたことがあると信用力が下がり、増額審査に落ちやすくなります。

金利を下げるためには、返済計画をきちんと立ててお金をコツコツ返していくのが大切です。増額審査を通過したい方は、みずほ銀行カードローンの返済に遅れないようにしましょう。

2.<みずほ>住宅ローンの利用でカードローン金利を0.5%引き下げる

<みずほ>住宅ローンを利用すると、みずほ銀行カードローンの基準金利から金利を年0.5%引き下げてもらえます。

つまり、2.0〜14.0%(実質年率)から0.5%引き下げて、1.5〜13.5%(実質年率)になるということです。

住宅ローンをご検討中で、みずほ銀行カードローンの金利を引き下げたい方は、<みずほ>住宅ローンがおすすめです。また、すでに<みずほ>住宅ローンをご利用中の方は、さらに低金利でみずほ銀行カードローンを利用することができるでしょう。

ただし、上記のように金利を引き下げてもらうためには、カードローンの利用店舗と住宅ローンの利用店舗が同一であることが条件ですのでご注意ください。

みずほ銀行カードローンは「低金利を希望」&「借入れを急がない」人におすすめ

テレビCMにネット広告など、少し見渡すだけでたくさんのカードローン情報が目に入ります。

この記事でみずほ銀行カードローンのことがわかってきたと思いますが、いざ契約となると自分にあったカードローンなのか悩んでしまうかもしれません。

そこで、みずほ銀行カードローンがどんな人に適しているのか、わかりやすくまとめてみました。

1.みずほ銀行カードローンの低金利に魅力を感じる人

みずほ銀行カードローンのいちばんの魅力はなんといっても低金利な点です。下限金利だけを見るとそれほど低いわけではありませんが、上限金利の低さはメガバンクのなかでも抜きんでています。

カードローンは自由に金利を選べるわけではありません。そのため、上限金利になるかもしれないことを考慮に入れて、みずほ銀行カードローンのように上限金利が低い商品を選ぶことをおすすめします。

できるだけ低い金利でお金を借りたいと考えるなら、みずほ銀行カードローンに合っている人だといえるでしょう。

2.みずほ銀行カードローンでは即日融資ができないことを理解している人

金利の低さで注目されるみずほ銀行カードローンですが、ほかの銀行カードローンと同様に、即日融資を受けることはできません。店頭で申込む、みずほ銀行の口座をあらかじめ準備しておく、審査がスムーズに進む…といった諸条件をクリアしても、翌日の融資が最短となります。

金利の低さにひかれて申込んだのに、肝心のお金が思うように手に入らないと困ったことになりますよね。みずほ銀行カードローンは融資をあまり急がないという人が申し込むほうがいいでしょう。

融資をお急ぎの方は、下記のような消費者金融を検討してみてはいかがでしょうか?みずほ銀行カードローンよりも金利は高いものの、最短即日の審査スピードが魅力的です。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 原則不要(※)
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

みずほ銀行カードローンの金利まとめ

みずほ銀行カードローンは、低金利が魅力的なカードローンです。特に上限金利の低さは、お金を借りる際の安心材料になります。

また、利用使途を問わないカードローンで、最大限度額が800万円に設定されている点は、大型融資を希望する方にとっては頼もしい限りといえるでしょう。

日本を代表するメガバンクのひとつであるみずほ銀行によるカードローンだからこそ、安心して申し込むことができるという方もいらっしゃるでしょう。

信頼できる銀行カードローンで、できるだけ低金利で、できるだけたくさん借りたいなら、みずほ銀行カードローンがおすすめです。

安定した生活のサポートに、みずほ銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行 ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。