更新日:

みずほ銀行カードローンの増額について、申込方法から増額審査のコツまで徹底解説!

みずほ銀行カードローンの増額について、申込方法から増額審査のコツまで徹底解説!

こちらの記事では、みずほ銀行カードローンの増額について解説しています。

「増額するメリットは?」、「申込みをする方法は?」、「審査はあるの?」、「そもそも増額って何?」など、増額に関するさまざまな疑問にお答えできる内容の記事になっています。

また、増額できるタイミングになると届く、増額案内についても詳しく解説していきます。

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行 ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンの限度額の「増額」とは?

みずほ銀行カードローンの増額とは、利用限度額の枠を増やすことです。

カードローン契約時の審査では、利用者の収入状況などを考慮したうえで、借入の限度額が設定されます。

利用者はこの限度額の範囲内で、みずほ銀行から借入をすることができるのですが、この限度額はのちに増額申請によって増やすことができます。

みずほ銀行カードローンの限度額は最大800万円

みずほ銀行カードローンの利用限度額は10万円から800万円となっています。つまり、最大800万円まで増額できるということです。

新規で申し込んだときの限度額は低めに設定されていますが、みずほ銀行のカードローンをまじめに利用していくことで、増額が認められ、より大きなお金を借りることができます。

まじめに利用するとは、きっちり返済をしていくということです。優良な顧客であれば、みずほ銀行から「増額しませんか?」という増額案内が届くことがあります。

増額案内については、『みずほ銀行から届く「増額案内」とは?』の章で後述します。

みずほ銀行カードローンで増額する2つのメリット

みずほ銀行カードローンで増額することによって得られる2つのメリットについて紹介します。

増額のメリット

  • カードローンの金利が下がる可能性がある
  • 新たに借入先を増やす必要がない

それぞれのメリットについて、下記で順番に説明していきます。

1.カードローンの金利が下がる可能性がある

みずほ銀行カードローンで増額することによって、金利(年)が下がる可能性があります。

みずほ銀行の金利は2.0%14.0%(※)となっており、利用限度額によって設定されています。

(※)<みずほ>住宅ローンの利用で金利を0.5%(年)引き下げてもらうことができる


利用限度額 金利(実質年率)
10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満 6.0%
500万円以上600万円未満 5.0%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円 2.0%

上記の表から見てわかるように、みずほ銀行カードローンの金利は限度額が上がるほど、低くなっていきます。

お金を借りる際に、大きなネックとなってしまうのが高い金利。しかし、増額することによって金利負担を軽減することができれば、増額はとても大きなメリットになるでしょう。

2.新たに借入先を増やす必要がない

みずほ銀行カードローンを利用していて、限度額以上のお金が必要になった場合は、増額をするか新たに借入先を増やすかの二択になります。

この二択で迷ったときは、まずは増額を検討することをおすすめします。

なぜなら、他社で新規の申込みをすると、借入先が複数になり、返済日や借入額の把握が複雑になってしまうからです。このことにより、返済を忘れ延滞を起こしてしまうという危険性があります。

また、借入の総額が曖昧になってしまうと、雪だるま式に借金が増え返済が困難になってしまうという事態も考えられます。このような事態を避けるためにも、借入先は1本にまとめておいたほうが賢明です。

みずほ銀行カードローンにおける増額の申込方法

みずほ銀行カードローンで増額の申込みをする方法は以下の3通りとなります。

増額の申込方法

  1. 電話で申込み
  2. 店頭窓口で申込み
  3. インターネットで申込み

それぞれの申込方法について、下記で詳しく説明していきます。

1.電話で増額の申込みをする方法

電話で申込みをする場合は、みずほ銀行カードローンのフリーダイヤルに電話をして必要事項を口頭で伝える必要があります。

自宅などで、人目に触れず相談ができるので、自宅で担当者と相談しながら増額申請したい人におすすめです。

受付時間 平日9:00~20:00
利用不可日 ・12月31日~1月3日(年末年始)
・祝日・振替休日

2.店頭窓口で増額の申込みをする方法

みずほ銀行の店頭窓口へ出向き、増額の申込みをすることができます。

窓口の営業時間である、平日の9:0015:00の間に相談をしましょう。

電話で申込みをする場合に比べ、さらに時間が限られているので、平日の昼間に時間が取れない方は店頭窓口で申込みをすることはできません。店頭では待ち時間が生じることも考えられるので、お急ぎの方は電話での申込みのほうがよいでしょう。

店頭窓口での増額申請は、対面で担当者と相談しながら手続きしたい方におすすめです。

3.インターネットで申込みをする方法

みずほ銀行の営業時間内に店頭に出向くことができない方や、フリーダイヤルの受付時間内に電話ができない方は、インターネットでの申込みがおすすめです。

みずほ銀行の公式ホームページから24時間受付可能です。

スマートフォンで「みずほ銀行アプリ」をダウンロードすれば、アプリからも増額申請が可能です。

みずほ銀行カードローンの増額審査で必要な書類

増額審査に必要な書類の画像

みずほ銀行カードローンの新規契約時に本人確認書類は提出済みなので、基本的には増額の申請の際に再度提出する必要はありません。

ただし、住所や氏名に変更があった場合には、運転免許証などの本人確認書類が必要になることが考えられます。

本人確認書類の例は、以下のとおりです。店頭窓口で増額申請するときは、忘れないように書類を持参しましょう。

本人確認書類の例

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 印鑑証明書

増額審査では収入証明書が必要になることも!

みずほ銀行カードローンの増額審査では、収入証明書の提出が求められることがあります収入証明書とは自身の収入を証明する書類で、例としては以下のとおりです。

収入証明書の例

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 給与明細

上記の書類はすべて直近のものが必要となります。

みずほ銀行から届く「増額案内」とは?

みずほ銀行では、ある一定の期間以上カードローンを利用している顧客に対し増額案内を送ることがあります。

この増額案内は、毎月コツコツと返済をしている優良顧客に対して届けられるもので、延滞などを繰り返している場合には送られません

増額案内の送付方法については以下の通りです。

増額案内の送付方法

  1. みずほ銀行のATM画面で案内
  2. みずほ銀行から郵送で案内

1.みずほ銀行のATM画面で増額案内される場合

1つめは、みずほ銀行のATM画面で増額の案内が表示される場合です。

カードローンの取引が終了した画面に「ご利用限度額を引き上げさせていただきます」という案内が表示されます。

この案内が表示されるのは、みずほ銀行のATMのみとなり、平日8:45~17:50の間以外に利用した場合は表示されません。

よって、コンビニATMを利用される場合や、土日祝に利用の場合には表示されないため案内が来ていても気付かないので注意が必要です。

2.みずほ銀行から郵送で増額案内がくる場合

2つめは、みずほ銀行から封筒で郵送される場合です。

書面に書いていることは、ATM画面に表示されることと同じ内容となっております。

自宅に郵送物を届けてほしくない方もいらっしゃるでしょう。ATM画面で確認ができるから、郵送での案内は不要だという方は、この案内を拒否することができます

家族にカードローンを利用していることがばれたくない方は、みずほ銀行に郵送物は自宅に送らないようにしてほしいと伝えればOKです。

ただし、利用中に延滞があった場合に送付される督促状につていては、郵送物を拒否していても問答無用で送付されるのでご注意ください。

限度額の増額案内が届く時期について

限度額が足りず、引き上げを急ぐ方にとって気になるのが増額案内が届く時期ではないでしょうか?

ですが増額案内が届く時期についてはケースバイケースで、特に取り決めはされていません。不定期でおこなわれているようですが、利用実績が半年から1年くらいの間で届くことが多いようです。

なお、増額案内がくる条件を満たしていなければ、いくら待っても案内が届くことはないでしょう。次の章で、増額案内の条件をご説明します。

増額案内がくる条件とは?

みずほ銀行カードローンを利用している、すべての利用者に増額案内がくるわけではありません。増額案内を受け取るためには、一定の条件を満たしている必要があると考えられます。

増額案内が届きやすいケースは、以下のとおりです。

増額案内が届きやすいケース

  • 半年から1年程度の返済実績がある
  • 返済実績が良い
  • 年収が高い
  • 現在の限度額が年収に対して少ない

増額案内が届く理由として考えられるのが、優良な利用実績です。

だいたい半年から1年以上の実績があれば、増額案内が届く可能性は十分にあります。しかし、返済遅延があった場合には、その方は優良顧客ということができないため、増額案内が届くことはないでしょう。

また、設定された限度額が年収と比較して低いと思われる場合にも、増額案内が届く対象になる可能性があります。

他社借入金額・件数も増額案内に関係する?

他社での借入件数や借入金額も、増額案内に大きく関係します。

他社での借入が多いと初回の審査では、限度額が低めに設定されますが、他社借入が減ってくることによって増額案内が届きやすくなることが考えられます。

なお、増額審査に通りたいからといって、他社での借入を隠す行為は禁物です。なぜなら、増額審査の際にはかならず信用情報が照会されるため、ローンやクレジットカードの利用履歴はすぐに分かってしまうからです。

みずほ銀行カードローンの増額審査について

増額の申請をすると、改めて審査が実施されます。

この審査は、新規契約の際に実施される審査よりも厳しくなると言われています。なぜなら、より大きな限度額を設定されるためには、より高い審査基準をクリアする必要があるからです。

さらに高い限度額を設定するための審査なので、さらに高い返済能力が求められ、審査基準が高くなってしまうのですが、この審査に通るためのコツはあるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンの増額審査に通るコツはあるの?

増額審査の基準としてまず重要視されることが、月々の返済を滞りなく支払っているか? という点です。

また、月々の約定返済だけに頼らず、随時返済をして積極的に借入を減らす努力をしていれば、自身の評価を上げることになります。

きちんと返済してきたという利用実績が、増額審査に通りやすくなるコツになるので、返済はなるべく早く済ませるように心がけましょう。

それは、他社での借入の返済にも言えることです。他社借入が多いと審査落ちの対象になってしまうので、他社借入の返済に対しても積極的に取り組むようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの増額審査で在籍確認はある?

増額審査でも在籍確認がおこなわれる可能性があります。

勤務状況や収入面に問題がなければ、在籍確認が省略されることがあるようですが、勤務先に変更がある場合には、高い確率で在籍確認が実施されることが考えられます。

転勤や昇格など以前の勤務形態から何か変化があった場合も同様です。

勤務先や部署が変更になった場合には、新しい勤務先へ在籍確認の電話がかかってくることになります。

その際に、カードローンを利用していることがばれてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、在籍確認の電話は個人名でかかってくるなどの配慮がありばれにくくなっています。

在籍確認についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

カードローンの在籍確認を徹底解説!職場や家族に秘密にするためのコツとは?
カードローンの申込みで多くの人が気になるのが、在籍確認でしょう。会社に電話連絡がきて、その電話によって周りの人にカードローンの利用がバレないか心配になるというものです。ここでは在籍確認の内容や回避する方法をわかりやすく解説します。

みずほ銀行カードローンの増額審査にかかる時間はどれくらい?

審査にかかる時間は、初めて審査を受けるときとさほど変わらないようです。審査結果は、2~3営業日以降に連絡される可能性が高いです。

みずほ銀行カードローンの審査は平日のみおこなわれているので、土日祝日に増額申請をすると、翌営業日以降に審査が始まります。

利用者の他社での借入状況によっても、審査スピードは左右されます。申込内容に間違いがあった場合や在籍確認がとれなかった場合には、余計に審査に時間がかかってしまいます。

スムーズに審査を進めるためには、申込内容に間違いがないかなどにも注意を払う必要があるでしょう。

みずほ銀行カードローンの増額審査に落ちる人の例

みずほ銀行カードローンの増額審査に落ちてしまった人はどのような原因があったのでしょうか?

増額審査に落ちる原因として考えられることをまとめてみました。

増額審査に落ちる人の例

  • 転職や引っ越しを伝えていなかった
  • 求められた書類を提出できていなかった
  • みずほ銀行カードローンの返済が遅れている
  • クレジットカードなどの支払いを延滞している

まず、勤務状況や住所などの個人情報について、何か変更があれば全て申込時に伝えておく必要があります。

審査を進めるなかで、申込内容の事実確認が取れない場合には、審査に通過することはできません。求められている書類があるのに、提出できていない場合も同様です。

審査に通過するためには、月々の支払いにまじめに取り組むことが重要であり、現在進行形で返済に遅れている方が増額審査に通過する可能性はゼロに近いです。

これは、みずほ銀行カードローンの支払いだけに限ったことではなく、クレジットカードや家賃、電話料金など支払うべきものが支払えていない人は、増額審査に落ちる可能性が高いです。

みずほ銀行カードローンの増額審査に落ちた場合の対処方法

では、みずほ銀行の増額審査に落ちてしまった場合にはどのように対処すればいいのでしょうか?

増額審査に落ちた場合の対処方法

  • しばらく待ってから再度申込みをする
  • 他社の借入先を探す

増額審査に落ちた場合には、しばらく時間をおいてから再び増額申請をすると、増額できる可能性があります。なぜなら、きちんと返済を続けている期間が長くなると、その分の利用実績によって信用度が高くなるかもしれないからです。

それでも審査通過が難しい場合や、急いで借入額を増やしたい場合は、他社での借入先を探す必要があります。

みずほ銀行カードローンの増額審査に落ちた場合は他社を検討してみよう

消費者金融カードローンは、銀行カードローンよりも審査が甘くなると言われています。

審査が甘くなる分、金利は高くなってしまう傾向にありますが、審査スピードが速く即日融資も可能です。

消費者金融のカードローンによっては30日間無利息でお金を貸してくれる会社もあるので、このようなサービスを利用して賢くお金を借りましょう。

では、即日融資や30日間の無利息サービスを設けている消費者金融のカードローンを紹介していきます。

アコム

消費者金融業界の大手であるアコムは、審査時間が最短で30分で、契約から30日間は無利息で利用可能です。

金利は3.0%〜18.0%(実質年率)で、パートやアルバイトでも安定した収入があれば借入が可能です。

新規申込者数№1の実績を持っているので、最大手の消費者金融をお探しの方におすすめです。

【PR】Sponsored by アコム株式会社

プロミス

プロミスも審査時間が最短30分で、30日間の無利息期間に対応しています。

金利は4.5%〜17.8%(実質年率)で、最高金利が少し低く設定されています。

またプロミスでは学生や専業主婦(配偶者に安定した収入がある場合に限る)でも借入をすることができます。

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

アイフル

アイフルの金利は3.0%〜18.0%(実質年率)。審査最短30分で、最大30日間は無利息で利用できます。

審査前に「1秒診断」で融資の可能性をチェックしたい方は、下記の「公式サイトへ」をクリックして、アイフル公式HPに進んでください。

【PR】Sponsored by アイフル株式会社

みずほ銀行カードローンで増額をする際の注意点

みずほ銀行カードローンの増額審査に申込むことによって起こりうるリスクと、気を付けるべき注意点について解説していきます。

増額審査の注意点

  • 限度額を減額されることがある
  • みずほ銀行から在籍確認の電話がある
  • 最低返済額が低くなり返済が長期化するかも

1.カードローンの限度額を減額されることがある

みずほ銀行でカードローンの増額を申込むと、再度審査が実施され、利用者の借入状況や年収などを調べなおすことになります。

その結果、以前よりも年収が下がっていた場合や、借入先が増えていたなどの場合には限度額が減額されてしまうという可能性があります。

もし、他社で延滞をしていたことが発覚した場合や、失業していたなどのようなことがあれば、利用停止となってしまう危険性もあるので、増額の申込みには注意が必要です。

返済能力が以前よりも下がっていると思われる場合には、安易に増額の申込みをしないほうがよいでしょう。

2.みずほ銀行から在籍確認の電話がある

上記でも説明しましたが、増額審査には在籍確認がおこなわれる可能性があります。

周囲に内緒でみずほ銀行カードローンを利用していれば、「この在籍確認がいや!」という方もいらっしゃるでしょう。在籍確認の電話では、銀行名は名乗らないなどの配慮がありますが、絶対に怪しまれないという保証はありません。

どうしても不安な方は、みずほ銀行に相談し、在籍確認の電話の日時を指定するなどの対応をお願いするといいでしょう。電話に自分が出ることができれば、周囲に怪しまれる心配が少なくなりますよ。

3.最低返済額が低くなり返済が長期化するかも

みずほ銀行カードローンの最低返済額は借入限度額が「200万円未満」と「200万円以上」で違いが生じます。

利用限度額が200万円未満の場合
利用残高 最低返済額
1万円未満 全額返済
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超~100万円以下 2万円
100万円超 ご利用残高が50万円増すごとに1万円を追加
利用限度額が200万円以上の場合
利用残高 最低返済額
1万円未満 全額返済
1万円以上~100万円以下 1万円
100万円超~200万円以下 2万円
200万円超 ご利用残高が100万円増すごとに1万円を追加

利用残高が100万円の場合、限度額が200万円未満では、最低返済額が2万円なのに対し、限度額200万円以上では1万円の返済額になります。

月々の返済が少なくなるとそれだけ完済までの期間が長くなってしまいます。

支払期間が長期化することで、金利負担が大きくなるというリスクが考えられます。このリスクを回避するためには、繰上返済を積極的におこない、早期返済を目指すとよいでしょう。

みずほ銀行カードローンの増額まとめ

この記事では、みずほ銀行カードローンの増額について解説してきました。

金利が下がるなどのメリットがある一方で、限度額の減額や利用停止などの危険性があることについてご理解いただけましたでしょうか?

限度額を増やす目的で申込みをしているのに利用停止になってしまったら大変です。このような事態にならないように、自身の返済能力を見極めることが大切です。

増額のデメリットをよく理解したうえで、増額申請をするかどうか判断できるとよいですね。

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行 ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

関連記事

みずほ銀行カードローンの審査に関する記事

みずほ銀行カードローンの金利に関する記事

みずほ銀行カードローンの返済に関する記事

みずほ銀行カードローンに関するその他の記事