更新日:

みずほ銀行カードローンで住所変更する方法を解説!インターネットでの手続きは可能?

みずほ銀行カードローンで住所変更する方法を解説!インターネットでの手続きは可能?

メガバンクの一角であるみずほ銀行は、カードローン事業を展開しています。

そんなみずほ銀行カードローンの利用を始めてから、転勤などで住所が変わったり、結婚をして氏名が変わったりするケースもあることでしょう。みずほ銀行カードローンを利用中に住所などの登録情報を変更した場合は、どのように対処すればよいのでしょうか?

この記事では、みずほ銀行カードローンの登録情報の変更方法について、詳しく解説します。

みずほ銀行カードローンで住所変更をする方法は?

現在、みずほ銀行カードローンを利用している人が、転勤や家を購入したなどの理由で住所が変わった場合にどのような手続きをすればいいのでしょうか。

みずほ銀行カードローンの申込窓口はいろいろな種類がありますが、住所変更でも同じ場所で手続きできるのか気になりますね。

みずほ銀行カードローンで住所変更をしようとする場合、次のように手続きをする窓口は4つあります。これらの窓口について、詳しく見ていくことにします。

住所変更の窓口

  1. インターネット
  2. 電話
  3. 郵送
  4. 取引店窓口(取引店以外でも可能)

みずほ銀行カードローンの住所変更窓口①インターネット

みずほダイレクトを契約している人であれば、パソコンやスマホからインターネット経由で住所変更をすることができます。

手続き方法は簡単で、みずほダイレクトにログインして、変更情報を登録するだけです。

なお、みずほダイレクトでは、預金口座などの変更も可能です。ただし、結婚などによる氏名(名義)変更もともなう場合には、みずほダイレクトでは手続きができません。店舗窓口で指名変更の手続きをおこなう必要があるので、注意してください。

みずほダイレクトによる住所変更の手順

みずほ銀行カードローンで、みずほダイレクトから住所変更をする場合の手順は以下のようになっています。

わざわざみずほ銀行に出向かなくても、住所変更の受付時間はパソコンやスマホで24時間いつでも可能で、簡単におこなうことができます。

まずは、インターネットからみずほダイレクトにログインして、手続きしましょう。

住所変更手順

  1. 「各種手続き」から「住所変更」を選択する
  2. 住所変更口座を選択する
  3. 変更内容を選択する(マイレージクラブカードの有無も選択)
  4. 内容変更を入力する
  5. みずほマイレージクラブのクレジットカードがある場合はカード番号を入力
  6. 変更内容を確認して、第2暗証番号かワンタイムパスワードを入力
  7. 「住所変更申込」を実行する
  8. 受付番号を確認して終了

みずほ銀行カードローンの住所変更窓口②電話

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行のテレホンバンキングを利用して住所変更をすることが可能です。

テレホンバンキングでは、みずほダイレクトと契約しているか否かに関わらず、オペレーターが変更手続きに応じてくれます。

平日は9時~21時まで、土曜日と12月31日は9時~17時までとなっています。1月1日~3日は休業しているので注意してください。

営業時間(※)
平日 9時~21時
土曜日 9時~17時
(※)1月1日~3日は休業、12月31日は17時まで

なお、本人確認をする必要があるので、キャッシュカードローンカードを手元に置いてかけるようにしてください。

なお、海外からも通話料有料で変更が可能ですが、番号が異なるので注意しましょう。海外転勤で変更の時間がなかった場合などでも、こちらのダイヤルを使えば変更ができるので便利ですね。

みずほ銀行カードローンの住所変更窓口③郵送

みずほ銀行カードローンの住所変更は、時間に余裕のある場合には、郵送でも可能になっています。

まずは、みずほ銀行カードローンの公式サイトから「ダイレクト印字サービス」を利用して、必要事項を入力したうえで申込書を請求しましょう。

すると約1週間で、入力した内容を印字した書類を特定記録郵便で送ってくれます。

送られてきた申込書に必要事項を記入のうえで、署名・捺印して、本人確認書類とともに返送することで、住所変更手続きは完了です。

ただし、申込書が送られてくるまで1週間程度かかるため、手続き完了までにはそれなりの時間がかかってしまいます。郵送での住所変更は、時間に余裕のある場合に利用するとよいでしょう。

みずほ銀行カードローンの住所変更窓口④店舗窓口

みずほ銀行カードローンの住所変更手続きは、みずほ銀行の取引店でおこなうことができます。

なお、取引店以外のみずほ銀行の支店でも手続きは可能です。ただし、その場合には取次ぎになり、確認に時間がかかってしまうことがある点に注意しましょう。

住所変更で用意すべきもの

みずほ銀行カードローンの取引店窓口で住所変更をする場合には、以下のような書類や印鑑が必要になるので、事前に用意していくようにしてください。

とくに、引越しなどで取引店が遠くなってしまった場合には、取りに帰るのに時間がかかってしまうので、注意しましょう。

本人確認書類をあらわす画像

住所変更手続きで用意するもの

  • 通帳
  • 届出印(取引印鑑)
  • 本人確認書類(運転免許証など)

みずほ銀行カードローンを利用中に氏名が変わったときはどうする?

みずほ銀行カードローンを利用している人が、結婚をしたり、養子に入ったりして姓が変わった場合には、取引店や近くのみずほ銀行の窓口に行けば、名義(氏名)を変更してもらうことができます。

氏名が変わったときの変更手続きは、窓口(取引店)でないとできないので、注意が必要です。安易に、みずほダイレクトやテレホンバンキングで変更手続きをしようとしても、受け付けてもらえません。

なお、取引店以外の場合には、取引店への取次ぎになるため、手続きに数日かかる場合もあるので、時間がない場合には極力取引店に行くようにしましょう。

氏名変更で用意すべきもの

みずほ銀行カードローンの取引店で、氏名(名義)変更をする際に必要になる書類については以下のようなものになります。

基本的には、氏名変更の場合は、カードローンだけでなく、預金口座などの変更もともなう場合が多いので、すべての通帳や印鑑を用意していくようにしてください。また、運転免許証などのその場で本人確認できる書類や所有しているローンカードやキャッシュカードも用意してください。

氏名変更で用意すべきもの

  • 通帳(複数ある場合はすべての通帳)
  • 届出印(取引印鑑)
  • キャッシュカード
  • 本人確認書類(※)
(※)有効期限内のもの。運転免許証などのほかに、マイナンバー(個人番号)の届け出が必要になる場合がある

みずほ銀行カードローンの住所変更に関するQ&A

みずほ銀行カードローンで住所変更などをする際には、いろいろな疑問点も出てきます。そのなかで、次のような疑問点についてQ&A方式で回答することにします。

みずほ銀行カードローンの住所変更の疑問点

  • 氏名が変わったが、免許証の名義を変更していない。この状態での名義変更は可能?
  • 引っ越しした際に、取引店を変更することはできる?
  • 引っ越し前にみずほ銀行カードローンに申し込んでもよい?

氏名が変わったが、免許証の名義を変更していない。この状態での名義変更は可能?

みずほ銀行カードローンを利用中に、結婚などで氏名が変わることもありますよね。

氏名が変わったばかりだと、運転免許証などの名義変更が終わっていない可能性もあります。この状態で、みずほ銀行カードローンに登録している名義を変更することはできるのでしょうか?

基本的には、氏名変更手続きの場合には、店舗窓口に行く必要があります。その際には、本人確認書類が必要になります。

本人確認書類としてどんな書類が有効になるかは、取引の種類によって異なります。事前に取引店に問い合わせて、事情を相談してみるとよいでしょう。

運転免許証以外の書類でOKという場合なら、上記のケースでも氏名を変更することが可能になるでしょう。

引っ越した際に、取引店を変更することはできる?

みずほ銀行カードローンの取引店のエリア外に引っ越した方の場合には、「みずほ銀行カードローンの取引店を変更することは可能だろうか?」と考えている人もいますね。

みずほ銀行カードローンの取引店の変更は、基本的には新しく取引したい支店の窓口で手続きができます。

ただし、取引内容によっては、変更先の取引店では取り合っていない場合もあります。取引店に事前に確認しておくと安心ですね。

なお、取引店の変更手続きをする場合には、次のようなものを用意する必要があります。

取引店変更時に用意するもの

  • 通帳など(現在の取引店で使用しているものすべて)
  • 届出印(現在の取引店で使用しているものすべて)
  • キャッシュカード

なお、取引店を変更する際には、「みずほ銀行カードローンはこの支店、<みずほ>住宅ローンはこの支店」などと複数の取引店にまたがって取引をすることはできない点に注意しましょう。

住所変更や氏名変更、印鑑変更などの手続きもおこないたい方は、各手続きに必要なものを持参して、あわせて手続きを済ませてしまうと便利ですよ。

引っ越し前にみずほ銀行カードローンに申し込んでもよい?

引越し前にみずほ銀行カードローンに申し込みたい、という方もいらっしゃることでしょう。みずほ銀行カードローンに申し込んで、すぐに引越しをした場合にはどのようなことが起こるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンでは、申込方法によっては、審査結果やローンカード、契約書などが郵送で届くことがあります。

その場合、審査結果などが届く前に引越してしまっていると、郵便物の転送などに時間がかかってしまいますよね。

みずほ銀行カードローンの仮審査の結果は、インターネットなどの申し込みなら最短で2〜3営業日に分かります。

しかし、これは「2〜3営業日で利用できる」というわけではなく、そのあとで本人確認書類の提出が必要になったり、ローンカードを受け取らなくてはいけなかったりと、やり取りがしばらくの間は続きます。

申込方法や口座の有無、審査の進捗状況によっては、申し込みの数週間後にやっとローンカードが届くことも少なくありません。

しばらくはやり取りが続くことを見込んで、引越しが終わってからみずほ銀行カードローンに申し込むなど、やり方を工夫してみてはいかがでしょうか。

また、すれ違いや郵送物の受取りミスを避けるためにも、事前にみずほ銀行カードローンの担当者に引越しの予定を伝えておくとよいでしょう。

みずほ銀行カードローンの住所変更まとめ

みずほ銀行カードローンを利用中に住所変更の手続きをしたい方は、インターネット、電話、郵送、店舗窓口などの方法で登録情報を変更することができます。

ただし、結婚などによる氏名変更は、店舗窓口でないと手続きはできないので、注意する必要があります。取引店の変更は、原則として新しく利用したい取引店を訪れて手続きをしましょう。

また、それぞれの手続きには必要な持ち物が生じる場合があるので、しっかりと準備しておくようにしましょう。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事

みずほ銀行カードローンの審査に関する記事

みずほ銀行カードローンの金利に関する記事

みずほ銀行カードローンの増額に関する記事

みずほ銀行カードローンの返済に関する記事

みずほ銀行カードローンに関するその他の記事