更新日:

みずほ銀行カードローンを解約する方法は?解約のメリットや注意点も詳しく解説

みずほ銀行カードローンを解約する方法は?解約のメリットや注意点も詳しく解説

3大メガバンクの1つであるみずほ銀行は、三井住友銀行や三菱UFJ銀行と同様、カードローン事業を展開しています。

みずほ銀行カードローンをすでに利用している方の中には、「契約を解約したい」という方もいらっしゃることでしょう。

この記事では、みずほ銀行カードローンを解約するにはどう手続きをすればよいのか、解約に際してのメリットや注意点はどこにあるのか、といった点について解説します。

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行 ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンを解約するには?

みずほ銀行カードローンを利用している人が、ローン契約を解約しようとする場合にはどこにいけばよいのでしょうか。

みずほ銀行カードローンでは、解約窓口として、次のような2つの窓口を利用することができます。それぞれの窓口における解約方法について詳しく見ていくことにします。

みずほ銀行カードローンの解約窓口

  • 取引店(インターネット支店含む)
  • みずほ銀行の支店窓口

解約窓口①取引店での解約手続き

みずほ銀行カードローンを解約するためには、カードローン契約をした取引店で手続きすることができます。

取引店で解約手続きをすると、取引店以外の支店窓口で手続きをするよりも、所要時間が少なくて済む傾向にあります。なぜなら、取引店以外の支店窓口では、取引状況を確認するための時間が余分に発生する場合があるからです。

借入残高や利息が残っている場合には、その場で全額完済してから、解約の手続きに進みます。

そのため、完済のためのお金を用意していくか、事前に完済手続きを済ませてから手続きに進むようにしてください。

インターネット支店での解約手続き

取引店がインターネット支店になっている場合には、インターネット支店(0120-3242-99)に電話して、解約手続きをおこなう必要があります。

なお、インターネット支店で当日中に全額返済して解約をするためには、平日14時までに手続きをする必要があるので注意してください。

また、土日、祝日、振替休日については、インターネット支店を通じて解約手続きはできますが、全額清算はできません。そのため、借入残高や利息が残っている場合には、平日まで待つ必要があります。

インターネット支店の受付時間
月曜日~金曜日  9時~21時(全額清算の手続きは9時~14時)
土日・祝日・振替休日 9時~17時(※)
(※)土日・祝日・振替休日は全額清算の手続きはできない


解約窓口②みずほ銀行の支店窓口での解約手続き

基本的にどこのみずほ銀行の支店窓口に行っても、カードローンの解約はできます。

しかし、取引店以外の支店窓口の場合には、取引状況の確認のために時間がかかる可能性があります。とくに、支店窓口が混み合う時間帯になればなおさら時間がかかってしまうのではないでしょうか。

したがって、急いで解約したいという方には、取引店での手続きのほうがオススメかもしれません。

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

みずほ銀行カードローンを解約してメリットがあるのはどんなとき?

現在みずほ銀行カードローンを契約して利用している人が、解約手続きをすることによってメリットがあるのは、どのような場合なのでしょうか。

解約によってメリットがある場合については、次のような場合になります。それぞれについて詳しく見ていくことにします。

メリットがある場合

  • みずほ銀行カードローンを完済・解約して卒業したい場合
  • 住宅ローンや車のローンを組む前にみずほ銀行カードローンを完済して解約したい場合

1. みずほ銀行カードローンを完済・解約して卒業したい場合

みずほ銀行カードローンでお金を借りたものの、必要がなくなったのでこの機会にカードローンを卒業したいと考えている方もいらっしゃることでしょう。

このような場合には、解約手続きをしてカードローンを卒業することによって、月々の返済負担から解放されたり、信用情報への心配が少なくなったりするというメリットがあります。

また、お金を借りていることで精神的な負担を感じている方であれば、解約することで気持ちが軽くなるかもしれません。

2.住宅ローンや車のローンを組む前にみずほ銀行カードローンを完済・解約したい場合

みずほ銀行カードローンを利用している方のなかには、将来的に住宅ローンや車のローンを組みたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。

そのような場合には、ローン審査時に信用情報を照会したときにカードローンの契約が残っていると、審査で不利になるかもしれません。早めにカードローンを解約しておくことによって、住宅ローンや車のローンが借りやすくなる可能性があります。

信用情報は、解約してもすぐに削除されるわけではありません。信用情報の保有期間が過ぎるまでは、指定信用情報機関に記録が残りますので、早く信用情報をクリーンにしたいなら早めに解約することをおすすめします。

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

みずほ銀行カードローンを解約するときに必要になるもの

みずほ銀行カードローンを店頭窓口で解約手続きをする際において、必要になるものは次のようなものになります。

解約で必要なもの

  • ローンカード
  • 返済用普通預金口座の取引印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 借入残高や利息が残っている場合には、その分を支払うためのお金

カードローンの解約はあくまでも、ローン契約の解約になるため、口座を解約しなければみずほ銀行の預金口座は残ります。そのため、キャッシュカード一体型の場合は、キャッシュカードを破棄する必要はありません。

なお、インターネット支店での電話による解約の場合には、ローンカードを手元において解約手続きをおこなうようにしてください。

みずほ銀行カードローンを解約するときの注意点

みずほ銀行カードローンを解約する際には以下のような4つの注意すべき点があります。それらについて詳しく見ていきます。

解約の注意点

  • みずほ銀行カードローンの解約は本人確認が必要
  • 解約後に再び借りたくなったときははじめから再審査を受ける必要
  • 信用情報機関の信用情報は解約しても一定期間残る
  • 解約証明書はもらっておこう

注意点①みずほ銀行カードローンの解約は本人確認が必要

みずほ銀行カードローンの解約をおこなうには本人確認が必要です。そのため、カードローン契約者本人でなければ、解約をすることはできません。

解約においては本人自身が解約する意思があることを確認する必要があるので、配偶者などの家族が代理で解約手続きをすることはできないのです。

注意点②解約後に再び借りたくなったときは再審査を受ける必要がある

一度みずほ銀行カードローンを解約してしまった場合には、あとで再びローンカードを使いたいと思っても、はじめから再審査を受けて通らなければ利用することはできません。契約中の方が増額の申し込みをするのとは違うのです。

そのため、解約手続きをする場合には、また使う必要が出てこないかをよく考えてからおこなうようにしてください。

返済負担が苦しいのであれば、完済をしておけば、解約しなくても返済のプレッシャーはなくなることでしょう。将来的にまた使う可能性がないかをよく考えてから解約しましょう。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちないコツは?審査の流れやポイントを詳しく解説
みずほ銀行カードローンの審査について解説した記事です。みずほ銀行カードローンでの借入を検討されている方で、審査について疑問や不安がある方におすすめの記事となっております。審査に通るためのコツから審査落ちの要因まで、詳しく説明しています。また、実際に審査に通過した方の口コミもあわせて紹介しているため、審査を有利に進めるためにぜひお読みいただきたい記事となっています。

注意点③信用情報機関の信用情報は解約しても一定期間残る

信用情報の仕組みを表す画像

カードローンやクレジットカードなどの利用履歴は、すべて信用情報として指定信用情報機関に登録されています。

信用情報には、情報の種類によって保有期間が決まっています。したがって、みずほ銀行カードローンを解約しても、信用情報の一定の保有期間を過ぎるまでは情報は削除されない点に注意が必要です。

そのため、住宅ローン車のローンへの申し込みを考えている場合には、早めに解約しておきたいところです。信用情報が削除され、クリーンな状態になって申し込みをすれば、審査がスムーズに進む可能性があります。

なお、信用情報については、以下の記事に詳しく記載されているので、参考にしてください。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

注意点④解約証明書はもらっておこう

解約した際には、解約証明書をもらっておくようにしたいところです。

例えば、親族にお金を立て替えてもらってみずほ銀行カードローンを完済・解約をする場合には、解約証明書を見せて本当に解約したことを示すことができます。また、おまとめローンを利用して完済したなら、解約証明書の提出が求められる場合もあります。

解約証明書は、みずほ銀行の取引店や、お近くの店頭窓口で発行してもらうことができます。なお、旧みずほコーポレート銀行の店舗では解約証明書の取り扱いがないので、その点に注意してください。

発行には、1通あたり1,620円(税込)の手数料が発生しますので、その分のお金も用意しておくとよいでしょう。

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

みずほ銀行カードローンの解約に関するQ&A

みずほ銀行カードローンを解約するにあたっては、次のような疑問点が生じる場合もあります。このような疑問点についてQA&方式でお答えします。

みずほ銀行カードローンの解約についての疑問点

  • 完済してしばらく経つが、解約していなければローンカードはまだ使える?
  • どこのみずほ銀行の支店でも解約手続きはできる?

完済してしばらく経つが、解約していなければローンカードはまだ使える?

過去にみずほ銀行カードローンでお金を借りていたというケースでは、「完済してからしばらく経つけれど、解約手続きはしていないので、ローンカードはまだ使えるだろうか?」と思う方もいらっしゃることでしょう。

基本的には、みずほ銀行カードローンは、完済をしただけでは解約になりません。そのため、利用限度額に余裕があれば、いつでもお金を借りることが可能です。

つまり、完済をして借入残高は0円になっていたとしても、解約手続きをしていなければ、カードローン契約は残っているということです。

どこのみずほ銀行の支店でも解約手続きはできる?

「どこのみずほ銀行の支店でも解約手続きは可能?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。引越しをしたりすれば、取引店が遠くなってしまうこともありますよね。

この疑問への回答としては、みずほ銀行カードローンでは、どこの支店の窓口でも解約手続きは可能です。したがって、現在住んでいる地域の支店窓口で解約手続きはできます。

ただし、取引店でない場合には、取引状況の確認作業などで時間がかかってしまう場合もあります。可能であれば、取引店で解約手続きをしたほうが早く手続きは済むでしょう。

アコムのバナー 【PR】Sponsored by アコム株式会社
アイフルのバナー 【PR】Sponsored by アイフル株式会社

みずほ銀行カードローンの解約まとめ

みずほ銀行カードローンでお金を返済したら、「そろそろ解約したい」という方もいらっしゃいますよね。

とくに、将来的に住宅ローンや車のローンを契約したいなどという場合には、早めに解約することで審査が有利に運ぶ可能性があります。

解約手続きは、本人自身がおこなう必要があります。全国どこのみずほ銀行の支店でも解約はできますが、取引店でおこなったほうが、時間的には早く手続きが済む傾向にありますよ。

解約の際には借入残高と利息を全額清算する必要があるので、事前に手続きをしておくか、その分のお金も持参するようにしましょう。

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行 ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事

みずほ銀行カードローンの審査に関する記事

みずほ銀行カードローンの金利に関する記事

みずほ銀行カードローンの増額に関する記事

みずほ銀行カードローンの返済に関する記事

みずほ銀行カードローンに関するその他の記事