更新日:

みずほ銀行カードローンのATMについて、営業時間や操作方法を徹底解説

みずほ銀行カードローンのATMについて、営業時間や操作方法を徹底解説

銀行からお金を借りることができる、銀行カードローン。使いこなすためには、ATMの利用方法や営業時間を理解しておく必要があります。みずほ銀行カードローンで利用できるATMの種類と営業時間、操作方法、注意点をまとめましたのでぜひ参考にしてください。

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

みずほ銀行カードローンのATMの営業時間は?利用目的別にご紹介

みずほ銀行カードローンはカードレスの契約を実施していませんので、かならずカードローンを利用できるカードが必要になります。みずほ銀行のキャッシュカードを「キャッシュカード兼用型」として用いることもできますし、カードローン専用のカードを「カードローン専用型」として発行してもらうこともできます。

ところで、カードを対応するATMに挿入すると借入と返済、残高照会の3つの手続きができるようになりますが、すべてのATMが3つの手続きに対応しているわけではありません。それぞれの手続きに対応するATMの種類と営業時間について見ていきましょう。

1.借入可能なATMと営業時間

キャッシュカード兼用型のカードを使う場合、「みずほのカードローン」もしくは「カードローン」ボタンから借入できるのは、みずほ銀行の自社ATMとセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMのみです。

「お引出し」のボタンを押して借入する場合は、これらのATMに加えて、ゆうちょ銀行などの提携金融機関のATMも利用できます。

「みずほのカードローン」「カードローン」ボタンと「お引出し」ボタンのなにが違うかというと、「お引出し」ボタンを利用した場合は自動貸越機能を利用した借入となります。自動貸越機能とは、まずは普通預金口座から引き出し、普通預金口座で足りない部分をカードローン口座から引き出す仕組みのことです。

一方、カードローン専用型のカードの場合は、みずほ銀行とセブン銀行、ローソン銀行、イーネットの各ATM以外にもゆうちょ銀行やイオン銀行などの提携金融機関のATMを、全て「お引出し」ボタンから利用できます。ただし、自動貸越機能は利用できないのでご注意ください。

借入できるATMと営業時間
ATM 営業時間
みずほ銀行
月曜日:7:00~24:00
火~金:終日
土曜日:0:00~22:00
日曜日:8:00~21:00
セブン銀行、ローソン銀行、イーネット
月~金:終日
土曜日:0:00~22:00
日曜日:8:00~24:00
イオン銀行
月~金、祝日:終日
土曜日:0:00~22:00
日曜日:8:00~24:00
ゆうちょ銀行 月~金:0:05~23:55
土曜日:0:05~22:00
日曜日:8:00~21:00
祝日:0:05~21:00
VIEW ALTTE、スルガ銀行
月~金:8:00~23:00
土日祝:8:00~21:00
PatSat 8:00~21:00
その他の提携金融機関 提携先によって異なる
(※)第1・第4土曜日の3:00~5:00は利用できません。また、店舗や時期によって一部営業時間が異なる場合があります


公式サイトへ 【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

2.返済可能なATMと営業時間

任意返済をする2つの方法を表す画像

みずほ銀行カードローンは、毎月10日(10日が土日祝日のときは翌営業日)にみずほ銀行の口座から最低返済額が引き落とされます。しかし、余裕があるときはATMから任意返済をして、借入残高を減らしたいものです。

キャッシュカード兼用型のカードを使っている場合は、みずほ銀行の自社ATMとセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMから任意返済できます。カードローン専用型のカードを使っている場合は、みずほ銀行とセブン銀行、ローソン銀行、イーネット、ゆうちょ銀行の各ATMから任意返済できます。

任意返済できるATMの営業時間
ATM 営業時間
・みずほ銀行
・セブン銀行
・ローソン銀行
・イーネット
月~金:8:45~18:00
土日:9:00~17:00
ゆうちょ銀行
月~金:7:00~21:00
土日祝:9:00~17:00
(※)祝日について記載していないATMでは、祝日も曜日通りの営業時間が適用されます。また、第1・第4土曜日の3:00~5:00は利用できません。店舗や時期によって一部営業時間が異なる場合があります


また、みずほ銀行カードローンの任意返済は、ATMだけでなくみずほダイレクトからも可能となっています。

みずほ銀行カードローンの任意返済を活用して、利息を抑えてお得に返済しよう!
みずほ銀行カードローンでは、任意返済をおこなうことができます。任意返済とは、毎月の約定返済以外に、追加で返済することを指します。返済期間が長引けば長引くほど、支払う利息の総額は多くなります。しかし、任意返済をして、返済期間を短くすれば、支払う利息総額を少なくできるのです。この記事では、みずほ銀行カードローンの任意返済について詳しく解説します。

3.残高照会可能なATMと営業時間

みずほ銀行カードローンのキャッシュカード兼用型のカードの場合は、みずほ銀行ATMかローソン銀行ATM、イーネットATMのいずれかで残高照会ができます。カードローン専用型のカードの場合には、すべての提携ATMで残高照会が可能です

ここでは、キャッシュカード兼用型の場合を取り上げ、みずほ銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMで残高照会できる時間帯をご紹介します。

残高照会できるATMと営業時間
ATM 営業時間
みずほ銀行
月曜日:7:00~24:00
火~金:終日
土曜日:0:00~22:00
日曜日:8:00~21:00
ローソン銀行、イーネット
月~金:終日
土曜日:0:00~22:00
日曜日:8:00~24:00
(※)祝日について記載していないATMでは、祝日も曜日通りの営業時間が適用されます。また、第1・第4土曜日の3:00~5:00は利用できません。店舗や時期によって一部営業時間が異なる場合があります


みずほ銀行カードローンのATMの操作方法について

みずほ銀行カードローンをATMで利用する際の操作方法は、カードの種類によって異なります。

キャッシュカード兼用型のカードでもカードローン専用型のカードでも借入返済(任意返済)残高照会の3つの手続きをできますが、キャッシュカード兼用型のカードには自動貸越機能を用いた借入も加わります。契約したカードの種類によって、操作方法を覚えておきましょう。

1.ATMで利用できる取引と操作方法〜キャッシュカード兼用型の場合〜

キャッシュカード兼用型のカードをATMに挿入し、「カードローン」もしくは「お引出し」ボタンを押してから、利用したい手続きを選択します。「お引出し」ボタンから利用できるのは借入のみです。ローソン銀行ATMとイーネットATMを利用するときは、「カードローン」ではなく「みずほのカードローン」ボタンとなっています。

みずほ銀行口座の残高から足りない分だけを借りたい方は、カードを挿入してから「お引出し」ボタンを押して必要な金額を指定してください。「お引出し」から借入操作をすると自動貸越機能を利用できますので、預金から不足する分だけを借りることができます。

例えば、みずほ銀行の口座に1万円残高があるときに、キャッシュカード兼用型のカードを挿入して「お引出し」ボタンを押して10万円を指定すると、1万円は預金残高から引き出され、残りの9万円はカードローンから自動的に借り入れることになります。

口座残高は残したまま10万円全額を借りたいときは、キャッシュカード兼用型のカードを挿入して「カードローン」ボタンを押し、借入を選択してください。

2.ATMで利用できる取引と操作方法〜カードローン専用型の場合〜

カードローン専用のカードでは、借入・返済・残高照会の3つの操作はできますが、自動貸越機能を使った借入は利用できません。カードローン専用のカードをATMに挿入して「カードローン」ボタンを押して、借入か返済、残高照会のいずれかを選択しましょう。

なお、カードをATMに挿入して「お引出し」のボタンを押して借入手続きをすることもできます。しかし、自動貸越機能ではなく通常の借入となりますので、みずほ銀行の口座残高に関わらず、10万円を引き出したいときは10万円全額をカードローン口座から借り入れることになります。

みずほ銀行カードローンのATM手数料はお得?

みずほ銀行カードローンでATMを利用するときには、みずほ銀行ATMであっても提携ATMであっても、所定の手数料がかかる場合があります。

提携金融機関の手数料は、提携先によって異なります。手数料の上限は、貸越部分の入出金する金額が1万円以下なら108円(税込)、1万円超なら216円(税込)です。

みずほ銀行ATMを利用するなら、残高照会はいつでも手数料無料で利用できますが、借入や返済を無料で利用できる時間帯は下記に限られます。また、イオン銀行やPatSatのATMでも、下記の時間帯は手数料無料で借入・返済が可能です。

ATM手数料不要で借入と返済(任意返済)できる時間帯
ATM 手数料不要で利用できる時間
みずほ銀行、イオン銀行、PatSat
月~金:8:45~18:00
(※)上記の時間帯であっても、メンテナンスなどでATMを利用できないこともあります。また、年末年始などの時期によっては、手数料の取り扱いが変わることがあります


【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

ATM手数料の節約が叶う!みずほマイレージクラブとは?

みずほマイレージクラブ」とは、みずほ銀行が提供している入会金・年会費無料の個人顧客向けサービスです。

キャッシュカード一体型のクレジットカードを希望する方は、インターネットか店舗で申し込むことができます。クレジットカード機能なしのキャッシュカードや、みずほマイレージクラブカード/THE POINTを希望する方は、店舗のみでの入会申し込みとなります。

こちらに入会していると、取引状況に応じてみずほ銀行ATM・イオン銀行ATMの時間外手数料が無料となります。

また、時間帯に関わらず常に108~216円(税込)の手数料がかかるローソン銀行とセブン銀行、イーネットの各ATMの利用手数料と時間外手数料も、月に4回までなら取引状況に応じて無料になります。

みずほ銀行カードローンの手数料を節約したい方は、みずほマイレージクラブへの入会を検討してみましょう。キャッシュカード一体型のクレジットカードである「みずほマイレージクラブカード」は、年会費永久無料で利用できますよ。

みずほマイレージクラブカード
おすすめポイント
  • 年会費が一切不要。お気軽にお申し込みいただけます。
  • みずほ銀行ATM・イオン銀行ATM時間外手数料が無料に!
  • 期限の無いポイント、永久不滅ポイント。
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 21営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

みずほ銀行カードローンをATMで使いこなすためのQ&A

みずほ銀行カードローンを利用する上で知っておくべきATMの操作方法や営業時間、手数料について紹介しました。しかし、みずほ銀行カードローンのATMを使いこなすためには、もう少し深く知っておく必要があります。

この章では、みずほ銀行カードローンのATMについてよくある疑問と答えを集めましたので、ぜひ参考にしてください。

Q1:みずほ銀行の通帳でもATMからお金を借りられる?

キャッシュカード兼用型のカードなら、キャッシュカードを使ってお金を借りることができます。しかし、みずほ銀行の通帳だけではお金を借りることはできません

自動貸越機能を使って借りるときなどは通帳をATMに挿入して記帳をすることができますが、この場合もかならずキャッシュカード兼用型のカードは必要となりますので、カードなしに借入することはできません。

Q2:返済額はATMで確認できる?

毎月の返済額は、ATMでは確認できません

前月10日時点の借入残高をATMかインターネットバンキング、電話で確認したうえで下記の表を参照することで、その月の返済額が分かる仕組みになっています。当月10日までに、引き落とし用口座にかならず最低返済額以上のお金を入金しておきましょう。

利用限度額が200万円以上かつ2012年7月31日以降に契約・変更した場合の毎月の返済額
前月10日時点の利用残高 最低返済額
2千円未満 前月10日時点の利用残高
2千円以上~20万円以下 2千円
20万円超~40万円以下 4千円
40万円超 利用残高が20万円増すごとに2千円を追加
上記以外の場合の毎月の返済額
前月10日時点の利用残高
最低返済額
2千円未満 前月10日現在の利用残高
2千円以上~10万円以下 2千円
10万円超~20万円以下 4千円
20万円超
利用残高が10万円増すごとに2千円を追加

表と照らし合わせるのが面倒なときは、電話で直接確認することもできます。みずほ銀行カードローンのコールセンターに電話をかけて返済額を教えてもらいましょう。なお、1月1日~3日と祝日は電話で返済額を尋ねることはできません。

みずほ銀行カードローンのコールセンター営業時間
問い合わせ日 営業時間
平日 9:00~21:00
土日、12月31日 9:00~17:00
みずほ銀行カードローンの問い合わせ先は3種類!場面別の問い合わせ先をご紹介
この記事では、みずほ銀行カードローンの問い合わせについて詳しく解説していきます。みずほ銀行カードローンの問い合わせ先は、大きく分けて3種類です。目的によって問い合わせ先が異なるので、適切な番号を選ぶようにしてください。また、さまざまな場面別に、どの問い合わせ先に連絡すればよいのかを見ていきます。

Q3:長年使わなかったカードローンをATMで使える?

みずほ銀行カードローンは1年契約で、契約日の1年後の月の10日に自動的に契約が更新されます。契約が更新されているときは、長年使っていなかった場合でもそのままATMにカードを挿入すれば利用できます。

ただし、契約更新の際には審査が実施されますので、審査に落ちたときはカードローンが利用できなくなってしまいます。また、契約者が満70歳以上になっているときも、契約が更新されないので使えません。

長期間使用していないために不安なときは、みずほ銀行カードローンのコールセンターに電話をかけて尋ねましょう。

Q4:完済したカードローンはATMで使える?

借入額と発生した利息を全額支払うことを完済と言いますが、完済と解約は異なりますので、完済しても解約しない限りカードローンを利用することができます。

ただし、完済してから数年経っているときは、審査落ちや年齢によって契約が更新されていない可能性がありますので、気になるときはみずほ銀行カードローンのコールセンターに電話をかけて尋ねましょう。

Q5:みずほ銀行カードローンの約定返済をATMでできる?

借入額に応じて毎月返済することを約定返済と言いますが、みずほ銀行カードローンでは約定返済は自動引き落としによってのみ実施されますので、ATMで約定返済の手続きをすることはできません。

キャッシュカード兼用型のカードやカードローン専用のカードをATMに挿入して返済を実行すると、すべてみずほ銀行カードローンの任意返済として扱われます。

約定返済分を入金するときは、返済用普通預金口座に直接入金してください。みずほ銀行カードローンの振替用口座として指定しているみずほ銀行の普通口座に、返済日の前日までに最低返済額以上を入金しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの返済を完全網羅!返済額や返済方法など総まとめ
みずほ銀行カードローンを利用すれば、かならずやってくるのが返済です。みずほ銀行カードローンでは、毎月決まった金額が自動で引き落とされます。お金に余裕があるときには、ATMやみずほダイレクトから、任意返済をおこなうこともできます。みずほ銀行カードローンの返済でお悩みの方は、ぜひこの記事をご一読ください。

みずほ銀行カードローンをATMで使いこなそう

この記事では、みずほ銀行カードローンでATMを利用する際に知っておくべきことをまとめました。みずほ銀行カードローンでは、自社ATMでも曜日や時間によっては手数料が発生します。手数料を削減したい方は、無料で利用できる時間帯を把握しておくか、みずほマイレージクラブへの入会を検討してみましょう。

また、キャッシュカード兼用型とカードローン専用型では、ATMで利用できる手続きが異なる点にご注意ください。

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行
執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事

みずほ銀行カードローンの審査に関する記事

みずほ銀行カードローンの金利に関する記事

みずほ銀行カードローンの増額に関する記事

みずほ銀行カードローンの返済に関する記事

みずほ銀行カードローンに関するその他の記事

みずほ銀行カードローン:※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。