更新日:

カードローンを低金利で利用したい人必見!金利の低いおすすめカードローンを一挙紹介

カードローンを低金利で利用したい人必見!金利の低いおすすめカードローンを一挙紹介

カードローンを利用するなら低金利のものがおすすめです。多額を借りるときや長期間借りるときには、大きな利息節約効果を期待できます。

一般に、銀行が提供しているカードローンは低金利ですが、そのなかでもとりわけ低金利のローン商品を集めました。それぞれの特徴や申込条件も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

また、銀行カードローンよりは高金利になるケースが多いものの、スピーディかつ柔軟な対応の消費者金融カードローンも紹介します。優れた特徴のあるカードローンを厳選して紹介しますので、どのカードローンを選ぶべきか迷っている方はぜひご覧ください。

この記事でおすすめな低金利カードローン

みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行 ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

低金利なカードローンを追求すると、ネット銀行の「プレミアムコース」や、地方銀行のカードローンなども選択肢に上がります。

しかし、やはりお金を借りるなら、全国的に知名度が高い銀行カードローンのほうが安心して利用できるという方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、3大メガバンクのなかで最も低金利みずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローンの金利は、年2.0~14.0%です。上限金利が約18%に設定されていることも多い消費者金融と比べると、かなりお得にカードローンを利用することができますよ。

カードローンを低金利で利用するために、知っておきたい上限金利の目安

カードローンは、銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2つに大別できます。商品によって金利はさまざまですが、総体的には銀行カードローンのほうが低金利に設定されています。

なお、審査通過直後は上限金利に近い金利が適用されますので、カードローンの金利を見るときは上限金利に注目しましょう。

カードローンの上限金利の目安
銀行や信用金庫 消費者金融、信販会社
年13~15% 年17~18%

そもそも金利とは?年利と実質年率の違い

金利とは、借入金額に対する利息の割合のことです。通常、カードローンの金利は年単位で表示しますが、年単位で計算したことが分かるように年利と呼ぶこともあります。

ローンによっては、金利が「実質年率」と記載されているものもあります。実質年率とは、事務手数料や保証料などが利息に含まれている金利のことです。

「年利」、「金利(年)」、「実質年率」など、表記の差はありますが、利用者としては「借り入れ金額に対してこれだけの利息がかかるんんだな」と理解していれば大丈夫です。

年利12%以下!とくに低金利な銀行カードローン4選をご紹介

ほとんどの銀行では、カードを使ってATMから借りられるカードローンを提供しています。

低金利にこだわるなら、上限金利が低く設定されているカードローンを選びましょう。申し込んだときはほとんどの方が上限金利に近い金利を適用されるため、上限金利が低いカードローンを選んでおけば低金利で利用しやすくなります。

上限金利の目安は、大手消費者金融なら約18%、3大メガバンクの銀行カードローンなら14%台となっています。そんななか、なんと年利12%以下というとくに低金利な銀行カードローン4つを取り上げ、金利の低い順に紹介します。

なお、年利12%以下でも、地方銀行カードローンなどで居住地域や勤務地が限られるものは、次の章でご紹介します。

1.住信SBIネット銀行カードローン<プレミアムコース>

住信SBIネット銀行カードローン(ミスターカードローン)には、プレミアムコース(年1.59~7.99%)とスタンダードコース(年8.99~14.79%)の2つのコースがあります。コースは審査によって振り分けられますので、申し込む際に選ぶことはできません。

なお、いずれのコースを選んだ場合も、次のいずれかの条件を満たすと最大年0.6%の割合で金利が引き下げられ、プレミアムコースなら年0.99~7.39%、スタンダードコースなら年8.39~14.19%で利用できます。

Mr.カードローンの金利引き下げ条件

  • 住信SBIネット銀行の口座を持ち、なおかつ住信SBIネット銀行が発行しているクレジットカードであるミライノカード(JCB)の引き落とし口座として住信SBIネット銀行を指定している方
  • SBI証券口座保有登録済の方、または、住信SBIネット銀行の取扱い住宅ローン残高がある方
プレミアムコースの利用条件と貸付条件
適用金利 年0.99~7.99%
融資上限額 1,200万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満65歳以下
申込者の収入条件 安定継続した収入があること
申込者の居住地・勤務地 不問
当行口座 必須
(※)外国籍の方は永住権がある場合のみ申し込めます
住信SBIネット銀行"MR.カードローン プレミアムコース"のロゴ
おすすめポイント
  • 所定の条件を満たすと最低金利が0.99%に!
  • 限度額300万円まで収入証明書不要!
  • 最大限度額1,000万円のゆとりあるカードローン
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 0.99〜14.79%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜1,200万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 住信SBIネット銀行株式会社

2.きらぼし銀行パーソナルローン

きらぼし銀行のカードローン(パーソナルカードローン)は、融資上限額は100万円と少なめですが、年9.8%と低金利に設定されています。

公共料金の支払いや給料受取口座としてきらぼし銀行を利用していると最大2.0%まで適用金利が低くなりますので、年7.8%で利用できることもあります。なお、申込方法はファックスか店頭窓口のいずれかに限られています。

パーソナルローンの利用条件と貸付条件
適用金利 年9.8%
融資上限額 100万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満60歳以下
申込者の収入条件
・勤続1年以上か営業1年以上
・給与所得者は前年度の年収が150万円以上、個人事業主は前年度の年収が100万円以上
・安定した収入が見込まれること
・租税公課の滞納がないこと
申込者の居住地・勤務地 不問。ただし契約は当行支店窓口で実施
当行口座
契約時に相談
(※)申込は、日本国籍のある方、または永住権のある方に限られます

3.中国銀行カードローンミニ

中国銀行ではいくつかカードローンを提供していますが、そのなかでももっとも上限金利が低く設定されているのがカードローンミニです。ミニという名の通り融資上限額は50万円と低めですが、適用金利は年8.5~10.0%と低く設定されています。

また、借入後は毎月返済するのではなく、年に2回、利息分だけ口座から自動で振り替えられます。借入元金については、余裕があるときに随時返済します。

カードローンミニの利用条件と貸付条件
適用金利 年8.5~10.0%
融資上限額 50万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満65歳以下
申込者の収入条件 本人か配偶者に安定継続した収入があること
申込者の居住地・勤務地 不問
当行口座 不問

4.七十七銀行77カードローン

七十七銀行の77カードローンの適用金利は年11.0%ですが、給与振込や公共料金の自動振替、定期預金、財形預金などに七十七銀行の口座を利用していると最大3.1%金利が割り引かれて年7.9%で利用することが可能です。どの条件に当てはまらない場合でもWEB契約をすれば3.1%金利が割り引かれ、年7.9%で利用できます。

また、七十七銀行の住宅ローン(77住宅ローン)を利用していると、年4.8%の金利が適用されます。年4.8%の金利が適用されているときは、そのほかの条件による最大3.1%の金利割引は併用されません。

メインバンクとして七十七銀行を利用している方だけでなく、今まで七十七銀行を利用したことがない方にもおすすめの低金利カードローンです。なお、七十七銀行の口座を持っている方はインターネットで申し込めますが、口座開設がまだの方はファックスか郵便、店頭で申し込みます。

77カードローンの利用条件と貸付条件
適用金利 年11.0%
融資上限額 300万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満68歳未満
申込者の収入条件
・勤続1年以上か営業3年以上
・前年度の税込年収か自営業の場合は申告所得が150万円以上
申込者の居住地・勤務地 不問
当行口座 不問
七十七銀行"77スマートネクスト"のロゴ
おすすめポイント
  • 365日24時間いつでも申し込み可能
  • 借入400万円以上なら金利4.9%
  • 七十七銀行の営業地域内に居住または勤務の方
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 4.90〜14.80%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン 非対応 ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応

申し込める人は限られるが低金利!地方銀行カードローン5選

紹介した4つのカードローンも充分に低金利ですが、地方銀行カードローンのなかには、さらに上限金利が低く設定されている商品もあります。

ただし、ここでご紹介する地方銀行カードローンは、居住地勤務地が限られてしまう点にご注意ください。また、いずれも返済能力が充分にあると判断されない限り利用できませんので、ある程度の高収入がないと審査通過は難しいでしょう。

低金利な地方銀行カードローンを5つ取り上げ、上限金利が低い順にご紹介します。

1.ほうわHigh Classカードローン

上限金利が年4.0%と低く設定されている豊和銀行のほうわHigh Classカードローン。大分県と熊本県、福岡県内の豊和銀行営業エリア内にお住まいもしくは勤務している方しか利用できませんが、低金利にこだわる方には適したカードローンです。

インターネットで申し込み、仮審査に通過したときは豊和銀行の通帳と必要書類を持って支店窓口で契約します。まだ豊和銀行の口座を開設していない方は、先に口座を開設してから申し込むようにしましょう。

High Classカードローンの利用条件と貸付条件
適用金利 年3.5~4.0%
融資上限額 1,000万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満70歳以下
申込者の収入条件 安定した収入があること。パートやアルバイト、年金受給者、専業主婦は利用不可
申込者の居住地・勤務地 取扱店の営業区域内に居住地か勤務地があること
当行口座 必須

2.ちばぎんカードローンプレミアクラス

ちばぎんカードローンプレミアクラスは、融資上限額が最低でも300万円に設定されている大型のカードローンです。適用金利は年4.0~5.5%ですが、千葉銀行で住宅ローンを利用している方は金利が0.2%割り引かれますので、その場合は年3.8~5.5%で借りることが可能です。

また、契約すると返済用口座に自動貸付機能が付与されますので、口座残高が不足するときもスムーズに公共料金等の引き落としができます。年収600万円以上の方しか申し込めませんが、低金利のカードローンをお探しの方には適した商品です。

プレミアクラスの利用条件と貸付条件
適用金利 年4.0~5.5%
融資上限額 500万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満60歳未満
申込者の収入条件
・勤続3年以上
・安定継続した年収が600万円以上
申込者の居住地・勤務地
居住地あるいは勤務地が当行本支店の営業地域内にあること
当行口座 必須
(※)本人居住用の住宅を持っている方(同居家族が保有する場合も可)のみ申し込めます。個人事業主と同族会社オーナーの方は申し込めません。給与振込口座として千葉銀行口座を利用している方、あるいは今後、千葉銀行口座を給与振込口座に指定している方が申し込めますが、ちばぎん長期固定金利型住宅ローン(住宅金融支援機構買取型)以外の千葉銀行が提供する住宅ローンを利用している方は給料振込口座に指定しているかどうかに関わらず申し込めます


3.中京銀行カードローンハイステージ

中京銀行カードローンハイステージは、融資上限額に関わらず一律年7.5%で利用できるローンです。ただし、融資上限額は年収で決まりますので、ご自身の年収に合った融資額を申し込みましょう。

なお、インターネットやファックスで申し込めますが、契約は中京銀行の支店窓口でおこないます。そのため、生活圏内に中京銀行がある方のほうが使いやすいカードローンです。

ハイステージの利用条件と貸付条件
適用金利 年7.5%
融資上限額 300万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満60歳未満
申込者の収入条件
安定継続した年300万円以上の収入があること
・融資上限額100万円:年収300万円以上
・融資上限額200万円:年収400万円以上
・融資上限額300万円:年収600万円以上
申込者の居住地・勤務地 当行営業区内に居住あるいは勤務していること
当行口座 必須
(※)外国人の方は永住許可を得ている方のみ申し込めます

4.徳島銀行SaSaっとカードローン

徳島銀行のSaSaっとカードローンは適用金利が年7.5~11.5%、融資上限額は300万円のカードローンです。インターネット経由で申込から契約までできますので、来店不要で利用できます。

ただし、返済金は徳島銀行の口座から引き落とされますので、徳島銀行の口座を開設していない方は利用できません。まずは口座開設してから申し込みましょう。

SaSaっとカードローンの利用条件と貸付条件
適用金利 年7.5~11.5%
融資上限額
300万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満65歳以下
申込者の収入条件 継続して安定した収入があること。ただし、収入が年金のみの方は除く
申込者の居住地・勤務地 当行営業区内に居住あるいは勤務していること
当行口座 必須
徳島銀行"SaSaっとカードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • 既存の取引次第で即日融資可能
  • 他社金融機関からの借入金の借り換えにも対応
  • 徳島銀行の営業区域内に居住または勤務の方向け
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 9.50〜11.50%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜300万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン 非対応 ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応

5.京都銀行カードローンW

京都銀行カードローンW(ワイド)は、年3.975~11.975%と低金利のカードローンです。融資上限額は500万円と大きめですが、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員の方は30万円が上限額となります。また、銀行カードローンですので総量規制の適用外ですが、融資上限額は年収の3分の1以下になりますのでご注意ください。

なお、京都銀行カードローンWは京都銀行に口座を持っていない方も申し込めますが、返済は京都銀行口座からの引き落としになりますので、契約時までに口座開設をしておく必要があります。

カードローンWの利用条件と貸付条件
適用金利 年3.975~11.975%
融資上限額 500万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満60歳以下
申込者の収入条件 安定かつ継続した収入があること
申込者の居住地・勤務地 インターネットで申し込む場合、当行口座を持っていないときは、京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・奈良県のいずれかに居住していること
当行口座 必須
京都銀行"京銀カードローンW"のロゴ
おすすめポイント
  • 借入限度額最大500万円!
  • ゆうちょ銀行やセブン銀行ATMで借り入れ可能!
  • 最大金利が11.975%と低金利!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 3.98〜11.98%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 30万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応

都市銀行&ネット銀行のおすすめ低金利カードローン6選

地方銀行は申し込める地域を限定していることが多いため、「低金利!使いたい!」と思っても誰でも利用できるわけではありません。一方、都市銀行とネット銀行なら、日本全国どこにお住まいの方でも利用できますので、収入や年齢の条件さえ合えば申し込むことができます。

先に紹介した「年利12%以下のカードローン」とまではいきませんが、消費者金融と比べると十分低金利です。居住地域や勤務地域を限定しない都市銀行とネット銀行のカードローンの中でも、とりわけ低金利かつ利用しやすい商品を紹介します。

こちらも、おすすめの都市銀行・ネット銀行のカードローン6選を、上限金利が低い順にご紹介します(上限金利が同じ場合は下限金利も考慮した順番となります)。

1.りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローン(りそなカードローン)の適用金利は年3.5~13.5%ですが、りそな銀行の口座を給与振込口座として利用している方や住宅ローンを借入中の方は金利が0.5%割り引かれます。

その場合には年3.0~13.0%で利用できます。また、りそな銀行のキャッシュカードを利用して借入しますので、カード類が増えないというメリットもあります。

りそなプレミアムカードローンの利用条件と貸付条件
適用金利 年3.5~13.5%
融資上限額 800万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満66歳未満
申込者の収入条件 継続安定した収入があること
申込者の居住地・勤務地 不問
当行口座 必須
(※)継安定した収入がある場合でも、学生の方は申し込めません
りそなカードローンのバナー
おすすめポイント
  • 限度額300万円型は収入証明書不要でお急ぎの方にもおすすめ。
  • 安心の銀行カードローン。
  • りそな銀行ATM・セブン銀行・ローソンATMをはじめとするコンビニATMで何度でもお借入れ可能!
審査時間 最短即日
融資時間 最短2日
実質年率 3.50〜12.48%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜最大800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
※変動金利。2018年4月20日現在

2.ソニー銀行カードローン

ソニー銀行はネット銀行ですので、申込から契約・融資までのすべての手続きをインターネットでできます。パソコンやスマホさえあれば利用でき、平日、銀行に行く時間が取れない方にもおすすめです。

適用金利は年2.5~13.8%と低く、融資上限額は800万円と大きく設定されています。急いで融資を希望する方には、ローンカードが自宅に届く前に口座振込で融資を実行しています。

ソニー銀行カードローンの利用条件と貸付条件
適用金利 年2.5~13.8%
融資上限額 800万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満65歳未満
申込者の収入条件 安定した収入があること
当行口座 必須
(※)日本国籍の方、外国籍で永住権をお持ちの方のみ申し込めます

3.イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは適用金利は年3.8~13.8%と低く、融資上限額は800万円と大きいので使い勝手がよいローンです。イオン銀行のATMだけでなく、イーネットとローソン銀行のATMも手数料無料で利用でき、手数料を節約したい方にもおすすめです。

しかも、イオン銀行の口座を開設する必要がありませんので、銀行口座を増やしたくない方にも利用しやすいです。ただし、イオン銀行の口座を保有していない方は、ローンカード受取前に振込融資を受けることができません。

イオン銀行カードローンの利用条件と貸付条件
適用金利 年3.8~13.8%
融資上限額 800万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満65歳未満
申込者の収入条件 本人に安定継続した収入が見込めること(※)
当行口座 不問
(※)パート・アルバイト・自営業者・専業主婦(夫)の方も申込可能。学生不可


イオン銀行"カードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ATM手数料が24時間365日いつでも無料!
  • 借入限度額は最大800万円!
  • 金利は3.8%〜13.8%
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 3.80〜13.80%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン ファミリーマート ミニストップ

4.みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの適用金利は年2.0~14.0%ですが、みずほ銀行で住宅ローンを利用していると0.5%割り引かれますので、その場合は年1.5~13.5%で借りられます。

みずほ銀行のキャッシュカードにカードローン機能を付帯しますので、カード類を増やしたくない方にもローン専用のカードを持ちたくない方にもおすすめです。

利用条件と貸付条件
適用金利 年2.0~14.0%
融資上限額 800万円
申込者の年齢条件 満20歳以上66歳未満
申込者の収入条件 安定かつ継続した収入があること
当行口座 必須
(※)日本国内の居住している方、外国籍の方は永住許可をお持ちの方のみ申し込めます
みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 2.00〜14.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行 ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

5.三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの適用金利は年4.0~14.5%、融資上限額は800万円です。三井住友銀行の口座を持っていない方でも利用できますが、口座を持っているなら申込から契約・融資までの手続きをインターネットで済ませられます。

また、お近くに三井住友銀行の支店があるなら、支店内のローン契約機で申し込むことも可能です。ローン契約機は原則として土日や祝日も21時まで開いていますので、平日の日中に銀行に出向くことができない方にも便利です。

三井住友銀行カードローンの利用条件と貸付条件
適用金利 年4.0~14.5%
融資上限額 800万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満69歳以下
申込者の収入条件 安定した収入があること
当行口座
不問
三井住友銀行のバナー
おすすめポイント
  • お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。
  • 10万円から最高800万円までお申込可能
  • 金利 年4.0%~14.5%(変動金利)
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 4.00〜14.50%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

6.三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できるカードローンです。適用金利は年1.8~14.6%で、融資上限額と審査によって金利が決まります。

インターネットや電話でも申し込めますが、三菱UFJ銀行内のテレビ窓口でも申し込めます。テレビ窓口で申し込むとその場でローンカードが発行されますので、カードを自宅に郵送してほしくない方にもおすすめです。なお、申し込んだ当日にローンカードを受け取っても、ローンカードを使った借入ができるのは審査が完了する翌日以降となります。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の利用条件と貸付条件
適用金利 年1.8~14.6%
融資上限額 500万円
申込者の年齢条件 満20歳以上満65歳未満
申込者の収入条件 安定した収入があること
当行口座 不問
(※)国内に居住し、外国籍の場合は永住許可を得ている方が申し込めます
三菱UFJ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年1.8%~年14.6%!
  • 最高500万円までご融資可能!
  • 借入可能かお試し診断あり!
審査時間 -
融資時間 -
実質年率 1.80〜14.60%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 株式会社三菱UFJ銀行

低金利な銀行カードローンは審査が厳しい?

一般的に、銀行カードローン消費者金融よりも金利が低い代わりに、審査が厳しい傾向にあります。なぜなら、低金利のローンを提供している会社は、審査によって「本当に返済できる方」を厳しく見極めてから融資を実施するからです。

とはいえ、金利の低さと審査の厳しさは正比例するわけではありません。基準は銀行によって異なりますので、低金利の銀行カードローンの審査に落ちても、さらに低金利の別銀行のカードローン審査に通ることがあります。

銀行カードローン審査に通過しやすくするための3つのポイント

厳しい審査であっても、しっかりと準備をしておくことで通過する可能性を上げられることがあります。銀行カードローンの審査を通過しやすくするためのポイントを3つ紹介しますので、ぜひ実践して審査通過を目指しましょう。

審査に通過しやすくなるポイント①低額で申し込む

銀行カードローンは総量規制の適用外ですので、年収の3分の1を超える金額でも借りられることもあります。しかし、当然のことではありますが、上限なしにいくらでも借りられるわけではありません。希望融資額が増えれば増えるほど審査は厳しくなり、審査に通過する確率も低くなってしまいます。

まずは、必要最低限の金額で審査に申し込みましょう。そして、着実に借入と返済を積み重ねることで銀行内での信用を積み上げて、融資枠を増やしてもらうようにしましょう。

審査に通過しやすくなるポイント②借入件数を減らしておく

借入件数が多いと返済管理が難しくなりますので、返済に遅れるリスクが生じます。また、家計に余裕がないときは、他社への返済を先回しにしてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、借入件数は少ないほうがカードローン審査には有利になります。それに加え、借入件数が多いと申込者の性格に問題があると判断される可能性があります。本来カードローンは何度でも借入・返済ができるローン商品ですから、余程融資上限額を低く設定されない限り1枚あれば事足ります。

また、「他社で借りていることについてバレることはない」と考えている方もいますが、実際にはそうではありません。個人信用情報機関で信用情報を照会すれば他社借入の情報もすぐにわかってしまいます。

審査に通過しやすくなるポイント③利用している銀行で申し込む

申し込む銀行カードローンの口座をすでに開設しているときは、在籍確認を省略できることがあります。在籍確認は審査における重要な部分ですので、省略できるということはその分、審査でクリアしなくてはいけないポイントが減るということになります。

主婦や学生も審査に通過する?

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、理論上は収入のない主婦も申し込むことは可能です。しかし、主婦が利用できるかどうかに関してはローン商品ごとに異なりますので、申込前に商品概要説明書を確認するか、カスタマーセンターに問い合わせておきましょう。

たとえば愛媛銀行のひめぎんクイックカードローンは、満20歳以上満65歳以下で安定した収入がある方なら、専業主婦の方も申し込めます。50万円以下の融資限度額で申し込むときは収入証明書類の提出が不要ですので、本人確認書類だけで手続きできます。

また、消費者金融のカードローンは満20歳以上でアルバイトなどによる安定した収入があれば学生も申し込むことができることが多いのですが、銀行カードローンでは年齢や収入に関わらず学生は利用できないものが多いです。学生の方は、申込前にかならず確認しておきましょう。

愛媛銀行"ひめぎんクイックカードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ウェブ契約なら30日間無利息!
  • 愛媛銀行の普通口座不要!
  • 300万円までなら収入証明書不要!
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
実質年率 4.40〜14.60%
無利息期間 30日間
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
初めての方に限り、WEB契約日以降30日間の金利を無利息に。

低金利な銀行カードローン!申込の手順

カードローン審査の流れを表す画像

銀行カードローンによって利用条件や貸付条件は異なりますが、申し込む流れは基本的には同じです。書類を提出するタイミングまでに書類を準備しておくと審査がスムーズに進みますので、以下の流れを把握しておきましょう。

なお、通常はローンカードを受け取ってからカードを使って借入しますが、ローン商品によってはカード受取前に振込融資を利用できることがあります。急いでいる方は、振込融資が利用できるかどうかも確認しておきましょう。

銀行カードローンの融資までの流れ

  1. 申込手続きをする
  2. 申込内容の確認がおこなわれる
  3. 仮審査の結果が出る。審査に通過していたときは必要書類の提出
  4. 勤務先に在籍確認のための電話がかかってくる
  5. 本審査の結果が出る。審査に通過していたときは契約に進む
  6. ローンカードが自宅に郵送される

必要な書類は大きく2種類

銀行カードローンの申込に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類の2種類です。しかし、すべての銀行カードローンの審査で、2つの書類の両方が必要なわけではありません。審査をスムーズに進めるためにも、申込前に必要書類を確認しておきましょう。

本人確認書類

本人確認書類を表す画像

どのカードローンに申し込む場合でも、運転免許証やパスポート、個人番号カードなどの本人確認書類は提出しなくてはなりません。ただし、口座を開設している銀行のカードローンに申し込む場合で、すでに本人確認書類の提出しているときは、本人確認書類の提出を省略できることがあります。

収入証明書類

収入証明書類の例を表す画像

収入証明書類の提出基準は、銀行カードローンによって異なります。提出不要で申し込めるカードローンもありますが、融資希望額に関わらずかならず提出しなくてはならないカードローンもあります。

もっともよくあるパターンは、収入証明書類を提出する基準が融資希望額によって決められているものです。例えば融資上限額50万円までなら収入証明書類の提出が不要と定められているカードローンなら、50万円の融資上限額を希望するときは収入証明書類は不要ですが、60万円の融資上限額を希望するときは書類提出が必須となります。

勤務先への電話による在籍確認が必要

消費者金融のカードローンでは会社名が分かる書類を提出することで在籍確認を実施できることがあるのですが、銀行カードローンでは勤務先への電話以外の方法を認めてくれないことが多いです。勤務先に電話をかけて欲しくない事情がある方は、事前にカスタマーセンターに電話をかけて相談しておきましょう。

カードローンの在籍確認を徹底解説!職場や家族に秘密にするためのコツとは?
カードローンの申込みで多くの人が気になるのが、在籍確認でしょう。会社に電話連絡がきて、その電話によって周りの人にカードローンの利用がバレないか心配になるというものです。ここでは在籍確認の内容や回避する方法をわかりやすく解説します。

融資は最短でも翌日

銀行カードローンの審査では、申込者が反社会的勢力でないかどうかを警察庁のデータベースを使って調査しますので、申込から融資までに少なくとも1日以上かかります。当日中に融資が必要な方は、即日融資を実施している消費者金融カードローンに申し込みましょう。

即日融資が叶うのは消費者金融のカードローン

消費者金融では即日審査&即日融資に対応していることが多いです。とりわけ大手消費者金融はスピード融資に力を入れています。

低金利のカードローンを探している方には銀行カードローンがおすすめですが、スピーディな対応を求めている方には以下のスピードに定評があるカードローンをおすすめします。

最短で15秒審査!レイクALSA

レイクALSAではスピード審査を実施しており、最短15秒で仮審査が完了します。また、カードレス契約が可能ですので、ローンカードを発行しなくても、契約完了後すぐに融資を受けられます。実際にレイクALSAを利用した方の口コミから、融資までのスピードをチェックしてみましょう。

(20代/男性/会社員/年収200~400万円未満/借入金額50~100万円未満)

早朝の時間帯にインターネットを利用して申し込みを行いましたが、メールで審査結果が送られてきますがとても素早い通知だったため、とても好感が持てました。他の大手消費者金融では、数時間待たされることは多々あるため、素早く通知が来たのは印象が良いです。

せっかくスピーディに審査結果が届いても、申込者がこまめにメールをチェックしていないと気付くことができません。レイクALSAに申し込んだら、こまめに着信とメールをチェックするようにしましょう。

(30代/男性/会社員/年収200万円未満/借入金額10~50万円未満)

審査時間は20分位で終わりました。めちゃくちゃ急いでたわけではないですが、早く終わったので非常に助かりました。

最短30分審査を実施しているローン会社は多いですが、20分はかなり速いです。急いでいるときには頼りになります。

レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる無利息サービス!※
審査時間 申込み後最短15秒
融資時間 Webで最短60分融資も可
実質年率 4.50〜18.00%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 最小1万円〜最大500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円を超える場合提出必要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要 ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合必要 ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8~22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります ※無利息期間:初回契約翌日から60日間全額もしくは180日間5万円分の利息が無料のどちらかを選べます ※無利息期間:Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります ※無利息期間:60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで ※無利息期間:30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません ※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります ※無利息期間経過後は通常金利適用

即日振込の対応時間が長い!アコム

振込融資を利用するならアコムがおすすめです。楽天銀行の口座へならいつでも最短1分、三菱UFJ銀行と三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の口座へも対応時間内なら毎日最短1分で振込が可能です。

また、融資までのスピードにも定評があります。アコムを実際に利用した方の口コミを見てみましょう。

(20代/男性/会社員/年収200~400万円未満/借入金額10~50万円未満)

審査は初めてだったので緊張して、本当に借りれるのかと半信半疑で申し込んだのですが、質問は単調で、記入欄こそたくさんあったような気がしますが、時間的には30分から1時間くらいで案外あっさりと終了したような気がします。

1時間ほどでお金を借りられるのは、急いでいるときには助かります。申込フォームに不足なく記入しておくことで、審査がさらにスピーディに進みます。

(20代/男性/会社員/年収200~400万円未満/借入金額10~50万円未満)

アコムでは審査が早く申し込みから契約まで30分ほどでできましたので、急な友達の結婚式のお祝いにもすぐに用意ができましたので大変ありがたかったです。

審査だけでなく契約も30分以内に終わるのは、本当に速いと言えるでしょう。金額によっては運転免許証だけでも申し込めますので、外出中にちょっと足りなくなったときなどもその場で用立てることができそうです。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

電話1本で優先審査!アイフル

アイフルもスピード審査に定評がある消費者金融ですが、インターネットで申し込んで急ぎの方専用のフリーダイヤル(0120-337-137、営業時間9:00~21:00)に電話をかけると、優先して審査をしてもらえますので、通常以上にスピーディな融資が実現できます。実際にアイフルに申し込んだ方の口コミを見てみましょう。

(20代/女性/その他/年収200万円未満/借入金額10~50万円未満)

審査は30分と早く借り入れも1時間以内で出来た。

アイフルの公式サイトに記載されている通り、審査に30分、借入までに1時間で進んだようです。お金を必要とするタイムリミットが決まっている場合は、融資までのおおよその時間が分かっていると助かります。

(30代/男性/会社員/年収200~400万円未満/借入金額10~50万円未満)

審査は結果が分かるまで30分ぐらいと短い時間で融資の決断を頂けたし早くてよかったです。

こちらの方も、30分ほどで審査が完了しています。急いでいるときの選択肢の1つとして、アイフルを押さえておきましょう。

アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 原則不要(※)
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

アプリで簡単操作!プロミス

プロミスもアコムと同様、振込融資のスピードの速さが魅力の消費者金融です。三井住友銀行と三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行などの多くの銀行で、振込指示から振込実行までが最短10秒になる瞬フリサービスがあります。

振込融資だけでなく、審査のスピードにも定評があります。実際にプロミスに申し込んだ方の口コミを紹介します。

(30代/男性/会社員/年収400~600万円未満/借入金額10万円以下)

必要事項を入力し、ランチを食べ終わるころには申し込みを完了させました。すると、ただちに審査を開始してくれたらしく、13時30分頃には会社の代表番号宛に個人名で在籍確認の電話がかかってきたのです。そして、14時30分には審査を通過したとの連絡をプロミスからいただき、夕方に会社近くにあるセブンイレブンに行き、セブン銀行のATMでプロミスからの入金を確認することができ、無事にお金を借りることができたのでした。プロミスの審査と対応の素早さには驚きました。

ランチを食べ終わったのが13時とすると、在籍確認を実施するまでが30分、審査通過が確定するのに1時間30分ほどかかったことになります。午後から申し込んでも充分に即日融資が間に合うのは心強いです。

(30代/男性/会社員/年収200~400万円未満/借入金額10~50万円未満)

プロミスの申込みは初心者の方でも10分もあれば終わります。審査も申し込みをしてから20分もかかりませんでした。審査なので、個人差があるのかもしれませんが、私は早かったと思います。

申込フォームに記入する時間を含めても、審査完了までに30分以内に済んだようです。初めてカードローンに申し込む方にもおすすめです。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

勤務先への電話なしで審査が進むWEB完結!SMBCモビット

SMBCモビットにWEB完結で申し込むと、勤務先への電話連絡はありません。


個人への電話を取り次がない職場にお勤めの方も、安心して申し込めます。

SMBCモビットもスピーディな対応に定評があります。実際にSMBCモビットに申し込んだ方の口コミを紹介します。

(20代/男性/会社員/年収200~400万円未満/借入金額50~100万円未満)

他の大手消費者金融や中小の消費者金融でも借りましたが、SMBCモビットは審査するスピードが早く感じます。個人情報などの選択欄も分かりやすくなっているので、スピーディーに入力できました。また在籍確認などもなく、どうしても周りにばれたくない時などに利用するメリットを感じます。

スムーズに審査が進んだようです。急いでいるときには、SMBCモビットも検討してみましょう。

(20代/男性/会社員/年収200~400万円未満/借入金額10~50万円未満)

店舗ではオペレーターの指示に従い、必要書類を送り審査をしてもらうのですが、待ち時間は10~15分くらいで完了し、とてもスピーディーでした。

店舗で手続きをするときはできるだけ早く自動契約コーナーから退出したいものですが、15~20分ならストレスは少ないです。ローンカードもその場で発行できますので、郵便物が自宅に届かないもの嬉しいポイントです。

SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット ※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。

消費者金融カードローンの3つの注意点

さまざまなローン会社が、さまざまなローン商品を提供しています。しかし、急いでいるときには消費者金融カードローンがベストの選択と言えるでしょう。

ですが、消費者金融のカードローンには注意すべきポイントが3つあります。申込前にかならず確認しておきましょう。

消費者金融カードローンの注意点

  • 金利が高い傾向にある
  • 総量規制が適用される
  • 提携ATMは手数料有料のことが多い

注意点1:金利が高い傾向にある

消費者金融のカードローンは、利息制限法で定められている金利のほぼ上限金利が適用されることがあります。つまり、10〜100万円未満の融資額で申し込むと年18.0%に近い金利が、100万円以上の融資額で申し込むと年15.0%に近い金利が適用される場合もあるのです。そのため、低金利にこだわる方には適したローン商品とは言えません。

しかし、長期間使い続けることで信用実績を積み、徐々に適用金利が低くなることがあります。消費者金融のカードローンを利用するなら、長期戦で低金利を目指しましょう。

注意点2:総量規制が適用される

消費者金融のカードローンは総量規制対象ですので、年収の3分の1を超える金額を借りることは不可能です。総量規制では、別の総量規制対象の借金と合算して年収の3分の1以下に制限されます。そのため、すでに他の消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング枠で年収の3分の1近くを借りている方は、新たなローン審査には通過しない可能性があります。

しかし、総量規制があることで借り過ぎを防ぐことができるのも事実です。ついローンに手を出してしまう方にとっては、総量規制が適用される消費者金融カードローンは借り過ぎの抑止力になるとも言えるでしょう。

注意点3:提携ATMでは手数料がかかることもある

消費者金融カードローンでは、手数料無料で利用できるATMは自社ATMのみということが多いです。しかし、消費者金融の自社ATMは台数が少なく、仕方なく提携ATMで借りるケースも多いです。一方、銀行カードローンでは自社ATM以外にも複数の提携金融機関のATMを無料で利用できることが一般的です。

ATM手数料を節約したい方には、レイクALSAがおすすめです。レイクALSAではコンビニATMを含むすべてのATMを手数料無料で利用できます。

【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

最適なカードローンはどう選ぶ?

銀行カードローンも消費者金融カードローンも、それぞれメリットもあればデメリットもあり、どちらがよいとは一概に断定することはできません。どちらを選ぶべきか迷ったときは、ご自身が重視するポイントを明確にしてください。ポイント別のおすすめカードローンを紹介します。

低金利で選ぶなら銀行カードローン

低金利でお金を借りたいのなら、銀行カードローンがおすすめです。上限金利に注目し、この記事で紹介した低金利カードローンをご検討ください。

とくに、知名度が高い銀行カードローンをお探しなら、3大メガバンクのカードローンがおすすめできます。3大メガバンクのなかで最も上限金利が低いのは、みずほ銀行カードローンです。

実質年率 : 2.00〜14.00%
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行
実質年率 : 4.00〜14.50%
【PR】
実質年率 : 1.80〜14.60%
【PR】Sponsored by 株式会社三菱UFJ銀行

無利息サービスで選ぶなら消費者金融カードローン

ただし、短期間で完済できるなら、無利息サービスを実施している消費者金融で借りることもおすすめです。

プロミスでは初回借入日翌日から30日間無利息になりますし、アコムとアイフルでは初回契約日翌日から30日間無利息で借りられます。また、レイクALSAでは初回契約日翌日から「30日間、何円でも無利息」か、「180日間、借入残高の5万円まで無利息」のいずれかを選択できるので、自由度が高いですね。

上手に無利息サービスを活用すれば、低金利の銀行カードローンよりも利息が少なくなることもあります。

【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

低金利よりも融資スピードを重視するなら消費者金融カードローン

融資までのスピードは圧倒的に消費者金融が勝っています。銀行カードローンでは最短でも翌営業日の融資となりますが、大手消費者金融ならどこでも最短即日融資が可能です。申し込んだその日のうちにお金を借りたい方は、消費者金融のカードローンを選びましょう。

ただし、消費者金融によって即日融資が可能なタイムリミットが決まっています。急いでいる方は、できるだけ早く申し込むようにしましょう。

即日融資におすすめなカードローン比較!審査なしのカードローンはある?
この記事では、即日融資を受けたい方におすすめの消費者金融カードローンや、最短で審査に通るためのポイントなど、即日融資について徹底的に解説します。「最速30分の即日審査が可能なおすすめカードローン」や「即日審査・即日発行が可能なクレジットカード」、「銀行カードローンで即日融資が受けられない理由」もご紹介。この記事を読めば、きっとあなたにピッタリの即日融資を受ける方法が見つかるはずです。

融資方法が多いのは消費者金融カードローン

カードローンといっても、かならずしもローンカードをATMに挿入して借りる必要はありません。大手の消費者金融カードローンでは振込融資は当然のこととして、カードを使わないスマホATMに対応していることがあります。

プロミスアイフルレイクALSASMBCモビットではスマホATMを利用できますので、カードレスで現金を引き出したい方は検討してみましょう。

一方、銀行カードローンはスマホATMや振込融資を利用できなかったり、振込融資を利用できるローンでも、振込先の口座が当行口座のみに制限されていたりすることもあります。融資方法の利便性では、消費者金融に軍配が上がるケースがあるでしょう。

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット

低金利でも使い方によっては高利息!賢いカードローンの使い方

低金利のカードローンを選べば、かならずしもお得に借りられるというわけではありません。例えば無利息サービスを実施しているカードローンなら、無利息期間中に返済すればどんなに低金利なカードローンを利用するよりもお得に借りられます。

そのほかにも、低金利であっても使い方を間違うと高利息になってしまい損をするケースがあります。カードローンを賢く使う方法を紹介します。

おすすめの使い方1:高額を借りるときは低金利ローンを選ぶ

高額を借りるときは、銀行カードローンなどの低金利のローンを利用するようにしましょう。リフォームや授業料、自動車購入などと使用目的が決まっている場合は、カードローンではなく銀行の目的別ローンがおすすめです。使途が限定されている分、さらに低金利で借りることができます。

おすすめの使い方2:返済期間が長引くときは低金利ローンを選ぶ

たとえ少額であっても、返済期間が長引くことが初めから分かっているときは、銀行カードローンなどの低金利ローンを利用しましょう。カードローンは利息を日割りで計算しますので、1日早く完済すれば1日分の利息を節約できます。

おすすめの使い方3:任意返済をできるだけ多く実施する

最低返済額だけを返済しているとなかなか完済できません。とくにカードローンは簡単に追加融資ができますので、返済が長期にわたりがちです。こまめに任意返済をすることで、借入額と利息を減らしていきましょう。

ただし、返済の度に手数料がかかると返って損になります。手数料無料で利用できるATMを覚えておき、できるだけ手数料がかかるATMを使わないようにしましょう。

おすすめの使い方4:こまめにシミュレーション&返済計画

カードローンは新たに借り入れる度に借入残高が変わるため、返済計画も変わってきます。新たにお金を借り入れたら、そのたびごとにローン会社の公式サイトにあるシミュレーションを活用して返済計画を立て直すようにしましょう。

おすすめの使い方5:低金利ローンに借り換える

年収が増えたときなどのタイミングで低金利のローンに借り換え審査を受けると、通過する可能性があります。負担なくカードローンを使い続けるためにも、折を見て、低金利のローンに借り換えることも検討しましょう。

また、複数の借入を抱えている方は、おまとめローンを利用して返済先を1本化することで、利息負担を軽減できる場合もありますよ。詳しくは、下記の記事もあわせてご覧ください。

おまとめローンはどこがおすすめ?メリットや審査について徹底比較
おまとめローンは「複数の借入れをまとめ、返済しやすくするためのローン」です。しかし商品の選び方を間違えてしまうと、月々の返済は楽になっても、結果的に「返済総額は増えていた」ということになりかねません。メリットやデメリット、自身の借入れ状況もよく吟味し、最適な返済方法を見つけましょう。

高額&長期間借りるときは低金利な銀行カードローンがおすすめ

借金が少額のときは、高金利でもそこまで返済が苦しくはなりません。しかし高額を借りるときは、できるだけ低金利のローンを利用するようにしたいものです。

低金利のローンの審査に通過しないときは、高金利のローンを利用することになりますが、誠実に返済し続けることで適用金利を下げてもらえるようにしましょう。

全国的に知名度が高く金利が低いカードローンをお探しの方には、メガバンク3社のカードローンがおすすめですよ。

実質年率 : 2.00〜14.00%
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行
実質年率 : 4.00〜14.50%
【PR】
実質年率 : 1.80〜14.60%
【PR】Sponsored by 株式会社三菱UFJ銀行
執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事