更新日:

貸付金とは?借入金との違いや仕訳、扱い方のポイントまとめ

貸付金とは?借入金との違いや仕訳、扱い方のポイントまとめ

貸借対照表には「貸付金」という勘定科目がありますが、実際のところ、貸付金とはどのような性質のお金を意味するのでしょうか。

また、貸付金とは対を成す言葉に「借入金」がありますが、借入金の性質も知っておくべきです。会社を運営していく上で避けて通れない「貸付金」と「借入金」について、仕訳や扱い方のポイントも含めて解説します。

貸付金とは何か?

そもそも貸付金とは「誰かに貸したお金」という一般名詞です。会社の経理を記録する貸借対照表に記載されているときは、企業が特定の個人や法人に貸したお金を意味します。貸付金は、貸し付けた日から返済予定日までの期間に応じて「短期貸付金」と「長期貸付金」の2種類に分けられます

短期貸付金とは返済期限が1年以内に来る借入金

1年以内に返済期限が来る貸付金を「短期貸付金」と言います。ただし、1年とは暦の上の1年を意味していません。同じ決算期内に貸付と返済が行われるお金を短期貸付金と呼びます。

例えば、3月が決算期の企業において、9月に特定の個人にお金を貸して翌年1月に返済してもらう予定のときは短期貸付金として仕訳されます。しかし、3月にお金を貸して同年4月に返済してもらう予定のときは、貸付期間は実質1ヶ月ほどですが、短期貸付金とは仕訳できません。

短期貸付金は、貸借対照表の中では流動資産に区分されます。同じ決算期内に貸付と返済が実行されますので、会社の資金繰りを悪化させない効果があります。

短期貸付金のメリットとデメリット

貸付金が多いと会社の支出が増えることになりますので、会社の財政を悪化させる恐れがあります。しかしながら、短期貸付金は決算期内に全額が返ってきますので、会社の財政を悪化させにくいというメリットがあります。資金ギャップが生じたときには「短期貸付金」として分類しておくと、矛盾を生じさせずに貸借対照表を記載することができるでしょう。

ただし、勘定科目に短期貸付金が多すぎると、銀行融資を受けるときには不透明な資金があると疑われる恐れが高まります。短期貸付金の多さが審査に響き、融資を受けられない可能性もあるのです。

長期貸付金とは返済期限が1年以降に来る借入金

返済期限が1年を超える貸付金を「長期貸付金」と呼びます。貸付期間が1年を超える場合だけでなく、次期以降の決算期に返済が行われる貸付金は、すべて長期貸付金です。なお、返還予定日と実際の返還日が異なる場合でも、貸し付けた時点で翌決算期以降に返還期限を定めている貸付金については長期貸付金として処理をします。

長期貸付金のメリットとデメリット

長期にわたってお金を貸し付けることで、貸付先から利息を得られるというメリットがあります。また、低金利で貸し付けると貸付先にとっては多大なメリットになりますから、貸付先との関係強化を図ることにもつながります。従業員に貸し付ける場合は、従業員の福利厚生の1つともなります。

ただし、不当に利息を低くしていると、追徴課税されることもあります。貸付金利は、通常、銀行融資の平均金利か特例基準割合(平成31年度は年1.6%)を採用します。法人への貸付金も個人への貸付金も、いずれも適切な金利を設定して、ペナルティを受けることがないようにしておきましょう。

貸付金と貸付金の利息の会計処理

お金を貸し付けるということは、「債権」という資産が増加したということです。貸借対照表の中では借方に貸付金を記入し、貸方に現金を記入することになります。

反対に、貸付金を返済してもらうということは「債権」という資産が減少することを意味します。貸借対照表の中では貸方に貸付金を記入し、借方に現金を記入します。

貸付金によって利息が生じるときは、利息は貸方で「受取利息」として記入します。利息と元金を合算した金額を借方で「現金」として記入します。

なお、貸金業を営んでいる場合は、貸付金によって得られた利息は「売上」となりますが、貸金業を営んでいない場合は、貸付金によって得られた利息は「営業外収益」になります。

貸付金は売掛金や受取手形とは何が違う?

売掛金も受取手形も、いずれも「将来受け取れるお金」という点では貸付金同じです。売掛金とは手形のない売り上げの未収入金を指し、受取手形とは約束の期日に代金を受け取るという契約書のようなものを指しています。一方、貸付金はその名の通り「貸し付けたお金」ですので、将来的に取引先から受け取るときでも、売上代金としてではなく返済金として受け取ります。

受取手形を受け取ると、借方に「受取手形」と記入し、貸方に「売上」と記入します。受取手形を決済したときは借方に「当座預金」と記入し、貸方に「受取手形」と記入します。

受取手形とは反対の効力を持つ手形を「支払手形」と言います。支払手形とは約束の期日に代金を支払うという契約書のようなものを指します。支払手形を振り出したときは借方に「仕入」と記入し、貸方に「支払手形」と記入します。支払手形を決済したときは借方に「支払手形」と記入し、貸方に「当座預金」と記入します。

ところで、「手形」とは代金の受取を約束する契約書です。手形に記載されている日付にならなければ現金に引き換えることができないという特徴があります。代金の受取を約束する契約書としては「小切手」も挙げられます。ただし、小切手はいつでも現金に引き換えられるため、手形よりも資金繰りに影響を与えないというメリットがあります。

借入金とは何か?

借入金とは、貸付金とは反対の意味を持つ言葉です。貸付金は貸したお金を意味しますが、借入金は借りるお金を意味します。金融機関から借りても個人から借りても、貸借対照表では「借入金」に分類します。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

返済期限によって短期借入金と長期借入金に分ける

借入金も、返済期限がいつなのかによって「短期借入金」と「長期借入金」に分けます。

借りた時期と返済時期が同じ決算期内にあるときは「短期借入金」借りた時期と返済時期が決算期をまたぐときは「長期借入金」と分類します。長期借入金になるはずの借入金を同一決算期内に返済したときは、貸借対照表では短期借入金として整理しておきましょう。

借入金の利息の会計処理

通常、借入金には利息が発生します。利息は「経費」に算入しますが、借入金と利息をまとめて帳簿につけてしまうと経費として計上できません。かならず借入金とは別に「支払利息」として分類してください。

貸付金と借入金、それぞれの利息の仕訳

貸付金は、資産の増加と負債の減少を意味するお金です。一方、借入金は資産の減少と負債の増加を意味します。貸付金や借入金が発生したとき、また、貸付金や借入金によって利息が発生したときの仕訳の仕方について見ていきましょう。

Aさんに現金100万円を貸した場合の仕訳

Aさんに現金100万円を貸すということは、会社の資産の中から現金が100万円が減少して、「貸付金」という債権が100万円増加したことを意味します。貸借対照表では、以下の図のように仕訳します。

借方 貸方
貸付金:100万円 現金:100万円

B社から100万円を借りた場合の仕訳

B社から100万円を借りると、会社の現金資産は100万円増加したことになります。一方で、返済義務のある借入金が100万円増加したことにもなりますので、貸借対照表では以下の図のように仕訳します。

借方 貸方
現金:100万円 借入金:100万円
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 原則不要(※)
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

Aさんから100万円の返済を受けた場合の仕訳

Aさんから100万円の返済を受けたとすると、会社の現金資産は100万円増加したことになりますが、貸付金という債権資産は100万円分減少したことになります。貸借対照表では借方に現金100万円を記入し、貸方に貸付金として100万円を記入します。

借方
貸方
現金:100万円 貸付金:100万円

利息が5万円発生した場合

Aさんに100万円を返済してもらったときに、利息として5万円を受け取ったとします。その場合は、借方には現金として105万円を記入し、貸方には貸付金として100万円、受取利息として5万円を記入します。

なお、利息と元金をまとめて貸付金として105万円を計上してしまうと、貸した時点の貸付金とは異なることになり、帳簿上に矛盾点が発生してしまいます。しかも、利息を費用として計上するのではなく収益として計上するため、その分、納税額が増えてしまうことにもなります。利息を受け取ったときは、かならず元金(貸付金)と利息(受取利息)を別に記入して、収益部分が元金とは別になるようにしてください

また、利息をあまりにも安く設定していると、税務署から監査を受ける際に「貸付金ではなく寄付金なのではないか」と疑われることがあります。場合によっては追徴課税が発生することもありますので、適正な金利で算出した利息を貸付先に請求するようにしてください。

借方 貸方
現金:105万円 貸付金:100万円
受取利息:5万円

B社に100万円を返済した場合の仕訳

B社から借りていた100万円を全額返済したときは、会社の現金資産は100万円減ることになりますが、借入金という債権資産は100万円増加したことになります。貸借対照表では、借方に借入金として100万円を記入し、貸方に現金として100万円を記入します。

借方 貸方
借入金:100万円 現金:100万円

利息が5万円発生した場合

B社から借りている100万円に対して、利息が5万円発生したとしましょう。返済する金額は105万円ですから、貸借対照表では貸方に現金として105万円を記入します。一方、借方としては借入金が100万円、支払利息は5万円として記入します。

支払利息は経費として算入できる科目ですが、借入金と利息を合算した金額をまとめて貸借対照表に記入してしまうと経費として計上できません。かならず借入金と利息(支払利息)は別個に記入するようにしてください。

借方 貸方
借入金:100万円 現金:105万円
支払利息:5万円
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

丁寧に仕訳をしておくことが優良会計のコツ

慣れてしまえば、仕訳のルールは簡単です。常に借方と貸方が同じ数字になるようにし、元金(貸付金や借入金)と利息(支払利息や受取利息)を別個の項目で記入するだけです。

丁寧かつこまめに仕訳をしておくことで、いつ監査が入っても大丈夫になりますし、銀行などの金融機関からの融資も受けやすくなります。資金の動きがある度に丁寧に仕訳をし、優良会計を維持していきましょう。