更新日:

レイクALSAの必要書類と提出方法を解説!収入証明書類が必要なのはどんなとき?

レイクALSAの必要書類と提出方法を解説!収入証明書類が必要なのはどんなとき?

レイクALSAに申込むときの必要書類は、「本人確認書類」「収入証明書類」の2つです。

「本人確認書類」の提出は全員必須ですが、「収入証明書類」の提出は一定の条件に該当するときのみ必要になります。また、契約方法によって提出するべき書類が異なる点にも注意が必要です。

本記事では、レイクALSAに申込むときの必要書類や提出方法、注意事項をわかりやすく解説します。不備があると審査が長引いたり、審査落ちの原因となったりする可能性があるので、申込む前に確認しておきましょう。

レイクALSAに申込む際の必要書類

レイクALSAに申込むときの必要書類は、下記の2種類です。

必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類の提出は全員必須。それに対して、「収入証明書類」は一定の条件に当てはまる場合のみ提出が必要になります。

それぞれの書類について、詳しく解説していきます。

①本人確認書類は全員必須!

レイクALSAに申込む場合、「本人確認書類」は全員必須で提出します。

本人確認書類として認められるのは、下記のような書類です。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カード/特別永住者証明書(外国人登録証明書)

「在留カード/特別永住者証明書(外国人登録証明書)」とは、外国人の方がレイクALSAに申込むときに本人確認書類として提出を求められる書類です。

本人確認書類として提出する書類は、「フルネーム」、「生年月日」、「現住所」などが記載されている必要があります。

それぞれの本人確認書類を提出する際に、確認・注意するべきことがあります。下記の事項を守っていない場合、レイクALSAから書類の不備とみなされる可能性があるので事前に確認しておきましょう。

提出書類 確認・注意事項
運転免許証 ・有効期限内のもの
・記載の住所が現住所と同じもの
パスポート ・有効期限内のもの
・日本政府発行のパスポート
マイナンバーカード(個人番号カード) ・顔写真付きのもののみ有効
・提出の際はマイナンバー(個人番号)を隠した状態で提出する
健康保険証 ・住所欄が空欄の場合は裏面に記入
・住所が裏面に記載の場合は両面を提出
在留カード/特別永住者証明書 ・両面を提出

実際にレイクALSAを利用したことがある方の口コミを見てみましょう。

レイクALSAでは電話での申込みの際に、本人確認書類に不備がないか確認してくれることもあるようです。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額10万円以下)

本人確認書類の提出のお願いをされ、その本人確認書類は何を提出するか?を聞かれました。 

私の場合は運転免許証でしたので、その運転免許証で現住所の確認が取れるか?も聞かれました。 

レイクALSAの本人確認書類として認められる書類は前述のとおりですが、記載されている住所が現住所と違うなどの場合、追加書類の提出が必要になります。

具体的には、下記のうちのいずれかに該当する場合、レイクALSAでは追加書類の提出が必要になります。

追加書類が必要な場合

  • 本人確認書類の住所が現住所と異なる場合
  • 自動契約機での契約時に健康保険証を提出する場合
  • Web契約(カードを自宅へ郵送)での契約時に本人確認書類を2点提出できない場合

本人確認書類の住所が現住所と異なる場合だけでなく、自動契約機で契約する際に提出する本人確認書類が健康保険証である場合にも、追加書類の提出が必要です。

また、Web契約でカードを自宅に郵送する際には、本人確認書類を2点提出する必要があります。2点の本人確認書類を用意できない方は、代わりに追加書類が必要になります。

追加書類とは、下記のような現住所を確認できる書類のことを指します。

提出書類 認められるもの
公共料金の領収書 ・ガス料金
・電気料金
・固定電話(NTT)料金
・NHK料金
公的機関発行の書類 ・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・水道使用料のお知らせ

追加書類としてレイクALSAに提出する書類はすべて、現住所が記載されており、発効日から6カ月以内のものである必要があるので注意しましょう。

契約方法によって必要書類が異なる

レイクALSAでは、契約方法によって必要書類が異なります。そのため、自分がレイクALSAで利用する契約方法ごとの必要書類を確認しておくことが大切です。

まず、レイクALSAの契約方法は下記の4種類に大別されます。

契約方法

  • Web完結(スマート本人確認)
  • Web完結(口座登録で本人確認)
  • Web契約(カードを自宅へ郵送)
  • 自動契約機で契約

同じWeb完結の契約でも、本人確認の方法によって分類が異なります。スマート本人確認とは、レイクALSAのスマホアプリを活用した本人確認の方法のことです。

それぞれの契約方法で必要になる本人確認書類は、下記のとおりです。

契約方法 必要書類
Web完結(スマート本人確認) ・運転免許証
Web完結(口座登録で本人確認) ・本人確認書類1点
Web契約(カードを自宅へ郵送) <下記のうちいずれかを提出>
・本人確認書類2点
・本人確認書類1点+住所確認書類1点
自動契約機で契約 <下記のうちのいずれかを提出>
・本人確認書類
・健康保険証+住所確認書類1点

表のとおり、レイクALSAの「Web完結(スマート本人確認)」で契約する場合には、かならず運転免許証が必要になります。

さらに、「Web契約(カードを自宅へ郵送)」の場合には、通常よりも必要な書類の数が多くなります。

カードを自宅へ郵送してもらえる点は便利ですが、書類を提出する手間を減らしたいなら、ほかの契約方法を検討してもよいでしょう。

いずれの場合も、本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合は、追加で住所確認書類1点の提出が必要です。

②収入証明書類は一定の条件を満たした場合に必要になる

レイクALSAに申込むときの必要書類のひとつとして「収入証明書類」があります。

収入証明書類は、一定の条件に該当する方のみ提出する必要書類です。

収入証明書類が必要な3つのケース

収入証明書類は、レイクALSAの指定する条件に当てはまる場合のみ、提出が求められる必要書類です。

下記のいずれかに該当する場合は、レイクALSAに申込む前に収入証明書類を用意しておきましょう。

収入証明書類が必要なケース

  • 利用限度額の総額が50万円を超える場合
  • 利用限度額の総額と他社の借入れ総額の合計が100万円を超える場合
  • 提出した収入を証明する書類の発効日が3年以上経過している場合

とくにレイクALSA以外の他社から借入れしている方や、限度額を多く希望する方は注意しましょう。

収入証明書類として有効なのは、下記のような書類です。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書/納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得(課税)証明書

必要書類に不備があると、レイクALSAの審査が長引く可能性があります。

それぞれの収入証明書類を提出する際には、下記の条件を満たすことを確認しておきましょう。

提出書類 確認事項
源泉徴収票 ・前年度分(直近・最新)
・支払金額、勤務先名称が明記されている
給与明細書 ・直近2ヶ月分(最新)
・支払金額、勤務先名称が明記されている
・賞与がある場合は直近1年分の賞与明細書も提出
住民税決定通知書/納税通知書 ・前年度分(直近・最新)
・給与収入、給与所得が明記されている
・発行日、発行元、発行印の記載がある
確定申告書 ・前年度分(直近・最新)
・税務署の収受印か電子申告の受付日時の記載がある
・収入金額、所得金額が明記されている
所得(課税)証明書 ・前年度分(直近・最新)
・収入金額、所得金額が明記されている
・発行日、発行元、発行印の記載がある

いずれも、申込者本人のフルネームが記載されているものが有効です。

どの書類を提出しても審査結果に影響はない

レイクALSAの必要書類は指定されている必要書類に該当していれば、どの必要書類を提出しても申込審査の合否に影響はありません。

たとえば「直近2カ月の給与明細より、確定申告書の年間所得が記載されているから、審査に有効に働くんじゃないの?」と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、そういった違いはレイクALSAの審査の合否に影響しません。レイクALSAが指定する必要書類の基準を満たしていれば、どの必要書類を用意しても審査に落ちやすい・通りやすいなどの違いはないといえます。

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から最短60分融資
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • 選べる無利息サービス!※
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可能
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

書類に不備があると審査時間が長引く可能性がある

レイクALSAに指定された必要書類を提出したとしても、書類に不備があるとレイクALSAの審査時間が長引くことがあります。

書類の不備(例)

  • 書類の画質が粗い
  • 書類の一部が隠れている
  • 有効期限が切れている など

「画像が粗くて住所が確認できない」、「本人確認に必要な事項が隠れていて見えない」など、書類に不備があった場合はレイクALSAから再提出を求められる可能性があります。

また、必要書類の有効期限が過ぎている場合も、有効な書類として認められないのでご注意ください。

そのため、レイクALSAに申込むときは、審査を長引かせないためにも、提出する必要書類に不備がないか確認してから提出しましょう。

書類の提出方法は3種類

ではここからはレイクALSAでの書類の提出方法と手順について紹介します。

レイクALSAでは、自宅からでもWEB上で必要書類が提出できるサービスを展開しています。事前に提出方法を確認しておけば、スピーディに審査を進めることができるでしょう。

提出方法ごとに手順を解説!

レイクALSAでは、下記の3つの方法で必要書類を提出することができます。

提出方法

  1. スマート本人確認で提出
  2. アップロードで提出
  3. 自動契約機で提出

「スマート本人確認」と「アップロード」はWEB上で書類を提出する方法なので、インターネット環境と必要書類が手元にあればどこでも利用することができます。

それぞれの提出方法の手順を解説します。

1.スマート本人確認で必要書類を提出

スマート本人確認は、レイクALSAの公式アプリ「e-アルサ」をダウンロードし、スマートフォンのカメラを使って本人確認をおこなう方法です。

簡単で便利な方法ですが、スマート本人確認を利用できるのは運転免許証を持っている場合のみです。

レイクALSAの契約画面の「スマート本人確認」を選択し、下記の手順で本人確認書類を提出することができます。

手順

  1. スマートフォンで免許証を撮影する
  2. 顔を正面から撮影する
  3. 表示される矢印の方向にゆっくり首を振り顔を撮影する
(40代 / 女性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10万円以下)

インターネット上で契約後、本人確認書類を提出する為にスマートフォンのアプリをダウンロードする必要がありました。

面倒くさいとは思いましたが、やってみると簡単でスムーズに作業が終わりました。

上記の方は、実際にレイクALSAの「e-アルサ」を利用したことがあるそうです。

この口コミのとおり、スマート本人確認は実際にやってみると意外と簡単で、スムーズに書類を提出できる方法となります。

2.アップロードで必要書類を提出

運転免許証を持っておらず、レイクALSAの「スマート本人確認」が利用できない場合でも、書類を撮影して「アップロード」することよってWEB上で本人確認書類を提出することができます。

レイクALSAの契約画面から下記の手順でおこなうことができます。

手順

  1. 「本人確認書類をアップロード」を押す
  2. アップロードする書類を選択する
  3. 「カメラを起動して撮影する」を押し、書類を撮影する
  4. 「アップロード済」と表示されたら「完了」を押す

スマートフォンではなく、パソコンからアップロードをおこなう場合、事前に撮影した書類をパソコン上に用意しておきましょう。

3.自動契約機で必要書類を提出

レイクALSAの自動契約機で契約する場合、提出必要書類の原本を自動契約機まで持参する必要があります。

レイクALSAの自動契約機で提出する場合は、提出必要書類をセットしてスキャンするという方法で提出します。画面に表示される手順にしたがって必要書類をスキャンにセットすれば、提出が完了します。

WEBと来店、どっちの書類提出・契約がおすすめ?

前述した書類の提出方法のうち、「スマート本人確認で提出」と「アップロードで提出」ではWEBで、「自動契約機で提出」では来店して書類を提出することになります。

融資をお急ぎの方や忙しい方なら、少しでも書類提出の手間を減らしたいとところですよね。WEBか契約、どちらの提出方法がおすすめなのでしょうか?

結論からいうと、自動契約機を来店する手間を省略できるので、お急ぎの方におすすめなのはWEBからの提出です。

反対に、スマホやPCの操作を面倒に感じる方や、その場で契約してカードを受け取りたい方には、自動契約機での書類提出をおすすめします。

WEB契約のメリット
  • スマートフォンやパソコンで契約できる
  • 店舗に行く必要がない
  • 店舗の営業時間を気にする必要がない
自動契約機のメリット
  • PCやスマホの操作が不要
  • その場でカードを受取れる

自動契約機の営業時間は、平日・土曜日・祝日は9時~22時、日曜日は9時~19時となります。時間を気にせずに利用できる点は、WEBで書類を提出するメリットとなるでしょう。

なお、WEB上で本人確認書類を提出しても、カードを利用してATMでキャッシングしたい方は、結局自動契約機を来店する必要があるので注意が必要です。

カードがなくても振込キャッシングやセブン銀行ATMのスマホATM取引を利用できますが、それ以外の提携ATMから借入れるなら、カードを発行する必要があります。

また、振込キャッシングでは金融機関ごとに振込実施時間が決まっており、時間帯によっては翌営業日以降の振込みとなります。

即日振込みを受けられるか不安な方は、自動契約機でカードを発行し、併設の
新生銀行カードローンATMで借入れるのもおすすめです。

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から最短60分融資
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • 選べる無利息サービス!※
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可能
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

まとめ

まとめ
  • 必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」
  • 契約方法によって必要書類が異なる
  • 書類提出はWEBから可能

レイクALSAで契約するときに提出が必要になる書類は「本人確認書類」「収入証明書類」です。本人確認書類は全員必須ですが、収入証明書類は一定の条件に該当するときのみ提出が必要です。

また、契約方法によって提出が求められる必要書類が違う点にも注意しましょう。

31歳。クレジットカード系270記事以上、ビジネススキル記事100記事以上、書籍執筆、などなど金融系・経済系のライティングが好き。ガジェット・旅行・音楽・ゲーム・芸能・心理学など多数のライティングを経て現在にいたる。読書好きで月に30冊は読破。読書の経験から「読みやすさ・わかりやすさとは」を常に研究中。作成文章でも経験読者さんにとって分かりやすく、読みやすい、求めている正確な情報をお届けすることをモットーに執筆しています。

sinnosukeの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

レイクALSAの審査に関する記事

レイクALSAに関するその他の記事