更新日:

北おおさか信用金庫カードローンの特徴は?向いている人、申込から返済まで詳しく解説

北おおさか信用金庫カードローンの特徴は?向いている人、申込から返済まで詳しく解説

北おおさか信用金庫は、大阪府北部の茨木市に本店を置く信用金庫です。

大阪府北部の信用金庫が順次統廃合され、2014年に十三信用金庫と摂津水都信用金庫が合併して現在に至っています。大阪府では第3位の信用金庫で、預金量は1兆3千億円ほどです。

北おおさか信用金庫では、9種類ほどのカードローンが発行されています。この北おおさか信用金庫のカードローンについて詳しくご紹介します。

北おおさか信用金庫"ジャストカードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • 当金庫の営業地区内に居住、又は事業所にお勤めの方向け
  • 限度額30万円〜500万円の7プランから選択可能
  • 貸越残高20万円以下なら月々4,000円の返済でOK
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 4.50〜14.50%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 100万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン 非対応 ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応

北おおさか信用金庫カードローンはどんなカードローン?

北おおさか信用金庫のカードローンは、インターネットで申し込めるカードローン商品4種類のほか、窓口で申込む商品がインターネット商品も含めて5種類あり、計9種類の商品展開です。

窓口の商品は、インターネットでも申し込めるものと総合口座の貸越方式です。

ここでは、インターネットで申し込めるカードローン商品に絞り、目的ローンになる教育カードローンを除いた3商品についてご紹介します。

北おおさか信用金庫のカードローン3種
商品名
金利(実質年率)
利用限度額
ジャストカードローン
4.50%~14.50%(固定金利)
10万円~500万円
ステップかがやきカードローン
4.50%~14.50%(固定金利)
10万円~500万円
eしんきんカードローン
10.00%(固定金利)
10万円~300万円

北おおさか信用金庫カードローンの申込資格

北おおさか信用金庫のカードローンは、インターネットからの申込は可能ですが、同金庫の営業エリアに住んでいるか、勤務先のある方に限られます。また、同エリアであれば、どの商品事業を行っている個人事業主や法人の役員の方の申込も可能です。

基本的にはパート・アルバイトの方も安定した収入があれば、「ジャストカードローン」以外では申込可能です。

年齢は、「ジャストカードローン」と「ステップかがやきカードローン」では20歳以上65歳以下の方、「eしんきんカードローン」では20歳以上65歳未満の方が申込の対象となります。

申込に際しての必要書類

北おおさか信用金庫カードローンの必要書類は、本人確認書類が必要です。本人確認書類は、運転免許証やパスポート、健康保険証のいずれかになります。

なお、「ステップかがやきカードローン」では写真付住基カードも本人確認書類として使用できます。「ステップかがやきカードローン」では、同行の返済口座用の普通預金の届出印が必要になります。

また、融資限度額の希望額が一定限度額を越えている場合には、収入証明書類が必要になります。

収入証明書類の例

個人の場合
・ 源泉徴収票か所得証明書
個人事業主
・ 確定申告書控え、納税証明書
法人役員
・ 所得証明書と法人の2期分の決算書

申込の際には、必要書類を提出できるように準備しておきたいですね。

北おおさか信用金庫カードローンの融資限度額

北おおさか信用金庫カードローンの融資限度額は、「ジャストカードローン」と「ステップかがやきカードローン」は500万円まで、「eしんきんカードローン」は300万円までとなっています。

各商品では、次のような金額コースに申込むことができます。

金額コース
コース ジャスト
ステップかがやき eしんきん
10・30・50・100万円
150万円 
200・300万円
400・500万円

北おおさか信用金庫カードローンの融資限度額は、信用金庫としては平均的だということができます。

北おおさか信用金庫カードローンの融資金利

北おおさか信用金庫カードローンでは、「eしんきんカードローン」の金利は融資限度額に関わらず10%です。「ジャストカードローン」と「ステップかがやきカードローン」は、限度額(極度額)が高くなるに従って、金利が下がります。

ジャストカードローンの限度額別の金利は次のようになっています。

金利表
限度額
金利
10~30万円
14.50%
50万円
12.50%
100万円
11.50%
150・200・300万円
8.50%
500万円
4.50%

北おおさか信用金庫カードローンは、銀行カードローン並みの低金利となっています。低金利のカードローンをお探しの方におすすめです。

北おおさか信用金庫カードローンの保証会社

北おおさか信用金庫カードローンは、無担保無保証人になっていますが、保証会社の保証が必要です。

保証会社一覧
商品名
保証会社
ジャストカードローン (株)ジェーシービー
ステップかがやきカードローン (株)オリエントコーポレーション
eしんきんカードローン 一般社団法人しんきん保証基金

通常の信用金庫の場合には、(社)しんきん保証基金のように信金中央金庫が100%出資した保証会社での保証になる場合が多いです。それに対して、「ジャストカードローン」や「ステップかがやきカードローン」ではクレジットカード会社が保証をおこなっています。

北おおさか信用金庫カードローンと大手カードローンはどこが違う?

北おおさか信用金庫のカードローン商品とメガバンク、ライバルの大阪シティ信用金庫との商品の違いは次のようになっています。

銀行・信用金庫のカードローンとの比較表
カードローン名
融資限度額
融資金利
保証会社
北おおさか信用金庫カードローン
500万円
14.5%
(社)しんきん保証基金、(株)ジェーシービー、(株)オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローン
800万円
14.5%
SMBCコンシューマーファイナンス(株)
みずほ銀行カードローン
800万円
14.0%
(株)オリエントコーポレーション
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
500万円
14.6%
アコム(株)
大阪シティ信用金庫カードローン
500万円
14.6%
(社)しんきん保証基金、(株)ジャックス

金利的にはメガバンクと変わりませんが、融資限度額はメガバンクと同等以下で、信用金庫としては平均的な金額です。

メガバンクの場合には営業エリアの制限はありませんが、信用金庫では法律上の問題で対象者が営業エリア内の方に限られます。

北おおさか信用金庫の最大のライバルである大阪シティ信用金庫は、大阪府内の信用金庫としては一番の信用金庫です。

北おおさか信用金庫と同じように3つのカードローン商品を持ち、限度額・金利ともに似ており、凌ぎを削っている状況といえます。

大阪シティ信用金庫は大阪中心部で、北部郊外の北おおさか信用金庫エリアから通勤している人が多くいるため、営業エリアは重複している部分があります。

大手消費者金融カードローンとの違い

大手消費者金融カードローンとの比較表
カードローン名
利用限度額
融資金利
即日融資
審査通過率
北おおさか信用金庫
500万円
14.5%
不可
低い
プロミス
500万円
17.8%
可能
高い
アコム
800万円
18.0%
可能
高い
アイフル
800万円
18.0%
可能
高い

北おおさか信用金庫カードローンは、大手の消費者金融に比べると、融資金利が3%ほど低いです。

銀行としてのステータスや金利の低さで銀行系カードローンを希望する方にはよい商品といえるでしょう。

ただし、金利が低いため審査は、より慎重におこなわれることが考えられます。

そのため、消費者金融系カードローンの審査通過率が40〜50%あるのに対して、北おおさか信用金庫カードローンはそれよりも低い可能性があります。

また、大手消費者金融系カードローンの場合には、即日融資も可能です。即日融資とは、申込をしたその日のうちに融資を受けることを指します。

金利が高くても、審査が緩くて即日融資ができるカードローンを希望したいという方は、消費者金融のカードローンをご検討ください。

下記は即日融資が可能な大手消費者金融です。

【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

北おおさか信用金庫カードローンにおける2つのメリット

北おおさか信用金庫カードローンのメリットは、以下のとおりです。

メリット

  • 金利が低い
  • パート・アルバイトでも申込OK

北おおさか信用金庫のカードローン商品群には、大手消費者金融系カードローンに比べると金利が低いというメリットがあります。最高金利は14%台で、銀行カードローン並みの低金利が魅力です。

また、「ジャストカードローン」以外の商品はパート・アルバイトでも申込OKという点もうれしいメリットです。

北おおさか信用金庫カードローンは、20歳以上65歳以下の方が申込対象であり、安定した収入があるパート・アルバイトの方も含まれます。

ただし、同金庫の営業エリアに住んでいるか、勤務している必要がある点に注意しましょう。

北おおさか信用金庫カードローンにおける2つのデメリット

北おおさか信用金庫カードローンのデメリットは、以下のとおりです。

デメリット

  • 営業エリアが限られている
  • 消費者金融より審査が厳しい傾向にある

北おおさか信用金庫カードローンを利用するためには、大阪府北部の茨木市を中心とした営業エリアに居住もしくは勤務している必要があります。関西地方にお住いの方でも、営業エリア外であれば申込対象から外れてしまいます。

また、北おおさか信用金庫カードローンは消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあります。

一般的に、消費者金融よりも銀行や信用金庫のほうが審査が厳しいと言われています。その代わりに、低金利でのサービス提供を実現しているのです。

北おおさか信用金庫カードローンに向いている人

以下のような人は、北おおさか信用金庫カードローンに向いている人です。

向いている人

  • 北おおさか信用金庫を利用している人
  • 低金利なカードローンを利用したい人

北おおさか信用金庫信用金庫に口座を持っており、普段から給与振込口座や公共料金などの引き落とし口座として活発に利用している方は、北おおさか信用金庫カードローンに向いている人です。

信用金庫としては、利用者の口座残高の動きから延滞などの兆候をつかみやすいため、自金庫の口座をよく使っている方は審査に通りやすい傾向にあります。住宅ローンなども利用していれば、優良顧客としてカードローン審査でも優遇される可能性があります。

また、低金利なカードローンを利用したい方にもおすすめです。北おおさか信用金庫カードローンの金利は最高でも14.5%で、大手消費者金融よりも格段に低い金利で借入をすることができます。

北おおさか信用金庫カードローンに向いていない人

以下のような人は、北おおさか信用金庫カードローンに向いていない人です。

向いていない人

  • 北おおさか信用金庫を利用していない人
  • 即日融資を希望する人

北おおさか信用金庫に口座がなかったり、口座があってもあまり動いていなかったりする場合には、審査が入念におこなわれる可能性が高いといえます。北おおさか信用金庫のATMを普段から利用していなければ、利便性が低くなるという側面もあります。

また、北おおさか信用金庫では即日融資を受けることができません。即日融資をご希望の方は、アコムアイフルプロミスなどの消費者金融カードローンがおすすめです。

【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

北おおさか信用金庫カードローンの申込みから審査までの流れ

北おおさか信用金庫カードローンの審査の流れや審査内容などについて、メイン商品である「ジャストカードローン」を中心にご説明します。

北おおさか信用金庫カードローンの申込方法は、インターネットや窓口で可能です。ここでは、インターネットでの申込を説明します。

インターネット上に必要な情報を入力をして申込むと、審査が始まります。申込から1~5日が経過すると、審査結果の連絡がきます。審査に通った方は、契約手続きに進みます。契約が済むとカードが作成され、簡易書留で郵送されます。

申込みから審査結果までは1~5日で完了するものの、実際のカードが送られてくるまではさらに1週間程度を想定しておく必要があります。なぜなら、カード作成と簡易書留郵便の期間が必要だからです。

北おおさか信用金庫カードローンの二重審査

以前の信用金庫は個人に対する無担保無保証人の融資をおこなっていなかったため、十分な審査ノウハウを持っていません。そのため、信用金庫では独自審査とは別に保証会社の保証が必要です。

北おおさか信用金庫カードローンの独自審査に加えて、保証会社による二重審査がおこなわれるということです。2つの審査を通過しなければ、北おおさか信用金庫カードローンで融資を受けることはできません。

信用金庫では、全国の信用金庫の総意により設立された2社が、各信用金庫のカードローンの保証を引き受けることがあります。「eしんきんカードローン」を保証する一般社団法人しんきん保証基金は、これに当たります。

もしくは、保証料が割高な大手消費者金融会社やクレジットカード会社に保証をお願いします。「ジャストカードローン」のジェーシービーや、「ステップかがやきカードローン」のオリエントコーポレーションはこれに当たります。

信用金庫独自の審査ノウハウの構築

信用金庫各社は、延滞による損失を極力避けられる審査ノウハウを構築しています。

北おおさか信用金庫の場合には、統廃合を繰り返してきたために、その信用金庫としての審査ノウハウが構築されていないようです。

そのために、利益率が低いにも関わらず、クレジットカード会社に保証を依頼せざるを得なくなっているのです。信用金庫独自の審査ノウハウの構築ができていないということは、保証に出す前の同金庫自体の審査も慎重になっていると予測することができます。

北おおさか信用金庫カードローンの保証審査

北おおさか信用金庫カードローンでは、クレジットカード会社と信金中央金庫系の保証会社が保証審査をおこないます。

大手消費者金融が保証会社となる場合は、高度なスコアリングシステムを用いた審査がおこなわれ、審査通過率が高い傾向にあります。

しかし、クレジットカード会社が保証会社となる場合には、スコアリングシステムが構築されていないことがほとんどです。そのため、社会属性を詳細に確認する必要があり、審査に時間がかかります。審査通過率も低い傾向にあると言われています。

北おおさか信用金庫カードローンの信用情報審査は厳しい

北おおさか信用金庫カードローンでは、下記のような審査がおこなわれます。

審査内容

  • 勤務先の在籍確認審査
  • 信用情報機関の個人情報による信用情報審査

在籍確認とは、申込時に申告した勤務先情報について、審査の際に職場に電話をかけて確認することです。

カードローン審査で一番重視されるのは、信用情報の審査です。他社でどれくらいの借入があり、延滞なく返済されているかの情報を確認します。

北おおさか信用金庫カードローンの審査でも、必ず申込んだ方の信用情報が照会されます。

信用金庫の信用情報審査が厳しい理由

銀行や信用金庫の信用情報審査は、大手消費者金融会社などに比べて厳しいと言われています。

信用情報審査が厳しい理由

  • 情報を取得できる信用情報機関が多いこと
  • 延滞に対する判断が厳しいこと

信用金庫の信用情報審査が厳しい理由として、第1に情報を取得できる信用情報機関が多いことが挙げられます。

信用情報機関一覧

  • 銀行業界のKSC(全国銀行信用情報センター)
  • クレジットカード業界のCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)
  • 消費者金融業界のJICC(日本信用情報機構)

信用金庫は、上記すべての信用情報機関に加盟して情報を照会することができます。しかし、消費者金融会社やクレジットカード会社はKSCに加盟することはできません。

したがって、北おおさか信用金庫では、消費者金融会社やクレジットカード会社よりも多くの信用情報を集めることができます。そのため、信用情報審査が厳しくなる傾向にあります。

信用金庫の信用情報審査が厳しい理由として、第2に延滞に対する判断が厳しいことが挙げられます。

消費者金融会社やクレジットカード会社では、短期延滞であれば多目に見てくれることもあります。しかし、信用金庫では、1度でも延滞があれば審査に通る可能性は低くなります。

信用情報機関に開示請求をすれば、自分の信用情報を確かめることも可能です。信用情報について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

北おおさか信用金庫カードローンには在籍確認がある

北おおさか信用金庫カードローンに限らず、カードローン審査では在籍確認がおこなわれます。

申込み希望者の中には、「会社に金融機関から電話されると、上司などにカードローン申込をしているとわかってしまうのでは?」と不安になる方もいるのではないでしょうか。

しかし、心配はいりません。なぜなら、在籍確認の電話においては、北おおさか信用金庫の審査担当者が個人名を名乗り、在籍確認であることを明かさずに連絡してくれるからです。

在籍確認についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事をあわせてご参照ください。

カードローンの在籍確認を徹底解説!職場や家族に秘密にするためのコツとは?
カードローンの申込みで多くの人が気になるのが、在籍確認でしょう。会社に電話連絡がきて、その電話によって周りの人にカードローンの利用がバレないか心配になるというものです。ここでは在籍確認の内容や回避する方法をわかりやすく解説します。

北おおさか信用金庫カードローンはATMから借入

北おおさか信用金庫カードローンでは、専用ローンカードを使って、同行のATMまたは提携先のATMからお金を引き出すことで借入が可能です。提携先ATMを利用の場合には、通常は108〜216円(税込)の利用手数料がかかります。

北おおさか信用金庫ATM以外で借入が可能なATMは、下記のとおりです。

借入可能なATMの提携先

  • MICSに加盟している金融機関
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行

銀行や信用金庫、労働金庫などのATMが網羅されている点がうれしいですね。

北おおさか信用金庫カードローンは引き落としかATMで返済

北おおさか信用金庫カードローンの返済は、3商品とも毎月10日に同行の返済用口座から自動引き落としになります。毎月の返済額は、残高に連動して返済額が決まっている残高変動定額リボルビング方式になります。残高ごとの返済額は次の通りです。

残高ごとの返済額(※)
残高
返済額
2千円未満
残額
2千円以上~10万円以下
2,000円
10万円超~30万円以下
5,000円
30万円超~50万円以下
10,000円
50万円超~100万円以下
20,000円
100万円超~200万円以下
30,000円
200万円超~300万円以下
40,000円
300万円超~400万円以下
50,000円
400万円超~500万円以下
60,000円
(※)「ステップかがやきカードローン」、「eしんきんカードローン」の場合です。「ジャストカードローン」の場合は、2千円以上10万円以下のときは2,000円、10万円超20万円以下のときは4,000円となり、20万円超のときは貸越残高が100,000円増えるごとに2,000円ずつ追加されます。

「eしんきんカードローン」の限度額は、最大300万円です。そのため、月々の返済額は最高でも40,000円となります。

ATMによる随時返済も可能

北おおさか信用金庫カードローンの返済は、毎月の定額返済以外にも、同行ATMや提携ATMでの随時返済も可能です。但し、返済の場合も利用手数料がかかります。随時返済をした場合も、毎月10日の約定返済額はそのまま引き落としが行われますので、注意が必要です。

ただ、繰上げ完済はATMではできません。2千円未満を残してATMから随時入金すれば、10日の定期返済日に完済になります。

北おおさか信用金庫ATM以外で返済が可能なATMは、下記のとおりです。

返済可能なATMの提携先

  • MICSに加盟している金融機関
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行

借入できるATMよりも返済できるATMが少ないカードローンもありますが、北おおさか信用金庫カードローンではすべてのATMで借入と返済が可能です。この点において、返済の利便性が高いカードローンだということができます。

北おおさか信用金庫"ジャストカードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • 当金庫の営業地区内に居住、又は事業所にお勤めの方向け
  • 限度額30万円〜500万円の7プランから選択可能
  • 貸越残高20万円以下なら月々4,000円の返済でOK
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 4.50〜14.50%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 10万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 100万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン 非対応 ローソン 非対応 ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応

北おおさか信用金庫カードローンまとめ

北おおさか信用金庫カードローンについて、商品概要やメリット・デメリット、審査の流れや借入・返済方法などについて詳しくご説明しました。

北おおさか信用金庫カードローンは、北おおさか信用金庫に口座を持っている方におすすめのカードローンです。北おおさか信用金庫の営業エリアにお住まいで低金利のカードローンを探している方は、北おおさか信用金庫カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事