更新日:

きらやか銀行カードローンのメリット・デメリットは?審査についても解説!

きらやか銀行カードローンのメリット・デメリットは?審査についても解説!

山形県山形市に本店を置くきらやか銀行では「きらやかWebカードローン」、「ドゥイット500」という2つのカードローンを用意しています。

今回はきらやか銀行カードローンのメリットやデメリット、審査など、様々な特徴を解説していきます。

大手カードローンとの違いを知りたい方も注目してみてください。

きらやか銀行カードローンと大手カードローンの違いを解説

きらやか銀行カードローンと大手カードローンを比較していきます。

消費者金融カードローンからはプロミス、アコム、アイフルの3社、銀行カードローンからはみずほ銀行、三井住友銀行、バンクイックの3社が比較対象です。

会社名・商品名 金利 限度額 最低返済額 提携ATM利用手数料
きらやかWebカードローン 固定金利11.00% 200万円まで 3,000円 有料
ドゥイット 4.80%~14.60% 500万円まで 10,000円 有料
プロミス 4.50%~17.80% 500万円まで 1,000円 有料
アコム 3.00%~18.00% 800万円まで 1,000円 有料
アイフル 3.00%~18.00% 800万円まで 4,000円 有料
みずほ銀行 2.00%~14.00% 800万円まで 10,000円 条件付きで月4回までコンビニATM時間外手数料無料
三井住友銀行 4.00%~14.50% 800万円まで 2,000円 提携コンビニATM無料
バンクイック 1.80%~14.60% 500万円まで 1,000円 提携コンビニATM無料

きらやか銀行の「きらやかWebカードローン」は大手消費者金融や大手銀行カードローンの最大金利より低めの設定です。

最高限度額は200万円となっており、大手消費者金融や大手銀行カードローンより低めとなります。

一方、「ドゥイット500」は大手銀行カードローンの最大金利とほぼ同じです。

最大限度額はアコムやアイフルといった消費者金融より低いですが、500万円もあれば充分と言えます。

「きらやかWebカードローン」の最低返済額は3,000円のため、月々余裕を持った返済が可能です。

「ドゥイット500」では最低返済額10,000円と高めの設定ですが、その分だけ早く完済できます。

「きらやかWebカードローン」「ドゥイット」、双方で提携ATM利用手数料が必要です。

三井住友銀行やバンクイックのように提携コンビニATM無料ではありません。

きらやか銀行カードローンのメリットとデメリットを紹介

きらやか銀行の「きらやかWebカードローン」には次のようなメリットがあります。

メリット
  • 希望の極度額を選べる
  • 一律固定金利11.00%
  • 取引条件付きで金利引き下げ
  • 自動融資機能が付いている

希望の極度額を選べる

「きらやかWebカードローン」では次の極度額を用意しています。

選べる極度額

  • 10万円
  • 30万円
  • 50万円
  • 100万円
  • 200万円

上記の極度額から希望のものを選べるのが、「きらやかWebカードローン」です。

生活費などで10万円必要な方は10万円の極度額、海外旅行などで30万円必要な方は30万円の極度額を選ぶと良いでしょう。

一律固定金利11.00%

「きらやかWebカードローン」では一律固定金利を採用しています。

変動金利の住宅ローンと違い、長期でも安心感のあるカードローンです。

金利が分かりやすいため、利息の計算も比較的容易となります。

取引条件付きで金利引き下げ

「きらやかWebカードローン」では次の当行取引条件を満たすと、金利引き下げの特典が受けられます。

取引条件

  • 給与振込や年金振込
  • 1件以上の公共料金引き落とし
  • カードローンを除く個人ローンの取引
  • 住宅ローンの取引
  • 定期預金の取引
  • 財形貯金の取引
  • きらやかUCカード、またはきらやかJCBカードの所有

上記の取引条件のうち、2件以下で年1.00%の金利引き下げ、3件以上で年2.00%の金利引き下げです。

年2.00%の金利引き下げが適用されると、固定金利11.00%→9.00%になります。

住宅ローンの取引条件を満たすのが無理という方でも、給与振込公共料金引き落とし定期預金といった取引条件なら比較的満たしやすいです。

自動融資機能が付いている

「きらやかWebカードローン」には自動融資機能が付いています。

公共料金などの支払が口座から引き落としされる際、口座に残高不足が生じていると不足分を自動的に融資するという機能です。

自動融資機能は、支払の遅延によるペナルティーの防止に役立ちます。

月々の引き落とし金額が多い方は、自動融資機能があると安心感が高まります。

「きらやかWebカードローン」に対し、きらやか銀行の「ドゥイット500」には次のようなメリットがあります。

メリット
  • 1,000円単位で借り入れできる
  • きらやか銀行の口座なしでも大丈夫

1,000円単位で借り入れできる

「ドゥイット500」では1,000円単位での借り入れが可能です。

借り入れが必要になった際、1,000円単位だと細かい金額に調整できます。

必要な分だけ借り入れしやすいため、利息分の軽減にも繋がるのが魅力です。

きらやか銀行の口座なしでも大丈夫

地方銀行のカードローンでは、返済用の口座は当行のみの場合があります。

当行の口座を持っていない時は、新規開設が必要になるため、手間と時間がかかるのです。

しかし、「ドゥイット500」ではきらやか銀行の口座なしでも大丈夫、新規口座開設する手間と時間もかかりません。

きらやか銀行の「きらやかWebカードローン」と「ドゥイット500」には次の共通メリットがあります。

共通のメリット
  • 資金使途自由
  • 郵送で契約できる
  • 月々の返済額が分かりやすい

資金使途自由

「きらやかWebカードローン」と「ドゥイット500」ともに資金使途は自由です。

生活費や趣味、旅費、冠婚葬祭費など、様々な目的で借り入れできます。

他社キャッシングやカードローンからの借り換えおまとめにも利用可能です。

ただし、「きらやかWebカードローン」と「ドゥイット500」ともに事業性資金の借り入れはできません。

法人・個人事業主の方の借り入れは、きらやか銀行の事業者向けローンを利用して下さい。

郵送で契約できる

「きらやかWebカードローン」と「ドゥイット500」では、郵送で契約できます。

きらやか銀行の店舗まで出かけて契約するといった手間はかかりません。

ただし、「きらやかWebカードローン」ではリトライサービスによる契約の場合、来店での契約が必要です。

リトライサービスは保証会社1社目の保証が受けられない場合、別の保証会社の保証が受けられるか審査するサービスとなります。

月々の返済額が分かりやすい

次のように「きらやかWebカードローン」では極度額に応じた返済額、「ドゥイット500」では借り入れ残高に応じた返済額が決まります。

「きらやかWebカードローン」
極度額 返済額
10万円 3,000円
30万円 5,000円
50万円 10,000円
100万円 20,000円
200万円 30,000円
「ドゥイット500」
借り入れ残高 返済額
1万円~50万円 10,000円
50万円~100万円 20,000円
100万円~200万円 30,000円
200万円~300万円 40,000円
300万円~400万円 50,000円
400万円~500万円 60,000円

上記のように月々の返済額が分かりやすいのが、きらやか銀行カードローンです。

「ドゥイット」で月々の返済額10,000円以上になると困る時は、50万円までの借り入れに抑えましょう。

ただし、きらやか銀行の「きらやかWebカードローン」には次のデメリットがあります。

デメリット
  • きらやか銀行の口座が必要
  • 62歳で契約終了

きらやか銀行の口座が必要

「ドゥイット500」と違い、「きらやかWebカードローン」ではきらやか銀行の口座が必要です。

既に開設済みの方は問題ありませんが、未開設の方は新規口座開設が必要になります。

カードローン口座の開設が完了次第、ローンカードが発送されることを事前に理解しておいて下さい。

62歳で契約終了

「きらやかWebカードローン」の年齢上限は62歳です。

62歳になると契約終了となり、新規借り入れが不可になります。

借り入れ残高がある場合は、一括返済が求められるため、60歳を過ぎてからの借り入れには注意してください。

「ドゥイット500」では年齢上限65歳となっています。

一方、「ドゥイット500」にあるデメリットは次の通りです。

ドゥイット500のデメリット
  • 低い極度額では金利が高め
  • 山形県と宮城県に居住している方だけ

低い極度額では金利が高め

「ドゥイット500」では、次のように極度額に応じた金利を設定しています。

極度額 金利
10万円~90万円 14.60%
100万円~190万円 12.00%
200万円~290万円 9.00%
300万円~390万円 8.00%
400万円~490万円 7.50%
500万円 4.80%

上記のように200万円~290万円以上の極度額では、年10.00%以下の低金利で借り入れできます。

しかし、10万円~90万円や100万円~190万円の極度額では金利が高めの設定です。

低めの極度額を希望する方は、一律固定金利11.00%の「きらやかWebカードローン」へ申し込みしたほうが良いでしょう。

山形県と宮城県に居住している方だけ

きらやか銀行の店舗は山形県113、宮城県9、秋田県3、福島県1、埼玉県1、東京都2、新潟県6あります。

しかし、「ドゥイット500」に申し込みできるのは、山形県と宮城県に居住している方だけです。

他の都道府県に居住している方は申し込みできません。

きらやか銀行の口座不要とはいえ、申し込みできる方が限られてしまいます。

きらやか銀行カードローンが向いている人と向いていない人を紹介

次にきらやか銀行カードローンが向いている人を紹介いたします。

向いている人
  • 地元の地方銀行から借り入れしたい人
  • 固定金利で借り入れしたい人(きらやかWebカードローン)
  • きらやか銀行との取引がある人
  • きらやか銀行の口座開設不要で借り入れしたい人(ドゥイット500)

いつも取引している地元の地方銀行であれば、知らない金融業者より安心感があるのが良い点です。

住宅ローンや教育ローンなど、他のローン商品が必要になっても、1つの地方銀行で済ませられます。

きらやか銀行であれば、2つの中から自分に向いているカードローンを選択可能です。

一方、きらやか銀行カードローンが向かないのは次の人です。

向いていない人
  • 当日中に振込して貰いたい人
  • ネットキャッシングを利用したい人
  • 山形県と宮城県以外に居住している人(ドゥイット500)
  • 70歳まで借り入れしたい人

きらやか銀行カードローンは、消費者金融のように当日中の振込はできません。

当日中に借り入れできないと困るという方は、他の消費者金融カードローンを選んだほうが良いです。

ネットキャッシングで自宅に居ながら借り入れしたい人にも向きませんので注意してください。

きらやか銀行カードローンの審査について

次からは、きらやか銀行カードローンの審査について詳しく解説していきます。

まずは「きらやかWebカードローン」、「ドゥイット500」それぞれの申し込み条件をご覧下さい。

「きらやかWebカードローン」

  • 年齢が20歳以上62歳未満の方
  • 勤続年数6か月以上の方
  • 前年度の年収が90万円以上の方
  • 保証会社(きらやかカード)の保証が受けられる方

「ドゥイット500」

  • 年齢が20歳以上65歳未満の方
  • 安定した収入がある方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証が受けられる方

「ドゥイット500」の申し込み条件には、勤続年数や前年度の年収といった記載はありません。

2つのカードローンで保証会社が異なる点にも注目してみてください。

「きらやかWebカードローン」の保証会社はきらやかカードですが、「ドゥイット500」ではSMBCコンシューマーファイナンスです。

きらやかカードはきらやか銀行の子会社で、きらやかUCカードやきらやかJCBカードなどのクレジットカードを扱っています。

一方、SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスでお馴染みの消費者金融です。

申し込み条件や保証会社を考えると、審査のハードルは「きらやかWebカードローン」より「ドゥイット500」のほうが低いと予測できます。

審査の流れ

きらやか銀行カードローンの審査の流れは次をご覧ください。

審査の流れ

  1. 申し込み
  2. 仮審査開始
  3. 仮審査結果の連絡
  4. 契約書類とカードの郵送
  5. 契約書類の必要事項に記入して返送
  6. 本審査開始
  7. きらやか銀行所定の手続き
  8. カードローン利用開始

仮審査と本審査に合格しないと、きらやか銀行カードローンの利用はできません。

仮審査に合格した後、本審査で落とされるケースは少ないものの、注意してください。

きらやか銀行、または保証会社の担当者より、勤務先に在籍確認の電話連絡が入ることがあります。

担当者個人名のため、申込者のプライバシーは守られますが、担当者はウソが言えないため、必ず会社の人に知られないという保証はありません。

きらやか銀行カードローンでは申込者に必要書類の提出を求めています。

必要書類は本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)、所得確認資料(源泉徴収票、住民税決定通知、所得証明書など)の2種類です。

正式に契約する時に必要になるため、事前に準備しておいて下さい。

きらやか銀行カードローンの借り入れ方法

きらやか銀行カードローンでは、ローンカードによるATMからの借り入れが可能です。

借り入れに利用できるATMは「きらやか銀行ATM」「全国の提携金融機関ATM」「セブン銀行ATM」となります。

借り入れ方法はATMだけのため、他の方法で借り入れしたい方は注意してください。

ポイントサービスで当行ATM時間外手数料無料

きらやか銀行ではポイントサービスを用意しています。

ステージに応じた特典が受けられるサービスとなっており、当行ATM時間外手数料が無料になります。

ステージの種類と獲得条件、手数料の関係は次をご覧ください。

ステージ 獲得条件 当行ATM時間外手数料
ステージ1 50ポイント以上 特典なし
ステージ2 75ポイント以上 平日無料
ステージ3 100ポイント以上 平日休日無料

ステージ2以上になると、当行ATM時間外手数料が無料になります。

ポイントサービスでは給与振込で40ポイント、公共料金の引き落とし1件あたり5ポイント、住宅ローンの利用で75ポイントなど、取引に応じたポイントが貯まります。

「きらやか銀行ATM」の時間外手数料を節約したい方は、ポイントサービスを上手に活用してみてください。

きらやか銀行カードローンの返済方法

きらやか銀行の「きらやかWebカードローン」には毎月定額返済随時返済の2つの返済方法があります。

毎月定額返済は毎月10日に口座より自動引き落としとなる返済方法です。

10日がお休みの場合は翌営業日に引き落としされます。

一方、ATMより任意の金額を返済するのが随時返済です。

随時返済は「きらやか銀行ATM」、「全国の提携金融機関ATM」、「セブン銀行ATM」にておこなえます。

「きらやかWebカードローン」と「ドゥイット500」では、返済方法が異なるために注意が必要です。

「ドゥイット500」の毎月返済は、15日にATMにて返済する方法となります。

自動引き落としではないため、返済するには自分からの行動が必要です。

15日をうっかり過ぎてしまうと、年14.6%の遅延損害金が発生してしまいます。

毎月返済は1日から15日の間に忘れずにおこなってください。

「きらやかWebカードローン」同様、「ドゥイット500」でもATMより随時返済が可能です。

毎月返済、随時返済に利用できるATMは「きらやか銀行ATM」、「山形銀行ATM」、「セブン銀行ATM」、「ゆうちょ銀行ATM」となります。

きらやか銀行カードローンのまとめ

今回はきらやか銀行の「きらやかWebカードローン」と「ドゥイット500」について解説してきました。

固定金利で安心なのが「きらやかWebカードローン」、きらやか銀行の口座不要で申し込みできるのが「ドゥイット500」です。

2つのカードローンともにインターネットで申し込みできます。

店舗まで出かけて申し込みするのが面倒な時は、きらやか銀行の公式サイトより申し込みしてみて下さい。

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

きらやか銀行カードローンの融資条件

融資額 貸付利率(実質年率) 遅延損害金(利率)
公式サイト参照 公式サイト参照 公式サイト参照
返済方式 返済期間・回数 担保・保証人
定額返済/随時返済 最長10年。300万円以下の場合7年以内。
返済期日 お申し込み資格 お試し審査
毎月10日 なし
必要書類
<本人確認書類> 運転免許書、健康保険被保険者書 <所得確認書類> 源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書

きらやか銀行カードローンの会社情報

商号株式会社きらやか銀行
本社所在地山形県山形市旅篭町三丁目2番3号
登録番号東北財務局長(登金)第15号
所属協会

関連記事