株式会社関西アーバン銀行の口コミ・評判

株式会社関西アーバン銀行を実際に利用された方々の口コミ・評判を紹介します。
口コミの収集方法や「PickUp口コミ」の選定基準については口コミ・評判一覧のページ下部に記載しています。
関西アーバン銀行"アーバンカードローン"のロゴ
総合評価
2.0
口コミ件数 : 1件

項目別の評価

重視した点

申込み方法

100店頭申込
インターネット0
口コミ:1件
2.0
男性 / 大阪府 / 50代 / 会社員 / 年収:800〜1,000万円未満
借入スピード 3 | 借入金利 2 | 借入限度額 4 | 借入のしやすさ 3 | 返済のしやすさ 2 | サービスの質 3 | スマホ利用 3
カードローンを借りた理由
他の消費者金融会社やクレジット等での借入もあり、小遣いの大半をこれらの返済にまわしていたので、生活費(日々の食費やたばこ代、ケータイ代等)が足りなくなって借入を申し込みました。まあ、他社での借入がいろいろありましたので、他社の返済にあてたとは言えなくもないですが、関西みらい銀行(旧関西アーバン銀行)のカードローンは日々の生活費にあてていました。

カードローンを利用した感想
審査については、私が関西みらい銀行(旧関西アーバン銀行)のカードローンを申し込んだのは10年以上前でしたので、現在のように即日審査といったスピード感のあるものではありませんでしたが、当時としても2営業日程度で審査結果が出るのは早いほうだと思います。金利については、契約当初は確か15.0%でしたので高いと思います。現在は12.475%に下がっていますが、それにしても住宅ローンなんかに比べとかなり高いと思います。返済については、関西みらい銀行(旧関西アーバン銀行)の自身の決済口座へ入金しに行かなければならないのですが、土曜日にATMから返済(入金)するのに、前まではATM手数料が無料でしたが、現在は有料(108円)となっています。もっとも、高額預金者等の銀行側の条件を満たせば無料になるみたいですが、カードローンを借りるような人間はそんな優遇を受けられるわけもなく、ハッキリ言って返済につては不便(不満)です。関西みらい銀行(旧関西アーバン銀行)のカードローンについて、銀行側の顧客対応は普通です。関西みらい銀行(旧関西アーバン銀行)のカードローンについて、独自のサービスは特に見当たりません。

借りる前の金利・利息の計算について
借りる前に、契約当初の金利が15.0%で高いなあってことは分かっていましたが、とにかく借り入れる、手元にお金が欲しいことが優先しており、実際の金利の支払いがどうなるかまではあまり気にしていませんでした。(本来は返済シュミレーション等で確認すべきだとはおもいますが)金利の計算方法は元利均等定額返済であることは認識していました。

返済日について
返済日を忘れたことはありません。返済日(引き落とし日)は毎月12日ですので、返済日を管理する工夫とまでは言えませんが、クレジットカードのショッピング利用代金の支払い日が毎月10日ですので、基本的には毎月10日か翌営業日の11日に関西みらい銀行(旧関西アーバン銀行)の決済口座に入金するようにしています。また、引き落としの1〜3営業日後には、キャッシュカードや通帳で引き落としの確認を必ず行うようにしています。

周りにバレないための工夫
私の妻は私に送付されてきた郵便物を勝手に開ける人間ではないので、3ヵ月ごとに銀行から送付(1月1日〜3月末締分を4月初旬送付、4月1日〜6月末締分を7月初旬送付、6月1日〜9月末締分を10月初旬送付、10月1日〜12月末締分を1月初旬送付)されてくるカードローンの利用残高と期間中の利用明細が記載されたハガキを、妻には少額の積立預金の残高明細のハガキということにして、中身を開けずに会社のカバンに入れて、出社途上の駅のごみ箱等に廃棄していました。

借入時に聞かれたこと
漢字氏名、かな氏名、年齢、生年月日、性別、自宅住所、自宅電話番号、勤務先名称、勤務先名称ふりがな、勤務先所在地、勤務先電話番号(代表、部署直通)、入社年月、勤続年数、所属部署、役職、勤務先での雇用状況(正社員・契約社員・役員等)、前年度年収、お住まい状況(賃貸・持ち家等)、家賃支払いの有無、住宅ローンの有無、住宅ローン借入残高、住宅ローンの毎月返済額、ボーナス返済額、無担保借入の残高金額と件数、
借入回数: 10回以上 | 申込み方法: 店頭申込 | 重視した点: 限度額 | 借入金額: 50〜100万円未満 | 借入金利(年): 12.475% | 審査までの時間: 2日 | 借入までの時間: 1週間以上 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 3年以上