更新日:

神奈川銀行のローンは豊富な商品展開が魅力!独自の特徴を他社商品と徹底比較してみた

神奈川銀行のローンは豊富な商品展開が魅力!独自の特徴を他社商品と徹底比較してみた

「ローンを利用したい」と考えたときに、どの銀行のローン商品を利用するか悩みますよね。「いつも利用している地方銀行もいいけれど、大手メガバンクのほうがローン商品の種類が充実してそうだな」と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、地方銀行のなかにも、ローン商品の種類が充実している銀行は存在します。なかでも神奈川銀行は、なんと合計で16種類ものローン商品を展開しており、自分のニーズに合ったローン商品を利用できることで評判です。

今回の記事では、そんな神奈川銀行が展開している16種類のローン商品の情報や選び方のコツ、とくに使い勝手がいいローン商品について紹介します。

(※)記事内の借入金利条件は2020年6月時点のものです。最新の情報は各社HPでご確認いただけます


どう選ぶ?神奈川銀行が展開する16種類のローン商品を一挙紹介

神奈川銀行が取り扱うローン商品は16種類。以下のようにカードローンから住宅ローンまで、さまざまな用途に合わせて用意されています。

暮らしのローン
ローンの種類 主な利用用途
新オートローン ・自動車・二輪車・自転車の購入資金(営業用は対象外)
・車検、修理資金
・自動車税、損害保険料、ガレージ、車庫の設置または建築資金
自動車運転免許取得資金
・自動車関連資金の借換資金
リフォームローン ・住宅に関するリフォーム資金
・住宅・マンション購入資金
・住宅関連資金の借換資金
・墓地、墓石購入資金
・空き家の解体資金
・リフォーム資金と住宅関連資金、自動車関連資金、学資資金の一本化資金
学資ローン ・入学金・授業料・寄付金等直接学校に納付する資金
・教科書・教材・パソコン等購入資金
・入学・在学に伴い必要な「就学支度」及び「仕送り」資金
・通学・海外留学・制服、受験等の教育にかかわる資金
・学資資金の借換資金
教育カードローン ・入学金・授業料・寄付金等直接学校に納付する資金
・教科書・教材・パソコン等購入資金
・入学・在学に伴い必要な「就学支度」及び「仕送り」資金
・通学・海外留学・制服、受験等の教育にかかわる資金
住宅ローン
ローンの種類 主な利用用途
住宅ローン「ベストセレクトプラス」 ・一戸建やマンション等の住宅購入資金
・住宅に関連する融資金の借り換え資金など
住宅金融支援機構買取型住宅ローン「フラット35」 ・日本国内における住宅の建設資金
・新築住宅若しくは中古住宅の購入資金
・現在返済中の住宅ローンの借換え
カードローン・フリーローン
ローンの種類 主な利用用途
住宅サポートカードローン ・自由(事業資金は除く)
マイサポート ・自由(事業資金は除く)
かなぎんプレミアムローン ・自由(事業資金は除く)
・おまとめも可能
かなぎんフリーローン ・自由(事業資金も含む)
・おまとめも可能
かなぎんスーパーローン ・自由(事業資金は除く)
・おまとめも可能
住宅ローン利用者向けフリーローン ・自由(事業資金は除く)
・おまとめも可能
住宅所有者フリーローン ・自由(事業資金は除く)
・おまとめも可能
かんそうしん保証付
かなぎんリバースモーゲージローン
・自由(事業資金・投機資金を除く)
フィナンシャルドゥ保証付
かなぎんリバースモーゲージローンⅡ
・自由(投資資金・投機資金を除く)
介護・多目的ローン <本人における次の資金>
・介護・医療関連資金
・健全な生活に関する消費性資金
・他債務の借り換え資金など
<親族(別居含む)における次の支援資金>
・介護・医療関連資金
・住宅購入(リフォーム含む)関連資金
・教育関連資金
・健全な生活に関する消費性資金
(※)参考:神奈川銀行公式サイト


こうして一覧として見ると、同じ利用用途のローン商品がいくつかあることに気が付いた方もいるかと思います。しかし、これは闇雲に似たようなローン商品を展開しているわけではありません。

実はそれぞれのローン商品は利用できる条件や金利、融資限度額などが異なります。神奈川銀行では利用者の細かいニーズに応えるために、ローン商品の内容を細分化しているのです。

状況別に見る!16種類のなかから自分に合ったローンを選ぶ方法

神奈川銀行では多くのローン商品を展開しているため、自分が求めている条件に合ったローン商品を見つけやすいのが魅力です。

しかし、なかには「16種類のなかから自分に合ったローン商品を見つけるのは大変…」と考える方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、自分の状況にマッチしたローン商品を選べば、選択肢は自ずと減っていきます。例えば「WEB完結で利用したい」という方はWEB完結に対応したローン商品を選別すれば、選択肢は限られてきますよね。

以下ではよくある状況別にマッチしたローン商品を紹介するので、ぜひ自分の状況に合ったローン商品はどれなのか確認してみてください。

WEBから申込みたい!

「ローン商品の申込みはやっぱり郵送や来店が1番」という方は少ないかと思います。できることならネットでささっと申込みを済ませて、空いた時間を有効に使いたいですよね。

神奈川銀行では、そんな方のためにWEBから申込めるタイプのローン商品を多数取り揃えているので、普段忙しい方でも安心。具体的には以下の12種類のローン商品が該当します。

WEBから申込めるローン商品

  • 新オートローン
  • リフォームローン
  • 学資ローン
  • 教育カードローン
  • 住宅サポートカードローン
  • マイサポート
  • かなぎんプレミアムローン
  • かなぎんフリーローン
  • かなぎんスーパーローン
  • 住宅ローン利用者向けフリーローン
  • 住宅所有者フリーローン
  • 介護・多目的ローン

上記のローン商品はすべてWEBからの申込みに対応しています。「申込む手間はなるべく減らしたい…」という方にとっては嬉しいポイントですね。

さらに、かなぎんプレミアムローン教育カードローンなら、WEBからの申込みに対応しているのはもちろん、契約や借入れなどの手続きをWEBで完結させることが可能です。

教育資金を借りたい!

子供が生まれてから大人になるまでにかかる費用は、最低でも約1,000万円かかるといわれています。いい学校に行かせたい、習い事をさせたいとなれば、さらに必要な費用は増えるでしょう。

「だけど家にはそんなにお金がない…」そんなときに頼れるのが教育ローンの存在。神奈川銀行では以下のように2種類の教育ローンを用意しています。

神奈川銀行の教育ローン

  • 学資ローン
  • 教育カードローン

ちなみに、利用限度額はどちらも1,000万円まで。子供が大人になるまでにかかる費用は最低でも約1,000万円といわれているので、神奈川銀行の教育ローンがあれば子供1人にかかるお金をすべてカバーできてしまうのです。

家の購入費用を借りたい!

人生で最大の買い物ともいえるのがマイホームの購入。大金持ちの方であれば、スーパーで買い物をするくらいの感覚で購入できるのかもしれませんが、多くの方はそうではないですよね。

しかし、神奈川銀行では以下の2種類の住宅ローンで、あなたの背中を押してくれます。

神奈川銀行の住宅ローン

  • 住宅ローン「ベストセレクトプラス」
  • 住宅金融支援機構買取型住宅ローン「フラット35」

なお、それぞれの融資限度額は、住宅金融支援機構買取型住宅ローン「フラット35」が最高8,000万円まで、住宅ローン「ベストセレクトプラス」では最高1億円までとなっています。

8,000万円〜1億円あれば、住宅価格が高いといわれている東京都内でも一戸建てを購入することが可能です。これなら、マイホーム購入も夢ではありません。

神奈川銀行のカードローンは低金利!他社の銀行と比較してみた

神奈川銀行は豊富なローン商品も魅力ですが、さらにもうひとつ大きな魅力があります。それが金利の低さです。

なかでも、使用用途自由なカードローンの金利は、他社の銀行カードローンと比べても圧倒的な低さ。実際に比較してみた結果が以下です。

大手カードローンの金利を比較するイラスト

このように、神奈川銀行のカードローンは、大手メガバンクを凌駕するほどの低金利を誇っています。毎月支払う利息は、あなたの財布に直接関わってくる部分なので、よりメリットを感じられることでしょう。

ちなみに、神奈川銀行で取り扱っているカードローンは以下の3つ。結婚や進学などのライフイベントや、万が一の出費をサポートしてくれる注目のカードローンです。

神奈川銀行のカードローン

  • マイサポート
  • 住宅サポートカードローン
  • 教育カードローン

以下では、上記の3つのカードローンについて詳しく紹介します。他社の銀行カードローンと比較しながら紹介するので、ローン商品選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

①さまざまな場面で利用可能な「マイサポート」

神奈川銀行の代表的なカードローンともいえるのが「マイサポート」。マイサポートは、神奈川銀行との取引がない方でも利用できるため、気軽に申込めるカードローンとして評判です。

申込むには、前年税込年収が180万円以上ある必要がありますが、月に15万円の給料をもらっていればクリアできる条件です。

「マイサポート」のスペックと他社の銀行カードローンとの比較

カードローンを利用するうえで大切なのが、金利や限度額。ではマイサポートはどんなスペックのカードローンなのでしょうか。他社の銀行カードローンと比較しながら見ていきましょう。

マイサポートと他社の銀行カードローンとの比較
カードローンの種類 金利 最低返済額 融資限度額
マイサポート 年7.311.3 10,000円
100万円まで
みずほ銀行カードローン 年2.014.0 2,000円 800万円まで
三井住友銀行のカードローン
年4.0%~14.5% 2,000円 800万円まで
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
年1.8%~14.6% 1,000円 10万円〜500万円

なお、カードローンの金利というのは、初めての利用なら基本的に最高金利が適用されます。そこで、マイサポート(100万円未満借入れの場合)の年11.3%と大手メガバンクの最高金利を比較してみましょう。

そうすると、金利の違いは一目瞭然ですね。しかも、神奈川銀行との取引状況によっては、金利が最大で年4.0%下がった状態で利用することができます。つまり、年7.3%の金利で利用できるということです。

また、融資限度額は100万円までと低めではありますが「100万円あれば十分」という方であれば問題ありません。ちょっとした出費を補填するためには十分な金額ではないでしょうか。

ちなみに、最低返済額は10,000円から。他社の銀行カードローンと比べるとやや高めに設定されているので、デメリットに感じる方もいるかもしれません。

とはいえ、最低返済額は高ければ高いほど早期返済をすることができます。早期返済することで発生する利息を抑えることができるため、実は結果的にお得になるのです。

②年6.0%の金利がうれしい「住宅サポートカードローン」

住宅サポートカードローン」は、神奈川銀行の住宅ローンを利用している方を対象としたカードローン。年6.0%という低金利が魅力です。

「神奈川銀行の住宅ローンを利用している」という条件を満たさないと申込みができないため、なかなか利用するハードルが高いカードローンではありますが、年6.0%の金利を考えると妥当な条件だといえるでしょう。

「住宅サポートカードローン」のスペックと他社の銀行カードローンとの比較

それでは、住宅サポートカードローンと他社の銀行カードローンのスペックを比較してみましょう。

住宅サポートカードローンと他社の銀行カードローンとの比較
カードローンの種類 金利 最低返済額 融資限度額
住宅サポートカードローン 年6.0 10,000円 200万円まで
みずほ銀行カードローン 年2.014.0 2,000円 800万円まで
三井住友銀行のカードローン 年4.0%~14.5% 2,000円 800万円まで
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 年1.8%~14.6% 1,000円 10万円〜500万円

他社銀行カードローンの最高金利はいずれも年14%台です。一方、住宅サポートカードローンは年6.0%。その差はなんと半分以上です。

これは、つまり利息が半額以上安くなるということ。限度額の差はあるにしても、利息が半額以上安くなるなら、利用しない手はありませんね。

また、最低返済額はマイサポートと同様に10,000円からとなっています。最低返済額が高ければ早期返済にも繋がるため、もともと少ない利息の負担をさらに減らすことも可能です。

③最大1,000万円まで融資可能な「教育カードローン」

「入学費用が高い」、「留学させてあげたいけれどお金がない…」こんな悩みを解決してくれるのが、神奈川銀行の「教育カードローン」です。

最大1,000万円まで融資可能なので、お子さんの教育費用にかかるほとんどの出費はカバーすることができます。しかも、在学期間中は利息のみの返済でいいので、返済の負担がほとんどありません。

また、パートやアルバイト、派遣社員、個人事業主の方でも利用可能、さらにWEB完結が可能と利用するハードルは低め。対象となる方も多く、もう教育費用に悩む必要はないですね。

「教育カードローン」のスペックと他社の教育ローンとの比較

神奈川銀行の教育カードローンは、他社の教育ローンと比べるとお得なのでしょうか。実際に比較してみました。

教育カードローンと他社の教育ローンとの比較
教育ローンの種類 金利 WEB完結 融資限度額
教育カードローン 年2.553.41%(固定金利)(※) 可能 1,000万円
みずほ銀行教育ローン 年3.475%(インターネットからの申込みで年2.975%の変動金利が適用されるキャンペーンあり) 不可 300万円
りそな銀行教育ローン 年4.475%(店頭表示金利) 不可 500万円
三井住友銀行の教育ローン(無担保型) 年3.475%(変動金利) 不可 300万円
(※)2020年6月時点。最新の金利はHPで確認できます


他社の教育ローンと比べると金利は平均的ですが、借入時から全期間固定金利でずっと変わらない安心感があります。また、融資限度額は教育カードローンがズバ抜けて高いです。

大手メガバンクのみずほ銀行と比べてもその差はなんと3倍以上。神奈川銀行がいかにローン商品に力を入れているかが分かります。

また、他社の教育ローンは契約時に来店や郵送手続きが必要になるのですが、その一方で教育カードローンはWEB完結に対応。普段忙しくて時間がとりにくい方にとっては、かなり大きなメリットになるのではないでしょうか。

目的に応じて神奈川銀行のローン商品をお得に活用しよう!

今回の記事では主に3つのカードローンを紹介しましたが、このほかにも「新オートローン」や「リフォームローン」、「リバースモーゲージローン」など、神奈川銀行には変化するライフステージに対応できる充実のローン商品が勢ぞろいです。

16種類もローン商品があるのですから、あなたの目的に合ったローン商品もきっと見つかるはずでしょう。ぜひ自分に適したローン商品を選んで、あなたの豊かな暮らしに役立ててくださいね。

<参考>
神奈川銀行公式サイト

作曲・編曲などの仕事を経て、専業ライターに。音楽系の記事が得意と思われがちですが、金融・ビジネスに関するテーマが一番得意です。自身が経済的に苦労した経験を活かし、誰よりも分かりやすくお金の知識をお届けします。他にもプログラミング、webデザイン、VODなど様々なジャンルの記事を執筆しています。趣味はプログラミング・アニメ・旅行・ギターの演奏・ミルクティーの飲み比べ。投資にも興味があり、お金の上手な使い方を勉強中です。

谷本 健の執筆記事・プロフィール一覧へ