更新日:

総量規制対象外のカードローンをご紹介!審査の注意点や除外・例外貸付についても解説

総量規制対象外のカードローンをご紹介!審査の注意点や除外・例外貸付についても解説

年収の3分の1を超える借入れを制限する総量規制。カードローンを利用している方のなかには、この規制の対象外となるカードローンを探していらっしゃる方もいると思います。

銀行カードローンは銀行法に基づいているため、総量規制の対象外となっています。また、おまとめローンや自動車ローンなど、年収の3分の1以下での借入れが難しい、もしくは規制範囲として適切ではない貸付は「例外貸付」「除外貸付」として総量規制の影響を受けません。

この記事では、そうした総量規制の対象外・例外・除外扱いとなるカードローンの紹介や、総量規制を超えたの借入れをしたいときに気をつけるポイントを解説します。

消費者金融には総量規制対象外のカードローンがあるのか?

カードローンのなかには総量規制に関わらず借入れ可能なローン商品があります。

総量規制
とは貸金業者からの借入金額を年収の3分の1までに制限する規制であり、貸金業法と呼ばれる法律によって定められています。総量規制は、借入上限金額を年収の3分の1までに定めることで、多重債務を防止する役割があります。

総量規制が制定されるまでは、貸金業者が高金利の貸付をおこなっており、返済に苦しむ利用者が増え続けていました。借入件数や借入残高が増えてしまった結果、最終的には自己破産の選択肢をとる人もいたのです。

そうした事情をふまえ、現在消費者金融には総量規制が適用されていますが、なかには年収の3分の1を超える借入れができる商品も存在します。それが、今回ご紹介する「除外貸付」と「例外貸付」です。

ここからは、消費者金融に課せられている総量規制から除外される貸付、例外となる貸付の概要と、該当するローン商品についてご紹介します。

除外貸付となる借入れ

除外貸付に該当するローン商品は総量規制の影響を受けません。つまり、年収の3分の1を超えた借入れができるのです。

たとえば、年収300万円の人が100万円の借入れをしていても、除外貸付に該当するローン商品であれば新たに融資を受けることも可能です。また、除外貸付の返済している途中でも、貸金業者からの借り入れがなければ、年収の3分の1までは新たな借入れができます。

除外貸付による借入れは総量規制における借入残高として計算されないため、その後の借入れに影響を与えないことが特徴です。

除外貸付となる主な例

  1. 自動車ローン
  2. 住宅ローン
  3. 高額な医療費を支払うための借入れ
  4. 不動産を担保にする借入れ
  5. 有価証券を担保にする借入れ

除外貸付に分類されるローン商品は、貸付金額が高額であり、そもそも年収の3分の1を基準にすることが適切ではないことから、総量規制から除外されています。

また、除外貸付は誰でも簡単に借入れができるわけではなく、個人の返済能力や過去の利用実績をもとに審査されます。さらにカードローンと同じく、返済を滞納することがあれば信用情報に金融事故として記録されてしまいます。利用する際には計画的な返済プランを立てておくことが重要です。

例外貸付となる借入れ

例外貸付に該当するローン商品は総量規制対象になります。

そのため例外貸付は利用者の利益の保護に支障がでないようにする貸付に限り適用されます。

返済能力ありと審査で認められれば、例外貸付での借入れは可能ですが、借入金は借入残高として計算されるので、借入残高が総量規制の基準を超えた場合、「例外貸付」以外の借入れができなくなります。

つまり、例外貸付で借入れをおこなった場合、年収の3分の1の金額まで返済をしないと新たな借入れはできません。

例外貸付となる主な例

  1. 消費者金融のおまとめローン
  2. 個人事業主への貸付
  3. 緊急の医療費を支払うための借入れ
  4. 銀行から融資を受けるまでの必要なつなぎ資金
  5. 配偶者とあわせた年収3分の1以下の貸付(配偶者の同意が必要)

例外貸付は高額な医療費の支払いや、事業におけるつなぎ融資としても活用できます。例外貸付は除外貸付よりも融資スピードが比較的早いので、緊急性を要する借入れに適しています。

銀行カードローンは総量規制対象外だが審査が厳しい

カードローンのなかには銀行が展開している商品もあります。銀行カードローンは消費者金融とは異なり、総量規制の対象外の商品です。総量規制の影響を受けないので、大手消費者金融よりも高額な借入れができることが魅力ですが、対象外であると同時に返済能力を厳しく審査されます。

貸金業者や銀行は、お金を貸したときに発生する利息で利益を出しています。つまり、お金を貸した相手から返済がなければ成り立たないので、貸付をする前に「返済できる人物なのか? 」という厳しい審査がおこなわれます。これは総量規制の対象外であっても同じなのです。

実際に銀行カードローンへ申込んだ方からは、下記のような口コミがマネ会に寄せられています。

(30代 / 女性 / プロミスを利用 / 個人事業主・自営業 / 年収200万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

銀行でのカードローン審査で落ちてしまい、最終手段として私のような状況でも借りやすいと聞いたプロミスでの借入を決めました。

以上のように、消費者金融で借りることができる方でも銀行カードローンの審査には通らないケースがあるようです。

総量規制の対象外となる銀行カードローンですが、利用者が多重債務による返済苦に陥ることがないよう、厳しい独自審査基準を設け、返済できる範囲での借入れ申込みなのかをチェックしています。銀行カードローンの審査基準について詳しく知りたい方は、下の記事もチェックしてみてください。

銀行カードローンの審査は通りやすい?消費者金融との違いを徹底比較

銀行カードローンが設ける独自審査基準

前述のとおり、銀行カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制の対象外となります。

つまり、大手消費者金融のように借入金額は年収の3分の1までという規制は法律では定められていません。

しかし、一般社団法人全国銀行協会によると、多重債務発生の抑制や顧客保護の観点から、顧客の信用情報に基づいた慎重な審査と貸付をすると述べています。

個人の年収に対する借入額の比率を1/3以内に制限する総量規制の効果として、多重債務の発生が一定程度に抑制されている状況等を踏まえ、銀行カードローンにおいても、個人の年収に対する借入額の比率を意識した代弁率のコントロール等を行うべく信用保証会社と審査方針等を協議するよう努める。

総量規制の対象外となるものの、貸金業法に総量規制が設けられている意味をふまえ、自主的に貸付を年収3分の1までに抑えているのです。

また、返済能力を超えた借入れをしないように、50万円超の借入れをする場合や、銀行が必要と判断した場合には収入証明書の提出を義務付けています。

専門家からのコメント

青野泰弘
青野 泰弘

銀行のカードローンは総量規制の対象外ですが、借入額が無限になるわけではありません。

年収の3分の1を超えるような借り入れについては、自主的な規制の対象です。

また銀行ローンの審査の方が消費者金融よりも厳しくなっていますので、借入額が貸金業者より少なくなることもあります。総量規制の対象外だからといって、簡単に借りられるわけではないので注意しましょう。

フリーローンは完済するまで新たな借入れができない

フリーローンとは銀行が提供している資金の使用目的を問わないローンであり、総量規制の対象外となる商品のひとつです。フリーローンは有担保と無担保の借入れがあることが特徴です。

フリーローンでは、事業目的やローンの借り換え、自動車ローンや住宅ローンのような目的別ローンと同じ用途の借入れは認められていない場合があります。また、フリーローンは現在借りている金額を完済するまで新たな借入れができないのも特徴です。たとえば、限度額30万円のうち、20万円を借りている場合は、20万円を完済するまでは新たな借入れはできません。

同じ対象外であってもその商品内容に差があるカードローンとフリーローン。それぞれの違いや特徴について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

フリーローンはカードローンに負けず劣らずの便利なローンです!

おまとめローンは総量規制の例外貸付である

消費者金融が提供するおまとめローンは総量規制の例外貸付のひとつです。

おまとめローンとは、複数の借入れを1つにまとめることができる商品であり、多重債務の負担を軽減させる役割があります。

たとえば、複数社から借入れをしている場合、それぞれの貸金業者に対して利子を含めた金額を返済する必要があります。

借入件数が増えてしまったときは、少しでも返済の負担を軽くするためにおまとめローンによって返済先を整理することがおすすめです。

おまとめローンのメリット
  • 複数社から借入れをしている場合は、返済先が1社になるので、返済の手間が省ける。
  • 多額の借入れがある場合は他社よりも低金利で借入れができる。

基本的には借入額が多くなるほど金利が低くなるので、おまとめローンを利用することで毎月の返済額も少なくなる可能性もあります。

実際におまとめローンを利用している方からも、下記のような口コミがマネ会に寄せられています。

(20代 / 男性 / プロミスのおまとめローンを利用 / 会社員 / 年収600〜800万円 / 借入金額100〜300万円未満)

金利は通常18%でしたので、最初はその金利でしたが、途中おまとめローンに切り替えましたので、現在は14.5%で利用させて頂いております。

(20代 / 女性 / アコムのおまとめローンを利用 / 会社員 / 年収200〜400万円 / 借入金額10万円以下)

おまとめローンに入って、無理なく返済できるようなサービスを受けさせてもらいました。

専門家からのコメント

青野泰弘
青野 泰弘

おまとめローンを借りる際に注意する点がいくつかあります。

まず、月々の返済額がまとめる前より少なくなることを確認しましょう。まとめる金額によっては借り入れ金利が変わらず、返済額が減らない場合もあります。

また、まとめることで、返済総額は増える可能性があります。

ある程度返済が進んで、残債の少ない借り入れをまとめると、返済期間が延びることで返済総額が増えることもあるので、注意が必要です。

総量規制を超えた借入れをしたい方が気をつけること

総量規制を超えた金額の借入れをしたいと考えている人は多いと思いますが、借入れにあたって注意すべきこと、心に留めておくべきことがあります。ここからは、そうした借入れをするうえで気をつけるべきポイントを解説していきます。

総量規制は利用者を守る法律なので、総量規制の例外・除外貸付や対象外となる商品を用いて、個人の返済能力を大幅に越えた借入れをおこなった場合、返済不能になる可能性が高くなります。

また、審査に何回も落ちている方を狙った悪徳業者も存在します。目先のお金に踊らされないように下記のポイントをおさえておきましょう。

他社借入件数や借入総額でウソをついてもバレる

申込みをするときに、他社からの借入件数や借入残高を少なく記載すると、嘘がバレるだけではなく審査に落ちてしまいます。

申込者の過去の利用履歴は信用情報機関に記録されています。貸金業者や銀行は、申込み内容をもとに信用情報の照会をおこなうので、虚偽の記載であるとすぐに発覚します。

また、年収をごまかしたり、無職なのにもかかわらず架空の勤務先を記載したりする行為も審査に落ちる原因となります。

審査結果にかかわらず、申込みをした記録も信用情報機関に登録されます。短期間で何回も審査に落ちた記録がある場合、審査において不利にはたらく可能性もあるので注意しましょう。

「総量規制を超えて借りることができる」と宣伝する貸金業者は闇金の可能性がある

「高額融資できます」「誰でも審査に通ります」という宣伝をしている貸金業者は闇金の可能性が高いので注意してください。

登録している貸金業者の場合、総量規制に基づいて年収の3分の1を超えての貸付は禁止されています。総量規制を無視した融資をおこなった場合、罰則を課せられるのです。

「今すぐにまとまったお金がほしい」と、闇金や悪徳業者からお金を借りてしまった場合、元金がなかなか返済できないほどの高金利を設定されたり、違法な取り立て被害を受けたりする可能性もあります。

「借入件数が多いから、一括返済をしたい」「審査に通らなくて焦っている」と、焦りを感じても闇金には手を出さないようにしましょう。

カードローンの返済がどうしても厳しい場合には債務整理も検討する

「おまとめローンや借り換えローンを利用できないから完済をする手段がない」、「返済を滞納している」という問題を抱えている場合は、任意整理や自己破産などの債務整理という手段もあります。

債務整理の種類

  • 任意整理
  • 過払い金請求
  • 個人再生
  • 自己破産

自己破産は裁判所に破産申立書を提出して、すべての借金を失くすという手続きです。債務者の負債額や収入、資産状況などを踏まえて支払不能と判断された場合に自己破産が成立します。

支払い不能と判断されても、借入れの原因がギャンブルや浪費であった場合は自己破産が許可されないこともあります。

また、債務整理をおこなうと信用情報機関に金融事故を起こした人物であると記録されてしまいます。

金融事故を起こしている場合、いわゆるブラックリスト入りと判断されるので、5〜10年間はクレジットカードの発行や賃貸契約などが結べなくなります。

自己破産は負債を帳消しにできるという特徴はありますが、将来的に考えると生活に支障をきたす可能性が高いので、債務整理を選択する前に「おまとめローン」や「借り換えローン」の利用を検討しましょう。

総量規制対象外や例外・除外貸付となるカードローンまとめ

おまとめローンや自動車ローンのような商品は、総量規制の除外貸付や例外貸付にあたり、規制の影響を受けません。また、銀行カードローンは総量規制の対象外となっています。

総量規制対象外となる銀行カードローンは、大手消費者金融と比べて高額な借入れもできますが、返済能力を厳しく審査されます。対象外ではあっても、総量規制に沿った厳しい審査基準を設けています。

また、総量規制の範囲を超えて借りることができる、対象外であると宣伝している貸金業者には、闇金のような悪徳業者が潜んでいる可能性が高いので、注意が必要です。

目先のお金に踊らされずに金利や返済プランなどをしっかりと考えて、きちんと計画をして借り入れをおこないましょう。

<参考>
一般社団法人全国銀行協会 銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ

専門家からのコメント

青野泰弘
青野 泰弘

借り入れをする際には、常に総量規制を意識しましょう。まずは総量規制の対象とならない借り入れを優先します。

銀行のカードローンや除外貸付などが総量規制の対象外ですので、状況に応じて適切な商品で借り入れをおこなうようにして、総量規制の枠を残すようにしましょう。

また例外貸付は、本当に困ったときなどの頼みの綱と考えてください。それぞれのローンの特徴を理解して、返済に困らないような借り入れをしましょう。

1964年静岡県生まれ。同志社大学法学部卒業後、国際証券に入社。その後トヨタファイナンシャルサービス証券、コスモ証券などで債券の引き受けやデリバティブ商品の組成などに従事した。2012年にFPおよび行政書士として独立。相続、遺言や海外投資などの分野に強みを持つ。2017年 日本FP協会 「くらしとお金の相談室相談員」 2018年 日本FP協会 「広報スタッフ」

青野 泰弘の監修記事・プロフィール一覧へ

健康運動実践指導者・サッカー指導者として活動後、「人生を変えられる情報を提供したい」という想いからライターに転職。クレジットカードやカードローンなどの金融系の記事はもちろんのこと、商品レビューや自らの経験を活かしたフィットネス関係の記事も執筆している。趣味は映像制作と温泉旅行。アメリカンエキスプレス・プラチナカードを保有しており、特典を使って高級ホテルに宿泊するのが大好き。最近はコストパフォーマンスを重視しており、楽天カードを愛用している。

じゃりの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事