更新日:

ブラックでもカードローン審査を通過できる? 過去にブラックだった場合も併せて解説

ブラックでもカードローン審査を通過できる? 過去にブラックだった場合も併せて解説

ブラックの人がどうしてもお金を必要とするとき、どうすればいいのでしょうか。

カードローンを利用したくても、審査に通過するのは難しいということは知っている人も多いでしょう。しかし一方で、「ブラックでも借入れができた」という口コミを見ることもあるため、何が本当かどうかわからないという人もいます。

そこで、ブラックの人はカードローンを利用できるのか、元ブラックでもカードローンの利用はできないのかなど、詳しく解説していきます。ブラックとはどのような状態なのか、そしてブラックでも審査にとおったとはどういうことなのかも解説するのでぜひ参考にしてください。

ブラックの人はカードローンの審査を通過できない

ブラックの人がカードローンに限らず、審査にとおり融資を受けることは、できないといわれています。これは、ブラックの人はきちんと返済が可能かどうか、疑問視されているためです。

そこで、ブラックの人がカードローンの審査に通過できない理由や、ブラックとはどのような状態を指すのか、またブラックでも審査に通過できたとはどういうことなのか、お話していきましょう。

ブラックの人がカードローンの審査を通過できない理由とは?

世間でいわれているブラックとは「金融機関のブラックリスト入りした人」のことです。そして「ブラックリスト入り」とは、「信用情報に問題があることによって、返済に関しての信用が低いと判断されてしまっている人」のことを指します。

まずは、ブラックリスト入りに大きく関係する信用情報についてお話します。

現在、信用情報機関は次の表にある3社となっており、それぞれに銀行や消費者金融、クレジットカード会社などが登録し利用履歴を残しています。

信用情報機関と登録内容
信用情報機関 登録されている情報の内容
株式会社シー・アイ―・シー(CIC) 主にクレジットカードの利用や、信販系(割賦払いなど)の記録
株式会社日本信用情報機構(JICC) 主に消費者金融など貸金業者の利用記録
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 主に銀行、信用金庫、農協など金融機関の各種ローンの利用記録

上記の信用情報機関は、それぞれに登録されている異動情報を共有しています。

たとえば、カードローンの返済が滞りJICCに「延滞」情報が登録されたとします。この場合、CICに加入しているクレジットカードや銀行と取引をしようとしても、JICCとの情報が共有されているため、審査に影響が出る可能性があるということです。

カードローンに限らずクレジットカードなども、審査には申込み内容のほかに信用情報も確認し結果を出します。お金を貸す側としては、貸し倒れのリスクは軽減したいところなので、お金を貸しても返済できるのかどうか、疑わしい人には融資することができません。

そのため、3つの信用情報機関のうち1つでも異動情報があると、情報の共有によりブラックの状態だと判断されてしまい、審査に通らないのです。

ただ、実際にブラックリストがあるわけではないため、あくまでもブラックリスト入りとは、異動情報など信用情報に問題がある人のことと認識しておきましょう。

「ブラックでも借りられる」の甘い誘いは要注意!

「ブラックの人も安心してください」などといったフレーズの広告を、目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

お金に困っているのに融資を受けられないといった弱みに付け込んで、「ブラックでも借りられる」という甘い言葉で誘い込む業者もいるので要注意です。

なかには藁をもつかむ思いで、甘い言葉を信じてしまう人もいますが、「ブラックでも借りられます!」、「審査不要です!」などといった言葉を掲げる業者は、悪徳業者であるケースがほとんどです。

金融庁や貸金業者として登録している正規の会社であれば、審査なしに融資をおこなうということはまずありません。

自分の身を守るためにも、甘い言葉には裏があると思って甘い誘いには乗らないようにしてください。

「ブラックでも消費者金融から融資を受けられた」は本当?

では、「ブラックでも消費者金融から融資を受けることができた」という話はどういうことなのでしょうか。

ブラックの人が、融資を受けることができないというのは先述のとおりです。しかし、なかにはブラックでも借入れができたという口コミも数多くあります。

その理由として、こうした口コミを投稿している人が申込んだ先が悪徳業者である、もしくはそもそもブラックではないという可能性があります。

ブラックになると、「あなたはブラックです」という通知が来るわけではありません。そのため、自分がブラックだと思っていても実は違う、という方もいらっしゃるのです。「ブラックでも審査に通過した」という口コミは、そうした方が審査に申込み、融資をうけられたことを投稿している可能性があります。

もしくは、ブラックの状態ではあったものの、時間が経ちブラック状態が解除されたという可能性も考えられます。

自分がブラックかどうか、不安に思う方は一度信用情報を確認してみるのもおすすめです。

いつの間にかブラック⁈ブラックになる理由とは?

審査を受けても受けても落ちるので、そこで初めて「ブラックでは?」と疑い、信用情報を開示する人も少なくありません。

しかし、信用情報にブラックだと明確なマークがついているわけではないため、どうしてブラックになってしまったのか判断できない人もいます。

では、ブラックとはいったいどういった状態であることをいうのでしょうか。信用情報にどう記載されているのかなど、詳しく解説していきます。

ブラックとは「異動情報」が信用情報機関に登録されること

先述したように信用情報に「異動情報」が登録されている状態の人のことを「ブラック」と呼びますが、「異動情報」とは一体どんなものなのでしょうか。

異動情報とは、「返済が長期間遅れた」、「債務整理をおこなった」などといった、「金融事故」といわれる事態が発生したことを示す情報です。この異動情報が登録された場合、ブラックと判断されるため、融資を受けることができません。

では、どういった内容が異動情報として登録されてしまうのでしょうか。

異動情報とされる種類とその内容
異動情報の種類 内容
債務整理 任意整理・個人再生・自己破産などといった債務整理をおこなった記録
代弁返済 返済ができない場合、保証会社もしくは保証人が、借りた本人に代わって代理返済をした記録
延滞 返済日までに返済がされず、3ヶ月程度遅れた記録
強制解約 契約者の信用が低下したことにより、ローン会社などから強制的に解約をされた情報の記録

異動情報の内容を見てもわかるように、ブラックは返済に関わる記録が、異動情報として登録された人であることが多いです。そのため、ブラックである人は返済能力が低いと判断されてもおかしくありません。

そのことからも、信用情報の記録のなかでも、返済に関した内容が審査において重要視されていることがわかるでしょう。

とくにブラックになりやすいのが「延滞」

異動情報のなかでも、債務整理をした人がブラックになるというイメージを持っている人は多いです。そして、自分はブラックであると自覚があるのも、債務整理や代弁返済をしたという人でしょう。

しかし、支払いが遅れることで発生する異動情報である「延滞」は、自覚が薄い人が多いため、なかには気づかぬうちにブラックになっていたという人もいます。

その理由としては、延滞の対象と期間にあります。「延滞」はカードローンやクレジットカードの返済だけではなく、以下のものも対象になります。

信用情報の延滞扱いになる主な支払い

  • カードローン・クレジットカードのキャッシング
  • クレジットカードのショッピング枠
  • スマートフォン、携帯電話本体代金の割賦契約
  • 住宅ローンなど目的別ローン
  • 奨学金

信用情報機関にもよりますが、延滞はスマートフォンの割賦払いや、住宅ローン、自動車ローンなどの返済も含まれます。

カードローンやクレジットカードの返済は滞りなくおこなっていても、スマートフォンの本体代金を支払っていなかった場合など、異動情報として登録されます。そのため、思わぬうちにブラックリスト入りしてしまっていたというケースは少なくないのです。

また、延滞といっても1日延滞しただけでは、異動情報の登録(=ブラックリスト入り)はされません。目安としては、返済を61日以上延滞した場合に、異動情報として登録されるので覚えておきましょう。

では、ここで返済の滞納が原因と思われる審査落ちを経験した方や、後に後悔することになった人の口コミを見てみましょう。延滞は、「返済日を忘れてしまうことによりいつの間にか起きていた」ということもあります。

しかし、一度異動情報として登録されてしまうと、債務整理などと同じように金融事故なのです。

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収200~400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

借金で首が回らなくなっていた私は、実はほかの銀行にもカードローンを申し込んでいました。でも、審査で落とされることが多かったのです。

返済日を忘れたことは、今のところありません。

数日返済が遅れて催促の電話がかかってきて入金するという経験を何度かしていることと、もうこれ以上、今の借金状態を見るとほかの銀行で新しくローンを申し込むことはできないということを考えると、これ以上遅延は許されないと思うからです。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

返済日に関して 返済日を過ぎてしまった事は何回もあります。(単純な返済日忘れ、返済費用が無くそのまま連絡しないなど)

当時は返済日を過ぎても、当日や翌日には特に連絡は来ず、翌々日位に電話で連絡が来るような形でした。

 その時は返済が遅れても大したことないだろうと簡単な考えではありましたが、数年後には毎月最低返済金額でもいいから返済しておけば良かったと思っています。

連続申込みもブラックになる可能性がある

「延滞」や「債務整理」などの金融事故を起こしていないのに、ブラック扱いになってしまう原因としては、「連続申込み」があります。

連続申込みでブラックになることを「申込みブラック」といい、短い期間で複数の会社に申込みの申請をしている状態をいいます。

カードローンに申込んだという事実は、信用情報に登録されます。そのため、短期間で複数社に申込んでいる状況を、ローン会社としてもすぐに把握できてしまうのです。

複数社に申込むという行為は、お金に相当困っているという印象を与えてしまいやすく、その結果、返済をきちんとできるのか疑われてしまいます。

申込んだ記録は、半年間信用情報に登録されています。申込みブラックで審査に落ちてしまうようであれば、半年経ち登録が消えてから申込むようにしましょう。

複数社に続けて申込む人は、審査に不安を感じていたり、すでに審査に通らなかったといった人が多いのではないでしょうか。審査に不安を感じる場合は、カードローン各社のシミュレーションを利用するのがおすすめです。

シミュレーションでは、簡単な情報の入力だけで、審査に通過する可能性があるのかどうか判断してくれます。

また、信用情報に登録されないため、申込みブラックを避けることも可能です。もちろん、実際に審査を受けなければ結果はわかりませんが、シミュレーションは不安を払拭するひとつの材料になるのではないでしょうか。

ブラックでもお金を作る・借りる方法はある

ブラックの人がどうしてもお金が必要になった場合、どうすればいいのでしょうか。

ブラックの人は、お金を借りる、作るということができないのかというと、そうではありません。ここではブラックの人が、お金を借りる方法についてご紹介しましょう。

質屋に行く

ブラックの人は、基本審査を受けてお金を借りるという行為ができません。そのため、何かを担保にしてお金を借りるという方法を利用しましょう。

質屋」は、時計や宝石など品物を預け、品物の評価額のお金を貸してくれます。必要な書類も、運転免許証などの本人確認書類のみになります。

質屋は申込み者の信用情報ではなく品物を評価して貸付けをおこなうため、ブラックであるかどうかはまったく関係ないのです。そのかわり、返済しなければ、担保にした品物は利用者の手元に戻りません。

また、高金利での貸付けになるケースが多いため、長期的な返済を計画している人には質屋は向かないので覚えておきましょう。

公的貸付制度を検討する

公的貸付制度の検討もしてみましょう。

公的貸付制度とは、収入が少ない人や生活に困っている人を対象にした貸付制度であり、「生活福祉資金貸付制度」があります。

生活福祉資金貸付制度とは、経済面から生活を支える制度であり、厚生労働省が管轄しています。いくつか種類があるのですが、なかでも「緊急小口資金」であれば、無利子で借入れが可能です。

緊急小口資金の概要
用途 生活の維持が困難である場合、一時的な少額の費用
貸付限度額 10万円
返済期限 据置期間経過後12カ月以内

「緊急小口資金」は、突然の病気で医療費がかかった場合や、公共料金などの支払いを滞納し、生活に困るなどといったやむを得ない事由がある人が利用できる制度です。

ただし、公的貸付制度であっても審査はあります。場合によっては、利用できない可能性があるので覚えておいてください。

元ブラックの場合はカードローンの審査を受けることができる

一度ブラックになったからといって、一生カードローンなどを利用できないわけではありません。ブラック状態から抜け出した「元ブラック」であれば、カードローンの利用は可能です。

では、元ブラックとはどういった状態なのでしょうか。

ブラックの人は、異動情報が信用情報に登録されている状態であるとお話ししました。しかし、信用情報に登録された異動情報は、以下の表のように異動事由によって登録期間は決められていて、永遠に残るわけではありません。

異動情報別登録期間
異動事由 CIC JICC KSC
延滞 5年 61日以上:1年
3ヶ月以上:5年
5年
債務整理 5年 自己破産:10年
自己破産以外:5年
強制解約 5年
代位弁済 5年

CICに延滞として異動情報が登録されていたとしても、5年経過するとその登録は消えるということになります。この異動情報が消えた状態の人を、「元ブラック」といいます。

では、元ブラックの人がお金を必要とした場合、どうすればいいのか解説していきます。

元ブラックの人は独自の審査基準を持つカードローンに注目

元ブラックの人は、審査に落ちてしまうという口コミはよく見かけるため、不安に思う人も多いでしょう。

しかし、すべてのカードローンに落ちてしまうわけではありません。

カードローンは、すべて同じ審査をおこなっているわけではないという点に注目しましょう。独自の審査基準を設けているカードローンであれば、ほかのカードローン会社で審査を通過するのが難しいとされる場合でも可能性があります。

しかしながら、独自の基準だから誰でも審査に通るというわけではありません。独自の審査基準はあくまでも「申込み者を厳しくチェックするための基準」であり、各社は適切な貸付けをおこなうように努めています。

代表的な独自の審査基準を設けている消費者金融は、以下のようになるので参考にしてみてください。

消費者金融以外にクレジットカードという選択肢もある

元ブラックであれば、クレジットカードの利用も可能になります。必ず現金が必要というわけではないのであれば、クレジットカードの検討もしましょう。

なかでも、ライフカード株式会社が発行するライフカードには、通常のライフカードに比べ付帯サービスが充実したショッピング専用の「ライフカード(Ch)」があります。

もともとライフカード(Ch)は、ライフカードの審査に落ちてしまった人に対してのみ、案内していたクレジットカードです。つまり、クレジットカードやカードローンの審査落ち経験者でも、審査に通過することが期待できるクレジットカードともいえます。

さらに、独自の審査基準を設けている点も注目すべきポイントのひとつです。

また、申込み条件でも、審査に不安がある方と明記しているため、通常のカード会社に比べて、間口が広いと解釈できます。

元ブラックとはいえ、どうしても審査では不利になってしまう懸念があります。現金が必須ではないのであれば、無理に借入れをするのではなく、クレジットカードの検討もしてみてはいかがでしょうか。

ライフカード(Ch)の特徴やメリットなど、詳しい解説は以下の記事も参考にしてください。

ライフカード(Ch)は審査落ち経験者も申し込める!メリットなどを徹底解説!

ブラックの人はカードローンの審査は通らない

ここまで、ブラックの人がカードローンをなぜ利用できないのか、ブラックの人や元ブラックが借入れをする方法など解説しました。

信用情報に異動情報が登録されているブラックの人は、消費者金融だけではなく銀行のカードローンも審査にとおることができません。

異動情報は金融事故となり、返済という面では信用度が低く貸付るにはリスクが高いと判断されてしまうためです。

もし、ブラックなのに審査にとおったという方は、信用情報上はブラックになっていない、もしくは相手が闇金業者である可能性があるので注意が必要です。

また、ブラックではなくても審査に落ちることはあります。

審査に落ちたからブラックと判断するのではなく、まずは自分の信用情報を確認してみましょう。

また、異動情報が消え元ブラックになった場合は、カードローンだけではなくクレジットカードの利用も可能になります。

クレジットカードの支払いでも代用で切るのなら、ライフカード(Ch)をはじめとしたクレジットカードの利用を検討してみるのもおすすめです。

子供が大きくなったのを機に、2017年より本格的にWebライターとして始動。クレジットカードとカードローンを得意分野とし、恋愛・離婚・エンタメ系や商品紹介など、さまざまなメディアのライターを経験。誰もがわかりやすい記事を作成するのを信念に、自分の無知さや語彙力のなさに落胆しながらも、持ち前の探求心を武器に奮闘中。クレジットカードは、楽天カード・Yahooカード・地元のマイナーのカードを利用。キャッシュレスはPayPayとメルペイを利用し、家計を整理するのが目標。

TAMAYAMAの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事