更新日:

カードローンで5万円借りたい!今すぐ少額融資を受けるためにおすすめな借入先をご紹介

カードローンで5万円借りたい!今すぐ少額融資を受けるためにおすすめな借入先をご紹介

5万円が足りないとき、カードローンなら簡単に借りられるのでしょうか。少額を借りるときでも、金利や利息、審査など、さまざまなことが気になるのは当然です。

お得にカードローンを活用するために、5万円を借りるときに知っておきたいことをまとめました。

利息を0円にする方法や、実際に少額をカードローンで借りた方の声も紹介しますので、これからカードローンに申込む方はもちろん、すでに借入れている方もぜひご覧ください。

カードローンで5万円借りるときの金利は何%?

結論からいうと、カードローンで5万円を借りるときには、上限金利に近い金額が適用されやすくなります。

カードローンでは、「年3〜18%」という風に、金利にある程度の幅が設けられていることが多いです。たいていの場合、借入額(融資可能額)が大きければ大きいほど低い金利が適用されるようになっています。

カードローンは上限が数百万円に設定されていることが一般的ですから、5万円という金額はカードローンを利用するうえではかなり少なめの金額です。

そのため、5万円を借りるときには上限金利に近い金利が適用される可能性が高いといえるのです。

カードローンで5万円借りたときの適用金利は審査で決まる

カードローンで5万円の融資を申し込むと、ほとんどの場合において上限金利が適用されます。しかし、あくまでも「ほとんどの場合」です。実際に何%の金利が適用されるかは、審査によって決定されます。

ただし、カードローン審査によってどんな結果が出たとしても、上限金利と下限金利の範囲内の金利が提示されます。カードローンの公式サイトに提示された金利以外が適用されることはありませんので、ご安心ください

大手消費者金融と大手銀行カードローンで5万円借りるときの金利相場は?

大手銀行カードローンの適用金利
カードローン 適用金利
みずほ銀行カードローン 年2.0~14.0%(※1)
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 年1.8~14.6%
りそな銀行カードローン(りそなカードローン) 年3.5~13.5%(※2)
(※1)みずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、適用金利が年0.5%引き下げられることがあります
(※2)りそな銀行で住宅ローンを利用している方は、適用金利が年0.5%引き下げられることがあります


大手消費者金融カードローンの適用金利
カードローン 適用金利
プロミス 年4.5~17.8%
アイフル 年3.0~18.0%
アコム 年3.0~18.0%

大手銀行カードローンと大手消費者金融カードローンの適用金利は上記のとおりです。

銀行カードローンのほうが消費者金融カードローンよりも上限金利が低い傾向にありますので、少額を借りるときにも銀行カードローンのほうが低い金利が適用される可能性が高いです

カードローンで5万円借りたときに支払う利息・返済額をシミュレーションしてみた

実際にカードローンで5万円を借りたとき、毎月支払う返済額利息がいくらなのか気になりませんか? 無理なく返済するためにも、借りる前に確認しておきたいところです。

大手消費者金融と大手銀行カードローンの利息・毎月の返済額をそれぞれシミュレーションし、具体的にいくら返済すれば良いのか紹介します。

プロミスで5万円借りたときの利息・返済額

大手消費者金融としては、アイフル・アコム・プロミスといった3大消費者金融のなかで、最も上限金利の低いプロミスを取り上げて試算してみましょう。

月々の返済額と返済回数・返済総額・利息総額の関係
毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額
最低返済額(2,000円) 32回 62,923円 12,923円
最低返済額+10,000円 5回 52,011円
2,011円
最低返済額+20,000円 3回 51,273円 1,273円
(※)出典:プロミス「ご返済期間シミュレーション」


プロミスでは、5万円を上限金利である年17.8%で借りているときの最低返済額は2,000円で、最低返済額だけを返済すると32回(2年8ヶ月)にわたって返済し続けなくてはなりません。

しかし、最低返済額+10,000円=12,000円、最低返済額+20,000円=22,000円を毎月返済した場合には、返済回数はどんどん少なくなり、利息も格段に安くなっています。

最低返済額の2,000円で返済した場合と、最低返済額+20,000円=22,000円で返済した場合の利息差は、11,650円と決して少額ではありません。毎月なるべく多めに返済し、利息を減らすように心がけましょう。

みずほ銀行カードローンで5万円を借りたときの利息・返済額

大手銀行カードローンとしては、3大メガバンクが展開するカードローンで最も金利が低いみずほ銀行カードローンをご紹介します。

みずほ銀行カードローンで5万円を借り、上限金利である年14.0%が適用された場合、月々の最低返済額は2,000円になります。

月々の返済額と返済回数・返済総額・利息総額の関係
月々の返済額
返済回数 返済総額 利息総額
最低返済額(2,000円) 32回 60,258円 10,258円
最低返済額+10,000円 6回 52,182円 2,182円
最低返済額+20,000円 4回 51,598円 1,598円
(※)出典:みずほ銀行「返済回数シミュレーション」


最低返済額だけを返済していると32回も返済し続けなくてはならないだけでなく、利息も高額になってしまいます。

プロミスと同様、毎月の返済額を増やすほど利息は低額になっているので、余裕があるときは積極的に返済するように心がけたいものです。

ところで、「銀行カードローンは利息が低い、消費者金融は利息が多め」と思っている方も多いかもしれません。しかし、5万円という少額を借りる場合は、そこまで差がつかないことが判明しました

最低返済額だけを返済している場合では2,700円ほどプロミスの利息が高くなりますが、毎月12,000円ずつ返済する場合には、みずほ銀行カードローンのほうが返済期間が長い分、170円ほど利息が高くなってしまいます。

このことからも、少額を借りるときは、適用金利よりも毎月の返済額を意識する必要があることが分かります

高金利が適用された場合でも、とにかく毎月多めに返済していれば利息がかさむことはありません。借り方よりも返し方を注意するようにしましょう。

「5万円以下の少額融資なら審査は簡単」って本当?

カードローンでお金を借りるときには、たとえ少額であっても審査があります

インターネット上には「借入額が少ないと審査も簡単」といった情報が掲載されていることがありますが、本当に少額融資に関しては審査がやさしくなる傾向があるのでしょうか。

カードローン審査は希望限度額が低いほど柔軟になる傾向にある

個人がお金を貸すときでも、少額を貸すときよりも100万円程度の高額を貸すときのほうが「本当に返してね!」、「毎月いくらずつ返済するの? 計画書を書いて!」などと慎重になります。

金融機関がお金を貸すときも同様です。実際に、高額融資に比べて少額融資のほうが、審査は柔軟になりやすい傾向があるでしょう

しかし、少額なら誰にでも貸せるか…というと、そうではありません。「十分な返済能力がある」と認められない人に関しては、融資不可の判断が下されます

申込む前に審査通過のコツを確認しておきたい方は、以下の記事もあわせてご一読ください。

カードローンの審査基準や審査に落ちる原因、審査通過のコツを徹底解説!

消費者金融と銀行カードローン、少額を借りたいときはどっちがオススメ?

先述のシミュレーション結果からも分かるように、実際のところ、少額を借りるときには、適用金利の差よりも毎月の返済額のほうが返済総額や利息総額に影響を与えます。

そのため、消費者金融カードローンと銀行カードローンの金利差によって、大きな利息差が生じる可能性は低いといえます。

そのため、「少しでも金利を下げたい」と銀行カードローンを探しても、最低返済額だけで返済していると、結局利息総額は同程度になる可能性もあります。

そこで、5万円をお得に借りたいのならば、無利息サービスのある金融機関を利用することをおすすめします。

とりわけ大手消費者金融では無利息サービスを提供していることが多く、一定期間は利息なしに借りることができます。もちろん、無利息期間中に完済できれば利息は0円です。

例えば、アイフル・アコムといった大手消費者金融では、初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスが展開されています。

短期返済できそうな方には、少額融資なら無利息サービスのある消費者金融のほうがおすすめできます。

5万円以下の少額融資を受けたいときのおすすめカードローン一覧

少額融資には少額融資に適したカードローンを使いましょう。この章では、少額融資を受けたいときにおすすめのカードローンを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

また、実際にカードローンを使って少額を借りている方の口コミも気になります。カードローンのお得な使い方のヒントを得られることもありますので、ぜひご覧ください。

短期返済できる人・今すぐ融資を受けたい人には消費者金融の無利息サービスがおすすめ!

短期間で返済できる見込みがあるときは、とくに金利にこだわる必要がありません。スピーディに融資を受けられる消費者金融カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融では無利息サービスを提供していることがあり、少額を借りている場合なら、無利息期間中の完済が可能になるケースも珍しくありません

申込んだ当日中の融資に対応している消費者金融も少なくないため、急いでいる方にもおすすめです。

今日中に融資可能&無利息サービスがあるカードローン①アイフル

アイフル
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

最低1万円から借りられる消費者金融のアイフルは、初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスもありますので、少額を借りたいときにはおすすめのカードローン会社です

即日融資
にも対応しているため、申込みのタイミングや審査の進み具合によっては、今日中にお金を借りられることもあります。

下記の方は、5万円の借入れで無利息サービスを活用して、お得に返済することができたそうです。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額10万円以下)

初めての利用者に対しては契約してから30日間は無利息が適用される、アイフルの独自の無利息サービスがあったため私はこのメリットを享受することができた点は嬉しかったです。

審査を通過したときのメールの文面は丁寧な文言で書かれており、アイフルの対応も良かったと感じています。なお、返済は順調にこなしました。5万円借りて、毎月の返済額は4,000円でしたので無理なく返済できましたし、ボーナスが支給されたときに一括返済できました。

毎月の返済金額を把握してから申込み、なおかつボーナスで一括返済をして返済期間を長引かさないようにしている点は、見習うべきところだといえますね。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満 / 借入金額10万円以下)

急な出費があり、5万円程急ぎ必要となり、複数契約をしていたため、審査が難しいと思いましたが、10万円は難しいですが5万円であればご相談可能ですと即御対応頂けました。

とても急いでいたのですが、その日中に手続きして頂け、無人契約機にてカード発行をして頂き、申し込みからカード受け取りまで1日で対応頂けました。

こちらの方はアイフルで5万円借りて、すぐに借りられるスピード感に満足しているようですね。

アイフルの審査は、最短30分という驚きの速さです。急いで融資を受けたい方にはおすすめのカードローンといえるでしょう。

今日中に融資可能&無利息サービスがあるカードローン②アコム

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムも最低1万円から借りられるカードローンです。

「30日間金利0円サービス」が展開されているので、場合によっては無利息で借りられるケースもあります。また、即日融資も実施しているため、急いでいるときにスピーディな対応が期待できます。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額10万円以下)

私も利用しましたが、アコムの独自サービスとしては「30日間金利0円サービス」があります。

初めてアコムを利用する人は、契約締結日から30日間については金利が無利息となるサービスです。大きなメリットですので、他の方にも利用をお勧めしたいと思います。

少額を借りるときには返済期間も短くなることが多いですから、金利0円サービスの威力を強く感じることでしょう。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以下)

借り入れからはじめの30日間無利子で借り入れできるので良いと思いました。

やはり、少額融資だからこそ、アコムの「金利0円サービス」の魅力も強くなるのではないでしょうか。

世の中にはさまざまなカードローンがあるのですから、少しでも利息を減らしたい方は、お得なサービスのあるカードローンを検討してみましょう。

今日中に融資可能&無利息サービスがあるカードローン③プロミス

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスも最低1万円から借りられるカードローンです。

無利息サービスもあり、即日融資にも対応していますので、利息を少しでも減らしたい方や今すぐお金を借りる必要がある方にもおすすめです。

なお、プロミスの無利息サービスは初回借入日の翌日から30日間のため、プロミスと契約だけして長期間使わずに放置していた方も無利息で借りられます。

下記の口コミは、5万円ではありませんが、プロミスで8万円の少額融資を受けた方のものです。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額10万円以下)

借入金利は17.8%で、8万円の借金にもかかわらず毎月の返済金額は3000円です。このため返済の負担感が少ないため、利用して良かったと思っています。

月々の返済負担が気になる方にとっては、最低返済額が少ないことはメリットになります

しかし、最低返済額だけを返済し続けると利息総額が高くなってしまいます。余裕があるときには多めに返済するようにしてください。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満 / 借入金額10万円以下)

この借入で「30日間まで無利息サービス」を利用しました。これは文字通り30日までに返済すれば金利が0%になるというもの。

2週間後に全額返済したのですが、実際に金利は掛かりませんでした。

初回しか利用できないようですが、金利0%というのは本当にお得です。タダで消費者金融が利用できるようなものなので、一時的な金欠ですぐに返す目途のある方はかなりにおすすめなサービスでした。

どんなに低金利の銀行カードローンで借りても、無利息サービスがない限り、借りた翌日から利息が発生します。

一方、銀行カードローンよりも高金利でも無利息サービスがあれば、本当に利息0円で借りることが可能です。短期で返済できる方こそ、無利息サービスのあるカードローンを選ぶようにしましょう。

今日中に融資可能&無利息サービスがあるカードローン④レイクALSA

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる無利息サービス!※
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

レイクALSAも最低1万円から借りられるため、5万円程度の少額融資を希望している方にも使いやすいカードローンです。

また、Web申込みなら「初回契約翌日から60日間無利息」か「初回契約翌日から5万円まで180日無利息」のいずれか、Web申込み以外なら、「初回契約翌日から30日無利息」か「初回契約翌日から5万円まで180日無利息」のいずれかの無利息サービスを利用できます。

即日融資にも対応し、急ぎの借入れが必要な方にもおすすめです。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以下)

5万円までの180日間利息0なのはびっくりしました。

確かに、約半年も無利息になることには驚いてしまいます。せっかくのお得なサービスですから、賢く利用できるようにしていきたいものです。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額10万円以下)

カードローンの金利は18%に設定されましたが、私はレイクALSAを初めて利用したため、独自サービスである「5万円まで180日間利息0」の恩恵を受けることができました。私は3ヶ月間で一括返済したこともあり、完全に無利息で4万円を借りることができたのでした。

こちらの方はレイクALSAで4万円を借りています。

レイクALSAでは5万円以下なら初回契約翌日から180日間無利息で借りることができるため、1円も利息が発生していません。借入額に合わせて無利息サービスを選択できるのはレイクALSAならではです

返済期間が長期化しそうなら低金利な銀行カードローンがオススメ

少額を短期間で返済する場合には、金利よりも無利息サービスがあるかどうかのほうが返済総額に影響を与えます。

しかし、返済が長期化しそうな場合には、金利が低い傾向にある銀行カードローンのほうがお得になるケースもあります

どの程度の期間で完済できそうか熟慮してから、各カードローン会社で公開している返済シミュレーションを使って試算してみましょう。

カードローンで5万円を借りたいときのまとめ

5万円を借りたいときは、まずは金利よりも無利息サービスに注目してカードローンを選んでみましょう。短期間で返済できるなら、利息が0円になることもあります。

返済期間が長引きそうなときは、低金利にこだわってカードローンを選ぶ方法もあります。しかしながら、借入金額が少ないため、金利の違いによる利息の差をあまり実感できないかもしれません。

かならず各カードローン会社が公開しているシミュレーションを使ってどの程度の利息になるのか試算し、後悔のない借入れを実現させましょう。

<参考>
プロミス「ご返済期間シミュレーション」
みずほ銀行「返済回数シミュレーション」

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

プロミス:※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要 アイフル:※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) アコム:※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方 みずほ銀行カードローン:※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 レイクALSA:※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※金利:貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。 ※ご融資額:1万円~500万円 ※貸付利率(実質年率):4.5%~18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。 ※お申し込み資格:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方) ※遅延損害金(年率):20.0% ※ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式 ※ご返済期間・回数:最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回) ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。 ※返済期日:お客さまのご都合にあわせて、毎月のご返済日をご指定いただくことができます ※必要書類:運転免許証(ない方は健康保険証など)、収入証明等 ※担保・保証人:不要 ※収入証明書:契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合(レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合/レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合) ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8〜22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります ※無利息期間:初回契約翌日から60日間全額もしくは180日間5万円分の利息が無料のどちらかを選べます ※無利息期間:Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります ※無利息期間:60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで ※無利息期間:30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません ※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります ※無利息期間経過後は通常金利適用