更新日:

未成年の18歳・19歳でもカードローンを利用できる?未成年がお金を借りる方法を解説!

未成年の18歳・19歳でもカードローンを利用できる?未成年がお金を借りる方法を解説!

未成年の18歳・19歳の方は急にお金が必要になったとき、カードローンは使えるのでしょうか?

今回は、そんな疑問にお答えするべく、18歳・19歳の未成年がお金を借りる方法を解説していきます。

未成年の18歳・19歳では銀行カードローン、消費者金融は利用できない

まずはじめに、20歳未満は銀行カードローンや消費者金融を利用できません。

各銀行、消費者金融は、融資対象を「20歳以上」と規定しています。

20歳未満の人は、たとえ社会人だとしても、利用することができません。

高校を卒業して、収入を得ていても、この規則が揺らぐことはありません。

したがって、18歳・19歳の人は別の手段でお金を借りる必要が生じてきます。

2022年からは、18歳でカードローンに申し込める可能性大

現行の民法では、成人年齢は「20歳」とされていますが、2022年より、成人年齢が「18歳」に引き下げられます。

これにともなって、18歳でも銀行カードローン、消費者金融が利用できる可能性があります。

20歳を成人年齢とする習慣は、伝統的におこなわれてきたものであって、現代の生活では正直なところ、20歳という年齢の節目がそこまで「成人」を感じさせるものではなくなってきています。

今回の民法改正では、下記の内容は改正が適用されるものです。

改正されるもの

  • 資格試験の受験要件
  • パスポートの申請
  • 契約行為

上記の点で、これまで20歳以上とされてきたことが、今後は18歳に要件が引き下げられます。

特に、契約行為に関して、20歳未満の未成年は親の同意が必要でしたが、成人年齢が引き下げられた後は、18歳・19歳でも親の同意なしで契約を結ぶことが可能になることが期待できるでしょう。

逆にいえば、18歳・19歳はもう立派な「取引者」と見なされるため、18歳・19歳だからという理由で、一度結んだ契約を取り消すことができなくなります。

成人年齢が18歳に引き下げられる時期は、2022年4月1日から施工されます。

未成年の18歳・19歳がお金を借りる方法

それでは、未成年の18歳・19歳がお金を借りるには、どのような手段をとればよいのでしょうか。

18歳・19歳でお金を借りる手段は、大きく分けて以下の4つとなります。

未成年がお金を借りる方法
  • 学生カードローン
  • 奨学金
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • ゆうちょ銀行の自動貸付

それでは、1つずつ詳細を確認していきましょう。

学生カードローン

学生ローンは、未成年の大学生でも利用できる可能性のあるカードローンです。

学生ローンは、未成年でも利用できるメリットがありますが、通常のカードローンよりも金利が高くなります。成人の社会人に融資するよりも、学生に融資する方が貸し倒れするリスクが高くなるため、金利が高く設定されているのです。

加えて、借入・返済方法が限定されていることが多いです。

通常のカードローンであれば、コンビニのATMで簡単に借入・返済ができますが、学生カードローンの場合は銀行振り込みのみなどに限られています。よって、すぐに借りたいときに借りれないリスクが生じてきます。

「未成年は通常のカードローンを使えない」という点を逆手にとって、法外な利子を請求してくる学生ローンもあるので、注意してください。

奨学金

奨学金は、多くの大学生が利用する融資サービスですが、実は使い道は学業目的に限定されていません。

奨学金を生活費に充てることも可能になっています。

奨学金は、学業成績を満たしていれば、実質「無審査」で利用することができます。

奨学金の場合、通常のカードローンと異なり、現時点での「返済能力」を審査することがありません。

将来、社会人になってから返済することを前提にしているので、今現在の収入が無くても、奨学金を利用することができます。

ただ、学業成績を満たせていないと、「有利子」の奨学金を借りることになります。

有利子の奨学金も、無審査で利用することができますが、大学卒業後に利子分も支払う必要があるので、負担が大きくなります。

有利子の奨学金は、銀行から利子付きで融資を受けているのと実質変わりません。

将来的に返済することを前提に、奨学金を利用するようにしてください。

クレジットカードのキャッシング

18歳になれば、クレジットカードを作成することができます。クレジットカードには、ショッピング枠以外にも「キャッシング枠」という枠が付与されることがあります。

キャッシングを利用すれば、限度額以内の「現金」をクレジットカードを使って引き出すことができます。

実質、カードローンと仕組みは変わりません。限度額は、クレジットカード会社によって異なってきます。

ただ、クレジットカード会社によって、クレジットカードの審査に通過したとしても、キャッシング枠を設けないところもあります。各種クレジットカードの規約を事前に確認するようにしましょう。

専門家からのコメント

上山由紀子
上山 由紀子

キャッシングとは、お金を借りられる機能のことで、お金を後で返すことを約束してお金を借りることになります。

簡単にお金が借りられるということはそれだけで金利が高いことを認識しておきましょう。お金を借りることで将来の生活に支障がないかを考えてみましょう。

お金を借りるときに最初に考えること。

1.お金を借りる目的は何かを把握しましょう。本当に必要なお金でしょうか。
2.確実に返済できるのか考えましょう。お金を借りるときには返済計画をたてましょう。
3.学校や親に相談しましょう。
3.金利手数料は高い。金利を比べてみましょう。規約等をしっかり確認しましょう。
4.金利手数料を払わなくていい別の方法を考えてみましょう。
5.返済方法は、早めの返済を心がけましょう。リボ払いは期間が長くなるので、金利手数料が多くつきますので注意しましょう。

コロナの影響でアルバイト収入減や、親の収入減等で生活に困るなら日本学生支援機構のホームページをみてください(※)。

日本学生支援機構貸与型第二種の利率は年3%が上限になります。在学中は無利子です。令和2年度「利率固定方式」では6月に貸与終了で「年利0.163%」です。

(※)参考:日本学生支援機構 貸与利率
(※)参考:日本学生支援機構「緊急特別無利子貸与型奨学金」について
(※)参考:日本学生支援機構「緊急採用・応急採用」

未成年の18歳・19歳におすすめの学生ローン

18歳でも利用できる可能性のあるおすすめの学生ローンとして、下記の3つが挙げられます。

おすすめ学生ローン
  • カレッヂ
  • アミーゴ
  • アイシーローン

それでは、それぞれ詳細を見ていきましょう。

カレッヂ

実質年率 17.0%
借入可能額 1,000円~50万円
借入・返済方法 銀行振込み、ATM振込み
申込み方法 店舗、インターネット、電話

カレッヂは、1977年に学生ローン専門店として設立されました。43年もの間で、学生の間で利用され続けており、信頼性の高い学生ローン会社です。

カレッヂ専用の「カレッヂカード」を発行しており、このカードを使うことで全国のセブン銀行からキャッシングをすることが可能です。

利率も、通常のカードローンよりも低く設定されているので、カレッヂは優良な学生ローン会社といえます。

アミーゴ

実質年率 14.40%~16.80%
借入可能額 3万円~50万円
借入・返済方法 銀行振込み、店舗窓口での支払い
申込み方法 インターネット、電話

アミーゴは、1982年に創業した老舗の学生ローン会社です。新宿の高田馬場に拠点を置き、学生への融資をおこなっています。

学生ローンの中でも、金利が低く設定されており、借入額によっては金利が14.40%という低水準で設定される場合もあります。

インターネットからの申込みですべて完結するため、店舗へ来店する必要がありません。

融資が決定してから、最短10分で振込んでくれるので、急にお金が必要になった際でも安心です。

アイシーローン

実質年率 18.0%
借入可能額 2020年1月現在、貸付を停止中
返済方法 銀行振込み
申込み方法 貸付停止中のため、申込方法なし

アイシーローンは、日本貸金業協会に加盟しているアイシー企画によって運営されている学生ローンです。

新宿に拠点を置いており、長らく都心の学生たちに利用されてきましたが、2020年1月現在、新規の貸付を停止しています。

再開の目途はたっておらず、今後アイシーローンで学生ローンを利用できるか、現状では不透明です。

未成年の18歳・19歳がカードローンを利用する際に注意するべきこと

18歳・19歳の未成年がカードローンを利用する際に注意して欲しい点として、以下の2つがあります。

注意点
  • 闇金の存在
  • クレジットカードの現金化は違法

これまで説明してきた未成年でも利用できる借入方法以外は、基本的にすべて「違法」と考えた方が良いでしょう。

違法な方法で借入れをおこなった場合、法外な利子を請求されることになり、お金を借りるどころか、反対にお金をすべて搾取される事態になりかねません。

特に、上記に挙げた「闇金」「クレジットカードの現金化」には注意を払う必要があります。

未成年でも利用できるカードローンは闇金

学生カードローンを除いて、「未成年でも利用できる」とうたっているカードローンは、「闇金」であるケースが大半です。通常、貸金業をおこなう場合は、地方公共団体の認可が必要になります。

闇金は、認可を得ずに貸金業務をおこなっているため、法律で定められた利率を無視して、利率を設定しています。

闇金からお金を借りてしまうと、その法外な利子によって、何度返済しても借入金が膨れあがっていく状態になります。闇金は、最初は借入れの申込みをしてきた人に対して、非常に丁寧に、親身に接してきます。

ただ、それは法外な利子をとりたいからであって、決して「助けてあげたい」と思っておこなっていることではありません。闇金からお金を借りた後は、暴力的な行為をもってして、取り立てが始まります。

どんなにお金に困っても、闇金を利用することだけは絶対に避けましょう。

専門家からのコメント

上山由紀子
上山 由紀子

お金を借りるときに、借りる先が貸金業登録をしているか確認する必要があります。闇金といわれる貸金業はこの貸金業登録をおこなっていません。チラシなどで安易に借り入れができます。と謳っているところは気をつけましょう。

闇金にかかると将来のライフプランに大きく関わることになるので、闇金の見分ける方法を記しておきます。

1つめは「利息制限法」で決められた上限金利を守っているかです。

元本が10万円未満の場合、金利は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、そして、元本が100万円以上の場合は年15%が上限金利となります(※1)。

このように元本(借入金額)の金額によって上限金利が決まっているので、上記の金利以上だと闇金だと考えていいでしょう。

2つめは「貸金業登録」をおこなっているかどうかです。金融庁の貸金業者検索サービスで調べることができます(※2)。

貸金業登録番号、所在地、商号・名称、代表者名、電話番号のうち2つ以上の項目、あるいは分かるすべての項目で検索してください。こちらに登録されていれば闇金の可能性はないでしょう。

3つめは「日本貸金業協会」に加盟しているかどうかです。貸金業登録をおこなっている業者のほとんどが、この「日本貸金業協会」に加盟しています(※3)。

日本貸金業協会のHPに表示されている都道府県をクリックすると協会員が表示されるので、借りようとしている貸金業者が載っているか確認しましょう。

安易にお金を借りるではなく、しっかりと確実な情報を検索することが大切です。闇金に関わるとあなたの将来を大きく左右されることを肝に銘じてください。

(※1)出典:利息制限法
(※2)出典:登録貸金業者情報検索入力ページ
(※3)出典:日本貸金業協会「協会員検索」

クレジットカードの現金化は違法

街を歩いていると、「クレジットカード現金化」と書かれた立札を持っている人を見かけることがあると思います。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードそのものを売るのではなく、クレジットカードを使って「ダミーの商品」を購入し、その金額分を還元してもらう(返してもらう)ことで現金を手にする手法です。

クレジットカードの現金化は、各種クレジットカード会社の規約で禁止されています。

クレジットカード会社は、クレジットカード現金化業者の「ダミー商品」、「ダミーの店舗名」を把握しているケースが多く、「ばれないだろう」と思って現金化業者を利用すると、クレジットカード会社から通達が届く可能性が高いです。

クレジットカード現金化業者の利用が発覚すると、クレジットカードの利用ができなくなるだけでなく、最悪の場合、クレジットカードの棄却、未払い料金の一括請求などの措置が取られることもあります。

どうしてもお金が必要なときは、正規の手段を選ぶ

18歳・19歳の未成年の方で、どうしてもお金に困ったときは、学生ローンや奨学金などの正規の手段を選ぶ用意しましょう。

闇金やクレジットカードの現金化など、違法な手段は選んではいけません。違法な手段を利用すると、結果としてお金をさらに失うことになります。

学生ローン、奨学金をすでに使っていて、それでもお金が必要な時は、家族に相談するのも一つの手です。

上京して親元を離れると、何かと家族と疎遠になりがちですが、家族から見れば、子供はいつまでも大事な子供です。正直にお金に困っていることを話して、経済的に支援してもらいましょう。

未成年の18歳・19歳がカードローンを借りる方法のまとめ

18歳・19歳の未成年では、銀行カードローン、消費者金融は利用することができません。

ただ、学生カードローン、奨学金、クレジットカードのキャッシング枠など、未成年でもお金を借りることができる手段は多くあります。

お金に困ったら、本記事で紹介した手段を利用してみてください。間違っても、闇金やクレジットカードの現金化には手を出してはいけません。

必ず、正規の手段を使って、お金を借りるようにしてください。

上山由紀子

専門家からの一言

上山 由紀子

今回はお金を借りることに焦点を当てましたが、お金を借りるではなく、できれば、兼ねてから生活防衛費を作ることをおすすめします。

あなたが常々困らないように毎月の収入の中から先取り貯蓄の仕組みを作ることです。

また、いざというときの一つの手段として親から送金される通帳、普通預金の裏の定期預金口座に積立てていると自動で一般的に90%位を借り入れることができます。借入利息は付きますがとても低い金利になります。

世の中に、いろいろな罠が待ち受けています。その罠にはまらないように、常にしっかりと調べてあなたの責任の下によく考えて行動してください。

一人で解決が難しい場合は、一人で考えずに信頼できる人や公的施設などを知る・作ることも本当に大切なことです。それは、将来のあなたの財産となるでしょう。

私は金融機関に勤めていたときから、生涯現役でできる仕事はないかと模索しておりました。そして、ファイナンシャル・プランナーという職業を選び、仕事しながら勉強して資格を取得しました。「顧客本位」で仕事をすることとしております。顧客の価値を優先し、どんなライフプランを過ごしたいのかを一緒に考えながら、ライフイベントと共にお金の使い方等を考え、勉強していただきながら相談を受けております。また、講演や執筆等も楽しみながら、顧客に「役にたった」、「相談して良かった」といわれることが嬉しいです。

上山 由紀子の監修記事・プロフィール一覧へ

2019年に株式会社サイバーエージェントに入社。 クレジットカード、キャッシュレス、カードローンの記事作成を担当。 愛用クレジットカードは楽天ゴールドカードでネットショッピングでは楽天市場を利用するようにしている。楽天ペイ、楽天Edyも使っており、楽天のダイヤモンド会員を維持している。最近はスマホを楽天モバイルに変えるか悩んでいる。 ヤフーカードやPayPay、Kyashなども利用しており、お得にポイントを貯めることが趣味。

丸山 将哉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事