千葉銀行カードローンの口コミ・評判

マネ会カードローンに投稿された、千葉銀行カードローンを実際に利用された方々の口コミ・評判をご紹介いたします。
実体験だからこそ説得力のある生の声なので、参考になる意見がたくさん!
千葉銀行カードローンの金利や融資時間などの評判も確認して、ぜひカードローン選びにお役立てください。
千葉銀行“クイックパワー<アドバンス>”のロゴ
総合評価
★★★★★ ★★★★★ 3.7
調査結果:6件
借入スピード3.5 | 借入金利2.7 | 借入限度額3.7 | 借入のしやすさ4.2 | 返済のしやすさ4.2 | サービスの質4 | スマホ利用3.3
  • 重視した点
  • 申込み方法・借入用途
重視した点
申込み方法
借入用途
公式サイトへ 【PR】Sponsored by 株式会社千葉銀行

評価 2

借入スピード3 | 借入金利2 | 借入限度額1 | 借入のしやすさ3 | 返済のしやすさ2 | サービスの質3 | スマホ利用2

性別:男性 都道府県:茨城県 初借入:30代 職業:会社員 年収:200〜400万円未満
借入回数 2回
申込み方法 インターネット
重視した点 安心感
借入金額 10〜50万円未満
借入金利(年) 14.8%
審査までの時間 2日
借入までの時間 2日
借入用途 生活費
返済期間 2年
カードローンを借りた理由を教えてください。
友人の結婚式でお金が必要になり、借り入れを申し込みました。遠方の知人だったので、旅費と交通費、ご祝儀合わせて10万円前後が必要となりました。一般的な消費者金融は金利も高く丘を借りたあとが非常に怖いイメージがあったので、銀行系カードローンを選択しました。また、インターネットから簡単に申し込みができることを必須事項として、比較サイトを見ていて比較的金利も安めか普通かつ、インターネットからの申込みが可能なカードローンであるため、選びました。 「制度が整っている大手都市銀行よりも地銀のほうが審査が甘いのではないか」という根拠のないことも考えて、申し込みしました。 借り入れまでの審査スピードはあまり気にしませんでした。
千葉銀行カードローンを利用した感想を教えてください。
審査は少々厳し目です。50万円の希望で10万円しか限度枠を設定してもらえませんでした。後日増額申請をしましたが、否決。イメージでは審査が甘いと思っていましたが、実際は通常の銀行カードローンよりも厳しいと思います。 金利は限度額で決まってきますが、10万円の限度枠で14.8%と、特に安いわけではありません。 返済は毎月2000円づつ口座引き落としなので、特に負担になるようなことはなかったです。インターネット上で、資金振替による返済も可能です。 審査が厳しく増額申請も受け入れられなかったということから、対応はあまり良くない印象を持ちました。 独自サービスについてはほとんどありません。WEBサイトで残高を閲覧できるのと、普通口座から資金振替でローン返済できる程度です。
借りる前に金利の計算をしましたか?また、利息の計算方法を知っていましたか?
金利の計算はしていません。金利の計算方法は分かりませんでした。インターネット上で公開されているツールを使ってみようと思いましたが、カードローン返済のような「10万円を年14.8%で借り入れ、月2000円返済した場合は何年かかるか」という計算に対応しているものは見つけられず、自身でエクセル等を駆使して計算しても正しいかどうかもよくわからないというのが本音でした。あまり深く考えないで借り入れをしていました。
返済日を忘れたことはありますか?また、管理するための工夫があれば教えてください。
返済日を忘れたことはありませんが、仮に忘れた場合でも引き落とし不能状態にならないよう、一ヶ月分の返済相当額を返済口座に入金しておき、対策をしていました。その他にも、手帳に印を付けていたり、返済口座への入金日を給料日の翌日にするという方法で、確実に入金できていることを確認していました。最近では口座連携型の家計簿アプリやスケジュール管理アプリもあるため、そのようなものを上手く使うと口座状況が非常に管理しやすくなると思います。
千葉銀行カードローンを利用する際に周りにバレないための工夫をどうしましたか?
このカードローンは、ローンカードと銀行カードが別になっているので、ローンカードをむやみに持ち歩かないようにしました。ローンカードには「ローンカード」と書かれてしまっているので、持ち歩いて落とすなどしたときに周囲にバレるリスクを高めないように注意しました。自宅に届くはがきについては、ほとんど気にしませんでした。はがきは来ますが、外からは何が書いてあるか、なんのはがきなのかは全くわからず、過剰に反応しても意味がないと思ったからです。
借入時に聞かれたことを教えてください。
他社の借入時審査に入力する項目と大きく差はありません。現在の勤め先会社名と勤続年数は聞かれました。また、会社住所と役職の有無、年収の確認もありました。 自身の年齢、住所、既婚か未婚か、賃貸か戸建て住宅かということの確認がされました。賃貸であるので、現在の家賃額と継続居住年数も聞かれました。 現在の合計借り入れ金額とその額について確認がありました。その他、大まかにではありましたが、金銭の使用目的についても回答が必要でした。私の場合は生活費としての借り入れでしたが、事業性資金としての借り入れはNGのようでした。
公式サイトへ 【PR】Sponsored by 株式会社千葉銀行