更新日:

カードローンに無人契約機から申込むときの流れは?大手カードローンの設置台数も比較してみた

カードローンに無人契約機から申込むときの流れは?大手カードローンの設置台数も比較してみた

カードローンでは、会社によって無人契約機が用意されていることがあります。

店頭窓口と異なり、ほかのお客さんに手続きの様子を見られない点がうれしいですね。また、その場で書類提出やカード受け取りなどの手続きも完了できる場合があるので、急いでいるときの利用もおすすめです。

この記事では、無人契約機の仕組みや注意点、各社の設置台数比較などを解説していきます。

カードローンの無人契約機の仕組み

カードローンでは、申込みや契約において無人契約機を利用できます。

しかし、いざとなると「仕組みや店内の様子がわからなくて不安」と言う方もいらっしゃるかもしれません。そこで、この章では無人契約機とはどのような設備なのか、簡単に説明していきます。

まず、無人契約機でできることは、次のようなものがあります。

無人契約機でできること

  1. 申込み
  2. 書類提出
  3. 契約
  4. カード受け取り
  5. 増額申請 など

申込みだけでなく、書類提出、契約、カード受け取りなどが可能です。また、契約後にも増額申請などでお世話になることがあります。

では、無人契約機の店内の様子はどのようになっているのでしょう。

無人契約機の店内の様子
1.個室設計 ・ドアなどで仕切られている
・人に見られずに落ち着いて手続きを進めることができる
2.タッチパネルで簡単操作 ・タッチパネルを操作して手続きをする
3.マイクで担当者と会話できる ・ビデオカメラで担当者が様子を確認して案内してくれる場合もある
4.書類提出もその場で可能 ・スキャナーが備え付けてある
・書類をスキャンすることで提出できる
5.カード受け取りまで店内で完結 ・カードの受取口が備え付けられてある
・契約が完了するとカードが出てくる

無人契約機の店内は、基本的に個室で外から見られないようになっています。そのため、周囲に内緒でカードローンを利用したい場合でも、落ち着いて手続きをすることができるでしょう。

また、機械の前にイスが設置されていて、そこに腰掛けて画面を操作することが可能です。マイクや電話が付いており、担当者と会話することもできます。

書類提出は、機械に読み取り機が配備されているので、そこに書類を差し込むだけで完了です。郵送したり、メールにファイルを添付したりする手間を考えると、かなり簡単に手続きを済ませることができます。

さらに、ローンカードの受取口も備え付けられているので、審査が終わればその場でカードを受け取ることもできます。

無人契約機の設置場所は?

カードローンの無人契約機は、駅前や繁華街、雑居ビルなどに設置されていることが多くなっています。

都心部などは、とくに設置台数が多いようです。さらに、店頭窓口があるカードローンなら、店内に契約機も併設されていることがあります。

無人契約機でカードローン審査に申込むときの流れ

無人契約機からカードローンに申込むときの流れは、下記のとおりです。

無人契約機におけるカードローン申込の流れ

  1. 入店する
  2. 画面を操作して申し込みに必要な情報を入力する
  3. 必要書類を提出する
  4. 審査がおこなわれる
  5. 審査に通過したら契約手続きに進む
  6. カードを受け取る
  7. 退店する

審査スピードが速い消費者金融であれば、店内で審査結果を待ってそのまま契約・カード受け取りをおこなうことも可能です。

銀行カードローンでは即日融資ができないので、一度退店して審査結果を待つことになります。

⇒カードローンの審査内容について詳しくはコチラ

無人契約機を利用してカードローンに申し込むメリットは?

カードローンには、ネットや電話など、さまざまな申込方法がありますよね。

それでは、無人契約機を選んで申込むメリットはどこにあるのでしょうか?

無人契約機のメリット
  • その場でカードを受け取れる
  • 周囲にカードローンを申し込んだことがバレる可能性が低い
  • 土日祝日も営業している
  • 不明点をその場で相談できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①その場でカードを受け取れる

カードローンの借入方法としては、多くの場合において振込みATMを利用することになります。ATMでキャッシングするなら、ほとんどの場合ローンカードが必要になります。

ネットや電話でカードローンに申込むと、自宅でローンカードを受け取るには郵送してもらうしかないので、数日〜数週間程度の時間がかかってしまいますよね。すぐにローンカードを受け取りたい方におすすめなのが、無人契約機でのカード受取です。

無人契約機で申込み、その場で審査を完了できれば、そのままカードを受け取ってすぐにお金を借りることもできます。また、ネットや電話で審査に申し込んでおいて、カード受取だけを契約機でおこなうこともできます。

とくに、アコム・アイフル・プロミスなどの消費者金融なら最短30分で審査が終わるので、来店したらその場で審査を終わらせてカードを受け取ることも可能です。

メリット②周囲にカードローンを申込んだことがバレる可能性が低い

無人契約機はたいていの場合、個室になっています。そのため、手続きの様子を外から見られるということがありません。

この点は、家族をはじめ、友人や近所の人、会社の同僚などに内緒で申し込みたいという方にとってはメリットになるでしょう。


カードを受け取るだけなら短時間の来店で済むので、ネットで申込んだうえで無人契約機を訪れるならさらに安心です。

ただし、無人契約機の入店・退店の際は人に見られる可能性があるので、人の少ない時間帯を狙うとよいでしょう。

メリット③土日祝日も営業している

無人契約機は、多くの場合土日祝日も営業しています。

有人の店頭窓口は平日しか開いていないことがほとんどなので、土日祝日でも来店できるのはうれしいですね。なおかつ、有人の店頭窓口よりも早い時間から遅い時間まで営業している傾向にあります。

そのため、忙しくて平日の日中には時間が取れないという方でも、無人契約機なら便利に利用することができるでしょう。

なお、土日も審査をおこなっているカードローンについては、下記の記事で詳しくまとめています。

土日でも即日融資が受けられるカードローンは?申込方法から現金の受取方法まで解説!

メリット④不明点をその場で相談できる

ネットの申込みだと、不明点が生じたときに相談する相手がいなくて困りますよね。電話で聞いてみるにしても、申込フォーム入力や書類提出が終わるまで、ずっと電話をつないでおくわけにもいきません。

その点、無人契約機ならマイクや電話で担当者と会話できるので、手続きを通じてサポートしてもらえる点がうれしいポイントです。

以上、無人契約機からカードローンに申込むメリットをご紹介しました。ネットでの申込みが人気を集めている昨今ですが、これだけのメリットがあれば無人契約機での申込みを検討してみるのもよいですね。

自宅で完結したいなら、ネット申込み電話でよいでしょう。しかし、その場でカードを受け取りたい方や、来店希望だが手続きの様子を人に見られたくない方、土日祝日でも営業している店舗がよい方には無人契約機がおすすめです。

大手カードローンの無人契約機の設置台数を比較してみた

カードローンの無人契約機の利便性を考えると、「無人契約機の設置台数が多いカードローンを選びたい」という方もいらっしゃることでしょう。

申込みだけでなく、契約後も増額申請で利用することができるうえ、併設の自社ATMなら手数料無料で借入・返済が可能な場合がほとんどです。

そこで、大手カードローンの無人契約機の設置台数を比較してみましょう。

大手消費者金融で無人契約機の設置台数が一番多いのはどこ?

まずは、大手消費者金融の無人契約機の設置台数を比較します。

3大消費者金融であるアコム・アイフル・プロミスのIR資料から、3社の無人店舗数を見てみましょう。

大手消費者金融の無人店舗数(※)
アコム 978店舗
アイフル 856店舗
プロミス 933店舗
(※)アコム「2019年3月期末データブック」「SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標(2019年3月期)」アイフル「2019年3月期 決算データブック」から引用


3社の無人店舗の数には大きな差がないものの、大手消費者金融のなかで最も無人店舗の数が多く、利便性が高いのはアコムということになります。

⇒アコムの契約機について詳しくはコチラ

アコム
おすすめ審査最短30分
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

ただし、プロミスは三井住友銀行のローン契約機から申込むこともできるので、アコムより申込める無人店舗の数は多いかもしれません。

まとめると、アコム・アイフル・プロミスの無人店舗数はいずれも800〜900台と店舗数が多く、なかでもアコムは無人店舗の数が多いので利便性が高いということになります。

(※)2020年1月時点


3大メガバンクのカードローンを無人契約機の有無で比較

それでは、3大メガバンクであるみずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行が展開しているカードローンの無人契約機を比較してみましょう。

まず、重要なのは無人契約機の有無です。実は、すべてのカードローンに無人契約機が用意されているわけではありません。

無人契約機の有無(3大銀行カードローン)
契約機あり 契約機なし
・三井住友銀行のカードローン
・三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
・みずほ銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンでは、三井住友銀行の支店内にローン契約機(ACM)が設置されています。また、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)では、三菱UFJ銀行の支店内にテレビ窓口があります。

それに対して、みずほ銀行カードローンには無人で契約できる店舗はありません。

したがって、メガバンクのカードローンで無人契約機を利用したいというのなら、三井住友銀行のカードローンかバンクイックがよいでしょう。

なお、東京都内に絞って契約機の数を比較してみると、三井住友銀行のローン契約機設置店舗数(カードローン・目的別ローン)は248です。それに対して、バンクイックのテレビ窓口設置店舗の数は223(※)。

少しだけ三井住友銀行のほうが契約機の数が多いですが、どちらもあまり数は変わらず、店舗数が多いので利便性高く利用することができるでしょう。

(※)2020年1月末時点


無人契約機での申込み・審査をスムーズに進める方法は?

無人契約機は即時性が高いといっても、やはり申し込みをする人の準備によっては、審査のスムーズさにも差が出てしまいます。

そこで、無人契約機での申込み・審査をスムーズに進める方法をご紹介します。

無人契約機で申込・審査をスムーズに進める方法

  1. 無人契約機から申し込むときは必要書類を持参する
  2. カードの受け取りだけを無人契約機でおこなうことも可能
  3. 無人契約機が混雑している時間帯を避けて来店する

1.無人契約機から申し込むときは必要書類を持参する

カードローンの審査を通過するためには、かならず本人確認書類が必要です。さらに、申込む金額や審査状況によっては、収入証明書類が必要になることもあります。

その場で書類提出できる点がメリットになる無人契約機ですが、書類を忘れるとせっかく来店したのに二度手間になってしまいますよね。審査をスムーズに進めたいなら、必要書類を忘れずに持参しましょう!

2.カードの受け取りだけを無人契約機でおこなうことも可能

お急ぎの場合など、契約機で審査結果を待つ時間がいやだという方におすすめの申込方法があります。

それは、ネットや電話で申込み、カードの受け取りだけを無人契約機でおこなう方法です。

そうすれば、審査が進んでいる間に契約機に移動すればよいので、タイムロスを少なくすることができます。審査結果が出たら、契約してカードを受け取ればOKです。

3.無人契約機が混雑している時間帯を避けて来店する

土日祝日大型連休の前後、年末年始などには、契約機が混雑することがあります。また、平日でもお昼休みの時間帯や、仕事終わりの人が多い夕方などは、契約機が埋まっていることもあるようです。

そのため、お急ぎの方は契約機が空いている時間帯を狙って来店するとよいでしょう。例えば、平日の午前中やお昼過ぎなら、契約機を訪れる人の数は少ないかもしれません。

【口コミ】実際に無人契約機でカードローンに申し込んだ人の感想は?

では、契約機からカードローンに申し込んだ方の感想としては、どのようなものがあるのでしょうか。

この章では、マネ会に寄せられた口コミのなかから、無人契約機で契約した方の感想をご紹介しましょう。

まずは、大手消費者金融で最も無人店舗の数が多いアコムの口コミからです。

(30代男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

審査はすぐに出来ました。むじんくんの操作説明も丁寧で分かりやすかったです。時間の方も書類を事前に用意しておけば待ち時間もほとんどかからず終わり、会員サービスの説明や返済方法の案内、アプリからの上限額の変更手続きの仕方等もしっかり案内頂けました。

アコムの自動契約機は「むじんくん」の愛称で親しまれていますね。操作方法についても丁寧なガイダンスがあるので、上記の方は問題なく申込みを済ませたということです。

次に、3大消費者金融で2番めに無人店舗数の多いプロミスの口コミをご紹介します。

(30代男性 / 派遣社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10万円以下)

プロミスの無人契約機でカードローンの契約をしましたが、審査はかなりスムーズにできました。機械の指示に従って必要事項にタッチしたり出てきた紙に書いたりしました。わからないことがあってもすぐ横に電話がありオペレーターの人が親切に教えてくれて対応も良かったです。

やはり、不明点があっても店内の電話でオペレーターと相談できる点はうれしいですね。

次の方は、アイフルにスマホで申込み、カード受け取りのみを契約機ですませたそうです。

(30代男性 / 会社員 / 年収600〜800万円未満 / 借入金額50~100万円未満)

まずはスマホで申し込みました。小1時間でメールで審査の結果が送られてきました。そして、本契約の手続きをスマホで済ませて、無人契約機でカードを受け取るという流れです。全てが一日で終わりました。無人契約機で電話で話すオペレーターの方は分かりやすい説明でしたし、何も迷ったり困ったりすることはなかったです。

このように、カード受け取りのみを契約機でおこなうというやり方は、お急ぎの方におすすめです。上記の方も、すべての手続きを当日中に終わらせられたということですね。

次に、メガバンクが展開するカードローンの契約機についても見てみましょう。まずは三井住友銀行のカードローンからです。

(40代女性 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額100〜300万円未満)

独自のサービスはカード発行を自動契約機から発行できたので、契約からカード発行までは一度も直接会って銀行の方とお話しする機会はありませんでした。

対面で担当者と話したくないという方でも、上記のように契約機なら誰にも会うことなく申込めるのがうれしいですね。

次に、バンクイックのテレビ窓口の口コミを紹介します。

(30代女性 / フリーター / 年収200万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

実際にバンクイックの申し込みはネット審査や電話などでも出来るとの事でしたが、初めてで心配だったので銀行ATMに設置されているテレビ窓口申し込みにしました。タッチパネルがあって初めての私でも簡単でした。そしてテレビ窓口ですが、相手の顔は見えないのも緊張が和らぎました。

この方のように、やはり少額であってもお金を借りるとなると、多少は緊張することがあるようです。その点、相手の顔が見えないテレビ窓口なら、リラックスして申込めるかもしれませんね。

まとめると、消費者金融の契約機を利用した人たちは、「スムーズに審査からカード受け取りまでを完了できた」という点に満足している傾向にあるようです。これは、その日のうちに融資を受けられる消費者金融ならではかもしれません。

対して、メガバンクが展開するカードローンの契約機を利用した人たちは、「直接対面せずに申込めた」という点に魅力を感じているようです。銀行の有人窓口に堅苦しいイメージを持っている方は、契約機のマイクや電話などで会話するほうが緊張しないのかもしれませんね。

無人契約機からカードローンに申込むときの注意点

このように利便性が高いカードローンの契約機ですが、申込みの際には下記のような注意点を確認しておきましょう。

無人契約機でカードローンに申し込むときの注意点

  • 無人契約機からの申し込みでも審査では在籍確認がおこなわれる
  • 周囲に内緒で申し込みたいときには無人契約機の入店・退店時に注意
  • 当日中に審査を終わらせたいなら時間に余裕を持って無人契約機に来店しよう

無人契約機からの申し込みでも審査では在籍確認がおこなわれる

申込方法にかかわらず、カードローンの審査では在籍確認がおこなわれます。在籍確認とは、申告した勤務先で働いていることを確認する作業のことです。

原則として職場に電話をかけておこなわれますが、書類で代替できる場合もあります

無人契約機での申込みだからといって、在籍確認がカットされることはありませんのでご注意ください。

また、その場で審査が進んだ場合には、自動契約機の店内にいるときに職場に電話がかかることになります。自分で電話に出たい場合には、その旨を担当者に相談して、電話の時間帯を変更してもらうとよいでしょう。

カードローンの在籍確認とは?基礎知識や周りにバレないようにする対処法を徹底解説!

周囲に内緒で申し込みたいときは無人契約機の入店・退店時に注意

カードローンでは、知人、会社の同僚、家族などに内緒で借りる方も多いようです。そのような場合、無人契約機では、入店・退店の瞬間を人に見られてしまうかもしれないので、よく注意して入退店するようにしましょう。

最近の無人契約機は比較的人通りの多い駅前などにも設置されています。そのため、たまたま通りすがりに見られてしまう可能性もある点に注意したいところです。

当日中に審査を終わらせたいなら時間に余裕を持って無人契約機に来店しよう

消費者金融で即日融資を受けたい方は、無人契約機が閉店する時間ギリギリに来店しても、すでに審査対応時間は終わっている可能性があります。

つまり、契約機の営業時間と審査対応時間は同じではないということです。例えば、契約機は22:00まで営業していても、審査対応時間は21:00までということがあり得ます。

そのため、当日中に融資を受けたいと思っている方は、利用したいカードローンの審査対応時間を確認したうえで、時間に余裕を持って契約機を来店しましょう。

即日融資におすすめなカードローン比較!審査なしのカードローンはある?

これらの注意点を確認したうえで、問題がなければ契約機からの申込みに進みましょう。必要書類を忘れず、営業時間を確認しておけば、問題なく審査に申込むことができるでしょう。

カードローンの無人契約機まとめ

カードローンの契約機は、申込み・書類提出・契約・カード受け取りなどの手続きをおこなうことができる便利な機械です。契約後もカードを受け取ったり、併設されている自社ATMで借入・返済をしたりと、お世話になる機会は多いことでしょう。

契約機の数で比べると、消費者金融のなかで無人店舗の数が多いのはアコムです。また、メガバンクでは三井住友銀行のカードローンとバンクイックには契約機がありますが、みずほ銀行カードローンには契約機が用意されていないので注意しましょう。

長く1部上場の消費者金融で経営企画課長をして、カードローン事業にかかわってきました。経営計画の担当が中心でしたが、カードローンのスコアリングシステムなどを担当するリスク管理や審査、回収などをおこなう集中センターの構築にも携わった経験があり、比較的カードローンに関しては詳しいと自負しております。また、子会社のクレジットカード会社に行っていたことがあり、カード事業の方面もいろいろ情報を提供できるかと思います。宜しくお願い致します。

野崎 照美の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事