更新日:

キャッシングまたはカードローンでお金を借りるなら!使い分け方法を徹底解説

キャッシングまたはカードローンでお金を借りるなら!使い分け方法を徹底解説

今すぐお金を借りたいというときに利用できるのが、キャッシングとカードローンです。

キャッシングとカードローンの違いとローン商品の選び方、実際に借りるときの流れについてまとめました。

すぐにお金を借りたい方、そして、万が一のときにお金を用立てる方法を知っておきたい方はぜひご覧ください。

スピーディな融資方法!キャッシングとカードローン

今すぐお金が必要なときに利用できる借入方法が、クレジットカードのキャッシングカードローンです。

いずれもATMにカードを挿入して現金を借り入れるスタイルですが、どう違うのでしょうか。そもそもキャッシングとは何か、カードローンとの違いは何かについてまとめました。

キャッシングとは現金を引き出すこと

一般的にキャッシングとは、クレジットカードのキャッシング枠を活用した借入方法のことを指します。

すでにキャッシング枠が付与されているときは審査なしで利用できるため、急ぎのときにもスピーディに対応できます。

なお、キャッシングとは現金を手に入れること全般を指す和製英語です

主にATMから現金を引き出すことをキャッシングと言いますが、英語では少額のお金を借りることはcash advanceやsmall loanと表現します。

カードローンはローン専用のカードを使った借入方法

一方、カードローンとは、ローン専用のカード(ローンカード)を使ってATMから現金を借り入れるローン商品を指します。

大手の消費者金融や都市銀行、地方銀行、信用金庫、信販会社等のさまざまな金融機関がカードローンを手掛けています。

カードローンも「ATMからお金を引き出す」という意味ではキャッシングの一種です

なお、近年、ローンカードを発行しないで口座振込やスマホアプリを利用してお金を借りるタイプのカードローンも増えてきました。

カードを使わないため「カードレスカードローン」と呼ばれていますが、この場合のカードローンとは、融資限度額まで何度でも借入・返済を繰り返せる特徴を指しています。

クレジットカードでキャッシング!特徴・メリット・デメリット

キャッシングとは、広義にはお金を借り入れること全体を指し、狭義にはATMから現金を引き出すことやクレジットカードのキャッシング枠を利用することを指します。

ここでは狭義のキャッシングであるクレジットカードのキャッシング枠を活用した借入方法について見ていきます。

クレジットカード発行時に審査が終了している

クレジットカード発行時に、ショッピング枠に対する審査とは別にキャッシング枠の審査も終了していることが多いです。そのため、キャッシングを希望しない方でもクレジットカードにキャッシング枠が付帯していることがあります。

また、申込時にキャッシング枠を希望しなかった場合でも、いつでも、クレジットカードのコールセンターに言えば審査をしてもらうことができます。

キャッシング枠はあるものの金額が少ないという場合も、コールセンターに言えば審査をしてもらうことが可能です。

希望する金額によっては書類提出不要で審査が終わることもありますので、最短即日で枠を付与してもらえることもあります。

利用方法

すでにクレジットカードにキャッシング枠が設定されているときは、提携ATMさえあれば今すぐキャッシングできます。

提携ATMについてはクレジットカードの公式サイトにも記されていますが、ATM本体にクレジットカードのマークのステッカーが貼られているかどうかでも見分けることができます。

以下の手順でお金を借りてください。

クレジットカードのキャッシング手順

  1. ATMにクレジットカードを挿入する
  2. 「融資」か「借入」「引き出し」と記載されているボタンをクリックする
  3. 借り入れたい金額をキャッシング枠内で設定する
  4. クレジットカードの契約時に設定した4桁の暗証番号を入力する
  5. 現金とクレジットカード、利用明細書を受け取る

メリットとデメリット

クレジットカードによるキャッシングは、キャッシング枠さえ付与されていれば審査不要で利用でき、しかも、ローン専用のカードを持たずにお金を借りられるというメリットがあります。

一方、ショッピング枠が100万円を超えていてもキャッシング枠は10~30万円のみと、元々の枠が小さいというデメリットがあります。

また、金利が年17~18%程度と高いこと、リボ払いに設定されていて返済が長引きがちなことなどもデメリットです。

キャッシングのメリット

  • クレジットカード審査と同時に審査が終わっていることが多い
  • ローン専用のカードを持たなくてもよい
  • キャッシング枠内なら何度でも借入と返済を繰り返せる
  • 担保や保証人は不要

キャッシングのデメリット

  • ショッピング利用額と合算して請求されるので1回に支払う金額が多くなる
  • 毎月の最低返済額が高めに設定されている
  • 適用金利が高め(年17~18%)
  • 利用限度額が低め(50万円以下のことが多い)
  • 追加返済に手間がかかり、返済期間が長引きがち

カードローンでキャッシング!特徴・メリット・デメリット

近年、とりわけ利用が伸びているのがカードローンを使ったキャッシングです。大手消費者金融や信販会社だけでなく、都市銀行や地方銀行、信用金庫と幅広い金融機関がカードローンを提供しています。

利用限度額内なら何度でも借入・返済ができるため、手軽な点が人気の理由の1つです。

スコアリングでスピード審査

カードローンに申し込むと、かならず審査を受けなくてはいけません。

しかし、大手消費者金融を始めとする多くのローン会社は年収や勤務形態、年齢といったスペックを点数にしてコンピュータで融資可否を判断するスコアリングシステムを導入しているため、30分程度で審査は終了します。

一方、銀行のカードローンでは、警察庁のデータベースへ問い合わせるなどの手間をかけた慎重な審査を実施しています。

とはいえ、消費者金融等のカードローンと同様、スコアリングを導入しているため、長くても数営業日内に審査が終了します。

利用方法

ローンカードをATMに挿入して現金を借り入れるまでの手順は、クレジットカードのキャッシングとまったく同じです。

提携ATMにローンカードを挿入して、枠内の金額を指定すれば希望額を借り入れることができます。

なお、大手消費者金融のカードローンは、ローンカードを使わない振込融資も利用可能です。振込融資の利用手順は以下の通りです。

振込融資の手順

  1. 振込融資に用いる金融機関の口座を登録する
  2. 会員ページか会員用コールセンターで振込融資の申込をする
  3. 振込先の口座のキャッシュカードが利用できるATMで借入金を引き出す

メリットとデメリット

カードローンのメリットとして、申込から融資までのスピードが速いこと、無担保・無保証人で契約できること、何度でも借入できることを挙げられます。

一方、デメリットとしては何度も借り入れていると完済が遠のくこと、金利が高いことを挙げられます。

なお、カードレス融資が可能なローン商品であっても、契約する際にはかならずローンカードを発行しなくてはならないケースもあります。

ローンカードを発行したくない方は、カードレス契約が可能かどうかを確認してから申し込みましょう。

カードローンのメリット

  • 審査時間が短い(最短30分であることが多い)
  • 消費者金融では即日融資が可能
  • 対応するATMが多い
  • 融資限度額内なら何度でも借入と返済を繰り返せる
  • 毎月の最低返済額が低めに設定されている
  • 担保や保証人は不要
  • 振込融資を利用できることが多い
  • 簡単に追加返済できる
  • 融資上限額が高め(大手消費者金融では500~800万円)

カードローンのデメリット

  • 適用金利が高め(消費者金融では年17~18%、銀行では年13~15%)
  • 借入を繰り返すと完済までに時間がかかる
  • ローン用のカードを発行しなくてはならないことが多い

どう使い分ける?クレカキャッシングとカードローン

クレジットカードのキャッシングもカードローンもどちらも優れた借入方法です。

紹介したメリットとデメリットを参考に使い分けてください。どう使い分けるか迷ったときには、以下のポイントで選んでみましょう。

キャッシングの選び方

  • 高額を借りたい→カードローン
  • 提携ATMの多さを重視→カードローン
  • 早期完済を目指したい→カードローン
  • ローン用のカードを持ちたくない→クレカキャッシング

多めのお金を借りたいのならカードローン一択

クレジットカードのキャッシングは最大でも50万円程度、ゴールド以上のステータスカードでも200万円ほどが上限です。

一方、カードローンなら500~800万円が一般的な上限ですので、高額融資を受けることも可能です。

いつかは高額融資が必要になるかもと思うなら、最初から高額融資が可能なカードローンを選んでおきましょう。

提携ATMの多さで選ぶときもカードローンがおすすめ

大手消費者金融のカードローンはいずれもコンビニATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATM)が利用可能です。

一方、クレカキャッシングはカードローンと比べると提携ATMが少なめです。

また、カードローンでは自社ATMや一部の提携ATMを手数料無料で利用できるのに対し、クレジットカードのキャッシングは自社ATMがないことが多く、提携ATMもすべて手数料がかかることが一般的です。

提携ATMの多さ、手数料の安さで選ぶなら、カードローンに軍配が上がります。

早期完済を目指す場合もカードローンがおすすめ

クレジットカードのキャッシングはリボ払いと一括払いを選択できることが多いですが、初期設定でリボ払いになっていることもあるため、返済が長引きがちです。また、任意に多めに返済したいときも、カスタマーセンターに電話をして指定の口座に振り込むなどの面倒な手間がかかります

一方、カードローンなら、ローンカードやインターネットバンキングを利用して好きなときに追加返済が可能です。気軽に多めに返済できるため、早期完済&利息軽減が叶いやすいのです。

カードでバレたくない方にはクレジットカード

クレジットカードなら、持っていてもローンを利用しているかどうかが分かりにくいです。

また、ローンを利用するからといって新たにカードを発行する必要がありませんから、カード類を増やしたくない方にも適しています。

一方、カードローンのローンカードはローン専用のカードですから、持っているだけでローンを利用していることがバレてしまいます。

自宅に保管しても家族が見つける可能性がありますので、カードでバレたくない方はクレカキャッシングを選びましょう。

利便性で選ぶならカードローン!おすすめ商品を紹介

クレジットカードのキャッシングと比べると、利用限度額が大きく提携ATMが多いカードローン。

審査通過直後の金利はどちらも年18%ほどと同程度ですが、カードローンは融資限度額の上限が高いために利用可能額が増えると適用金利が下がり、長期的に使い続けることで金利もお得になる可能性があります

カードローンの中でも利便性・融資までのスピードがともに優れているのが大手消費者金融のカードローンです。

自動契約機が全国津々浦々にあり、急いでいるときや自宅に郵便物を送ってほしくない方もスムーズに契約とローンカード発行ができます。とりわけおすすめの5商品を紹介します。

即時振込可能な時間が長い!アコム

アコムではカードレス契約には対応していないため、かならずローンカード(アコムカード)を発行しなくてはなりません。

しかしその分、振込融資の使い勝手が良く、多くの銀行で営業時間外でも即時振込を利用できるようになっています

現金引き出しよりも振込融資を利用する方には、特におすすめのカードローンと言えるでしょう。金融機関別の即時振込対応時間を以下にまとめました。

即時振込対応時間
楽天銀行 毎日0:10~23:49
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
月曜日9:00~23:49
火~金0:10~23:49
土日祝9:00~19:59
モアタイム加盟金融機関 月~金9:00~17:29
その他の金融機関
月~金9:00~14:29

※モアタイム加盟金融機関には、京都銀行や千葉銀行、横浜銀行等の多くの地方銀行と信用金庫、信用組合が含まれます。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

カードレスでも利用可能!プロミス

プロミスはローンカード(プロミスカード)を使った借入だけでなく、スマホATMや振込融資にも対応している使い勝手の良いカードローンです。

しかもカードレス契約にも対応していますので、ローンカードを発行したくない方にも適しています。

最初の借入の翌日から30日間無利息が適用されたり、三井住友銀行のATMなら手数料無料で利用できたりと、お得かつ便利なサービスが多い点も特徴です。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

ATM手数料がどこでも無料!レイクALSA

AIを使った最短15秒審査など、カードローンにもハイテクノロジーを活用したレイクALSA。振込融資にも対応していますが、レイクALSAの良さを活かすならATMを使った現金借入・現金返済がおすすめです

レイクALSAではすべての提携ATMの手数料が無料ですので、ローンカードを使ってもスマホATMを利用しても常に無料で借入・返済できます。

なお、レイクALSAの提携ATMは以下の通りです。

レイクALSAが利用できるATM
レイクALSAの提携ATM
セブン銀行、ローソン銀行、イーネット、イオン銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、クレディセゾン
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる無利息サービス!※
審査時間 申込み後最短15秒
融資時間 Webで最短60分融資も可
実質年率 4.50〜18.00%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 最小1万円〜最大500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円を超える場合提出必要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要 ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合必要 ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8~22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります ※無利息期間:初回契約翌日から60日間全額もしくは180日間5万円分の利息が無料のどちらかを選べます ※無利息期間:Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります ※無利息期間:60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで ※無利息期間:30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません ※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります

スピード融資に定評!アイフル

アイフルでは最短30分のスピード審査を実施しています。

しかし、特別急いでいる方は、0120-337-137(毎日9:00-21:00)に電話をかけるとさらに審査をスピーディに進めてくれます。急いでいる方にこそ適したカードローンと言えるでしょう。

なお、アイフルもカードレス契約やスマホATMに対応しており、ローンカードなしに活用することができます。

アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 原則不要(※)
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

三井住友銀行で利用可能!SMBCモビット

カードローンの中でもとりわけ早くからカードレス契約を実施しているSMBCモビット

WEB完結申込なら、勤務先に電話がかかってこないだけでなく、個人の携帯電話にも申込内容を確認する電話がかかってきません。

また、ローンカード(モビットカード)を発行した場合でも、三井住友銀行のATMなら時間や曜日に関係なく無料で借入・返済ができる点も魅力です。

SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 なし
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット ※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。

キャッシングの申込から審査・借入までの流れ

キャッシングを利用するためには、クレジットカードであれカードローンであれ、まずは利用するローン会社を決めて申し込むことから始めなくてはなりません。

申込から審査・借入の流れを見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシングの流れ

クレジットカードのキャッシング枠を利用するためには、キャッシング枠のあるクレジットカードに申し込まなくてはなりません。

申込方法にはいくつかありますが、もっとも手軽かつスピーディにクレジットカードを発行できるのはインターネットを用いた方法です。

クレジットカード申込からキャッシングまでの流れは以下の通りです。

クレカキャッシングの借入までの流れ

  1. キャッシング枠のあるクレジットカードを選ぶ
  2. 申込フォームキャッシング希望額に0以外の数字を記入して送信する
  3. 本人確認書類や収入証明書類をアップロードなどで提出する
  4. 在籍確認のため、自宅や勤務先に電話がかかってくる
  5. 審査通過時には1~2週間後にクレジットカードが郵送される
  6. クレジットカードを提携ATMに挿入して借入手続きをする

カードローンのキャッシングの流れ

カードローンはローン専用の商品ですので、クレジットカードとは異なり、どのように申し込んでもキャッシング(=借入)は可能です。

クレジットカードと同様、申込方法は多様に用意されていますが、大抵のケースにおいて最短でキャッシングできるのはインターネットを用いた方法です。

以下の流れに沿って手続きを進めてください。

カードローンの借入までの流れ

  1. 申込フォームに必要な情報を記入する
  2. 本人確認書類や収入証明書類をアップロードなどで提出する
  3. 在籍確認のために、自宅や勤務先に電話がかかってくる
  4. 審査に通過した場合はローンカードが発行される。自宅に郵送されるが、大手消費者金融では自動契約機でローンカードを受け取ることもできる
  5. ローンカードを自社ATMや提携ATMに挿入してキャッシングをする。ローンカードを使わずに振込融資を受けることもできる

キャッシングを利用する際の注意点

クレカキャッシングもカードローンもお金を借りるという点では同じです。お金を借りると返済する義務を伴いますから、本当に必要な金額だけを吟味して借り入れることが大切です。

借入と返済のバランスが崩れると家計が厳しくなり、生活が苦しくなることもあります。

賢く生活にキャッシングを活かしていくために知っておきたい点を紹介しますので、借入前にぜひ心に留めておいてください。

キャッシングは金利が高め!早めに返済しよう

キャッシングはローン商品の中でも金利が高めの借入方法です。そのため、借入期間が長引くと利息が高くなり、生活を圧迫する恐れがあります。

とにかく早めに返済することを意識して利用しましょう。

使途が決まっている方は低金利の目的別ローンで借りよう

借入金の使途が決まっているときは、クレジットカードのキャッシングやカードローンではなく銀行の目的別ローンを利用してください。

目的別ローンとは教育費やリフォーム費、ブライダル費などの特定の用途にのみ使用できるローンで、使途が限定されている分、低金利で借りられます。

低金利が適用されると、少々返済期間が長引いても利息が膨れ上がらず、家計を圧迫しにくくなります。

ただし、使途自由のクレカキャッシングやカードローンと比べると審査が長引き、使途を証明するための書類を提出するなどの手間もかかるという点はご留意ください。

銀行のフリーローンはカードローンより金利が低い

必要なときに必要な金額だけ借りられる点が、クレカキャッシングとカードローンの魅力です。しかし、利便性よりも低金利にこだわる場合は、銀行のフリーローンを検討してみてください。

フリーローンは契約時にまとめてお金を借りる借入方法ですが、カードローンよりは低金利に設定されていることが多く低利息で借りられます。

しかも、何度も借入しないために返済期間が長引かない(契約時に返済期間が決定する)という魅力もあります。

最低返済額だけを返済していると利息が高くなる

家計に余裕がないときは、最低返済額だけを返済するのも仕方のないことです。

しかし、いつも最低返済額だけを返済していると、返済期間が長引き、利息が増えてしまいます。適度に任意返済を組み入れていれて、早めに完済するようにしましょう。

特に口座振替で返済している場合は、毎月自動的に最低返済額だけが引き落とされてしまうため、放っておくと返済期間が最長になってしまいます

毎月1回は「多めに返済しよう」と意識し、任意返済を実行するようにしてください。

カードローンは借入残高を常に把握しておこう

クレカキャッシングもカードローンも、何度も借入・返済できる点が魅力です。しかし、何度も借入と返済を繰り返していると、「今、いくら借りているのか」が分かりにくくなってしまうのも事実です。

少なくとも1ヶ月に1度は会員ページやATM明細書をチェックして、借入金額を把握しておくようにしてください。

借入額が多い=利息が高いということですから、借入残高はなるべく少なくするように心掛けましょう。

賢くキャッシングを利用すると生活が豊かに

今すぐお金が必要なときには、クレジットカードやカードローンを活用したキャッシングが便利です。

いずれもカード1枚でお金が借りられるだけでなく、一度契約しておくと何度でも借入できるというメリットがあります。

しかし、便利な反面、使い過ぎてしまうことや借金額が分からなくなってしまうことなどのリスクもあります。

リスクを充分に把握した上で、賢くキャッシングを活用していきましょう。

関連記事