更新日:

アイフルの保証会社はどこなのか?アイフルが保証する商品に申込むときの注意点も解説!

アイフルの保証会社はどこなのか?アイフルが保証する商品に申込むときの注意点も解説!

カードローン商品では、保証会社が保証業務・審査業務を請け負っているケースが少なくありません。では、大手消費者金融のアイフルも保証会社を利用しているのでしょうか?

実は、アイフルには保証会社が付いていません。歴史ある消費者金融のアイフルは独自の審査ノウハウを活かし、保証会社を利用せずに自社で与信管理をおこなっています。

この記事では、アイフルに保証会社が付いていない理由と利用者への影響、反対にアイフルが他社のカードローンで保証会社を務める場合についても解説してきます。

アイフルのカードローンには保証会社が付いていない

ほとんどの銀行カードローンでは、保証会社が保証業務や審査業務を請け負っています。保証業務とは、返済が遅れたときに代わりに返済(代位弁済)したり、利用者に返済を請求したりすることを指します。

ところが、アイフルのカードローンには保証会社がついていません。

多くの融資実績を持つアイフルは、独自の与信ノウハウを蓄積しています。そのため、保証会社に審査や保証を依頼する必要がなく、与信管理を自社内で完結させているのです。

アイフルの審査は最短30分。審査から融資までを一貫して自社でおこなっているからこそ、これだけの審査スピードを実現できているのかもしれません。

アイフルが保証会社を務めるカードローンは?

自社のカードローンでは保証会社を付けていないアイフルですが、実は他社のカードローンの保証会社を務めている場合があります。

これは、アイフルの審査ノウハウと与信管理の実績が信頼されている証拠ともいえるでしょう。

銀行カードローンの商品概要を見ていると、アイフル株式会社だけでなく、アコム株式会社やプロミスを展開するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社など、大手消費者金融が保証会社としてしばしば登場します。

長年にわたって融資の実績を積み重ねてきた大手消費者金融の与信ノウハウは、金融機関のローン商品展開を支える心強い味方なのです。

この章では、アイフルの信用保証事業と、保証提携を結んでいるカードローン商品についてご紹介します。

アイフルは信用保証事業を展開している

アイフル株式会社は、「アイフル」と「ライフカード」のブランドで、個人向け無担保ローンや法人・事業者向け事業者ローンの保証事業を展開しています。

つまり、アイフル株式会社が他社のローン商品の保証会社になっているのです。

アイフルがカードローン商品の保証会社を務める場合、アイフル・金融機関・利用者の関係性は下記のようになります。

信用保証事業の仕組み
アイフル ・利用者と保証委託契約を結ぶ
・返済遅延時は金融機関に代位弁済金を支払う
金融機関 ・利用者とカードローン契約を結ぶ
・アイフルに保証料を支払う
・利用者に融資する
利用者 ・アイフルと保証委託契約を結ぶ
・金融機関とカードローン契約を結ぶ
・金融機関に返済する

利用者は、契約の際にアイフルとも保証委託契約を結ぶことになりますが、その点はカードローンの契約書に記載があるため、特別な手続きを踏む必要はありません。

また、返済先もアイフルではなくカードローンを展開する金融機関になるので、利用者に対して保証会社が与える影響はほとんどありません。

アイフルと保証提携しているローン一覧

下記のようなローン商品では、アイフルが保証会社を務めています。

アイフルが保証会社を務めるローン商品の例

  • 千葉興業銀行「あんしんアップ」
  • 宮崎太陽銀行「キャッシュフル」
  • 沖縄海邦銀行「アイカードくじらくん」
  • りそな銀行「りそなビジネスローン『活動力』」
  • 東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

アイフルは、地方銀行からメガバンク、ネット銀行まで、幅広いローン商品の保証業務・審査業務を担っています。

もちろん、上記の商品はほんの一例です。

2020年3月末時点では、「アイフル」ブランドの提携金融機関は143行、「ライフカード」ブランドの提携金融機関は160行であり、数多くの金融機関でアイフルはローン商品展開の一翼を担っています。

アイフルが保証会社を務めるカードローンに申込むときの注意点

新規で申込もうとしたカードローンの保証会社がアイフルだったとき、「アイフルと同じ審査難易度なの?」、「アイフルでの利用実績は審査に影響を与える?」など、いくつかの疑問を覚える方もいることでしょう。

そこで、アイフルが保証会社を務めるカードローンに申込むときの注意点をご紹介します

注意点
  • アイフルの審査基準と保証会社としての審査基準は異なる
  • アイフルでの利用実績が審査結果に影響を与えることはない

まず、アイフルの審査基準と保証会社としての審査基準は異なります。そのため、当然のことながら両者の審査結果が相違する場合もあります。

次に、アイフルでの利用実績が審査結果に影響を与えることはないので、アイフルを利用しているからといって、審査が有利になることを期待してはいけません。

それぞれの注意点について、順番に解説して行きます。

アイフルの審査基準と保証会社としての審査基準は異なる

アイフルが保証会社として審査業務をおこなうときは、保証先のカードローンの審査基準を反映した審査を実施します。

そのため、アイフルの自社カードローンの審査難易度と、アイフルが保証するカードローンの審査難易度は異なります。

また、同じ「アイフルが保証会社を務める銀行カードローン」だとしても、商品が変われば審査基準・審査難易度も変わります。

銀行カードローンの商品概要に「保証会社:アイフル株式会社」と記載されていると、つい「消費者金融なので審査が甘いのかな?」と期待してしまうかもしれません。

しかし、実際のところは、アイフルが保証会社であるからといって審査に通りやすくなることはありません。

アイフルでの利用実績が審査結果に影響を与えることはない

また、アイフルで利用実績があるからといって、アイフルが保証会社のローンで有利になることはありません。

カードローンを展開する消費者金融としてのアイフルの審査と、保証会社としてのアイフルの審査は別物です。アイフルでの利用実績は個人情報なので、他社の審査に活用される可能性はまずありません。

しかし、返済実績が信用情報に記録されている場合は、そこから「きちんと返済できる方だ」ということがわかるので、審査で有利に働く場合もあります。

反対に、返済に遅れた履歴が信用情報に残っている場合は、審査落ちの原因になるでしょう。この点は、保証会社の有無にかかわらず、カードローン審査の通例となります。

アイフルの保証会社まとめ

アイフルには、カードローン会社としての顔と保証会社としての顔があります。

独自の審査体系と与信ノウハウを確立してきたアイフルは、保証会社に頼らずに自社で審査を実施しています。さらに、融資実績を活かして他社のローン商品で保証会社を務めることもあります。

アイフルの審査難易度と、アイフルが保証会社を務めるローン商品の審査難易度は異なります。なぜなら、保証会社としての審査は、保証する商品の審査基準に沿っておこなわれるからです。

また、アイフルの利用実績が、保証する商品の審査に影響を与えることもありません。アイフルが保証するローン商品だからといって、「アイフルを利用していれば審査で有利になる」ということはないので注意しましょう。

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アイフルの審査に関する記事

アイフルに関するその他の記事