更新日:

アイフルに住所変更を届け出る必要はある?連絡しないことで生じるデメリットも紹介

アイフルに住所変更を届け出る必要はある?連絡しないことで生じるデメリットも紹介

アイフルを利用中に引越しなどで住所が変わる場合は、新しい住所を届け出る必要があります。

しかし、アイフルに住所変更の届け出をする機会というのは、そう多くありません。なかには「アイフルに住所変更の届け出をする方法が分からない…」という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、アイフルに住所変更の届け出をする方法や、住所変更しなかった場合に生じるデメリットなどについて紹介します。

アイフルを利用中に住所変更したときは届け出が必要になる

アイフルに限ったことではありませんが、消費者金融を利用している途中で住所が変わった場合、新しい住所をかならず届け出る必要があります。

そもそも、アイフルではあなたが申込みした際に申告した内容をもとに審査をおこない、信用できると判断したためあなたにお金を貸しています。

しかし、申告した内容に変更があったのに届け出がされていないと「申告した内容を信頼してお金を貸している」という前提が崩れてしまいますよね。そのため、住所変更の届け出は必須となっているのです。

また、住所以外にも勤務先電話番号など、申込みした際に申告した内容に変更があった場合も基本的に届け出が必要になるので、もしも変更があった際は忘れずに届け出るようにしましょう。

アイフルに申告した情報を変更する方法

住所や電話番号、勤務先の情報などの変更は、アイフルの会員サービス電話店頭などで簡単に変更の手続きをすることが可能です。これは、実際にアイフルのQ&Aページからも確認することができます。

Q.住所・勤務先・氏名を変更した場合はどうすればいいですか?

A.変更のお届けは、会員サービスの各種変更にて24時間受付しております。また、会員様専用ダイヤル(0120-109-437)や店頭窓口、契約ルームでも各種変更をうけたまわります。

では、具体的にはどのようにして変更すればいいのでしょうか。以下で、アイフルに申告した情報を変更する具体的な方法を見ていきましょう。

1.会員サービスから変更する

スマホやパソコンなどでネットを利用できる方は、アイフルの会員サービスから住所変更の手続きをすることが可能です。

なお、会員サービスへは、まずアイフルの公式サイトにアクセスし、トップページにある「会員ログイン」という項目からアクセスすることができます。

また、スマホアプリの場合は「お取引状況」画面の右上にある「会員メニュー」の項目から変更できるので、自分に合った方法で変更してください。

ちなみに、会員サービスではアイフルに申告した情報の変更以外にも、利用残高や返済日などを確認できるので、こまめにアクセスする癖をつけておくといいかもしれません。

⇒会員サービスのログインページはこちら

2.会員専用ダイヤルへ電話して変更する

住所や電話番号などアイフルに申告した情報の変更は、アイフルの会員専用ダイヤルへ直接連絡して変更することも可能です。

電話が繋がったらオペレーターに「住所が変わったので連絡しました」と伝えましょう。そのまま手続きしてもらうことができます。

また、アイフルの会員専用ダイヤルでは、住所変更などの手続き以外にも、利用に関する疑問点や融資の相談など、幅広い内容に対応してもらえますので、なにか困ったことがあったら積極的に問い合わせてみましょう。

ちなみに、会員専用ダイヤルの受付時間は、平日9時~18時までとなっています。土日祝日は対応していないので気をつけてください。

3.店頭窓口、契約ルームへ来店して変更する

アイフルの店頭窓口や契約ルームへ来店することで、住所変更などの各種手続きをしてもらうことができます。

店頭窓口の場合は直接スタッフが、契約ルームの場合は契約ルーム内にある電話機を使ってオペレーターに住所変更の手続きを進めてもらうことになります。

なお、アイフルの店頭窓口の営業時間は平日9時~18時まで、契約ルームの営業時間は土日祝問わず8時~22時まで(一部店舗を除く)となっていますので、間違えないように注意しましょう。

店頭窓口よりも契約ルームのほうが店舗数が多いので、多くの方にとって利便性が高いのではないでしょうか。とくに、住所変更だけであれば対面で手続きをする必要が少ないので、待ち時間も少ない契約ルームの利用はおすすめです。

契約ルームの利用の流れや注意点については、下記の記事で詳しく説明しています。

アイフルの無人契約機(自動契約機)を解説!「てまいらず」の営業時間や必要書類をご紹介

アイフルに住所変更の連絡をしないことで生じる4つのデメリット

住所が変わったのにもかかわらず、アイフルへ住所変更の連絡をしないでいるとさまざまなデメリットが発生します。とくに代表的なデメリットだといえるのが以下の4つです。

デメリット
  • 利用限度額を減額される
  • 次回の審査時にマイナスの影響が及ぶ
  • 必要な郵送物が届かなくなる
  • 利用停止になる

「住所が変わったのに届け出をしない」という行為は、アイフルからの信用を大きく失ってしまう原因になりかねません。

信用を失うと利用限度額が減ってしまったり、増額審査に悪い影響が出る可能性があるなどのほか、最悪の場合利用停止になってしまう可能性もあります。

そのため、住所が変わった際はもちろん、勤務先や電話番号など申込みした際の情報に変更があった場合は、なるべく早めに変更を届け出るようにしましょう。

アイフルで住所変更する方法まとめ

今回の記事では、アイフルで住所変更する具体的な方法や、住所変更しなかった場合に発生するデメリットについて紹介しました。

住所変更の手続きと聞くと「なんだか面倒そう…」と思う方もいるかもしれませんが、手続き自体はネットでも可能ですし、そこまで手間はかかりません。

住所変更をしないと最悪利用停止になってしまうなど、さまざまなデメリットが発生してしまうので、新しい住所が分かった段階で届け出ておきましょう。

<参考>
アイフル公式サイト「よくある質問」
アイフル公式サイト「会員ログイン」

作曲・編曲などの仕事を経て、専業ライターに。音楽系の記事が得意と思われがちですが、金融・ビジネスに関するテーマが一番得意です。自身が経済的に苦労した経験を活かし、誰よりも分かりやすくお金の知識をお届けします。他にもプログラミング、webデザイン、VODなど様々なジャンルの記事を執筆しています。趣味はプログラミング・アニメ・旅行・ギターの演奏・ミルクティーの飲み比べ。投資にも興味があり、お金の上手な使い方を勉強中です。

谷本 健の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アイフルの増額に関する記事

アイフルの返済に関する記事

アイフルに関するその他の記事