更新日:

カードローンには年齢制限がある?何歳から何歳まで申し込めるのか詳しく解説

カードローンには年齢制限がある?何歳から何歳まで申し込めるのか詳しく解説

カードローンには、年齢制限はあるのでしょうか?

この記事では、何歳から何歳までカードローンに申込可能なのか説明していきます。また、大手カードローンの年齢制限比較表や、年齢制限が高めの商品などもご紹介します。

利用したいカードローンによって年齢制限は異なる!

カードローンの年齢制限は、カードローンの商品によってそれぞれ異なります。各商品には申込条件が定められており、そのなかには多くの場合、年齢制限も含まれているのです。

とくに上限年齢は、商品によって差が出やすい部分です。60歳までしか利用できない商品もあれば、80歳近くまで利用可能な商品もあります。

一方で下限年齢は、原則として20歳以上です。クレジットカードは18歳から利用できる場合もありますが、カードローンと混同しないように気をつけましょう。

現在借りているカードローンで年齢制限の上限に達したらどうなる?

現在すでにカードローンを利用している方が、上限年齢に達したらとどのような扱いになるのでしょうか? ご高齢の方は心配になってくるかもしれません。

原則として、上限年齢を越えた場合にはカードローン契約の更新はできなくなり、追加融資もできなくなります。

ただし、商品によっては、契約の更新時期までは上限年齢を超えていても追加融資を受けられることがあるようです。

また、上限年齢に達したからといって、返済の義務がなくなるわけではありません。上限年齢を超えると契約の更新や追加融資はできませんが、返済だけは続けていくことになります。

ただし、急に一括返済が求められるわけではありませんので、ご安心ください。上限年齢に達しても約定返済を今までどおり続けることは可能で、もちろん任意返済や一括返済を選択することもできます。

大手カードローンの年齢制限を比較してみよう

それでは、大手カードローンの年齢制限はどのようになっているのでしょうか? 早見表を作ってみました!

大手カードローンの年齢制限
カードローン 上限年齢 下限年齢
三井住友銀行 カードローン 69歳以下 20歳以上
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 65歳未満 20歳以上
みずほ銀行カードローン 66歳未満 20歳以上
アコム 69歳以下 20歳以上
プロミス 70歳未満 20歳以上
アイフル 70歳未満
20歳以上
レイクALSA 70歳以下 20歳以上
SMBCモビット 69歳以下 20歳以上

大手銀行カードローンの場合には下限年齢は変わらないものの、上限年齢は3社ともに違っています。このように、銀行カードローンの年齢制限は、銀行ごとに異なる傾向にあります。

3大メガバンクのなかで、最も上限年齢が高いのは三井住友銀行のカードローンの「69歳以下」ですね。バンクイックは65歳未満、みずほ銀行カードローンは66歳未満と、消費者金融と比べると低めの上限年齢といえるでしょう。

一方、大手消費者金融のカードローンでは、レイクALSAの上限年齢が「70歳以下」と少しだけ高くなっている以外には違いはなく、いずれも20歳〜70歳未満/以下を年齢制限としているようです。

専門家からのコメント

坂根賢
弁護士
坂根 賢

カードローンで年齢の上限が設けられている一番の趣旨は、カードローンを組んだものの返済ができなくなってしまうという事態を金融機関が避ける趣旨になります。

上記カードローンの年齢上限は65歳から70歳と幅がありますが、現在の日本企業は、希望する社員全員を65歳まで継続雇用する義務を負っておりますので、65歳までは少なくとも返済能力があると考えるのが一般的といえます。

それを超えて何歳まで返済能力があると考えるかは各金融機関の裁量の範囲内といえます。

年齢の下限が20歳となっている理由は、一般的に20歳頃から返済能力が備わってくるという点もありますが、一番は改正前民法で20歳未満の者が単独で行った契約は取消が可能(未成年取消)とされていた点にあると考えられます。

しかし、令和2年4月1日より、民法が改正され、成人年齢が18歳となりましたので(つまり、民法の未成年取消は18歳未満の法律行為に適用されることになりました)、今後はカードローンの下限年齢も18歳以上に変わっていくかもしれません。

銀行カードローンの年代別利用状況

上記の早見表を見ると、年齢制限上は20代〜60代の人が銀行カードローンを利用できることになっています。それでは、本当に20代〜60代という幅広い年代の方がカードローンでお金を借りているのでしょうか?

実際に、銀行カードローンを利用している人のデータを見てみましょう。

金融庁の「貸金業利用者に関する調査・研究」によると、銀行カードローンを3年以内に利用している人の年代分布は下記のようになっています。

年代分布
20代 30代 40代 50代 60・70代
14.9%
19.2%
23.9%
21.0%
21.0%

これによると、銀行カードローン利用者のプロフィールでは、60・70代の利用者で3年以内に利用したとする人の割合は、全体の利用者の21.0%を占めています。

データからは、上限年齢が近くなっても、カードローンを利用している人の数は少なくないことがわかります。銀行カードローンの上限年齢はただ記載されているだけでなく、本当に60〜70代の高齢でも借りることができるのですね。

消費者金融の年代別利用状況

さらに、消費者金融についても見てみましょう。

5大消費者金融のカードローンは、上限年齢にほとんど違いはありません。そんな5大消費者金融について、マネ会に寄せられた口コミをもとに、利用者の年齢分布を分析してみました。

カードローン利用者の年代分布
20代 30代 40代
50代 60代以上
212人 131人 41人 9人 1人

マネ会に寄せられた口コミを見てみると、20代・60代の方が全体の54%を占めており、下限年齢・上限年齢に近い方でも問題なくカードローンでお金を借りられることがわかります。

さらに、60代以上の方は1人と少なくなっていますが、これは口コミをWeb上で集計したためで、実際の人数はもっと多いことが想定されます。

例えば、アイフル「みんなの情報」を見てみると60代〜の方が14.0%を占めていることから、上限年齢に近い方でも問題なく消費者金融でお金を借りているといえるでしょう。

70歳以上でも利用可能なカードローンはある?

前章でご紹介した大手カードローンは、上限年齢が高いものでも70歳以下でしたね。

実は、70歳以上でも利用できるカードローンは存在します。例えば、下記のような商品では、上限年齢が70歳を超えています。

70歳を越えていても申し込めるカードローン
カードローン 上限年齢
セゾンファデックス 80歳まで
北海道銀行カードローン 74歳まで

このように、カードローンの上限年齢はそれぞれ異なるので、利用したいカードローンの申込条件を確認するとよいでしょう。

なお、高齢者がカードローンを利用するときの注意点については、下記の記事で詳しく解説しています。

高齢者がカードローンを利用するときの注意点は?70歳以上でも利用できるおすすめ商品もご紹介

年齢が高すぎる・低すぎると審査落ちの原因になる?

年齢が高すぎる・低すぎることが、審査落ちの原因になることはあるのでしょうか? 下限年齢になったばかりだったり、もうすぐ上限年齢に達したりする場合、審査にマイナスの影響を与えることはあるのか気になるところですよね。

結論からいうと、年齢が高すぎる・低すぎるという理由だけでカードローン審査落ちになる可能性は低いといえるでしょう。

各社のカードローン審査で最も重視されるのは、「十分な返済能力があるか」という点です。上限年齢や下限年齢に近くても、十分な返済能力があると判断されれば、問題なくお金を借りることができます。

ただし、例えば成人したばかりで十分な収入がない場合や、収入が年金だけけで定職に就いていない場合などには、返済能力に十分な信頼性がないため審査にマイナスの影響が及ぶ可能性はあります。

つまり、年齢より返済能力のほうがカードローンの審査では重視される、と考えておくとよいでしょう。

専門家からのコメント

坂根賢
弁護士
坂根 賢

あくまで年齢は形式的な基準です。

各金融機関が定める年齢制限は、少なくともその年齢の範囲内でなければ返済能力はないと当該金融機関が考えているという意味に過ぎません。

形式的な年齢制限をクリアした上で、実質面として返済能力を判断されることになります。定職についているか、他社からのローンを組んでいないか、申込額が過大でないか等が判断されることになります。

カードローンの年齢制限まとめ

カードローンの商品では、それぞれに年齢制限が定められています。

下限年齢は基本的に20歳以上ですが、上限年齢は商品によって幅があります。利用したい商品の申込条件を確認して、自分の年齢に合った商品を選びましょう。

専門家からのコメント

坂根賢
弁護士
坂根 賢

カードローンは大手都市銀行、地方銀行、ネット銀行、消費者金融等、様々な金融機関がその商品を提供しており、消費者にとって選択肢が多く適切に利用すれば、生活に役立つローンとなっています。

しかし、ローンはあくまで借金なので、返済が滞れば、財産の差押えを受ける可能性もあり、どうしても返済できない場合には最終的に自己破産をしなければなりません。

カードローンは、自己の返済能力をしっかりと見極めた上で利用するようにご注意ください。

<参考記事>
金融庁「貸金業利用者に関する調査・研究」
アイフル「みんなの情報」

滋賀県出身。京都大学経済学部、京都大学法科大学院卒業。東京の外資系大手法律事務所にて、M&A、不動産取引、証券発行、危機管理等を含む国内外の幅広い企業法務案件を取り扱う。大阪にて独立後は、企業法務案件だけではなく、一般民事訴訟、労働事件、家事事件、債務整理案件、交通事故案件、インターネット案件、刑事事件等、個人の方の相談についても幅広く取り扱っている。2019年4月より京都大学法科大学院の非常勤講師を兼任。

坂根 賢の監修記事・プロフィール一覧へ

長く1部上場の消費者金融で経営企画課長をして、カードローン事業にかかわってきました。経営計画の担当が中心でしたが、カードローンのスコアリングシステムなどを担当するリスク管理や審査、回収などをおこなう集中センターの構築にも携わった経験があり、比較的カードローンに関しては詳しいと自負しております。また、子会社のクレジットカード会社に行っていたことがあり、カード事業の方面もいろいろ情報を提供できるかと思います。宜しくお願い致します。

野崎 照美の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事