更新日:

アコムは学生も利用可能!申込条件と必要書類、親バレしないコツを徹底解説

アコムは学生も利用可能!申込条件と必要書類、親バレしないコツを徹底解説

アコムは学生も利用できるカードローンです。しかし、すべての学生が利用できるというわけではありません。アコムを利用するために学生が満たすべき条件をまとめました。

また、親を心配させたくない方や家庭不和を避けたい方は、アコムと契約したことをできるだけ親に知られたくないですよね。親バレせずにアコムを利用する方法についても解説します。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムは学生でも申し込みができるローン?満たすべき条件をご紹介

学生は申込不可と決まっているローンは少なくありません。特に銀行カードローンは、多額の収入を得ている場合でも「学生不可」となっている商品が多いです。

しかし、アコムは学生かどうかに関わらず、2つの条件さえ満たせば申し込み可能です。

アコムの申し込みに欠かせない2つの条件を見ていきましょう。

アコムに学生が申し込む条件1:20歳以上であること

アコムに申し込めるのは、20歳以上69歳以下の人だけです。20歳以上であることが申込条件ですので、20歳未満の方は申込自体を受け付けてもらえません。

なお、学生を対象としたいわゆる「学生ローン」は、高校を卒業して大学や専門学校に入学している18歳や19歳も申し込めることが多いです。20歳未満の学生は、未成年も利用できる学生ローンを検討してくださいね。

学生でも親の同意は不要

学生も申し込めるローンの中には、20歳以上であっても親の同意が必要な商品もあります。しかし、アコムでは親の同意は不要です。

親に相談しなくても利用できるローンなのです。なお、学生ローンも親の同意は不要なケースが多いです。

アコムに学生が申し込む条件2:安定した収入があること

2つめの条件は、収入が安定していることです。学生ですから、ほとんどの方は正社員ではなくアルバイトとして仕事をしていることでしょう。

アルバイトによる収入が安定さえしていれば、アコムに問題なく申し込めるのです。収入が安定しているとは、毎月の収入がほぼ同じであるという意味です。

FXや株式投資で一度だけ300万円の収入を得たとしても、それは安定しているとはいえません。

毎月5万円でも良いですので、ほぼ同額の収入をコンスタントに得ていることが重要なのです。

また、単発バイトばかりしている学生も、アコムには申し込みづらいといえます。

アコムの申込フォームには勤務先の情報を記入する欄がありますので、単発バイトばかりの方では勤務先の名称や電話番号を書きづらいですよね。

学習塾やコンビニ、コーヒーショップなど、勤務先の業種は特に問われませんので、主な収入を得ている職場が1つに限定されている必要があるのです。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

学生がアコムのローンに申し込むときに必要な書類は本人確認書類だけ

アコムに申し込むために必要な書類は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類だけです。

「ローンを組むためにはたくさんの書類が必要なのでは?」と不安な方も、アコムならすぐに申し込めますね。

運転免許証やパスポートを持っていないときは、顔写真付きの個人番号カードでも申し込めます。

引っ越したばかりのときなど、本人確認書類に記載されている住所が実際に住んでいる住所と異なるということもありますよね。

本人確認書類の住所が現住所と異なるときは、健康保険証か住民票、公共料金の領収書、納税証明書のいずれかの書類を本人確認書類と一緒に提出してください。

学生証は本人確認書類として利用できない

運転免許証もパスポートも個人番号カードもない。そんなときでも、学生証は本人確認書類として提出できません。

学生証は公的書類ではなく、あくまでも学校が学生の便宜のために発行する書類です。

学生割引の設定がある美術館や映画館など施設を利用するときや社会人よりも低額の学生用定期券を購入するときなどに、学生証を提示して学生という身分を証明するための書類なのです。

アコムには学生割引制度はありませんから、学生という身分を証明する必要はありません。

学生としての身分を証明するのではなく、申込者本人が存在することを証明できる運転免許証やパスポートなどをアコムに提出してください。

どの書類も持っていない方は、個人番号カードを発行しましょう。パスポートや運転免許証は発行料金が必要ですが、個人番号カードなら取得は無料です。

ただし、インターネットで申請してから市区町村役場で受け取るまでに3~4週間ほどかかりますので、今すぐ発行することは不可能です。

収入証明書類が必要なとき

アコムで50万円を超える融資限度額を希望するときは、収入証明書類が必要です。

しかしながら、学生に50万円を超える融資限度額が付与されることは少ないですから、収入を証明する書類は不要だと思っておいて良いでしょう。

なお、アコムのカードローンは総量規制が適用されますので、年収の3分の1以下の金額なら融資限度額として申し込むことができます。

アルバイト収入が年間150万円を超え、しかも安定しているなら、アコムに50万円を超える融資限度額を申し込むことが可能になります。

50万円を超える融資限度額を希望するときは、直近2ヶ月分の給与明細書やアルバイト先から渡された最新の源泉徴収票を収入証明書類として提出してください。

とはいえ、個人的に家庭教師をしている学生などは、給与明細書や源泉徴収票はありませんよね。

企業などに所属せずにアルバイトをしている場合は、最新の確定申告書や青色申告書を収入証明書類として提出してください。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムのローン申し込みから借り入れまでの流れ

アコムの申込に必要な条件と書類を確認したら、次はいよいよアコムに申し込みます。アコムに申し込む前に、審査と借入までの流れを知っておきましょう。

必要書類の提出タイミングも紹介しますので、スムーズに審査を進めるためにも、かならず事前に必要書類を準備しておいてください。スムーズに必要書類を提出すると審査が早く終わり、融資も早く受けられますよ。

1.インターネットか電話で申し込む

アコムへの申込方法は、郵送や有人店舗、自動契約機、インターネット、電話と5つもの選択肢があります。しかし、早く審査結果を受け取りたいのなら、インターネットか電話で申し込むことをおすすめします。

郵送では書類がアコムに届くまでにも何日もかかりますし、有人店舗は数が少ない(2019年4月時点で全国に22店舗のみ)ため利用しやすいとは言い難いです。また、自動契約機は審査結果が出るまで待たなくてはなりませんので、自動契約機コーナーの中で30分以上を過ごさなくてはなりません。

すぐにローンカードを受け取りたい場合も、インターネットか電話で申し込みだけを済ませておくなら、自動契約機コーナーで過ごす時間を短縮できます。

2.審査結果はメールで届く

インターネットでアコムに申し込むと、審査結果はメールで届きます。電話で申し込んだ場合には、携帯のショートメッセージで審査結果が届きます。審査に通過していたときは、メールかショートメッセージに添付されているURLを開き、必要書類をアップロードして提出しましょう

なお、審査結果が出る前に、アコムから携帯電話に電話がかかってくることがあります。電話がかかってくるのは主に申込フォームに不備があるときで、オペレーターの質問に答えれば、審査をそのまま続けてもらえます。

3.インターネットか店舗で契約

インターネットでアコムに契約することもできます。ローンカードを後日自宅に郵送してもらう場合は、インターネットで契約しておきましょう。

自宅にローンカードを郵送して欲しくない方や今すぐローンカードを発行したい方は、審査通過後、有人店舗か自動契約機に行きましょう。店舗や自動契約機では、契約だけでなくローンカード発行の手続きもできます。

4.ATMか振込で借り入れよう

ローンカードを郵送で受け取る場合は、カード到着までに数営業日かかります。急ぎで融資が必要な方は、振込でキャッシングしてください。

平日14時までに電話で振込指示の手続きをするなら、当日中に指定した金融機関の口座にお金を振り込んでもらえます。

一方、インターネットで振込指示の手続きをすると、即日振込可能な時間帯が広がります。

例えば、あなたが楽天銀行の口座を持っているなら、曜日に関わらず毎日0:10~23:49に振込指示を出せばわずか1分で振込が完了します。

振込ではなくローンカードで融資を受けたい方は、審査通過後、有人店舗か自動契約機に行き、契約とローンカード発行の手続きをしましょう。

自動契約機の近くにアコムATMが設置されていますので、自動契約機で発行したローンカードをATMに挿入してキャッシングしてください。

一部、そばにアコムATMが設置されていない自動契約機があります。アコムATMがないときは、三菱UFJ銀行やセブン銀行などの提携ATMでキャッシングしましょう。

手数料は110~220円(税込)かかりますが、大抵のコンビニATMが利用できますので便利です。

アコムで使えるATMは? コンビニなど提携ATMの営業時間と手数料まとめ
カードローンの利用を考えている方にとって、「使えるATMがどれくらいあるのか?」というのは気になるポイントでしょう。もちろん、利用できるATMは多いほうがいいですよね。アコムの場合、全国に設置されているアコムATMのほか、コンビニATMや提携金融機関のATMも利用できます。この記事では、アコムで利用可能なATMの種類や営業時間、手数料と、借入れや返済の注意点についてまとめています。
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

学生がアコムのローン審査に通るには?

アコムのキャッシングを利用するためには、アコムのカードローン審査に通過する必要があります。審査に通過するかどうかは実際にアコムに申し込んでみないことには分かりませんが、次の3点を確認しておくだけで、審査に通過する確率を高めることができます。申し込む前に、ぜひチェックしてください。

総量規制にかからないか確認してからアコムに申し込む

チェックポイントの第一は、総量規制にかからないかという点です。アコムのカードローンは総量規制の対象内ですので、年収の3分の1を超える金額を申し込むことはできません。アコムの申込フォームの希望融資上限額の欄には、年収を計算して3で割った数以下の数字を記入してください。

金融事故を起こしていないかも確認しよう

次にチェックするポイントは、過去の金融事故です。現在、アコム以外のローンの返済を2ヶ月以上延滞していませんか?延滞している場合は、アコムの審査に通過することは困難です。速やかに滞納料金を支払い、毎月きちんと返済を続けて、返済実績を積みましょう。

また、クレジットカードの支払いや携帯電話の割賦払いも、延滞していないか確認してください。特に携帯電話本体の代金の割賦払いは、通話料金と合算して支払うことが多いですので注意が必要です。通話料金だけを延滞しているつもりでも、携帯電話本体代金の分割料金を遅延している可能性があるからです。

その他にも、過去数年の間にカードローンやクレジットカードを強制解約されたことがあるときも、アコムの審査に通過する可能性は低くなります。自己破産や任意整理などの債務整理をしたことがあるときも、アコムの審査に通過する可能性は限りなく低いと考えられます。

申告内容に嘘や間違いがないかもチェックしてから審査に進もう

チェックポイントの3つ目は、申込フォームに間違いがないかということです。会社の電話番号や住宅ローンの有無、年収などを正直に記入しているのか、送信前にかならず確認してください。

申込フォームに間違いがあっても、単なる記入ミスなのか、あなたが故意に間違った情報を入力したのかはアコム側には分かりませんよね。間違いの内容によっては、あなたが事実をねじ曲げて自分をよく見せようとわざと嘘の情報を入力したとアコムはみなします。

わざと嘘をつくような人間は、信用できませんよね。お金を貸すという行為は相手を信用しないとできない行為ですので、アコムがあなたへの融資をためらっても仕方のないことなのです。

また、基本中の基本ですが、メールアドレスが間違っていないかどうかも確認してください。メールアドレスが間違っているからといってあなたの信用が落ちるということにはなりませんが、アコムの審査結果はメールで届きますので、審査結果そのものを受け取れなくなってしまいます。どんなに急いでいるときでも、かならず2回は申込フォームを見直してから送信するようにしてくださいね。

アコムの審査はゆるい?審査に落ちないための5つのポイントや審査通過率を詳しく解説
はじめてアコムを利用する方にとっては、「アコムの審査はどれくらい通りやすいのか?」という点がもっとも気になるところでしょう。 審査の流れや、結果が出るまでにかかる時間、審査に落ちてしまう理由など、「アコムの審査」について詳しく解説していきます。

親に知られずにアコムのローンに申し込む方法

ローンを利用していることを親に知られたくない方にとっては、アコムは使いやすいと言えるでしょう。次の4点さえ注意すれば、アコムを親に内緒で利用することができます。親子間の不和をできるだけ避けたい方は、かならず次の4点を実践してください。

連絡先の電話番号にはかならず個人の携帯番号を記入する

あなた自身の連絡先としては、かならずあなた個人の携帯番号を入力してください。申込フォームに不備があったときは、まずあなた個人の連絡先に電話がかかってきますので、自宅の電話番号や家族共同で利用している携帯番号を記入しておくと、家族にバレてしまいます。

また、申込フォームに不備がなく、無事にアコムの審査に通過した場合でも、あなたが返済を延滞したときはアコムから電話がかかってきます。あなたが自宅の固定電話を連絡先として記入し、しかも電話に出た家族があなたのふりをして要件を聞くならどうでしょうか?あなたがアコムを利用していること、しかも延滞していることが家族に知られてしまうことにもなるのです。

店舗か無人契約機でアコムカードを発行する

ローンカードを発行しないカードレスタイプの契約を実施しているローン業者もあります。例えば大手消費者金融のプロミスやアイフル、SMBCモビットでは、カードレス契約が可能です。しかし、アコムにはカードレス契約がありませんので、かならずローンカードを発行しなくてはなりません

カードの受け取り方には、自宅への郵送と有人店舗での受取、自動契約機での発行の3つの方法がありますが、このうち、自宅への郵送を選んでしまうと家族にバレる可能性があります。かならず、アコムの有人店舗か自動契約機で受け取るようにしましょう。

なお、ローンカードの受取方法は契約時に選択します。間違えずに「店舗受取」を選んでくださいね。ただし、一人暮らしの方は、当然ですが店舗受取にこだわる必要はありません。お急ぎの方は店舗受取、特に急いでいない方は郵送受取をお選びください。

家族や親族の会社で働いているときはアコムに電話で相談しよう

アコムでは勤務先に電話をかけて在籍確認を実施します。あなたが本当に勤務先で勤務しているのかを知るために必要な過程ですが、あなたが家族や親族の会社で働いているときはちょっと困りますよね。

在籍確認の担当者が「アコムですが・・・」とか「カードローンのことでお電話しました」などと言うことはありませんが、電話に出た家族や親族、従業員が不審に思う可能性があります。

家族や親族などの会社で働いているとき、また、親や祖父母の自営業を手伝っているときは、アコムに正直に事情を話すのが一番です。電話でアコムに申し込むのなら、オペレーターに事情を話してください。インターネットでアコムに申し込むのなら、申込フォームを送信したらすぐにアコムに電話(0120-07-1000 毎日24時間対応)をかけて事情を話しましょう。

場合によっては、アコムが指定する書類を提出することで、電話による在籍確認を実施しないでもらえることもありますよ。

アコムの利用明細書を電子交付に設定する

アコムを利用すると、定期的に利用明細書が自宅に送付されます。ローンカードを有人店舗や自動契約機で受け取って、自宅に郵便物が届かないようにしたとしても、定期的に利用明細書が送付されるなら、アコムを利用していることが家族にバレてしまう可能性がありますよね。

利用明細書を自宅に送付して欲しくないときは、アコムの会員ページにログインし、「交付書面の受取変更登録・変更」から手続きしてください。利用明細書が自宅に届かないようになりますよ。

ただし、アコムが利用明細書を送った後に電磁交付の手続きをするなら、一度だけは利用明細書を自宅で受け取ることになります。

また、アコムの返済を延滞したときは、たとえ電磁交付に登録していたとしても督促状が自宅に届きます。

郵便物でアコムの利用を家族にバレたくないのなら、電磁交付の手続きをするだけでなく、返済に遅れないことにも注意をしてくださいね。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

学生がアコムのローンを利用するメリット

家族にバレないように注意してまで、学生がアコムのローンを利用することにメリットがあるのでしょうか。「本当にアコムを利用すべきなのか?」と悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところはメリットがないというわけでもないのです。いくつかのローンを検討している方は、次の2つのメリットに注目してください。

アコムは振込融資の対応時間が長い

アコムはATMから現金を借り入れることもできますが、振込融資を利用すれば銀行口座に直接お金を振り込んでもらうこともできます。家賃や学費、公共料金などの口座振替のお金が足りないときは、ATMから現金を借り入れるよりも振替口座に直接振り込んでもらう方が簡便で良いですよね。

アコムでは、楽天銀行なら曜日に関わらず1分程度で振り込んでもらえます。また、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかなら9:00~19:59であればの1分程度、その他の金融機関も平日9:00~17:29なら1分程度で振り込んでもらえます。即時振込の対応時間が長いですので、今すぐ入金しなくてはならないときも便利ですよね。

学生は社会人よりも生活時間が不規則になりがちですので、アコムのように即時振込の対応時間が長いカードローンは使い勝手が良いと言えるのです。

金融機関 1分振込に対応している時間帯
楽天銀行 毎日 0:10~23:49
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
月 9:00~23:49
火~金 0:10~23:49
土日祝 9:00~19:59
モアタイム金融機関 月~金 9:00~17:29
コアタイム金融機関 月~金 9:00~14:29

アコムでのローン利用が就職先にバレることは少ない

就職が近づいてくると、就職先への印象も気になりますよね。学生時代からアコムなどのカードローンを利用しているということが就職先に知られてしまったら、あまり良い印象を持ってもらえないような気がします。

しかし、ご安心ください。アコムは利用者の情報を他に漏らすことはありませんので、あなたが直接勤務先の人に「アコムを利用しています」と伝えたり、勤務先があなたの信用情報を調べることになったりしない限り、アコムの利用を知られることはありません。

ところで、アコムへの返済を滞納して自己破産し、官報に名前が出るようなことになるならば、就職先の人に知られてしまうという風に説明しているサイトも多数見られますよね。しかしながら、破産者が就業できない弁護士などの仕事以外では、かならずしも就職予定の学生の名前が官報に載っているのかどうか確認するとは限りません

とはいえ、やはり官報に載っているということは、いつ破産の事実を知られるか分からない状態であることも間違いありません。アコムを利用するなら、毎月しっかりと返済し、延滞することがないように心掛けましょう。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムは学生が利用しやすいカードローン

学生が利用できるのは学生ローンだけではありません。

学生ローンは「学生」と名前がついているため、何となく学生に優しいようなイメージがありますが、実際のところは普通の消費者金融ですので、金利が安いわけでもなく、審査が特別に甘いというわけでもないのです。

また、学生ローンは経営規模が小さいため、利用できる金融機関が限られていたり、返済はかならず銀行振込を利用しなくてはならなかったり(手数料は利用者負担)など、不便な点が多いのも事実です。

行きやすい場所に学生ローンの店舗があるときは別ですが、そうでないのなら全国どこでも利用可能なアコムを検討してみても良いですね。

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの借り方に関する記事

アコムの金利に関する記事

アコムの増額に関する記事

アコムの返済に関する記事

アコムに関するその他の記事