更新日:

アコムの利用は周囲にバレない?家族・親・会社に内緒で利用するためのコツを徹底解説!

アコムの利用は周囲にバレない?家族・親・会社に内緒で利用するためのコツを徹底解説!

消費者金融を利用する際に「家族や会社の同僚にバレないようにお金を借りたい…」と考えたことはありませんか?

借金があることは誰にも知られたくないですし、消費者金融を利用している事実もできれば秘密にしたいですよね。ただ、消費者金融のアコムなら、工夫次第で誰にもバレないでお金を借りることが可能です。

今回はカードローンの利用がバレてしまう原因や、消費者金融のアコムをバレずに利用する方法について紹介します。

アコムなら家族・親・会社にバレないでお金を借りられる!

消費者金融のアコムなら、家族や会社の同僚などにはバレずに利用することができます。

なぜなら、在籍確認の電話を社名ではなく個人名でかけたり、郵送物の名義を「アコム」ではなく「ACサービスセンター」にしたりと、アコムの利用がわかりにくいようなさまざま工夫が施されているからです。

また、在籍確認の電話が不安な方に対しては、相談次第で書類での在籍確認をおこなってくれる場合もあります。これだけ融通が利くのも、消費者金融ならではの魅力といえるでしょう。

しかし、アコム側が配慮してくれていても、利用者がなにも意識せずに利用すると、周囲にバレてしまう可能性があるので注意してください。

誰にもバレずに利用するためには、まず「どんなことが原因でバレてしまうのか」を把握しておく必要があります。
次の章で、カードローンの利用がバレてしまう原因を見ていきましょう。

カードローンの利用が周囲にバレてしまう5つの理由

カードローンの利用がバレてしまう原因としてはさまざまありますが、とくに代表的な原因が以下の5つです。

カードローンの利用がバレてしまう原因

  1. 在籍確認の電話で会社にバレる
  2. 郵送物が届いて家族にバレる
  3. 店舗や自動契約機の来店時にバレる
  4. カードを見られてしまいバレる
  5. 返済に遅れて督促でバレる

例えば、在籍確認の電話が職場にかかってきたとき。ローンカードや利用明細書などの郵送物が自宅に届いたとき。このような場合は、アコムの利用が周囲に知られやすい代表例といえるでしょう。

また、店舗・自動契約機を来店したり、ローンカードを持ち歩いている現場を見られりしたときも、お金を借りていることがバレる可能性がありますね。さらに、返済に遅れると自宅に電話や郵送での督促が届くことがあるので、それが原因で家族に借入れが知られてしまうこともあるでしょう。

しかし、「利用がバレる原因」の対策方法を知っておけば、誰にもバレないで利用できるともいえます。以下で、それぞれの原因に対する詳しい対策方法を紹介します。

これなら誰にもバレない!内緒でアコムを利用するコツ

それでは、上記で紹介した「カードローンの利用がバレてしまう原因」を踏まえたうえで、誰にもバレないようにアコムを利用するコツを見ていきましょう。

以下で紹介しているコツを意識することで、カードローンの利用がバレてしまう確率をグッと下げることができます。内容としては誰でも実践できるものなので、ぜひ参考にしてみてください。

内緒で利用するためのコツ①在籍確認のタイミングや方法を相談してみよう

カードローンの審査では、あなたが申告した勤務先で本当に働いているかどうかを、勤務先へ電話連絡することで在籍確認をしています。これは、アコムに申込んだ場合も同様です。

しかし、アコムでは申込み後に相談することで、在籍確認の方法を電話での連絡ではなく、勤務していることが証明できる書類の提出でおこなってくれるケースがあります。

また、電話連絡のタイミングを相談することもできるので「在籍確認が原因で会社の同僚にバレないか不安…」という方は、まず相談してみましょう。

ちなみに、アコムからの在籍確認の電話を回避する方法は、以下の記事でも詳しく解説しているので、不安な方はぜひご一読ください。

アコムは在籍確認なしで審査OKって本当?電話のタイミングや時間の指定方法も解説

電話での在籍確認でもカードローンの利用がバレる可能性は低い

アコムからの在籍確認の電話連絡がきっかけで、カードローンの利用がバレてしまうことはほぼありません。

というのも、アコムでは在籍確認の際に個人名で名乗ってくれるためです。こちらで希望しない限りは「アコムです」と名乗るようなことはありません。

また、普段あなた宛に電話がかかってこないような職場でも「クレジットカードに申込んだから電話がかかってくるかもしれない」と会社の同僚に伝えておけば、怪しまれることもないでしょう。

内緒で利用するためのコツ②郵送物に注意しよう

インターネットで契約が完了すると、後日自宅へ契約書やローンカードが郵送されます。

しかし、アコムから送られてくる郵送物は「ACサービスセンター」という名義で送られてくるため、他の方に見られてしまってもバレてしまう心配はそこまでありません。

また、どうしても不安な方は、店頭窓口自動契約機で契約するようにしましょう。この契約方法だと、その場で契約書とローンカードを受け取れるので、郵送物が送られてくるのを防ぐことができます。

利用明細書は「WEB明細」を利用しよう

消費者金融の利用がバレてしまう原因として多いのが「郵送された明細書を見られてしまった」というケースです。

ただ、アコムではインターネット上で利用明細書を確認できる「WEB明細」のサービスをおこなっています。

以下の口コミからも分かるとおり、登録しておけば利用明細書が郵送されることはありませんので、安心してください。

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額100〜300万円未満)

アコムの場合はWEB経由で、無人店舗もしくは有人店舗で契約すること、明細をインターネットで見るように設定することによって、基本的に郵便物が来ないように設定することが出来るのでそれを活用しました。

私の場合はWEB申し込み、無人店舗契約です。

内緒で利用するためのコツ③来店する時間帯・利用店舗を工夫しよう

来店しているところを知り合いに目撃されてしまうと、言い逃れすることができません。

そのため、来店するのなら距離が遠い店舗や、多くの方が働いている時間帯に来店するのがおすすめです。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

人目につかない店舗を敢えて利用しました。そして、時間帯も「平日の日中」という世間の仕事の時間を狙って申込をしました。

平日休みだったからこそできた特徴を活かしながら敢えて人目につかない場所と時間を選んで利用しました。

上記の口コミを寄せてくれた方は、知り合いにバレるのを防ぐため、平日の日中に来店したようです。

もしも、あなたが平日休みのお仕事をしているのであれば、平日のお昼などに来店するのもいいかもしれません。

内緒で利用するためのコツ④カードの管理に気をつけよう

アコムではカードレス契約ができないため、発行されたローンカードを自分で管理する必要があります。これは、財布の中にあるローンカードを見られてバレてしまう可能性もあるということです。

とはいえ、借入れや返済などの手続きはローンカードを利用しなくてもインターネット上で完結できます。

そのため、不安な方はなるべくローンカードを利用せず、以下の口コミを寄せてくれた方のように、安心できる場所へ保管しておきましょう。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額100〜300万円未満)

周りに知られないためにカードを別の場所へ保管(財布やスマホカードケースには絶対入れないようにしていました)していました。

保管場所は車の車検証入れによく保管していました。

また、どうしても不安なら、アイフルやプロミスなどカードレス契約が可能な消費者金融の利用を検討するのもおすすめです。

内緒で利用するためのコツ⑤返済には絶対に遅れないようにしよう

返済が遅れてしまうと電話での督促や、郵送で督促状が届く、といった事態を招くことになります。

カードローンの利用がバレてしまうだけならまだしも、督促が原因でバレてしまうと周りからの信用を失う原因にもなりかねないので、返済の遅れだけはしないようにしましょう。

誰にもバレずにアコムを利用するためのまとめ

今回の記事では、カードローンの利用がバレてしまう原因や、誰にもバレずにアコムを利用するコツについて紹介しました。

カードローンの利用がバレてしまう原因を知っておけば、事前に対策することができるので、周りにバレる可能性を低くすることができます。

また、不安な方は申込みの際に「誰にもバレたくない」ということをアコムへ相談してみてください。相談しておくことで、アコムでもある程度配慮してくれる可能性があります。

作曲・編曲などの仕事を経て、専業ライターに。音楽系の記事が得意と思われがちですが、金融・ビジネスに関するテーマが一番得意です。自身が経済的に苦労した経験を活かし、誰よりも分かりやすくお金の知識をお届けします。他にもプログラミング、webデザイン、VODなど様々なジャンルの記事を執筆しています。趣味はプログラミング・アニメ・旅行・ギターの演奏・ミルクティーの飲み比べ。投資にも興味があり、お金の上手な使い方を勉強中です。

谷本 健の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの金利に関する記事

アコムの借り方に関する記事

アコムに関するその他の記事