更新日:

アコムで100万円借りるときの返済額・利息はいくら?実際に借りた人の口コミもご紹介

アコムで100万円借りるときの返済額・利息はいくら?実際に借りた人の口コミもご紹介

100万円が足りないとき、借入先はしっかりと吟味して選ぶ必要があります。金融機関によっては、毎月の返済額が多くて家計が苦しくなったり、返済期間が長引きすぎて利息が高くなったりすることもあるからです。

アコムでは初回契約日の翌日から30日間の金利0円サービスを実施しているため、短期間で完済できそうな方には、100万円の借入先としてもおすすめできます。反対に、返済が長引きそうな方は、より低金利で借りられる銀行カードローンなどを検討するほうがよいかもしれません。

この記事では、100万円をアコムから借りた場合の毎月の返済額と総返済額、利息について詳しく解説しています。また、実際にアコムから100万円を借りている方の口コミを紹介し、使い勝手や注意すべきポイントについてもまとめました。

アコムで100万円借りたときの毎月の最低返済額

アコムで100万円を借りるときの毎月の最低返済額は、契約極度額によって、20,000円30,000円かの違いが出ます。

100万円という同じ金額を借りても、契約極度額によって、毎月の最低返済額は10,000円単位で変わってくるということです。最低返済額を事前に確認しておくと、希望する契約極度額の参考にもなるでしょう。

契約極度額が大きいほど、毎月の最低返済額は少なくなる傾向にあります。早速、契約極度額に応じた具体的な返済額を確認してみましょう。

アコムの返済額は契約極度額と借入残高で決まる

アコムの毎月の最低返済額は、契約極度額借入残高で決まります。契約極度額とは契約時に設定される借入限度額のことで、アコムでは契約極度額が多いほど最低返済額は少なくなります。

一方、借入残高とは現時点での借入額のことで、アコムでは借入残高が多いほど最低返済額も多くなります。

契約限度額が100万円の場合の最低返済額

アコムの契約極度額が100万円のとき、借入残高が10万円~100万円の場合の最低返済額を以下の表にまとめました。

表からも分かりますように、アコムから追加融資を受けない限り、返済が進むと借入残高が減って最低返済額も減り、アコムへの返済負担も減っていきます。

借入残高 毎月の最低返済額
10万円 3,000円
20万円 6,000円
30万円 9,000円
40万円 12,000円
50万円 15,000円
60万円 18,000円
70万円 21,000円
80万円 24,000円
90万円 27,000円
100万円 30,000円

契約極度額100万円の方がアコムから100万円を借りるときは、初回の返済額は最低でも30,000円になることが分かります。

つまり、少なくとも毎月30,000円を返済できない方は、アコムから100万円を借りることは諦めるか、次に紹介するように契約極度額が100万円超になるように申込むほうがよさそうです。

契約限度額が100万円超の場合の最低返済額

アコムの契約極度額が100万円を超えるときは、契約極度額と借入残高だけでなく、適用金利によっても最低返済額が変わります。

利息制限法によって、100万円以上の借入れに対する適用金利の上限は年15%までと定められています。そこで、ここでは年15%で100万円を借りたときの最低返済額をご紹介します。

契約極度額が100万円超の場合、年15%で100万円を借りたときの最低返済額は20,000円。参考までに、10万円〜100万円を借りたときのそれぞれの最低返済額も以下の表でまとめてみました。

借入残高
毎月の最低返済額
10万円 2,000円
20万円 4,000円
30万円 6,000円
40万円 8,000円
50万円 10,000円
60万円 12,000円
70万円 14,000円
80万円 16,000円
90万円 18,000円
100万円 20,000円

アコムの契約極度額が100万円を超えると、毎月の最低返済額が少なくなることが分かります。アコムの適用金利が年15.0%未満になるとさらに毎月の最低返済額が減り、返済負担は大きく軽減されます。

しかしながら、最低返済額だけをアコムに返済していると、借入残高がなかなか減らずに返済期間が長引いてしまいます。利息も増えてしまいますので、決してアコムを賢く利用しているとはいえません。

アコムの利息を少しでも減らすためにも、借入残高が減ってもアコムへの返済額は減らさないように心がけていきましょう。

なお、詳しいアコムの返済方法や返済期日については、下記の記事で解説していますのでご参照ください。

アコムの返済がわかる!返済方法や返済日、返済額についてわかりやすく解説
アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムで100万円借りるときの総返済額と利息額

アコムでは借入残高が減ると月々の最低返済額も減ります。しかし、いつも最低返済額だけをアコムに返済していると、なかなか借入残高は減りません。

アコムへの毎月の返済額を固定した場合の返済回数総返済額利息額についてシミュレーションしてみました。なお、アコムからの借入額は100万円、適用金利は年15.0%とします。

毎月の返済額 返済回数 総返済額 利息額
20,000円※ 79回 1,579,052円 579,052円
30,000円 44回 1,301,674 301,674円
50,000円 24回 1,157,936円 157,936円
100,000円 11回 1,075,025円 75,025円
200,000円 6回 1,039,250円
39,250円
(※)毎月の返済額を20,000円に設定できるのは、契約極度額が100万円を超える方のみです


毎月の返済額が増えるほど、支払う利息は減っていることが分かりますね。

利息を抑えてお得に返済したいなら、毎月の最低返済額のみで完済するのではなく、臨時返済一括返済を活用してできるだけ早期返済を目指しましょう。

無利息サービスを使えば総返済額と利息をさらに減らせる

アコムでは、初回契約日の翌日から30日間金利0円サービスを利用することができます。

このサービスを利用すると最大30日間の利息を0円にすることができ、上記のシミュレーション結果よりもさらにアコムへの総返済額と利息をさらに減らすことが可能です

無利息期間中にできるだけ多額をアコムに返済し、お得にアコムを利用していくようにしましょう。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

実際にアコムで100万円を借入れ・返済した人の口コミをご紹介

アコムに100万円を借りたときのおおよその状況をイメージできたでしょうか。毎月の最低返済額は無理なく返済できそうな金額だったでしょうか。

次は、実際にアコムから100万円を借りた方の口コミを見ていきます。どのような事情でアコムからお金を借り、アコムにどのような印象を持っているのでしょうか。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額100~300万円未満)

アコムの審査につきまして、まず何より早いです。私は消費者金融を体験したことは初めてでしたが、こんなにも早くお金を借りられることにとても驚きました。

こちらの方は葬儀代として100万円を借りたようです。葬儀は待ってはくれませんから、スピーディにお金を借りられるアコムは理想的な借入先といえるでしょう。

100万円という高額融資にもかかわらず、アコムではスピーディに対応してくれたようです。急いで高額を準備しなくてはいけないときは、借入先としてアコムを検討してみるのもよいですね。

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額100〜300万円未満)

金利の計算方法は一応知っていましたが、大手の消費者金融ですから、ボッタクリのようなことはしないだろうと思い、計算はしませんでした。例えば100万円以上借りた場合、金利の利率に上限があることを知っていました。

上記の方は、利息制限法によって100万円以上の借入れに対する金利の上限が年15%までに定められていることを知っていたようです。

しかし、金利が同じでも返済期間によって支払う利息は変わってくるので、できれば事前に公式サイトの返済シミュレーションを活用して、返済額・利息額を確認しておきたいところです。

金利0円サービスを利用した方の感想は?

アコムの30日間金利0円サービス期間中にできるだけ多額を返済すると、アコムの利息を効率よく減らすことができます

実際にアコムから100万円を借りた方は、アコムの30日間金利0円サービスについてどのような印象を持ったのでしょうか。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額100~300万円未満)

正直、金利のことを考えずに借り入れをしてしまいました。初めての借り入れの際は、無金利というキャンペーンをやっていて、1回だけの借り入れをしようという気持ちで借り入れした為です。しかし、今となっては2回目の借り入れを行う際にしっかりと金利のことを考え、計算してから借り入れを行うべきだったと後悔しています。

こちらの方にとっても、やはりアコムの初回契約日翌日から30日間金利0円サービスは魅力的だったようです。

ただし、アコムの30日間金利0円サービスは初回契約日の翌日から30日間しか利用できませんので、サービス期間が終了すると、通常通りの利息が発生してしまいます。そのため、上記の方が2回目の借入れる際は、金利0円サービスが適用されなかったのでしょう。

せっかくのアコムのお得なサービスを活かし切るためにも、無利息期間中にできるだけ多額を返済するようにしましょう。

10万円、20万円の少額を借りる方と比べると、100万円程度の多額を借りる方は、30日間無利息サービスのメリットを存分に享受できないかもしれません。

たしかに、返済期間が長期化すると、無利息サービスを利用するよりも金利の低い商品を探したほうがお得になることが多いのも事実です。しかし、いくら返済期間が長引いても一定期間は利息が発生しないので、同じアコムを利用するなら金利0円サービスをフルに活用するほうが絶対にお得です。

「30日間だけ…」とネガティブに考えるのではなく、30日間のサービスをポジティブに活用し尽くすように意識していきましょう。

100万円を超える借入先としてアコムはおすすめ?

アコムでは月々の最低返済額が低く設定されていますので、高額を借入れる方も毎月の返済負担は重くはありません。家計が厳しい方にも、アコムはおすすめの借入先といえるでしょう。

しかし、利息を少しでも減らしたい方には、短期間で完済できる見込みがない限り、銀行カードローンなどの低金利の借入れ手段を選ぶほうがよいかもしれません。

たとえば、みずほ銀行カードローンなら上限金利が年14.0%のため、少々返済期間が長引いても利息が高額になりにくいでしょう。また、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)も上限金利が年14.6%と低く、返済期間が長引くときには検討したい借入先の1つです。

無利息期間中に100万円を完済できる人は多くはありませんが、アコムは短期返済できる方にはおすすめの借入先といえます。

なぜなら、初回契約日の翌日から30日間の無利息期間中に完済すれば、利息0円で利用することができるからです。資金需要が一時的なもので、「来月には返済できそう」という方はお得に利用できるかもしれません。

さらに、最短で即日融資が可能であることや、毎月の返済額が低めであることもアコムのメリットになるでしょう。振込スピードも速く、金融機関によっては24時間365日、最短1分での振込が可能です。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

短期完済が可能ならアコムで100万円を借りるのはおすすめ!

短期間で完済できる見込みがあるのなら、アコムで100万円を借りることはおすすめです。無利息サービスを活用し、利息を低く抑えることもできます。

しかし、どのようなスタイルで返済する場合も、最初に返済額と返済回数を綿密にシミュレーションしておくことが大切です。アコムをお得に利用するためにも、こちらの記事を参考に細かな返済計画を立てるようにしてください。

<参考>
アコム「ご返済シミュレーション」

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの借り方に関する記事

アコムの金利に関する記事

アコムの増額に関する記事

アコムの返済に関する記事

アコムに関するその他の記事

アコム:※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方 みずほ銀行カードローン:※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。