更新日:

アコムから100万円を借入れる方法は?知っておきたい返済方法や金利を解説!

アコムから100万円を借入れる方法は?知っておきたい返済方法や金利を解説!

100万円ほどの高額を借りるとなると、「金利はいくら?」、「毎月の返済はどうなる?」など、さまざまな疑問が浮かぶのではないでしょうか。

この記事では、アコムで100万円を借りる際に必要な書類や、必要な最低年収、金利・返済額などを詳しく解説します。審査を受ける前に、ぜひご一読ください。

高額融資を受ける際は「収入証明書類」が必要

50万円を超える借入れをする場合や、他社からの借入れとの総額が100万円を超える場合は「収入証明書類」の提出が必要になります。

そのため、100万円の借入れでは収入証明書類の提出が必須となります。もし高額な借入れを考えている場合は、あらかじめ準備しておきましょう。

収入証明書類として認められるもの

収入証明書類として認められるものと、取得場所をまとめると下記のとおりです。

下記の書類のうち、いずれか1点を提出する必要があります。

収入証明書類 取得場所
給与明細書 勤務先の会社
源泉徴収票 勤務先の会社
市民税・県民税額決定通知書 市区町村の役所
所得証明書 市区町村の役所
確定申告書・青色申告書・収支内訳書 各自提出した書類
(税務署受付印、税理士名の記載があるもの)

給料明細の場合は直近2ヶ月のものを、それ以外の書類は最新のものを用意しておきましょう。

場合によっては取得までに日数がかかるものもあるので、慌てないように余裕を持って書類を準備しましょう。

なお、書類の提出は次の方法でおこなえます。

提出方法

  • アップロードで提出
  • FAXで提出
  • 店頭・自動契約機(むじんくん)に持参
  • 専用封筒にて郵送

「アップロードで提出」では、スマホのカメラで撮影してアップロードすることができるのでおすすめです。

ただし、分割ではなく1枚の写真として撮影し、しっかりと文字などが確認できる画像である必要があります。そのため、綺麗に撮影できるスマホでおこないましょう。

100万円の借入れに必要な最低年収は「300万円」

アコムは貸金業者のため、『総量規制』の対象となります。そのため、原則として年収の1/3までしか借入れできません。

そのため、もし100万円を借入れする場合、年収が300万円以上である必要があります。

年収として認められるものは下記のようなものがあります。

年収として認められるもの

  • 給与所得
  • 事業所得
  • 年金収入
  • 恩給

ギャンブルや宝くじなどの一時的に発生した収入は年収として認められないので注意しましょう。

また、総量規制では「貸金業者からの貸付の合計が年収の1/3まで」という決まりなので、他社からの借入れがある場合も注意が必要です。

たとえば、他社(クレジットカードのキャッシングや消費者金融のカードローンなど)と合わせた借入額の総額が150万円あるとします。

この場合、必要になる最低年収は150万円×3=450万円ということになります。

金利の上限は年15.0%まで下がる!

元本の金額が100万円以上の場合、『利息制限法』により利息の上限は年15.0%になります。

そのため、元本が1万円〜99万円の場合の上限金利である年18.0%が適用されることはありません。

つまり、上限金利が年3.0%下がるということですね。借入金額が高額になれば年3.0%の違いはかなりメリットになります。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社
(30代 / 女性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額100〜300万円未満)

金利の計算方法は一応知っていましたが、大手の消費者金融ですから、ボッタクリのようなことはしないだろうと思い、計算はしませんでした。例えば100万円以上借りた場合、金利の利率に上限があることを知っていました。

上記の方は、利息制限法について知っていたようですね。

高額なお金を借入れる場合は、利息だけでも高額になるので事前に調べておくべきですよね。

この記事の後半でも、具体的な最低返済額や利息についても詳しく解説していきます

実際に借入れる前に「どのくらいの返済額になるのか?」とイメージするための参考にしてください!

アコムの返済方法は5種類!返済額はいくら?

返済方法を紹介しておくと、返済方法には次の5つの方法があります。

返済方法

  • インターネットで返済
  • アコムのATM・提携ATMで返済
  • 店頭窓口で返済
  • 振込・口座振替(自動引き落とし)で返済

インターネットでの返済であれば、来店不要でWEB上から24時間返済可能、しかも手数料無料のためおすすめです。

返済日を忘れてしまいそうな方は、口座からの自動引き落としもおすすめです。

財布に返済するお金を入れて持ち歩きたくない場合は、インターネットか自動引き落としがおすすめです。

毎月の最低返済額

毎月の最低返済額は、『契約極度額』『借入残高』で決まります。

『契約極度額』とは契約時に設定される借入限度額のことです。
契約極度額が多いほど最低返済額は少なくなります。

一方、『借入残高』とは現時点での借入額のことです。借入残高が多いほど最低返済額も多くなります。

最低返済額は借入残高に一定の割合をかけた金額になります。公式サイトでは下記のように表記されています。

契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上

上記のように、契約限度額によって最低返済額が変わるので、詳しく解説していきます。

契約限度額が100万円の場合の最低返済額

契約極度額が100万円のときの最低返済額は、前述の表を参考にすると「借入金額の3.0%以上」ということになります。

つまり、最低返済額は30,000円ということになります。

これをもとに、借入残高ごとの最低返済額を以下の表にまとめました。

借入残高 毎月の最低返済額
10万円 3,000円
20万円 6,000円
30万円 9,000円
40万円 12,000円
50万円 15,000円
60万円 18,000円
70万円 21,000円
80万円 24,000円
90万円 27,000円
100万円 30,000円

上記の表のとおり、初回の返済額は最低でも30,000円になることが分かります。

返済していくごとに最低返済額は少なくなっていきますが、借りた直後は少なくとも毎月30,000円を返済できる経済力が必要になるということです。

契約限度額が100万円超の場合の最低返済額

契約極度額が100万円を超えるときの最低返済額は、借入残高の1.5%〜3.0%となっています。

ただし、適用金利が15.0%の場合は、最低でも借入残高の2.0%以上である必要があります。

つまり、このときの最低返済額は20,000円となります。

参考までに、借入残高ごとの最低返済額も以下の表でまとめてみました。

借入残高 毎月の最低返済額
10万円 2,000円
20万円 4,000円
30万円 6,000円
40万円 8,000円
50万円 10,000円
60万円 12,000円
70万円 14,000円
80万円 16,000円
90万円 18,000円
100万円 20,000円

紹介したとおり、契約限度額が高いほど最低返済額が低くなります。

適用金利が年15.0%未満になるとさらに毎月の最低返済額が減り、返済負担は大きく軽減されます。

総返済額と利息額について

解説したように、借入残高が減ると月々の最低返済額も減ります。しかし、いつも最低返済額だけを返済していると、なかなか借入残高は減らないので注意しましょう。

毎月の返済額を固定した場合の返済回数総返済額利息額についてシミュレーションしてみました。なお、借入額は100万円、適用金利は年15.0%とします。

毎月の返済額 返済回数 総返済額 利息額
20,000円(※) 79回 1,579,052円 579,052円
30,000円 44回 1,301,674円 301,674円
50,000円 24回 1,157,936円 157,936円
100,000円 11回 1,075,025円 75,025円
200,000円 6回 1,039,250円
39,250円
(※)毎月の返済額を20,000円に設定できるのは、契約極度額が100万円を超える方のみです


毎月の返済額が増えるほど、支払う利息は減っていることが分かりますね。

つまり、最低返済額が少ないことは一見メリットのように見えて、返済期間が長くなるので利息が多くなるというデメリットがあるということです。

少ない金額で返済できるのは嬉しいですが、利息で高額な金額を払うことにあるので、返済はできるだけ早めに終わらましょう。

利息を抑えてお得に返済したいなら、毎月の最低返済額のみで完済するのではなく、臨時返済一括返済を活用してできるだけ早期返済を目指しましょう。

無利息サービスを使えば総返済額と利息をさらに減らせる

アコムでは、初回契約日の翌日から30日間金利0円サービスを利用することができます。

このサービスを利用すると、最大30日間の利息を0円にすることができます。30日以内に返済することができれば利息0円で借入れすることができます。

もし30日で返済できなかったとしても、30日分の利息は減るため、上記のシミュレーション結果よりもさらに総返済額と利息をさらに減らすことが可能です

無利息期間中にできるだけ多額を返済し、お得に利用していくようにしましょう。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

まとめ

高額なお金を借りると利息が高額になりがちですが、無利息サービスを活用したり、計画的に返済できるのであればハードルの高いことではありません。

むしろ計画的に利用できるのであれば、カードローンはピンチを救ってくれる心強い味方です。

事前に返済額と返済回数を綿密にシミュレーションしておけば、生活のやりくりもイメージしやすくなります。

<参考>
アコム「ご返済シミュレーション」

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの借り方に関する記事

アコムの金利に関する記事

アコムの増額に関する記事

アコムの返済に関する記事

アコムに関するその他の記事