更新日:

アコムで増額できない理由とは?増額できなかった際の他社新規申込みについても解説

アコムで増額できない理由とは?増額できなかった際の他社新規申込みについても解説

アコムでは、現在の限度額以上の借入れを希望する利用者は増額審査を申込むことができます。しかし、審査の結果増額できない場合もあります。その理由としては、「アコムからの借入期間」や「借入件数・返済実績といった返済能力に関する問題」や「申込み者の個人情報に不備がある」などが考えられます。

また、増額審査に落ちた直後に他社カードローンへ申込むと、直近の審査に落ちたと捉えられ、審査が厳しくなる傾向にあります。ただし、返済遅れや借入過多でない限りは新規で融資を受けられる可能性も残されています。

本記事では、アコムへの増額審査に落ちる原因、増額審査を通過するコツを解説するとともに、落ちてしまった場合の対応策も解説していきます。

アコムで増額できない!増額審査に落ちてしまう主な理由

アコムのカードローンは、提携コンビニATMや振込融資を利用してお金を借りられる便利な商品ですが、利用するためには審査を通過する必要があります。借入れ限度額を増やす「増額申込」の場合も同様に審査がおこなわれ、時には審査に落ちることもあり得ます。

したがって、利用者のなかには増額申込ができなかったり、増額審査の申込みをしても審査に落ちたりしてしまう方もいるのです。ときには増額の案内がきたにもかかわらず落ちることもあります。

また、アコムでは「なぜ増額審査に落ちたか」については教えてくれません。そこで、増額審査に落ちた理由を考えたい・見つけたい方、これから増額審査を申込むうえで落ちる理由を知っておきたい方に向けて、その理由を以下の5項目に分けて見ていくことにします。

増額審査に落ちる理由

  1. 借入期間が短い(6カ月以上が目安)
  2. 他社の借入件数や借入総額に問題がある
  3. 返済実績に問題がある
  4. 信用情報に傷がある
  5. 個人情報に虚偽の記載がある、更新されている

1.借入期間が短い(6ヶ月以上が目安)

カードローンを初めて利用する方は、他社の返済状況がないため、申込者の返済能力の証明となる返済実績がありません。返済実績は、カードローン審査においては、重要な要素となるのです。そのため、基本的にははじめてカードローンを申込んだ場合には限度額は抑えられる傾向にあります。

カードローン審査などで安定した返済実績として信用されるのは、最低でも6カ月以上といわれています。そのため、アコムの増額審査に落ちた際には、自身が6カ月以上滞りなく返済を続けられていたかを確認してみましょう。

2.他社の借入件数や借入総額に問題がある

アコムで初めて審査を受けたり、前回増額審査を受けたときよりも、他社の借入件数や借入総額が大きく増加している場合があります。そのような場合には、審査担当者に家計が苦しくなっているのではないかと疑われ、増額にあたっての審査が厳しくなります。

とくに、消費者金融他社からの借入れを含めた借入総額が年収の1/3を越えていたり近かったりする場合、返済が遅れていなくても、反対に利用限度額を下げられる可能性もあるので注意が必要です。

3.返済実績に問題がある

前回アコムの審査を受けたあとに、アコムや他社の返済で短期延滞が何回もあったり、強制解約ギリギリまで返済が遅れたりしたケースがあった場合には、返済能力に問題があると判断されて増額できない可能性があります。

この場合も、利用限度額が下げられる可能性も出てくるので、増額の申込みは慎重になる必要があります。

4.信用情報に傷がある

アコムの利用では延滞はないものの、他社の返済や携帯電話の本体料金割賦契約の延滞、最近他社への増額申請をおこなったなどの事実がある場合には、増額審査には落ちる可能性が高いといえます。

他社の借入・返済状況や申込状況については、携帯電話の割賦契約やクレジットカードの支払履歴も含めてすべて信用情報機関に登録されています。アコムは増額審査時に申込み者の信用情報を照会できるので、カードローン以外の支払い・返済履歴も審査に影響を及ぼすのです。

照会の結果、信用情報に傷がある場合には、いわゆる「ブラック」と判断されてしまい、審査を通過することは難しく、増額できない可能性が高いといえます。

5.個人情報に虚偽の記載がある、更新されている

前回アコムの審査を受けたときから、勤務先をはじめとした個人情報に変更があった場合は注意が必要です。

たとえば、勤務先の変更を申請し忘れていた、あるいは変更されていても収入が下がったような場合には、新たな返済能力の再審査がおこなわれます。その結果、勤務先の評価が変化したり、収入が減ったりしている場合などには、増額審査に通らない可能性があるのです。

収入の減少が大きい場合には、増額審査に通らないだけでなく、利用限度額を下げられる可能性もあります。個人情報に変更があった場合には、必ずアコムへ申告するようにしましょう。

また、個人情報の虚偽報告は審査落ちの原因となるだけでなく、一括返済や契約解除にもつながる恐れがあります。勤務先や年齢などを偽って申告することは絶対に避けるようにしましょう。

アコムで融資枠を広げるためのコツは?

アコムで増額するためには、基本的には6カ月以上遅れなく返済を続けることが大切です。ただし、その間に他社で大きく借入を増やしていないことも注意する必要があります。

また、事前に本人確認書類収入証明書類などを用意しておくこともスムーズに増額審査してもらえるコツになります。収入証明書類は、増額によって限度額が50万円を超えたり、他社の借入残高との合計が100万円を超えたりする場合には必要になります。

また、利用中にアコムから増額案内が送られてくることもあります。この場合すでにアコム側で他社からの借入れ情報などを取得している可能性が高く、増額できる可能性が高いと考えて案内をしています。よって、アコムから増額の案内が来た時が一番よい増額のタイミングといえるでしょう。

これから融資枠の増加を申込む方へ、実現できた方の口コミを紹介

これからアコムに増額申込をする方にとって参考となる、マネ会に寄せられた口コミ情報のなかから、アコムで増額審査に通った方の口コミ例をご紹介しましょう。

アコムで「増額を申込んだ際には○○を聞かれた」「増額の電話がかかってきたのでお願いした」など、増額申込みをする上で回答を用意すべき質問事項や、増額審査を通りやすい状況についてご紹介をします。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額100~300万円未満)

数か月たちメールで借入金額の増額のお知らせがあり電話で連絡しました。150万ほどの限度額になり、また金利も下がる、といった内容であった為、増額を申し込みました。如何なる場合でもこちらの要望を聞き入れ、電話やメールでの対応もスムーズであったと記憶しています。

(20代 / 男性 / 派遣社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

1年ほど利用したのち増額の案内がありましたが、オペレーターの方の案内もわかりやすく安心して聴くことが出来ました。その際金利は少し下げていただけました。

上記の口コミ例を見ますと、数か月~1年ほどで増額に関する案内が届いていることがわかります。また、増額の案内を受けて増額を申込んだ際には、比較的スムーズに対応してもらえることがわかります。

アコムからの増額案内は、カードローンの新規申込時に「アコムからの増額に関する連絡」を了承した方に限られるため、初回申込時に連絡が不要であると伝えている方は注意が必要です。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200~400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

電話にて借り入れの増額を希望した際は職場に在籍確認があった為、何時に電話が来て、オペレーターさんには自分のお客さんからの電話のように振舞って欲しいと言うように伝えました。

(20代 / 男性 / フリーター / 年収200万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

借入額の増額を申し出た時には、なぜそのお金が必要になったのかも聞かれたと思います。

また上記のように、アコムの増額申込みの際には在籍確認の連絡があらためておこなわれたり、借入れたお金の使い道を確認されたりするケースもあります。

とくに、長期間増額がなかったり、勤務先が変わっていたりする場合には、在籍確認がおこなわれる可能性が高いので注意しましょう。ちなみに、あらためて在籍確認がおこなわれる際には、口コミ例のようにその方法を相談することもできます。

また、増額の場合には「なぜお金が必要になったのか」を聞かれる可能性が高いので、あらかじめ答えを用意しておくとよいでしょう。

アコムの増額審査に落ちたとしても他社の新規申込審査を通過する可能性はある

アコムに限らず、基本的に信用情報機関には「審査に落ちた」という記録は残りませんが、申込みをした事実については情報が登録されます。

したがって、アコムの増額審査に落ちた後、すぐに他社に申込みをした場合には、アコムで断られたことが推測できるため、他社の審査では警戒されることになります。

また、増額申込み時に借入総額が過大になっている場合、返済遅れが生じて増額ができなかった場合には、他社の審査に落ちる可能性も高いといえます。反対に、直前に申込みをしていても信用情報に問題が無ければ審査を通過できる可能性は残されていると考えられます。

上記のように、アコムへの信用面や借入残高面が原因で増額審査に落ちた場合には、他社に申込んでも影響が出る可能性が高いので、それらの原因を解消して申込むことが大切です。

アコムに増額を申込むか、他社への新規申込をするのかは事前に吟味すべき

増額申込みの履歴が他社審査に少なからず影響することをふまえると、すでにアコムを利用している人が、さらに大きなお金が必要になった場合には、アコムに増額するか、他社への新規申込をするかは事前に考えておく必要があります。

どちらで申込んだほうが審査に通りやすいのか、返済はどうなるのかなどをよく比較してきめるようにしましょう。

もともと勤務状況などに不安がある方、現在の借入限度額が収入と比較して抑えられている方、そして遅れなく返済ができている方などは、アコムで増額申込をしたほうがスムーズに審査に通る可能性が高いといえます。

また、アコムで増額をすれば、返済金額はそれほど変わらない可能性がありますが、新たに他社で借りた場合には年利や借入額が膨らみ返済金額が大きく増える場合もあります。大手消費者金融の公式サイトには、返済シミュレーション機能が用意されているので、比較してみるのもよいでしょう。

他社カードローンへの新規申込を検討するのもおすすめ

アコムですでに借りている方が、ほかの大手消費者金融に新規申込みをしてお金を借りる選択肢には、メリットもあります。

すでに借りているアコムで返済に遅れていないという事実は、他社申込み時にも返済能力を証明できる材料になります。そのほか、別の大手消費者金融で新規借入ができれば、その会社でははじめての借入れになるため、無利息サービスを受けることも可能になります。

くわえて、アプリによってカードレスで借入れをしたり、最短10秒で振込融資のサービスを受けられたりするなど、各社それぞれが独自に持っている特徴を享受することが可能になります。アコム以外の大手消費者金融で受けられる主なサービスの特徴は下表のようになっています。

大手他社の特徴
アイフル アプリによるカードレス借入れ
プロミス 「瞬フリ」と呼ばれる最短10秒で振込まれる振込融資サービス
レイクALSA 土日や深夜でもセブン銀行ATMで借入れ・返済が可能

また、実際に借入れした翌日から起算して30日間にわたり無利息期間が適用されるプロミスや、他社よりも長い無利息期間を選択できるレイクALSAなど、独自のメリットを持つ無利息サービスを提供している消費者金融もあります。

これらの各社の無利息サービスについては、以下の記事に詳しく記載されているので、参考にしてみてください。

30日間無利息で使えるカードローン厳選4社!お得な利用法も併せてご紹介

アコムで融資枠の増加ができない場合のまとめ

アコムですでに借りている方でも、増額審査を受けることにより新たな融資枠を設けてもらうことができますが、申込みができなかったり、審査に落ちたりして、その増額ができない場合もあります。その主な理由には以下の6つが考えられ、それぞれの原因を招かないようにする必要があります。

アコムで増額できない際の理由

  • 借入期間が短い(6ヵ月)
  • 他社の借入件数や借入総額に問題がある
  • 返済実績に問題がある
  • 信用情報に傷がある
  • 個人情報に虚偽の記載がある、更新されている

また、増額を申込む以外に、アコム以外の大手消費者金融に新規申込みをすることも選択肢のひとつです。ただし、借入総額が過大になっていたり、返済で延滞があったりする場合には他社でも審査に通ることは難しいので注意してください。

長く1部上場の消費者金融で経営企画課長をして、カードローン事業にかかわってきました。経営計画の担当が中心でしたが、カードローンのスコアリングシステムなどを担当するリスク管理や審査、回収などをおこなう集中センターの構築にも携わった経験があり、比較的カードローンに関しては詳しいと自負しております。また、子会社のクレジットカード会社に行っていたことがあり、カード事業の方面もいろいろ情報を提供できるかと思います。宜しくお願い致します。

野崎 照美の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの増額に関する記事

アコムに関するその他の記事