更新日: / 公開日:

アコムのログイン方法は? 会員ページでできることと、ログインできないときの対処法

アコムのログイン方法は? 会員ページでできることと、ログインできないときの対処法

アコムのカードローンに申込みし、会員専用サイトにログインすれば、さまざまなサービスを受けることができます。会員ページでできることは、インターネットでの借入れや返済、明細書受け取り、eメールサービスなどさまざま。

しかし、何らかの事情で会員サイトにログインできないこともあります。その場合、どうすればいいのでしょうか? この記事では、アコム会員ページでできることと、ログインできない原因および対処法について紹介していきます。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムのログイン方法

アコムに申込みしたあと、さまざまなサービスを受けるためには、会員ページにログインする必要があります。

ここではアコムのログイン方法と、暗証番号の取り扱いなど注意点についてみていきましょう。

ログインに必須! 会員番号と暗証番号を入力

まずアコムの公式サイトを開くと、画面の右上に「会員ログイン」ボタンが表示されます。それをクリックすると、会員番号および暗証番号を入力する画面が出てきます。それぞれ入力し、「会員ログイン」ボタンを押せばOKです。

ここでいう会員番号(半角数字8桁)とは、ローンカードの券面に印字されている数字です。また暗証番号は、アコムへ申込みしたときに設定した4桁の数字です。この暗証番号は、アコムのATMおよびコンビニなど提携ATMを利用する際にも入力する必要がありますので、くれぐれも忘れないようにしてください。

会員番号と暗証番号さえあれば、自宅はもちろん、外出先のPCなどを利用して会員ページにログインできます。ただし、ログイン履歴が残ったままだと、第三者に申込者の個人情報が盗まれてしまう可能性があります。用件が済んだあとは、必ずログアウトしてください。

暗証番号を忘れてしまったときは、どう対処すればいい?

暗証番号を忘れてしまった場合、どうすればいのでしょうか。アコム公式サイトには「お電話でお問い合わせいただくか、お近くの自動契約機(むじんくん)までご来店下さい」と明記されています。

しかしセキュリティー上、電話で暗証番号を聞くことは不可能です。したがって、店頭窓口もしくはむじんくんまで出向いて確認する必要があります。その際、申込者本人であることを確認する必要がありますので、運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなど本人確認書類をかならず持参してください。

勝手にログインされる? 暗証番号を聞き出す詐欺に注意

第三者に暗証番号を教えるなど、不正な使用が発覚した場合は、アコムの規約により被害の補償ができなくなってしまいます。たとえ親族や仲の良い友人であっても、暗証番号を教えてはいけません。

また最近では、警察やカードローン会社を名乗り、「カードの不正な利用が発生したため、サービスの利用を停止する必要があります。暗証番号を教えてください」といった詐欺の手口が発生しています。

警察もアコムも、暗証番号を電話で聞く可能性は一切ありません。もし不審な電話がかかってきたら、いったん電話を切り、あらためてアコム担当者もしくは警察へ確認をとってください。

アコムの会員ページにログインしてできることは?

アコムの会員サービスでは、ネット上での借入れや返済はもちろん、登録情報の変更、融資の増額申請など、さまざまな手続きができます。詳細は下記のとおりです。

アコムの会員ページでできること

  • 振込みによる借入れ
  • 振込みによる返済
  • 利用残高や返済期日の確認
  • 住所や勤務先など、登録した個人情報の変更手続き
  • 提出書類のアップロード
  • eメールサービスの登録
  • 融資限度額の増額申請

それぞれ、手続きの方法や注意点について解説していきましょう。

振込みによる借入れ

アコムの利用者は、インターネットを使えば最短1分で借入れができます。また24時間365日、指定した金融機関の口座へ振込みが可能。ATMや店舗に行く時間がとれないという方にはとても便利です。

振込みによる借入れを希望する場合は、アコム会員メニューから「振込による借入の申し込み」を選び、希望する金額を入力してください。

アコムの振込みによる借入れには、「手数料が無料」、「土日、祝日も借入れ可能」、「楽天銀行に口座を持っている方なら、最短1分で24時間、振込みできる」などのメリットがあります。

振込みによる返済

会員ページから、インターネットによる返済ができます。振込手数料は無料で土日や祝日もOK、24時間いつでもすぐに返済できるので、とても便利です。

ただし、利用するためには、インターネットでの返済ができる金融機関の口座を持っている必要があります。事前に、アコム公式サイトに記載されている「インターネットバンキング可能金融機関(銀行、信用組合)」を確認しておいてください。なかにはスマートフォン非対応の金融機関もあるので注意しましょう。

利用残高や返済期日の確認

会員ページにログインすると、各種明細書などの受取りサービスが利用できます。アコムにはじめて申込みをした方は、審査通過後に届く契約手続きメールから登録が可能です。すでに契約されている方は、ログインしたページで手続きができます。

各種明細書は、会員メニューのなかにある「明細の確認」から受取りできます。ここで確認できる明細書は、下記のとおりです。

明細書の種類 記載内容
貸付明細書 借入れに関する取引の内容(取引日や取引金額など)
入金明細書 カードローンの返済、クレジットの支払いに関する取引内容(取引日や取引金額など)
カード利用明細書 クレジットの利用内容および口座振替の振替内容

「明細書等の受取サービス(電磁交付)」に登録すれば、利用明細書が自宅に送付されません。そのため、アコムを利用していることが家族などにバレにくくなる、というメリットもあります。

住所や勤務先など、登録した個人情報の変更手続き

登録している住所や電話番号の変更も、会員ページで簡単にできます。書類などを提出する必要は無く、画面上で入力するだけ。もし引っ越ししたときや携帯電話の番号が変わったときなどは、すぐに会員ページで登録内容を修正しておいてください

登録情報を変更せずにいると、督促状が「あて先不明」の状態で戻される、返済に関する催促や確認の電話がつながらない、といった状況になってしまいます。最悪の場合、契約を解除されたり借入金の一括返済を求められたりする可能性もありますので、十分注意してください。

必要書類のアップロード

アコムでは融資限度額を50万円以上にする際、「収入証明書」を提出する必要があります。この収入証明書も、会員ページからアップロードが可能。むじんくんでもできますが、スマホからのアップロードがもっとも簡単です。

収入証明書として認められるものとしては、前年の源泉徴収票、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書などがあります。

eメールサービスの登録

「eメールサービス」とは、事前に登録したメールアドレスへ返済日などを通知してくれるサービスです。「支払期日を忘れ、返済が遅れてしまった」「カードの有効期限が切れてしまっていた」などのミスを防ぐことができます。

eメールサービスのメリットとしては、下記の3点が挙げられます。

eメールサービスのメリット

  • 返済期日の3日前、および当日にもお知らせが届く
  • 返済期日を過ぎた後もお知らせが届く
  • カードの更新案内、キャンペーン情報なども届く

融資限度額の増額申請

契約時の融資限度額を増額したい場合も、アコムの会員ページ内「極度額等の変更のお申込」から申請することができます。

ただし、増額申請には制限があり、誰でも審査に通過するというわけではありません。最低でも半年以上の利用期間が必須で、もし「過去6ヶ月以内に延滞がある」「他社からの借入金が極端に多い」などの場合は、増額は難しいでしょう。

増額申請の詳細については、下記の記事もご参照ください。

アコムはネットから増額できる?できない?増額方法から審査まで徹底解説!
アコムで追加の借入をしようとした際に、利用限度額に達して、追加融資が受けれなかったという方もいるかと思います。 そういった時に必要となるのが「増額申請」です。増額申請が認められれば、利用限度額が増え、追加の融資が可能となります。 そこで、本記事では増額の方法や審査における基本情報などを徹底解説したいと思います。

アコムにログインできない! その理由と対処法

アコムの会員ページにログインできない理由を説明した図

アコムを利用する際、「会員ページにログインできない」といったトラブルに遭遇することがあるかもしれません。

ログインできない理由として考えられることと、その対処法について確認しておきましょう。

ログイン時の入力ミス・暗証番号の記憶違い

会員番号は、ローンカードに表記されている8桁の番号を入力します。その際、かならず半角数字で入力してください。全角ではログインできないので注意しましょう。

また、自分が設定した暗証番号を間違って覚えてしまっている可能性もありえます。しかし、覚えやすい番号にするのも禁物。自分だけが覚えやすい番号であればよいのですが、生年月日や電話番号など、第三者が簡単に推測できる番号を設定してしまうと、悪用される可能性が高くなってしまいます。

もし第三者が推測しやすい暗証番号を使っている方は、すぐに変更の手続きをしましょう。

暗証番号を何回も間違えて入力した

アコム会員サイトにログインする際、暗証番号を3回間違えて入力すると、セキュリティのためにログインができなくなってしまいます

その場合は、自動契約機(むじんくん)もしくはアコム店舗へ出向き、パスワードの確認手続きを行う必要があります。まずはアコムのフリーコールへ電話をし、問い合わせしてみてください。

いずれにせよ、ロックがかかってしまうと非常に面倒なことになってしまいますので、入力間違いにはくれぐれもご注意ください。

システムメンテナンスの時間はログイン不可

アコムの会員ページは、基本的には曜日や時間を問わず、いつでも利用できます。ただし毎週月曜日のAM1:00~5:00はシステムメンテナンスが実施されるため、ログインすることができません。

上記の時間帯はインターネットサービスが利用できなくなります。また、アコムATMや提携ATMも利用できなくなるので、ご注意ください。

利用停止になっている? おもな理由とは

アコムの会員ページにログインできない理由の一つとして、「契約者自体が利用停止状態になっている」という可能性も挙げられます。利用停止になってしまうのは、どういうケースなのでしょうか。おもな理由として考えられるのは、下記のとおりです。

利用停止の原因

  • 短い期間に何度も借入れをした
  • 返済金の長期間滞納、もしくは遅延を繰り返した
  • 年収の3分の1を超える金額を借入れしようとした
  • 他社からも借入れをした
  • 収入証明書の提出を求められたのに対応しなかった
  • 勤務先や年収など、個人情報の変更を届出しなかった

異常な借入れや返済の遅れがあると、アコムからチェックが入る可能性もあります。上記のような原因で利用停止にならないよう、くれぐれも注意してください。

カードを紛失した、もしくは盗まれた

もしローンカードを紛失したり盗まれたりした場合は、ログインができなくなるとともに、他人が悪用する恐れもあります。すぐにアコムのフリーコールへ電話し、あわせて最寄りの警察署へ紛失・盗難届を出してください
 
再度利用する場合は、身分証明書を持参して自動契約機もしくは店頭窓口へ行きましょう。カードの再発行手続きをしたあと、郵送で受け取ることもできます。

その他、何らかの事情でログインできないときは?

これまで挙げた以外にも、何らかの事情でログインできないケースがあるかもしれません。まずは慌てず、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話をしましょう。

ただし上記の番号は、すでにアコムの会員になっている方向けの問い合わせ先です。受付時間が平日9:00~18:00に限られているので、注意してください。

まとめ

アコムの会員ページでできることや、ログインできない場合の対処法について解説してきました。

アコムの会員サービスは、借入れや返済以外にもさまざまな確認や手続きができるので、とても便利です。サービス内容をよく理解したうえで、上手に利用しましょう。

執筆者のプロフィール
村中 貴士
村中 貴士

ライター、編集者。カレンダーメーカーにて商品企画、制作ディレクションに携わった後、独立。エンタメ系中心に教育、自動車、ものづくり、健康などさまざまなwebメディアで企画、執筆、編集を行っています。

関連記事

2019年02月22日
2019年02月25日
2019年03月01日
2019年02月06日
2019年02月27日
2019年02月22日
2019年02月21日
2019年02月21日
2019年03月13日
2019年02月22日
2018年12月26日
2019年03月19日
2019年03月20日
2019年03月20日
2019年02月06日
2019年02月08日
2019年02月19日
2019年02月08日
2019年03月11日
2019年03月11日