更新日:

アコムへ申し込みするには? 方法・手順から必要書類まで、初心者にも分かりやすく解説!

アコムへ申し込みするには? 方法・手順から必要書類まで、初心者にも分かりやすく解説!

消費者金融大手として名前がよく知られているアコムですが、初めて利用する方にとっては、どのように申し込みすればいいか、不安になることも多いでしょう。

この記事では、アコムの申し込み方法や契約の流れについて詳しくまとめています。

インターネット、電話、自動契約機「むじんくん」など、申し込み方法ごとの流れや必要書類などを事前にチェックしておきましょう。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

インターネット、電話、むじんくん、郵送…アコムの申し込み方法は4つ

アコムの申し込み方法は、大きくわけて下記の4つになります。

アコムの申し込み方法

  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機「むじんくん」
  • 郵送

アコムへ申し込むための条件は、「年齢が20歳から69歳まで」、「安定した収入がある方」の2つ。アルバイトやパートでも、安定した収入があることを証明できれば申し込み可能です。

申し込みする前に、まずはアコム公式サイトに用意されている「3秒診断」を試してみましょう。あくまで仮の審査ですが、申し込みが可能かどうかの目安となります。

では次に、申し込み方法ごとの流れを確認していきましょう。

インターネット申し込みの流れ

アコムのインターネット申し込みは、24時間受付しています。PCやスマホを利用して、アコムホームページからいつでも申し込みが可能。

インターネットの場合、申し込みから借り入れまですべて完結できます。アコムの店舗へ行く必要もないので、時間が取れない方におすすめの申し込み方法です。

インターネットで申し込みする場合の流れは、下記の4ステップ。詳しく確認していきましょう。

インターネットで申し込みする場合の流れを説明している画像

1.PC・スマホ・携帯電話から申し込み

まずはアコムホームページにある「インターネットから簡単! お申し込み」ボタンを押しましょう。専用の入力フォームが表示されるので、氏名や住所、勤務先など、申し込みに必要な情報を入力していきます。

実際に入力する内容一覧
入力情報 詳細項目 注意事項
お客様情報 ・氏名
・生年月日
・性別
・独身か既婚か
・メールアドレス
間違いや虚偽の記載があると、審査がスムーズにいかなくなる可能性あり
自宅情報 ・郵便番号
・自宅住所
・電話番号
・住居種類
・入居年数
・住居費用負担の有無
・家族人数
間違いや虚偽の記載があると、審査がスムーズにいかなくなる可能性あり
勤務先情報 ・会社名
・勤務先住所
・勤務先電話番号
・入社年月
・勤務形態
・職種
・収入形態
・年収
・給料日
・保険証の種類
・保険証区分
この情報に間違いなどがあると、審査に大きく影響する可能性あり
他社借入状況 ・他社からの借入れ件数
・借入総額
(※)
希望限度額 希望する限度額(1万円~800万円) (※)
審査結果の希望連絡先 ・携帯
・自宅
・勤務先
いずれかを選択
暗証番号について 4桁の暗証番号(数字のみ) 生年月日や電話番号、および「0000」「9999」は使用不可
(※)申告内容には細心の注意を払いましょう。とくに年収・他社からの借入れ額・件数などは、間違いやウソの記述がないように気をつけてください。また希望借入れ額についても、ご自身の返済能力に見合った金額を記載しましょう


2.メールで仮審査の結果が届く

申し込みが完了したら、9:00〜21:00の間に、仮審査の結果と必要書類の提出方法が書かれたメールが届きます。ちなみに、アコムの審査は最短30分。これは消費者金融のなかでもトップクラスの審査スピードといえます。

3. 必要書類の提出

仮審査結果のメールが届いたら、本人確認書類や収入証明書類など必要書類の提出を行います。収入証明書類は、アコムで50万円以上の借り入れを希望する場合や、他社との合計で100万円以上の借り入れを希望する場合に必要となります。

必要書類の提出方法は5つ。「PCよりアップロード」、「スマホアプリで送信」、「FAX」、「店頭窓口・自動契約機(むじんくん)に持参」、「専用封筒にて郵送」のいずれかを利用して提出することができます。

4.契約内容の確認・契約完了

本人確認書類などを提出すると、アコムから契約内容確認のためのURLがメールで届きます。その契約内容に同意すると契約完了となります。この契約内容の同意は、メールが届いた当日の22時までにおこなってください。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

電話申し込みの流れ

アコムの電話申し込みは、24時間年中無休で受付をしています。深夜でも申し込みができるので、とても便利ですね。

では、電話での申し込みの流れを確認しましょう。

1.フリーダイヤルへ電話(0120-07-1000)

フリーダイヤルに電話をすると、まず最初に音声ガイダンスが流れます。ガイダンスに従って操作すると、やがてオペレーターに繋がります。その後はオペレーターの指示に従ってください。

2.契約手続き

電話申し込みのあと、実際の契約手続きは「アコム店舗」、「FAX」、「郵送」、「インターネット」いずれかで行うことになります。もし店舗に出向いて契約すれば、その場でローンカード発行も可能です。
 
上記のなかでは、インターネットでの手続きがもっとも簡単でしょう。FAXの場合は、自宅もしくはコンビニなどを利用して、FAX専用の契約書類を送信することになります。

アコム窓口および自動契約機「むじんくん」での申し込みの流れ

アコムは、国内ではじめて自動契約機「むじんくん」を設置したことで有名です。「むじんくん」とともに、有人の「アコム店頭窓口」でも申し込みができます。

店頭窓口および「むじんくん」での申し込みの流れを確認しましょう。

1.アコム店頭窓口および自動契約機のある場所を探す

本人確認書類など、申し込みのために必要な書類を用意したうえで、アコム店頭窓口または自動契約機へ行きましょう。

申し込みができる店舗窓口や「むじんくん」のある場所は、アコム公式ホームページで検索可能です。

2. 申し込みの手続きをする

アコム店頭窓口では、担当者と確認および相談しながら申し込むことができます。はじめての利用で不安のある方にとっては、店舗窓口での申し込みがもっとも安心できるでしょう。

自動契約機「むじんくん」の場合は、音声ガイダンスにしたがい、自分で機械を操作して申し込むことになります。もし途中で操作が分からなくなったり間違えたりした場合は、備えつけの電話でオペレーターに質問することもできます。

また、自動契約機は完全個室となっており、中に入るとドアが自動的にロックされる仕様になっています。そのため、申し込みの途中で人が入ってくることはありません。

3. 契約・カード発行

仮審査に通れば、契約手続きに移ります。契約が完了すれば、その場でローンカードが発行されます

ローンカードが発行されれば、お近くのアコムATMや提携ATMですぐに借入れできるようになります。

「むじんくん」を使用する場合は、申し込みから借入れまでの手続きをその場で済ませることもできます。「とにかくスピード重視」という方にはおすすめの申し込み方法といえるでしょう。

アコムの自動契約機(むじんくん)を徹底解説!営業時間や利用の流れを総まとめ
アコムの自動契約機(むじんくん)は、営業時間が長かったり、設置店舗数が多かったりと、申し込みに便利な特長を持っています。この自動契約機(むじんくん)でカードローンを申し込む場合の営業時間、申込みの流れ、申し込む際に注意すべき事項などについて、詳しくご説明します。

郵送で申し込む場合の流れ

アコムは郵送での申し込みにも対応しています。しかし郵送の場合は、申し込み書類の取り寄せからスタートすることになるため、契約までに時間がかかります。もしお急ぎの場合は、ほかの方法も検討したほうがよいでしょう。

1.電話で申込書類を取り寄せ、返送する

郵送で申し込む場合、まずは電話で「申込書類」を取り寄せる必要があります。その後、申込書類に必要事項を記入し、本人確認書類など「必要書類」とあわせてアコムへ返送します。

2.審査結果の連絡が来る

申し込み書類を返送したのち、審査結果の連絡が来ます。審査の結果は電話で、アコムの営業時間(9:00~21:00)内に連絡があります。

3.契約手続き、カードの受け取り

審査に通過すれば、契約書類とローンカードが届きます。ただし、この時点ではまだカードが使えません。インターネット会員ページにログインするか、アコムに電話連絡をすることで、はじめて利用可能となります。その点はご注意ください。

アコムの申し込みで必要な書類

申し込みに必要な書類を説明している画像

申し込みの際に提出する「必要書類」は、カードローン会社によって若干異なります。アコムでは、以下のような書類が利用可能です。

申し込みに必要な書類 具体例
本人確認書類 ・運転免許証
・マイナンバーカード(ナンバーは塗りつぶす)
・健康保険証
・在留カード
・特別永住者証明書 

もし提出する書類に顔写真がない場合や、記載住所が異なる場合は、以下の書類も合わせて提出する必要があります。

・住民票
・公共料金の領収書(電気、ガス、固定電話など)
・納税証明書
収入証明書類 ・源泉徴収票(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヵ月分)
・税額決定通知書(最新年度のもの)
・所得証明書(最新年度のもの)

もし提出書類に不備があったり、間違いがあったりすると、審査時間に影響が出る可能性があります。通常よりも時間がかかってしまったり、最悪の場合は審査に通らないケースも。

提出する前に内容をきちんと確認しておきましょう。

収入証明書はなぜ提出が必要なのか?その種類や取得方法について解説
カードローンや住宅ローンなどの審査を受ける際や、賃貸保証を受ける際など、様々な場面で必要になる収入証明書ですが、なぜ収入証明書は必要になるのでしょうか?この記事では、「なぜ収入証明書の提出が必要になるのか?」という理由や、その種類や取得方法について解説していきます。
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムに申し込みした後、審査にはどれくらい時間がかかる? 結果連絡が遅い理由

アコムに限らず、カードローンを申し込む際にはかならず審査があります。アコムの公式ホームページには、「審査時間 最短30分! 即日融資も可能です!」と明記されていますが、なんらかの理由で審査の結果連絡が遅くなるケースもあります。

審査の結果連絡が遅くなる原因について確認しておきましょう。

アコムへの申し込み内容に、ウソや間違った情報が含まれていた

申し込み時に入力・記載した内容に間違いがあったり、ウソの情報であるとみなされた場合、事実確認のため審査時間が延びてしまう可能性があります。

たとえば、審査にとって重要な「勤務先」や「年収」などの項目がウソの情報であると判断された場合には、審査に落ちる可能性が高くなります。

「審査に通らないかもしれない」という気持ちから、年収や勤務先の内容を偽って申し込みしようと考えている方がいるかもしれませんが、それは絶対にやってはいけません

アコムへの申し込みが集中し、混み合っている

アコムの審査には、コンピューターによる「仮審査」と、人間の手で確認する「本審査」があります。

もしアコムへ申し込みする人が多いと審査が混み合い、対応が遅れて時間がかかる可能性もあります。

アコムへの申し込みが多い時期は、週末の夜や、お盆・ゴールデンウィーク・年末年始の直前など。飲み会や忘年会でお金が必要になるタイミングと、旅行のための費用を補てんする目的などが考えられます。

もし申し込みのスケジュールを調整できる場合は、なるべく上記のような混み合うタイミングを避けたほうがよいでしょう。

信用情報になんらかの問題があった

審査において重要なポイントが信用情報です。たとえば、「アコム以外も含めて複数のカードローンから借入がある」、「過去の履歴の中に、長期にわたる延滞など金融事故の記録がある」といったケースは要注意。

アコム側は「この人は返済できるのか? 融資しても大丈夫か?」を判断することになるので、審査に対して慎重になり、通常よりも多く時間がかかってしまいます。

もし延滞や複数のカードローンからの借入れがある方は、審査に通過する可能性が低くなると考えておいたほうがいいでしょう。

信用情報については、下記の記事もご参照ください。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

「借入れ限度額」の増額は、どう申し込みすればいい?

「追加で借入れしようと思ったら、融資限度額になってしまった」という人もいるかもしれませんね。そんなときは、限度額を増やす申し込みをしましょう。

限度額の増額を申込む方法は下記の3つです。

【増額の申し込み方法】

  1. アコムに電話して増額申請をする
  2. インターネット上の「アコム会員ページ」で申し込む
  3. 自動契約機(むじんくん)および店頭窓口で申し込む

増額の申し込みで気をつけなければいけないポイントが2つあります。それは「審査」と「借入れ金額」です。

増額を申し込んだあとは、かならず審査がおこなわれます。もし、最初に申し込みした時点から年収や勤務先などが変わっている場合は、変更後の内容で審査が実施されると考えておいてください。

増額申し込みの審査は、新規で申し込んだときよりもハードルが高くなります。重要視される項目は、「他社からの借入れ件数、金額」と「アコムの利用履歴、返済実績」です。

もう1つの増額申し込みのポイントは、「借入れ金額の合計」です。もしアコムで借入れする金額が合計50万円超、あるいは他社借入れとの合計金額が100万円超になると、審査にあたって収入証明書類を提出する必要があります。

収入証明書類としては、「源泉徴収票」、「給与明細」、「所得証明書」などが挙げられます。

増額の審査に通過したとしても、安心してはいけません。今までより多く借入れできることで、必要以上にお金を使ってしまう方も多くいます。当然ながら、借りたお金はいずれ返さなければいけません。使いすぎにはくれぐれも注意し、なるべく早く返済するよう心がけましょう。

アコムはネットから増額できる?できない?増額方法から審査まで徹底解説!
アコムで追加の借入をしようとした際に、利用限度額に達して、追加融資が受けれなかったという方もいるかと思います。そういった時に必要となるのが「増額申請」です。増額申請が認められれば、利用限度額が増え、追加の融資が可能となります。そこで、本記事では増額の方法や審査における基本情報などを徹底解説したいと思います。

アコム「ACマスターカード」への申し込み方法は?

「ACマスターカード」とは、カードローン・キャッシング機能だけではなく、クレジット機能も付帯しているカードです。

ACマスターカード(カードローン付き)のカード利用上限は、「カードローン契約極度額」もしくは「クレジットご利用限度額」のいずれか高いほうの金額となります。限度額の範囲内でカードローンとクレジットカードの両方を利用することができるので、とても便利です。

ACマスターカードへの申し込み方法は、通常のアコムへの申し込み方法とほぼ同じです。ただし、すでにアコムのローンカードを持っている方は、ACマスターカードへ切り替える必要があります。その場合は、アコムの窓口に連絡するとよいでしょう。

ACマスターカードの詳細については、下記の記事もご参照ください。

ACマスターカードは他のクレカに審査落ちした人でも大丈夫?専門家が注意点や疑問を解決します
アコムが発行しているACマスターカードについて徹底解説。専門家に監修してもらい、「本当に審査落ちしてても作れるのか?」「クレヒスに傷がつかないか?」など、ACマスターカードに関する疑問に回答してもらいました。これからACマスターカードを作る方必見です!

アコムへ申し込みする方法まとめ

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムへ申し込みする方法や流れについて解説してきました。

アコムはインターネット、電話、自動契約機「むじんくん」、アコム店舗窓口、郵送など、さまざまな方法で申し込むことができます。

はじめてカードローンへ申し込みする方にとっては不安もあるかと思いますが、必要書類や流れを事前に把握しておけば安心ですね。ただし、借入れしたあとはきちんと返済スケジュールを立てるなど、計画的に利用するようにしましょう。

執筆者のプロフィール
村中 貴士
村中 貴士

ライター、編集者。カレンダーメーカーにて商品企画、制作ディレクションに携わった後、独立。エンタメ系中心に教育、自動車、ものづくり、健康などさまざまなwebメディアで企画、執筆、編集を行っています。

村中 貴士の記事一覧へ

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの借り方に関する記事

アコムの金利に関する記事

アコムの増額に関する記事

アコムの返済に関する記事

アコムに関するその他の記事