更新日:

アコムの審査はゆるい? 審査に落ちる人の特徴とその理由を解説!

アコムの審査はゆるい? 審査に落ちる人の特徴とその理由を解説!

最大30日間、金利0円で利用できるアコムは、便利でお得なサービスが充実しており、人気の高いカードローンです。とはいえ、はじめてカードローンを利用するという方にとっては、アコムの審査がどれくらい通りやすいのか、気になるところでしょう。

アコムに申込んでお金を借りるためには、どのような基準を満たしていればよいのでしょうか。審査の流れや結果が出るまでにかかる時間など、はじめて利用する人が気になる「アコムの審査」について詳しく解説していきます。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

そもそも審査の目的とは?

アコムに限らず、カードローンの審査では、申込者が入力した情報をもとに「信用度」を判断します。審査においてもっとも重視されるのが、きちんと返済できるかどうかという点。「この人は本当にお金を返せる能力がある人かどうか」を確認する目的で審査がおこなわれると考えてよいでしょう

アコムを含め、一般的にカードローンは保証人なしで借入れが可能です。そのため、もし申込者が返済できなくなった場合、アコム側はお金を回収することができなくなってしまいます。そういったことにならないよう、アコムがきちんと審査することで、回収できないリスクを減らしているのです。

アコムの審査において判断材料となるのは、申込者が申告した情報や書類です。当然ながら、年収や勤務年数、自宅の住所などの個人情報は正直に申告してください。

不安だからといって年収や会社の規模などを偽って申告したり、家族にバレないよう違う住所を書いたりしてはいけません。もし虚偽の申告であることがアコム側にバレてしまうと、「この人は信用できない」と判断されてしまい、審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなります。

もし審査に落ちてしまった場合は、お金を借りることができません。そうならないためにも、アコムに申込む前に「審査の流れ」や「審査に落ちやすい人の特長」などを確認しておきましょう。

アコムの審査って、どういう流れで行われるの?

アコムの審査の流れを説明した画像

アコムの審査を受けるためには、どのような書類を提出する必要があるのでしょうか。重要なポイントとなる「信用情報」や「在籍確認」など、審査の流れについて確認していきましょう。

①アコム側が申込者の属性や提出書類を確認

まず、アコムへ申込むために必要な条件は、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっています。そのため、この条件を満たしている方であれば学生、主婦、パート、アルバイト、派遣社員でも申込むことが可能です。

アコムへ申込む際には、名前や住所、勤務先名などの個人情報を入力する必要があります。これらの情報をもとにして、「この人にお金を貸しても問題ないか」を判断します。また、審査に必要な書類は、免許証やパスポートなどの「本人確認書類」と、源泉徴収票などの「収入証明書類」の2点になります。とくに本人確認書類はかならず必要になるため、忘れずに準備しておきましょう。

[アコムの審査で必要となる書類]
本人確認書類(必須) ・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・健康保険証 など

また、顔写真がない書類や書類の住所が現在と異なる場合、以下の書類が合わせて必要になります。
・住民票
・公共料金の領収書
・納税証明書
収入証明書類(以下のような場合に必要)

・他社を含む借り入れの総額が100万を超える場合

・アコムから50万円を超える融資を受ける場合
・源泉徴収票(最新年度のもの)
・給与明細書(直近2ヵ月分)
・市民税・県民税決定通知書(最新年度のもの)
・所得証明書(最新年度のもの)

②申込者の信用情報を確認

申込者が入力した内容や提出書類をもとに、アコムが「信用情報」をチェックします。信用情報とは、クレジットカードやカードローンなどの信用取引に関する契約内容や返済状況、利用金額などの情報です。

信用情報には、過去にクレジットカードやカードローンなどを利用した履歴や、「決められた期日までにきちんと返済したか」といった実績、他の会社から借入れしている場合の残高などが記録されています。クレジットカードやカードローンを扱う会社は、それらの信用情報を参考にし、申込者の「信用力」を判断しているのです。

個人信用情報機関には、CIC、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行信用情報センター)の3つがあります。審査においては、これら信用情報を管理する機関への照会がかならず実施されると考えておきましょう。

③会社への「在籍確認」で収入の状況を確認

申込み時に入力した勤務先に対し、きちんと在籍しているかどうかの確認が行われます。なぜなら、アコムの審査項目のなかで、「申込者に安定した収入があるかどうか」というポイントがもっとも重要だからです。そこで、申込者がきちんと勤務しているかどうかを確認するため、アコムの担当者が勤務先へ電話連絡します。この手順が「カードローンの在籍確認」で、問題なく確認が取れれば次の工程へ進みます。

アコムからの電話連絡は個人名でかかってくるので、会社の人にバレる心配はありません。何らかの事情により「会社には連絡してほしくない」という方は、アコムの担当者に相談してみましょう。場合によっては、電話連絡を決められた時間を設定したり、その他の確認方法を考えてくれたり、といった柔軟な対応をしてくれる可能性もあります。

④アコムの担当者により、融資ができるかどうか判定

上記①~③の流れによってさまざまな情報を加味し、担当者が「この人にお金を貸しても問題ないか」を判定します。申込者の属性や収入、信用情報のうち、どれか1つでも大きな問題が確認されれば、審査に通る可能性が低くなると認識しておきましょう。

どれくらい時間がかかる? アコムの審査スピード

アコムに申込みしたあと、審査にどれくらいの時間がかかるのか、すぐに融資を受けられるのか、気になる人も多いでしょう。そこで、アコムの審査にかかる時間や即日融資を受けられる時間について解説します。

インターネット、むじんくん…申込方法によって変わる? 審査にかかる時間

インターネットなどから申込みをしたあと、審査に入ります。もちろん個人差はありますが、一般的にアコムの審査時間は短く、申込みが完了してから最短30分程度で回答を得ることができます。審査結果は、メールまたは電話での連絡となります。

審査に通った場合、そのまま契約手続きに入ります。契約はインターネットまたは無人契約機「むじんくん」から手続きすることが可能。契約が完了すれば、その時点で借入れができます。申込みから審査、借入れまで、早ければ1時間で完了することができるため、急いで融資を受けたい方にもアコムはおすすめです。

申込みから審査、借入れまでの時間をなるべく早くする方法はあるのでしょうか。おすすめは、ネットから申込みをし、審査を通過した後すぐに自動契約機(むじんくん)でローンカードを受け取る方法。借入れまでの時間が短縮できます。ATMで借入れをしたい場合は、かならず店舗もしくは無人契約機「むじんくん」でローンカードを受け取る必要がありますので、ご注意ください。

アコムのホームページには、簡単な質問に答えるだけで借入れ可能かどうかすぐに分かる「3秒診断」というメニューがあります。年齢、年収、他社からの借入れ状況を入力すれば、「お借入できる可能性が高いです」などといった簡易の判定結果がすぐに表示されます。ただしこの「3秒診断」はあくまで目安であり、実際の審査結果とは異なる場合があるのでご注意ください。

即日融資を受けられる時間帯

アコムで即日融資を受けたい場合、口座振込には「当日14時30分までに振込受付を完了する」という条件があります。そのため、14時30分までの受付に間に合わない場合には、契約機でカード発行→ATMで借入れという流れになります。

また、無人契約機「むじんくん」は毎日22時まで営業を行っていますが、即日融資を受けたいのであれば、審査時間や契約手続きの時間を考慮して、当日の21時までには来店しておくことをおすすめします。審査が混雑する場合、さらに時間がかかるケースもあるので、できるだけ早く申込みを済ませておきましょう。

アコムの審査は休日も対応なので、土日の即日融資も可能

アコムは年末年始などをのぞき、土日や祝日も常に審査を行なっています。そのため、土日でも即日融資を受けることが可能となっています。カードローン全体で見ると、土日の即日融資に対応している会社は少ないため、土日に入って急に資金が必要になってしまった場合でも、アコムなら安心です。

会社がお休みだと在籍確認が受けられない可能性がある

土日でも融資が受けられるとはいえ、「勤務先の会社は土日がお休み」という方が多いでしょう。その場合は審査において重要なポイントとなる「在籍確認」が受けられず、スムーズに借入れできない可能性があります。もし会社が休日であることが分かっていれば、事前にアコムの担当者と相談しておきましょう。

アコムの審査、通過率はどれくらい?

アコムの審査の通過率について説明している画像

審査の通りやすさについては、アコム企業情報サイト内にあるIR情報(マンスリーレポート)の中に記載されている「新規貸付率」から判断することができます。その数字と、審査に影響するポイントについて確認していきましょう。

アコムの審査通過率は45%前後

アコムの新規貸付率は月によって変動するため、厳密にいえば一定ではありませんが、おおむね45%前後となっています。アコムは、はじめてカードローンを利用する方が選ぶことも多く、そのため審査通過率が高くなっていると考えられます。ここでいう審査通過率とは、「審査を通過した人数÷申込者」です。

もしアコムの審査に通らなかった場合、他社でも通らないのでは? と不安になってしまう人もいるでしょう。しかし、必ずしもそうなるとは断定できません。なぜなら、各社によって審査の基準が微妙に異なるからです。アコムの審査基準には合わなかったとしても、他社では審査に通過する可能性もありえます。

利用限度額が抑えられる? 審査に影響する5つのポイント

審査に影響するポイントとしては、下記のような項目が挙げられます。

審査に影響するポイント

  • 雇用形態(正社員、派遣社員、パート、アルバイトなど)
  • 年収
  • 勤続年数
  • 外国籍かどうか
  • 他のローンの借入れ状況

まず雇用形態ですが、かならずしも正社員である必要はありません。ただし、個人事業主や自営業の場合は、どのような事業なのか確認するため、確定申告書の控えを求められる可能性があります。

「年収が低い」「勤続年数が短い」といった条件も審査に影響を与えますが、それだけで審査に落ちるとは言い切れません。しかし一定基準以下だと、仮に審査が通ったとしても利用限度額が10万円程度になってしまう可能性が高いでしょう。

申込者が外国籍の場合、永住権を証明するため在留カード(旧外国人登録証明書)の提出を求められます。もし提出できない場合は、まず審査に通らないと考えたほうがよいでしょう。また、日本語での読み書きや日常会話能力も必須条件となります。

申込み時には、ほかにもさまざまな項目を入力する必要があります。しかし「居住年数」、「社会保険の種類」、「家族の構成」といった項目については、審査にはほとんど影響しないと考えてよいでしょう。

アコムの審査に落ちる人の特徴と、その理由

アコムで融資を受けられるかどうかは、実際に審査を受けてみなければ分かりません。ただ、カードローンの審査に落ちやすい人というのはおおむね決まっています。そのため、審査に不安があるという方は、以下の点に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

安定した収入がない

アコムの審査条件には「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」と明記されています。したがって、安定した収入がない人がアコムに申込みした場合は、審査に落ちてしまう可能性が高くなります

安定した収入とは、例えば「同じアルバイトを1年以上続けている」や「一定の不動産収入がある」などが挙げられます。もしアルバイトなどで収入が少なかったとしても、継続して働いており一定の収入を得ているのであれば、「安定した収入」となります。

しかし、日雇い労働や水商売などのケースでは、たとえ給与が多かったとしても、安定した収入があるとは認められにくいようです。また、国および地方自治体から受給している年金や給付金は「安定した収入」とは認められませんので、注意しましょう。

過去にクレジットカードの延滞など「金融事故」を起こしていた

現在はもちろん、過去にクレジットカードや携帯電話料金などの延滞(いわゆる金融事故)があった人は、審査に落ちやすくなります。これは信用情報の影響によるもので、過去に延滞をしたことが分かってしまうためです。

ただ、延滞があった人というのは、「返済期日に何度も遅れたことがある」や「長期間返済に応じなかった」というケースです。1回程度の返済遅れであれば、審査への影響を心配する必要はありません

金融事故が起こると、最長5年間、信用情報に記録として残ります。その間はアコムに限らず、カードローンの審査には通らないと考えておきましょう。ただし、すでに延滞が解消されている場合は、その記録が認められれば、すぐに審査落ちにはしないケースもあるようです。

金融事故の詳細については、下記の記事もご参照ください。

ブラックリストって本当にあるの?金融事故が起きると何が起こるのか
借金を延滞すると、ブラックリストに載ると耳にした事がある方もいるかと思います。 しかし、正確にはブラックリストは存在しないというのをご存知でしょうか? いわゆるブラックリストは、金融機関では金融事故になる事といわれます。 この記事では、そもそも金融事故とは何か、金融事故が起きる原因、金融事故になるとどんな事が起きるのかについて解説しています。

他社からの借入れ金額が多すぎる

他社からの借入れが多い場合、審査に落ちてしまう可能性は高くなります。一般的に、他社借入件数が5件以上あると、通常よりも審査が厳しくなるといわれています。また、他社借入額の比率が年収に対して大きい場合にも、審査落ちする可能性が高くなります。

アコムでお金を借りる場合は、総量規制が適用されます。総量規制とは、個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される仕組みで、貸金業法に定められています。

たとえば、年収が300万円だとすると、借入れできる金額は最大100万円となります。したがって、すでにアコム以外のカードローンで100万円を借入れしていると総量規制に引っかかることになり、審査に落ちてしまいます。

在籍確認で審査に落ちてしまう

審査では、申込者が入力した勤務先に間違いなく勤めているかどうか調べるため、かならず在籍確認が実施されます。在籍確認によって下記のような問題があると認められれば、審査に落ちてしまいます。

在籍確認で審査に落ちてしまう理由

  • 入力した勤務先が、実際には存在していない
  • 以前に勤めていたが、すでに退職している
  • 産休や育休などにより、一時的に休職している状態である

ただし、1~2週間程度の休暇であれば、審査に通る可能性もあります。また、「直近2ヵ月の給与明細」「写真つきの社員証」「雇用契約書のコピー」などを提出することで、在籍確認の代わりとして認められるケースもあります。まずは担当者に相談してみましょう。

過去にアコムでトラブルを起こした

もし過去にもアコムを利用した実績があり、かつ返済を延滞した等のトラブル履歴がある場合は、審査に通らない確率が高くなります。

具体的には「アコムでの借入れ金額を返さなかった」「自分では返せず、家族などの第三者に肩代わりしてもらった」といった記録がアコム側に残っていれば、ほぼ審査には通らないと考えたほうがいいでしょう。

もし信用情報から記録が消えても、アコム社内の記録はずっと残り続けるので注意してください。

少額融資になってしまうケース

もし審査に通過したとしても、希望どおりの金額を借りられるとは限りません。なぜなら申込者の利用限度額は、審査によって決定されるからです。審査の結果によっては、希望よりも少ない利用限度額となってしまう可能性もあります。

利用限度額が少なくなってしまうケースとしては「高齢者(65歳以上)」、「年収が少ない」、「働き始めたばかりで勤続日数が少ない」などが挙げられます。

65歳以上の高齢者は、一般的に入手が少ないとみなされ、限度額が抑えられる可能性があります。ただし、一定以上の収入があることを証明できれば、限度額がアップすると考えてよいでしょう。

そのほか、年収が60万円以下、仕事を始めたばかりといった条件もあまり好ましくありません。もし時間に余裕があるのであれば、一定期間以上勤務してから申込むほうがよいでしょう。

審査に通る人の条件とは?

ここまで、審査に落ちてしまう人の特長をみてきましたが、改めて「審査に通るための条件」を確認しておきましょう。

審査に通るための条件

  • アコムに申込むための基本条件をすべて満たしている
  • 過去の返済履歴など、信用情報に傷がない
  • 他社からの借入れ金額が年収の3分の1以下
  • 申込み時に記入した情報に間違いがない
  • 過去にアコムを利用した際、トラブルなどが一切ない

まず最低限の条件としていえることは、「満20歳以上、69歳未満」や「安定収入がある人」など、アコムが定めた規定にあてはまること。当然ながら、安定的な収入がなければ審査には通りません。

次にポイントとなるのが、信用情報です。返済金の延滞や自己破産など、過去の信用情報に傷が無ければ、審査に通る可能性は高くなります。

アコム以外のカードローンを利用している方は、借入金額が年収の3分の1以下かどうか、確認しておいてください。もし100万円の借入れを希望する場合は、年収300万円以上が必要となります。これはアコム以外の借入れ金額も含めた総額で計算されるので、もし他の金融機関でも借入れしている方は注意してください。

実際に行われる審査は、上記に挙げたさまざまな項目を総合的に判断します。過去に大きな金融トラブルもなく、一定の年収がある方は、それほど心配する必要はないでしょう。

信用情報の詳細については、下記の記事もご参照ください。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

アコムの審査って実際どうなの? 利用者の口コミ、体験談

審査に通るための条件をみてきましたが、実際のところ、アコムの審査は通りやすいのか? それとも厳しいのか? はじめて利用する方にとっては最も気になる点でしょう。そこで、実際にアコムを利用したことのある方の口コミや体験談をピックアップしてみました。

(40代/派遣社員/年収200~400万円/借入金額10万円以内)

最初は、カード会社のキャッシングを選ぼうと思ったのですが、審査に時間がかかると言われたので、消費者金融の利用はあまり気はすすまなかったもののアコムなら一番イメージがよいし、何よりも審査が最短でおわると聞いたので利用を決意しました。手続きも簡単で、自動貸し出し機を利用してできたので、人と対面することもなかったです。すぐに電話があり、とても分かりやすい説明があったので、初めて利用する私でも安心できました。それから、派遣社員という形態が不利になるのではないかとおもいましたが、その点も特に問題なく、すんなり審査に通りました。気にしていた職場への在籍確認もとても事務的なものだったので、誰にも怪しまれることはなかったですよ。ここは女性におすすめです。

(30代/会社員/年収400~600万円/借入金額10万円以内)

アコムのカードローンの審査対応は、かなり迅速であったと思います。スマートフォンを用いて、申し込み画面にて必要事項を入力するだけでなく、運転免許証の画像データをアップロードする形で本人確類を提出できましたので、利便性が高いと感じました。また、会社のトイレの個室にて申し込みをしたのですが、1時間後には在籍確認の電話が会社の代表番号宛にかかってきましたので驚きました。そして、さらに2時間後には審査を通過したとの連絡をもらい、スマホの画面上で契約手続きを済ませることができましたので、便利だなと感じました。おかげで、その日のうちに定期券を購入することができました。

(20代/会社員/年収400~600万円/借入金額10~50万円)

審査については、WEB上で簡単に行うことができ、また、借入についても事前にWEB上で振込口座・希望金額を入力すれば、審査完了後に振込がされるためとても簡単でした。金利については、やはり銀行系のカードローンと比べると2〜3%高いですが、手続きの取りやすさ等を考えるとアコムの方が利便性は良いと思います。独自のサービスについては、まずは、借入前に3秒診断を行いました。簡単な入力項目のみで利用できたのでストレスなく利用できました。

アコムを実際に利用した方の口コミをみると「すんなり審査に通った」「かなり迅速だった」と、おおむね高評価のようです。はじめての方でも安心して申込み、借入れできる利便性は、大手消費者金融の中でも突出しているといってよいでしょう。

アコムから審査結果の連絡がこない! その理由は?

アコムの審査結果がこない理由を5つピックアップしている画像

アコムのホームページには「審査回答最短30分」と記載されています。ただし、さまざまな条件により審査時間が長引くこともあります。もし審査の結果連絡がこない方は、下記のような理由によって、審査が遅れている可能性があります。一つずつ確認していきましょう。

深夜や早朝にアコムの申込みをした

インターネットを利用すれば、24時間365日、好きな時間に申込みができます。そのため、審査の結果連絡もすぐに届く、と思ってしまう方が多いかもしれません。しかし、申込みの時間帯によっては、結果連絡が翌日になることもありえます。

アコムでは仮審査と本審査があります。コンピューターによる仮審査ののち、申込者の情報を精査する本審査に移りますが、その確認はいわば手作業。そのため、通常の営業時間以外に申込みをした場合は、当日の連絡をもらうことはできません。

審査の回答がくる時間帯は、9:00~21:00です(土日祝もOK。ただし年末年始はのぞく)。仮に、審査にかかる時間が1時間程度だとすると、おそくとも20時までに申込む必要がありますので、注意してください。

申込みをした時間や時期が、混雑するタイミングだった

本審査は手作業となるので、申込みをした時期や時間帯が混雑している状況であれば、審査の回答が遅くなってしまう可能性もあります。

混雑する時間としては、お昼休み(12:00~13:00)や金曜夜などが挙げられます。また、急なお金が必要となる春の引越し時期(3月~4月)や、ゴールデンウィークなどの連休前も申込者が多く、混み合う傾向があります。それにより、審査時間が長引いてしまうこともあることを心に留めておいてください。

勤務先での在籍確認がスムーズにいかなかった

アコムの審査では、電話による在籍確認がかならず実施されます。もし在籍確認がとれなければ、そのぶん審査にかかる時間が長くなってしまいます。では、どうすればいいのでしょうか? 対策としては、下記の2つが挙げられます。

在籍確認をスムーズに終わらせるコツ

  • 事前にアコムへ連絡し、自身が勤務先にいる時間帯を伝えておく
  • 上司や同僚などに、電話がかかってくる旨を伝えておく

在籍確認は会社名を名乗らず、個人名で電話がかかってきます。とはいえ、会社の人に伝えておくのは心理面でハードルが高いでしょう。お願いすれば柔軟に対応してくれる場合もあるので、まずはアコムの担当者に相談してみましょう。

審査結果のメールが「迷惑メールフォルダ」に入っていた

もし審査の結果連絡が電話ではなくメールだった場合、自動的に迷惑フォルダに入っているなど、見落としている可能性もあります。審査結果は基本的に電話連絡となりますが、たとえば「確認したいことがあります」といったメールがくるケースもあります。「迷惑メールのフォルダに入っていたから気づかなかった」ということのないよう、事前にメールアドレスおよび設定を確認しておきましょう。

申込み時の提出書類に不備があった、またはウソの情報が確認された

アコムに申込む際は、規定の書類を提出する必要があります。もし書類に不備があった場合は、審査が長引いてしまうことも。申込む前にきちんと確認しておきましょう。

また、申込み内容が間違っていた場合、「ウソの情報を記入しているのではないか?」と疑われる可能性もあります。申込み内容は信用情報機関に確認をとるため、単純なミスであっても「信用できない人かもしれない」と判断されてしまうこともあります。申込み時の個人情報は、くれぐれも正確に記入してください。

もしアコムの審査に落ちてしまったら?

もしアコムの審査に通らなかったら…あまり考えたくない話ですが、審査通過率でみても約半数が「審査落ち」となっています。そうなった場合、どのような手段が考えられるでしょうか。あきらめずに別の方法を探してみましょう。

アコムで再審査を受ける

審査に落ちた原因については、アコムに問い合わせても基本的に教えてくれません。ただ、すでに説明したとおり、審査の基準となる項目はある程度分かっています。年収、勤続日数、他社からの借入れ金額など、思い当たる項目を見直してみてください。

「どうしてもアコムが良い」と考えている方は、収入をアップさせたり、勤続日数を長くしたりするなど、状況の改善を検討しましょう。その上で、約半年後を目安に再度申込みをしてみるのも一つの手です。

アコム以外の消費者金融を検討してみる

アコム以外にも、プロミスアイフルレイクALSAなどさまざまな消費者金融があります。「アコムの審査に落ちてしまったから、他社で申込みしてもどうせダメだろう」と思ってしまうかもしれませんが、そうとは限りません。

審査の基準は会社によって異なります。そのため、信用情報などに著しい問題がない限り、他社で申込みをすれば審査に通る可能性もあります。あきらめず、自分に合うカードローンがないか探してみましょう。

ただし、アコムに申込みした履歴は半年間、信用機関に残ります。一度審査に落ちると、その後半年以内は他社に申込みしたとしても審査に落ちる可能性が高いので、注意してください。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 原則不要(※)
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる2つの無利息サービス!
審査時間 申込み後最短15秒
融資時間 Webで最短60分融資も可
実質年率 4.50〜18.00%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 最小1万円〜最大500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円を超える場合提出必要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要 ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合必要 ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8~22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります ※60日間無利息キャンペーン:本キャンペーンは2月15日(金)から5月15日(水)ご契約完了のお客さまが対象となります。 ※60日間無利息キャンペーン:新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。 ※60日間無利息キャンペーン:30日間無利息、180日間無利息との併用不可 ※60日間無利息キャンペーン:ご契約額200万円までの方

銀行カードローンを検討してみる

アコムは消費者金融なので、「借入金額は年収の3分の1以内」という総量規制の対象となります。他社からの借入れなども含め、総量規制に引っかかることで審査に落ちる可能性もあるでしょう。

その場合、銀行カードローンを活用するのも一つの手です。なぜなら、銀行カードローンは総量規制の対象外となっているからです。長く使っている銀行であれば、信用度が高いと判断され、審査に通過するかもしれません。普段お使いの銀行にカードローンのサービスがないかどうか、調べてみてください

ただし、アコムが保証会社の業務を請け負っているカードローンでは、審査基準が共通となってしまいます。たとえば、アコムの親会社は三菱UFJ銀行です。そのため三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)に申込むと、実際に審査を実施するのはアコムとなってしまうのです。そうなると、アコムで審査に落ちてしまったらバンクイックの審査にも落ちてしまう、と考えるのが妥当でしょう。

そのほか、じぶん銀行セブン銀行もアコムが保証会社としての業務を請け負っているため、同様の事態が起こりえます。特に銀行系のカードローンについては、保証会社がアコムかどうか、事前に確認してから申込むようにしましょう。

日本政策金融公庫で国からお金を借りる

日本政策金融公庫とは、一般の金融機関を補完する役割をもつ特殊会社です。融資の対象となるのは、おもに小規模事業者や創業企業です。また、中小企業の支援なども行っています。もしお金を借りる目的が事業に関する資金であれば、日本政策金融公庫から借りる、という選択肢も考えてみてください。ただし、「過去に金融事故の履歴がない」「税金を滞りなく支払っている」など、一定の条件をクリアする必要があります。

アコムの審査まとめ

「アコムの審査は他の消費者金融と比べるとゆるい(もしくは厳しい)」などというウワサが、インターネット上で飛び交っています。しかし審査の通りやすさは、他社と比べてとくに変わった条件があるわけではないのです。そもそもアコムの審査基準は一般に公表されていません。

はじめてカードローンを利用する方にとっては、審査の通りやすさがどうしても気になってしまうかもしれません。しかし、それよりも重要なのは、収入に見合った借入れ金額や信用情報です。

もし審査に通ったからといって、無茶なお金の使い方をしてはいけません。くれぐれもカードローンは計画的に利用するよう、心がけておきましょう。

執筆者のプロフィール
村中 貴士
村中 貴士

ライター、編集者。カレンダーメーカーにて商品企画、制作ディレクションに携わった後、独立。エンタメ系中心に教育、自動車、ものづくり、健康などさまざまなwebメディアで企画、執筆、編集を行っています。

関連記事