更新日: / 公開日:

アコムの金利は安い?高い?利息の決まり方を理解して効率的に利用しよう!

アコムの金利は安い?高い?利息の決まり方を理解して効率的に利用しよう!

消費者金融業界のシェア上位にいるアコム。その金利や利息は、これからカードローンの利用を検討する方にとって、非常に気になるところだと思います。

そのため、ここではアコムの金利や利息に重点を置いて解説を行なっています。アコムを安心して利用するためにも、しっかりと内容を把握しておきましょう。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート サークルKサンクス ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムの金利はいくら?

カードローンには銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンなどがあり、全ての貸金業者には利息制限法が適用されます。

利息制限法とは借入金額に対する金利を制限する法律のことで、利用限度額に応じた金利の上限が定められています。

下記が利息制限法で定められた上限金利の一覧です。

利用限度額 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円〜100万円 18.0%
100万円以上 15.0%

アコムは消費者金融の1つですので、この法律に則った利率が設定されています。次で詳しくみていきましょう。

また、総量規制によってアコムは年収の3分の1までしか借入れできません。総量規制は、個人が返済に苦しむほど借入れしないように、消費者金融や銀行が融資金額の上限を設けている制度です。

アコムの金利と限度額の関係

アコムの金利は、3.0%~18%です。昨今の消費者金融の金利を見ても平均的な数値となっています。最初から下限金利が適用されることはまずありません。

実際に借入れる際に適用される金利は利用者によって異なり、利用限度額が大きいほど低い金利が適用されます。

下記はアコムの利用限度額と対応する金利の一覧です。

利用限度額
上限金利
1万円〜99万円 7.7〜18.0%
100万円〜300万円 7.7〜15.0%
301万円〜500万円 4.7〜7.7%
501万円〜800万円 3.0〜4.7%

ここで、実際にアコムで50万円を18%の金利で借りた時の利息はいくらになるか見てみましょう。

アコムで50万円を借りた場合、毎回の返済額は借入れ金額の3.0%以上となっています。つまり、50万円を借りたら最低でも毎回15,000円ずつ返済する必要があります。

そして、この金額を完済まで支払い続けた場合、利息の総額や返済期間などは以下のようになります。

50万円借りた場合の返済期間と利息総額(毎回15,000円の返済)
返済期間 返済回数 返済総額 利息総額
3年11ヶ月 47回 698,327円 198,327円

アコムのホームページには、毎月の返済金額や返済回数を細かく計算出来る返済シミュレーションが用意されています。そのため、返済回数、返済総額、利息などが気になる方は一度利用してみることをおすすめします。

しかし、利息は気になるけれども返済シミュレーションなどを使うのは面倒という方もいるかと思います。

そんな方に、おおよその利息が簡単に分かる計算式を紹介します。以下の計算式を使えば、1年間で発生する利息を簡単に割り出すことができるため、大まかな計算でいいと思う方はぜひ活用してみてください。

借入金額×実質年率=1年間の最大利息

アコムと他社の金利を比較すると…

アコムの金利は他の消費者金融と比べると平均的な金利と述べましたが、実際のところ銀行のカードローンと比べたらどれくらいなのかみてみましょう。

会社名 金利
アコム
3.0〜18.0%
アイフル
3.0〜18.0%
プロミス 4.5〜17.8%
SMBCモビット 3.0〜18.0%
レイクALSA 4.5〜17.8%
みずほ銀行カードローン 2.0〜14.0%
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 1.8〜14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0〜14.5%

アコムの金利は銀行のカードローンと比較すると、少し高めに感じるかもしれませんが、他の消費者金融と比較するとあまり変わりません。

プロミスの上限金利はアコムと比較すると0.2%低く設定されていますが、下限金利は1.5%高く設定されています。

同じようにレイクALSAも下限金利は1.5%高く設定されているため、下限金利でアコムを利用できる場合は利息を節約できます

実際に金利を確認しよう

実際に自分がアコムを利用する際は、その時の金利がいくらか気になりますよね。今からその確認方法を4つ紹介していきます。

・ローンデスクに電話する
・会員サイトからログインして明細を確認
・契約当時の書類を確認
・ATMの利用明細による確認

素早く簡単に確認する方法は、会員サイトからログインして確認する方法と電話による問い合わせです。ローンデスクに電話をする際は下記の電話番号に受付時間内に電話をしてください。

0120-629-215
受付時間 平日9時〜18時

アコムの返済について解説

借入れる前に返済方式や返済方法など正しく理解しておくことで、少しでも利息を抑えることができ、手数料を節約できる場合があります。以下では少しでもお得に利用できる方法を解説していきます。

返済方式・返済額の解説

アコムの返済方式は、元利定率リボルビング方式です。元利定率とは借入れ額に対して、一定の金利を掛けて返済金額を算出する方法です。

算出された金額には利息が含まれ、途中で追加借入れしない限り、完済まで最低返済額が変わりません。

下記はアコムの元利定率リボルビング方式による計算式です。

借入金額×一定の割合=最低返済額(1,000円未満)

一定の割合とは、利用限度額に対して変化する割合のことで、下記がその一覧です。

利用限度額 一定の割合
30万円以下 4.2%以上
30万円超、100万円以下 3.0%以上
100万円超 1.5%以上

この元利定率リボルビング方式は他の消費者金融では使われておらず、アコムだけで採用されている計算方法です。

ちなみに、他の消費者金融では残高スライド方式と呼ばれる返済方式をとっています。残高スライド方式は、最低返済額が借入残高に応じて増減する点が特徴的な返済方式のことです。

ここで少し具体例を出して最低返済額を説明します。

例えば、利用限度額30万円の利用者が20万円の借入れをした場合は次のように計算されます。

20万円×4.2%=8,400円

1,000円以下は切り上げとなりますので、上記の場合は9,000円以上の金額であればいくら返済しても良いということになります。

2種類の期日を設定可能

どのカードローンにも返済日がありますが、自分で返済日を決められたら管理もしやすく、口座の残高を気にする必要性も無くなって安心ですよね。

アコムには返済期日を2種類の方法で設定することができます。以下ではその2種類の返済方法を解説します。

35日毎の返済

1つめは、返済日を35日毎にする方法です。前回返済日から35日以内であればいつ返済しても大丈夫です。基本的には前回の返済日の翌日から数えて35日目が返済日です。

例えば、前回の返済日が4月1日であれば5月6日が返済日となります。

35日毎の返済は、比較的長いスパンで返済を行うことができるので余裕を持って返済したい方にとっては便利な機能です。

しかし、毎月の返済期日が固定されていないため、きちんとどの日が返済日か把握しておく必要があります。

そこで、返済期日を連絡するeメールサポートというサービスがおすすめです。返済期日の3日前と当日にお知らせのメールが届くだけでなく、返済が遅れた場合もお知らせしてくれます。

申込み方法は公式ページから会員画面にログインしてeメールサービスに登録してください。

毎月指定期日

2つめは、毎月の振込による返済日を選択する方法です。この自分で選んだ返済日を毎月指定期日と呼びます。

例えば、毎月10日を指定した場合は翌月も10日までに返済しなければなりません。なお、口座振替で返済する場合は、自動的に6日に設定されます。

ただし、返済期日よりも15日以上前に返済すると前の月の追加返済扱いになるので注意してください。

例えば、25日が期日で10日よりも前に返済するとします。その場合、利用残高そのものは減るけれども当月分の返済額は変わらないということです。

当月分の返済額を減らしたい場合は、10日以降、25日よりも前に返済する必要があります。

どちらの返済方法がおすすめ?

実際に期日によってどう違うのか具体例をあげて比較してみます。18%の金利で10万円を借入れて5,000円ずつ返済する条件で比較します。

期日の種類 返済回数 毎回の返済額 返済総額
35日毎 25回 5,000円 123,709円
毎月指定期日 24回 5,000円 119,429円

返済総額の差は次のようになります。

123,709円−119,429円=4,280円

毎月指定期日のほうが35日毎よりも返済回数が少なく、返済総額は4,280円も違います。

アコムの利息は日割り計算となっているため、早めに返済を行った場合、その分利息を抑えることができます。

つまり毎月返済を指定期日通りにすると、35日毎よりも早く完済ができるので返済回数が少なく、かかる利息も少なくなります。

期日通りにきちんと返済ができる人は毎月指定期日を選択して、利息をなるべく節約していきましょう。

参考までに、アコムの利息の計算式を掲載しておきます。

利息=借入残高×利率÷365日×利用日数

実際の返済方法を紹介

アコムには返済方法が5つあるので順に紹介します。

ATMによる返済

1つめは、ATMによる返済です。アコムは自社のATMやセブン銀行の提携ATMによって返済できます。以下がその手順です。

1 ATMにカードを入れる
2 暗証番号の入力
3 「ご返済」ボタンを選択する
4 現金を投入口に入れて読み取りボタンを押す
5 確認ボタンを押す
6 明細書とカードを受け取る

アコムのATMで返済する場合手数料は無料ですが、提携ATMの場合10,000円以下は108円、10,001円以上は216円の手数料がかかるのでご注意ください。

店頭窓口での返済

2つめは店頭窓口での返済です。アコムの店舗検索ページから最寄り店舗を探し、ローンカードと現金を窓口に持参して手続きという形になります。

店頭窓口の営業時間は平日9時30分〜18時で、土日祝日は営業していないので注意してください。

また、金融機関の窓口でも返済可能です。窓口で振り込む場合、別途振込手数料がかかるので注意してください。

インターネットでの返済

3つめは、インターネットでの返済です。手順は下記の通りです。

1 公式ホームページから会員ページにログイン
2 インターネットでの返済をクリック
3 返済金額などの必要情報の入力
4 利用する金融機関の選択・決済口座の登録

インターネットでの返済は、手数料がかからない上に24時間いつでも返済できるため、非常に便利です。

ただし、事前にアコムでインターネット返済が可能な金融機関でインターネットバンキングの契約が必要になるので注意してください。

インターネットバンキングは、ネットでの振込や残高・利用明細を確認できるサービスです。利用可能な金融機関はメガバンクや全国の地方銀行、信用金庫、信用組合と幅広くあります。下記はその一例です。

銀行 ・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・埼玉りそな銀行
・楽天銀行
・池田泉州銀行
・京都銀行
・香川銀行
・静岡銀行
・中国銀行
・広島銀行
・福岡銀行
など
信用金庫 ・青い森信用金庫
・大阪信用金庫
・おかやま信用金庫
・かながわ信用金庫
・西京信用金庫
・高松信用金庫
・東京信用金庫
・新潟信用金庫
・福岡信用金庫
・北陸信用金庫
・横浜信用金庫
など
信用組合 ・茨城県信用組合
・仙北信用組合
・大東京信用組合
・新潟大栄信用組合
・飛騨信用組合
・兵庫県信用組合
・福島県信用組合
・淡陽信用組合
など

口座振替

4つめは、口座振替による返済です。先述しましたが口座振替で返済する場合、登録した金融機関の口座から6日に引き落とされます。6日が金融機関の休業日の場合、翌営業日が引き落とし日になります。

事前に引き落とし口座を登録しておく必要があるので下記の電話番号に電話して手続きしてください。

アコム総合カードローンデスク:0120-629-215

依頼から口座振替の設定になるまで2〜3ヶ月かかる場合があるので注意が必要です。

アコムの返済について。3つの項目に分けてわかりやすく解説
アコムを利用する際、返済方法や返済日、返済金額などについて分からない事だらけで困っている方もいるでしょう。 それもそのはず、アコムの返済期日は2つの種類があり、返済方法は大きく分けて3つ、返済額に至っては借り入れ金額によって違ってきます。そのため、なかなか理解しづらい部分もあるかも知れません。 そこで、この記事ではアコムの返済方法や返済日、返済額などについて分かりやすく解説しています。アコムを利用する上で返済について知ることは、返済をスムーズに行うためにも必要なことなのでぜひ参考にして下さい。

アコムの返済表で確認しよう!

ここでは、アコムで借入れを行なった場合の返済期間、返済総額、利息総額を分かりやすく一覧にしました。

それぞれ、10万円、30万円、50万円、100万円の借入れ金額でシミュレーションを行っているので、ご自身が借りる金額と、毎月の返済額に近いものを参考して下さい。

借入れ条件は次の通りです。

  • 10万円~50万円までは金利年18%、100万円の場合は金利年15%
  • 返済周期は毎月

10万円を借りた場合の返済表

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額
5,000円 24回 119,772円 19,772円
8,000円 14回 111,565円 11,565円
10,000円 11回 109,158円 9,158円
20,000円 6回 104,750円 4,750円

30万円を借りた場合の返済表

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額
13,000円 29回 370,993円 70,993円
15,000円 24回 359,332円 59,332円
20,000円 18回 342,404円 42,404円
30,000円 11回 327,483円 27,483円

50万円を借りた場合の返済表

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額
15,000円 47回 698,327円 198,327円
20,000円 32回 631,374円 131,374円
30,000円 17回 566,594円 66,594円
50,000円 11回 545,806円 45,806円

100万円を借りた場合の返済表

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額
30,000円 44回 1,301,674円 301,674円
50,000円 24回 1,157,936円 157,936円
80,000円 14回 1,094,238円 94,238円
100,000円 11回 1,075,025円 75,025円

ここまでの結果をみても分かるように、毎月の返済額を増やすだけで、返済回数や利息は大幅に減少します。

実際に100万円を借入れたときに、毎月30,000円返済する場合と100,000円返済する場合の利息総額の差額を計算してみます。

301,674円−75,025円=226,649円

このように利息総額に226,649円も差が出てきます。利息を抑えるには、早めの完済を目指すことが重要になると言えます。

(20代/男性/会社員/年収200〜400万未満/借入金額10〜50万円)

金利の計算方法はある程度勉強していたので理解していました。ただし、想定以上の借入金を行っているので金利の金額も結構高額になっています。コンビニのATMで発行される明細に借入れ情報等が書かれているのを確認しています。できる限り早期に返済するのがいいってことを感じます。現状では一気に多額の返済を行うのが難しいのですが、まとまって支払いができる時はそうしています。

(20代/女性/会社員/年収200~400万未満/借入金額50〜100万円)

借りる前に金利の計算をしたことはありません。どこも同じ金利ですし、ショッピングクレジットも同じくらい高い金利だったので、あまり違いがないと感じていました。

金利の計算方法自体は知っています。返済中に金利の計算をしたこともあります。なるべく返済期間を短くしたいので、一括で返せるようにし、最後に電話して金利を計算してもらったこともあります。

上記はアコムの返済に関する口コミです。

アコムの金利は高めに設定されているので、できるだけ早く返そうという意識の利用者がいることがわかります。

他社の早見表と比べてみよう

皆さんアコムの返済表をご覧になったと思いますが、他社と比較するとどうなのか気になりますよね。

100万円で借り入れた時のシミュレーションを見ていきましょう。金利は100万円で借入れた場合の上限金利である15%で計算します。

会社名 最低返済額 返済回数 総返済額
アコム 30,000円 44回 1,301,674円
アイフル 26,000円 53回 1,373,576円
プロミス 26,000円 53回 1,373,576円

表のようにアコムでの借入れが一番利息を抑えられています。アイフル、プロミスとの利息の差は71,902円(1,373,576円−1,301,674円)で、かなり大きな金額です。

この結果から、最低返済額で返済していく場合はアコムが他社よりも利息を抑えられるためお得です。

アコムの金利を下げよう!

実際に借入れする際には金利が低いほうがいいですよね。消費者金融といえば銀行カードローンよりも金利が高めですが、ここではアコムでの借入れの際に金利を引き下げる方法を4つ紹介します。

ちなみに金利を交渉で引き下げることはできません。

アコムの金利を引き下げたいなら増額する

1つめは、限度額を引き上げる方法です。

限度額の引き上げは、増額審査に通ることで可能になります。審査のため、当然落ちてしまう事もありますが、無事審査に通れば限度額の引き上げと共に金利の引き下げが行われる可能性があります(※)。

ただし、場合によっては限度額の引き上げのみとなる事があります。

(※)必ず金利が引き下げられるわけではありません


利用実績によって金利の引き下げが行われる場合もある

2つめは、返済実績を重ねることです。

融資をする側(アコム)にとって、貸し付けたお金が期日に返ってくるということは、とても大切なことです。そして、きちんと返してくれる利用者ならば、また貸しても良いという信用が生まれます。

さらに、返済実績がある利用者は、他の金融機関に移ってもらいたくないという理由もあるため、これまでの金利を引き下げることもあるようです。

つまり、アコムにとっても利用者にとっても、継続的に利用していれば、お互いにメリットがあるというわけですので、着実に返済実績を重ねていきましょう。

アコムには30日間金利0円サービスがある

3つめは金利が0になるサービスを活用することです。

アコムには、初めてアコムを利用する方の金利がゼロになる「30日間金利0円サービス」があります。

この金利0円サービスを利用すると、サービス期間中は金利が免除されるため、いくら借入れを行っていても利息が0円になります。このサービスを活用すれば銀行カードローンよりも利息を節約できますね。

このサービスを受けるには返済期日を35日毎に設定する必要があります。また、サービスは契約日の翌日から開始されるので注意しておいてください。

こんな人はアコムの無利息期間を使うべき!適用条件から節約利息まで解説
大手消費者金融では、一定期間もしくは一定の条件下で無利息になることはご存知でしたか?その無利息ローンの認知度も徐々に広がりを見せています。 大手消費者金融のアコムもこの例に漏れず「30日間金利0円サービス」を設けています! ここではその適用条件や、様々な他のカードローンと比較した節約金額などを分かりやすく解説し、どんな方に向いたサービスなのかを明らかにしていきます。

借りたその日のうちに返済して2回目以降も金利0!

4つめは、借入れたその日に返済するという方法です。借りたその日に返済すれば2回目以降の借入れ時も金利は無料です。

例えば、外出先で急に現金が必要になり、アコムを利用した場合、その日のうちに返済することで利用日数が0日になるので金利も無料となります。

アコムの利用に適している方・適していない方

アコムの金利や返済、特徴など様々な面を解説してきましたが、アコムの特徴を考慮すると利用に適している方と適していない方がいます。

大きく、アコムに適している方と銀行カードローンに適している方に分類できるので下記の表で確認していきましょう。

アコムに適した方 銀行カードローンに適した方
・すぐにお金を借りたい方
・無利息サービスを利用したい方
・自動契約機でカードを発行したい方
・24時間受け付けで申込みたい方
・金利の低い商品を利用したい方
・借入れを急いでいない方
・時間をかけて完済したい方
・収入の少ない方

すぐに申込んですぐにお金を借入れしたい方はアコムに適しています。また、30日間金利が0円になるサービスもあるので短期的に借入れをして返済ができる方は利息がかからないのでおすすめです。

一方、借入れから返済までをゆっくりしたいという方は銀行カードローンのほうがおすすめです。

金利は銀行カードローンのほうがアコムより低く、利息をアコムよりも抑えられるため、長期的な借入れをしたい方に適しています。

また、主婦などの収入が少ない方も、できるだけ金利を抑えた銀行カードローンのほうが適しています。

(20代/男性/会社員/年収400〜600万未満/借入金額10〜50万円)

審査が早いと聞いてましたが、本当にその日のうちに審査が通りました。金利に関しては初めての場合は30日金利無料ということであまり抵抗なく借りましたが、当初の予定通りにはいかず返済期間が長引いてしまったので正直その恩恵はあまりないです。

また、カードの発行に関しては、無人機でのカードの発行を選択して指示通り操作して発行しました。これほどスピーディーに借りれるのには驚きました。

(30代/男性/会社員/年収400万〜600万未満/借入金額10万円以内)

アコムのカードローンの審査対応は、かなり迅速であったと思います。スマートフォンを用いて、申し込み画面にて必要事項を入力するだけでなく、運転免許証の画像データをアップロードする形で本人確類を提出できましたので、利便性が高いと感じました。

また、会社のトイレの個室にて申し込みをしたのですが、1時間後には在籍確認の電話が会社の代表番号宛にかかってきましたので驚きました。

そして、さらに2時間後には審査を通過したとの連絡をもらい、スマホの画面上で契約手続きを済ませることができましたので、便利だなと感じました。おかげで、その日のうちに定期券を購入することができました。

なお、私も利用しましたが、アコムの独自サービスとしては「30日間金利0円サービス」があります。初めてアコムを利用する人は、契約締結日から30日間については金利が無利息となるサービスです。大きなメリットですので、他の方にも利用をお勧めしたいと思います。

また、私は毎月の返済金額を3000円で設定しましたので、毎月の小遣いのなかから返済し、ボーナスのときに一括返済しました。無理のない返済ができましたので、良かったです。

口コミを見てみると、やはり返済を早期にできる方は、30日間金利0サービスを利用して利便性を感じています。また、審査や借入れのスピードに関してはかなり便利に感じているので、借入れを急いでいる方には最適です。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート サークルKサンクス ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムの金利まとめ

消費者金融大手のアコム。

金利は消費者金融のため、銀行系カードローンよりは高く設定されていますが、30日間金利0円サービスを利用することで短期の借入であれば、利息を抑えて利用することができます。

また、融資スピードも早いため、借入れを急いでいる方にもおすすめのカードローンです。

関連記事

2018年12月26日
2018年12月27日
2019年02月06日
2019年02月01日
2019年02月08日
2018年12月26日
2018年12月26日
2018年12月26日
2018年12月26日
2018年12月26日
2018年12月26日
2019年02月01日
2019年02月06日
2019年02月08日
2018年12月26日
2019年02月08日
2019年02月08日
2019年02月12日
2019年01月31日
2019年02月14日
2019年02月05日
2019年02月01日
2019年01月31日
2019年01月31日
2019年02月12日