更新日:

アコムで増額したい人必読!増額方法や審査項目、審査時間まで徹底解説!

アコムで増額したい人必読!増額方法や審査項目、審査時間まで徹底解説!

アコムで追加の借入をしようとした際に、利用限度額に達して、追加融資が受けれなかったという方もいるかと思います。

そういった時に必要となるのが「増額申請」です。増額申請が認められれば、現在アコムで設定されている限度額を引き上げることができ、追加の融資が可能となります。

限度額を引き上げるためには、増額審査を受ける必要がありますが、審査に通過すれば今よりもたくさんのお金を借りることができるようになります。

しかし増額にはデメリットもあり、減額や利用停止となることも。アコム以外から借りるとき、初めての人なら30日間金利0円サービスが適応されるアイフルをおすすめします。

今すぐアイフル借入診断してみる【公式】

本記事では、増額のメリット・デメリットをはじめ、増額で抑えたいポイントや増額方法といった悩みに答えられるようにわかりやすく説明していきます。

こんな疑問に答えます!
  • アコムで増額するメリットデメリットは?
  • 増額申込の前に抑えたいポイントは?
  • アコムで増額する方法は?

アコムで増額するメリットとデメリット

まず最初に「増額」の概要とメリット・デメリットをご紹介します。

増額のメリット
  • 金利が下がる可能性がある
  • 新規の借入先を作る必要がない

増額により利用限度額が上がることで、金利が下がる可能性があるほか、別のカードローンを借りずに済むので新規の借入先を作る必要がないといったメリットがあります。

しかし、増額にはデメリットもあります。

増額のデメリット
  • 初回審査よりも厳しく審査される
  • 返済能力によっては減額や利用停止のリスクがある
  • 審査時に在籍確認の可能性がある
  • 利用限度額に応じて収入証明書の提出が必要になる

利用限度額を上げるということは、アコムにとっては返済リスクが高くなるということ。そのため、初回審査よりも返済能力を厳しくチェックされますし、その分審査に時間がかかる可能性もあります。

「現時点で適切な限度額がいくらか」を審査されるので、場合によっては限度額を減額されてしまったり、アコムを利用停止になってしまったりするリスクも生じます。

また、改めて審査があるので、在籍確認がおこなわれる可能性があったり、利用限度額によっては収入証明書の提出を求められたりするデメリットもあります。

上記のように増額にはメリットとデメリットがあります。

そこでおすすめしたいのが、アコムと同様の大手消費者金融に新規で申し込むことです。

新規の借入先が増えるというデメリットは確かにありますが、新たな借入先で無利息サービスを利用すれば、利息0円でお金を借りることも可能になります。

大手消費者金融であれば無利息サービスを実施している会社が多いので、この無利息サービスを利用することで、金利を抑えつつお金を借りることが可能です。

特に、アイフルなら審査にかかる時間は最短30分で、即日での振込融資にも対応しています。また、SMBCモビットでは職場への電話連絡がないなど、アコムで増額するデメリットを補うメリットが用意されています。

増額を検討する際はメリットだけを見るのではなく、デメリットと比較するようにしましょう。

アコムの増額申込み前に確認しておきたいポイント

アコムで増額するメリットとデメリットがわかったところで、ここからはアコムで増額申込みをする前に確認しておきたいポイントを解説します。

増額の申込みも新規の申込みと同様に、抑えておきたい確認項目があるので1つずつ見ていきましょう。

事前に抑えたいポイント
  • 総量規制に接触しないか
  • 増額可能期間かどうか
  • 増額した際の適用金利はいくらか

総量規制に抵触しないか

アコムは消費者金融ですので総量規制が適用されます。総量規制とは、借入れ金が年収の3分の1までに制限される仕組みのことを指します。

この総量規制は、ローンの借入れをしすぎて、返済できなくなる人を減らすために作られた規制です。

例えば、年収が300万円だとしたら、このローンの利用者の利用限度額は100万円ということになります。

アコムの増額を考えている方で、借入れ総額が年収の3分の1を超える可能性がある場合は、借入れができない可能性が高いので、事前に自分の借入れ総額を確認しておくと良いでしょう。

増額可能期間かどうか

増額は最低でも新規申込みから半年以上が経過してからでないと、利用者の返済能力がわからないため、審査の通過は難しくなります。

増額の審査は、最低でも新規申込みから半年以上経過してから申し込むようにしましょう。

なお、返済中の方でも増額に申込むことは可能なので、半年以上経過している方であれば、増額申請をおこなう価値はあります。

増額した際の適用金利はいくらか

そもそもアコムは消費者金融の一つですので、利息制限法が適用されます。

利息制限法とは、金利に上限を設けることで債務者を保護するために作られた法律です。下記の表が、利息制限法による利用限度額と金利の一覧です。

利用限度額 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円〜100万円 18.0%
100万円以上 15.0%

ご覧のように、利用限度額が上がっているのと同時に少しずつ適用金利が下がっていることがわかります。

そのため、利用限度額が100万円以上となれば金利は18.0%から15.0%まで下がるため、増額するメリットになりますが、100万円未満となるようであれば、金利が下がる可能性は低いため、増額しても金利面でのメリットはないと考えましょう。

反対に「総量規制に抵触しない」、「借入実績が半年を超えている」、「金利が下がる見込みがある」という方であれば、アコムの増額申請を検討する価値があるといえます。

アコムの増額審査で確認される3つのポイント

アコムの増額における審査は、基本的には新規申込み時の審査と同じ内容です。

しかし、利用限度額を上げる分、新規審査よりも審査を通過するハードルは高くなります。

ここからは増額を検討する際に気になる増額審査の注意すべきポイントについて解説します。

増額審査のポイント
  • 他社での借入れ件数や借入れ額
  • アコムでの返済実績
  • 個人情報の変更有無

①他社での借入れ件数や借入れ額

他社の借入れ件数や借入残高が多いと、増額審査に落ちる確率が高くなります。

また、年収に対しての月々の返済額や返済回数が多いと、返済能力を疑われることもあります。

そのそも、審査においては信用情報がかなり重要な項目としてあげられますが、信用情報には、クレジットカードの履歴、ローンの借入件数・返済状況、金融事故の有無などが記載されています。

初回審査時には問題がなかったとしても、増額申請をするまでに返済遅延などがあったり、ローンの借入件数が増えていたりすると増額審査に不利となります。

アコムの信用情報機関にはJICCとCICの2つがあり、これらの機関に信用情報の開示請求をすることで、自分の信用情報がどのようになっているか確認できるので、自身の信用情報が気になる方は開示請求をしてみるのもよいでしょう。

②アコムでの返済実績

増額の審査を通過するにはまず、アコムで利用実績を作ってアコムとの信頼関係を築くことが重要です。

借入れをして、期日通りに返済し、延滞することなく利用していけばアコムからの信用は厚くなると考えられます。

反対に、返済遅延があった場合などはアコムからの信用は低くなるため、審査落ちの可能性が高くなります。

増額申請までに半年間は利用実績を積むと説明しましたが、利用実績だけでなく、返済遅延を起こさないことも大切です。

③個人情報の変更有無

自宅に関しては持ち家かどうか、家賃はいくらかなどが見られ、勤務先はどれくらいの規模の会社か、正社員かどうかなどが見られます。

もし、新規申込み時に申告した勤務先に変更がある場合は、個人情報を更新してから審査がスタートします。

特に転職で新規契約時から勤務先が変更している場合は、収入が増減している可能性があるため、審査で重要なポイントになります。

転職して収入が増えている場合は審査にプラスとなりますが、反対に収入が減っている場合はマイナスの影響を与えると考えられます。


そのほか転職して間もない場合などは、返済リスクがあるため審査に不利となります。

アコムの増額審査は原則当日回答!

アコムの増額審査は原則として、申込み当日に回答があるため、即日での借入れが可能です。

ただし、前述したように増額審査では初回審査よりも慎重に返済能力が確認されるため、申込みの時間や審査の内容次第では回答が翌日以降になる可能性もあります。

そのため、アコムで即日増額を希望するときは、営業時間内に審査が完了するように早めに増額申請をしましょう。

また、審査を進める中で必要に応じて職場や自宅に在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。

特に、前回の審査から時間が経っていたり、転職をしたりしている場合は、在籍確認の可能性が高くなります。

なお、借入額が50万円以上、もしくは他社を含めた借入総額が100万円以上になる場合には、「収入証明書」の提出が求められ、より慎重に審査がおこなわれます。

大きな金額を借入れようとする場合には、審査に時間がかかる可能性が高いことを理解しておきましょう。

アコムの増額方法は5つから選択可能!

アコムで増額申請をおこなうには5つの申込み方法があります。直接、窓口やATMに行く申込み方法もあれば、来店せずに申込むこともできます。

下記ではそれぞれの申込み方法について説明します。

①インターネットでの申込み

インターネットによる申込み受付時間は24時間です。そして、増額の審査回答は原則当日となっているため、審査に通れば即日融資を受けることが可能です。

21時50分から翌8時までに申込みをおこなった場合、9時以降に審査結果を通知してもらうことが可能です。

朝8時以前に申込みをおこなえば、同日に審査結果を知ることができるので、急ぎの場合はインターネットで申込みをおこなうことをおすすめします

②電話での申込み

電話で申込む場合、総合カードローンデスクに電話をかけて申込むことになります。オペレーターが増額可能かどうかを確認してくれます。増額が可能であれば、そのまま審査への手続きという流れになります。

③店頭窓口での申込み

アコムの店頭窓口で、担当者に増額したい旨を伝えると対応してもらえます。申込み可能時間は平日の9時30分から18時です。

有人店舗は以下の店舗ですので最寄りの店舗を確認してください。

地方名 店名
北海道 ・札幌駅前支店
東北 ・仙台駅前支店
・新潟支店
関東 ・宇都宮駅前支店 
・大宮西口支店 
・津田沼支店 
・西新宿支店 
・渋谷ハチ公前支店 
・池袋西口支店 
・立川支店 
・相鉄横浜駅前視点 
・川崎駅前統括支店
東海地方 ・静岡駅前支店
・名古屋駅前支店
近畿地方 ・京都駅前支店
・天王寺統括支店
・梅田支店
・三宮支店
中国地方 ・八丁堀支店
四国地方 ・松山市駅支店
九州地方 ・福岡天神支店 
・小禄支店

④むじんくん(自動契約機)での申込み

むじんくんで増額申請する際は、ガイダンスに従って申請すれば手続きができます。

営業時間は8時から22時で、年中無休です。一部の店舗は営業時間が異なるので、店舗検索ページから営業時間を確認してください。

⑤ATMでの申込み

ATMによる申込みは、画面の指示に従って進めてください。ATMは受付可能時間が24時間で、いつでも申込みできる点がメリットです。

ATMでの申込みもインターネットでの申込みと同様、21時50分から翌8時までに申込みを行った場合、9時以降に審査結果を通知してもらうことが可能です。

朝8時以前に申込みをおこなえば、原則当日に審査結果を知ることができます。

アコムの増額審査に際しての必要書類と提出方法

アコムの増額時に注意しておきたいのは、上述したように収入証明書が必要になるケースです。

増額時の利用限度額によって、収入証明書が必要になります。

利用限度額が50万円を超える場合や、他社の借入れ金額との合計金額が100万円を超える場合は、収入証明書が必要です。

また、提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合も必要になります。

下記は収入証明書の例です。

収入証明書の例

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税
  • 県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

以下では収入証明書の提出を要求される際の提出方法を4つ説明します。

①FAXによる提出方法

FAXで提出する場合は、収入証明書の写しの余白に8桁の会員番号を記入しておいてください。

②店頭窓口での提出方法

店頭窓口で提出する場合、収入証明書は原本でも写しでも構わないので、直接手渡ししてください。

店頭窓口の営業時間は、平日9時30分から18時ですが、店舗によって異なる場合があります。店舗検索ページから最寄りの店舗の営業時間を確認しましょう。

③むじんくん(自動契約機)による提出方法

むじんくんで提出する場合は、収入証明書は原本でも写しでも構わないので、画面の指示に従ってスキャンして提出してください。

営業時間は8時から22時ですが、店舗によって異なる場合があるので店舗検索ページから確認してください。

④郵送での提出方法

郵送で提出する場合、アコムの店舗に置いてある封筒に収入証明書の写しを郵送してください。また、収入証明書の余白に8桁の会員番号を記入してださい。

下記は送付先の住所です。

送付先:ACサービスセンター事務係
〒240-0005
神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町134
横浜ビジネスパークウエストタワー9F

アコムで増額することが難しい場合におすすめしたいカードローン

どうしても借入れを急いでいる場合は、増額申請するよりも他社のカードローンに新規で申込むほうが早い場合があります。

増額は審査のハードルが上がるうえに、場合によっては収入証明書を手元に用意する手間が増えます。

アコム以外にもスピーディに融資してくれる消費者金融があるので、他社での借入れを選択肢の1つに入れることもおすすめします。

最短30分で即日融資が可能!アイフル

アイフル
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

TVCMでもよく見かけるアイフルは、審査最短30分で即日融資が可能です。女性向けのローン商品「SuLaLi」やおまとめローンなど、多様な商品展開も魅力的ですね。

アイフルのカードローンなら、初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスを利用することができます。

初めてのカードローンを利用する方で短期借入れを希望している方におすすめです。アイフルをまだ利用したことがない方はぜひチェックしておきたいところです。

会社への電話連絡なし!SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
-
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット

SMBCモビットは、WEBで契約を完結することで「郵便物や会社への電話連絡なし」と公表しているカードローンとなります。

最短10秒の簡易審査で予め融資が可能かどうか知ることができます。

審査時間は最短30分
とスピーディーなので、急ぎで借入れが必要だけれど、周囲の人に知られたくないという方には大変おすすめなカードローンです。

モビットの注意点として、上記3社と異なり無利息サービスがないことがあげられます。

会社への電話連絡がないことを重視している方にはおすすめですが、無利息サービスを重視している方は別のカードローンを選んだほうが良いでしょう。

選べる無利息期間!レイクALSA

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる無利息サービス!※
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

レイクALSAは、最短15秒で仮審査の結果を知ることができます。最短60分で即日融資が受けられ、借入れから返済までWEBだけで完結できるようになっています。

また、すべての提携ATMを手数料無料で利用できる点も魅力的です。

レイクALSAの無利息期間は、初回契約日の翌日から始まります。無利息サービスは、Webからの申込なら「借入残高がいくらでも60日間利息0円」か「借入残高のうち5万円まで180日間利息0円」から選択可能です。

他の大手消費者金融よりも無利息期間が長い点が最大のメリットです。

無利息期間は初回利用日の翌日からスタート!プロミス

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの審査は最短30分で即日融資も可能です。

WEBでの契約完結にも対応しており、金融機関によっては24時間365日、最短10秒の即時振込を受けることができるので、振込でお金を借りたいと思っている方にもおすすめです。

また、プロミスの無利息サービスの最大の特長が、初回利用日の翌日から30日間となっていること。

他社の無利息期間は契約日の翌日から始まることが多いですが、プロミスは
「初回利用日の翌日」から無利息期間がスタートするため、契約したあとすぐにお金を借りない場合でも、無利息サービス期間が終わることはありません。

アコムで増額する方法まとめ

本記事では、アコムで増額するメリットやデメリット、増額前に確認するポイント、増額審査で見られる項目などについて説明してきました。

アコムで増額することで、金利が下がるというメリットはありますが、限度額が下がったり、在籍確認があったりとデメリットも存在します。

また、審査が厳しくなるため、審査時間も初回審査以上にかかる可能性が高くなります。

そのため、特に借入れを急いでいる方であれば、他社のカードローンに申込んだほうがメリットは多いでしょう。

長期的な借入れであればレイクALSA、短期的な借入れはプロミス・アイフル、電話連絡なしのカードローンにしたい場合はSMBCモビットがおすすめです。

増額申請をおこなう前にこれらのカードローンと比較し、自身にとってメリットの多い方法を選択しましょう。

参考:アコム総合カードローンデスク

会計コンサルタントを経て、2017年よりライター・編集者として活動中。 得意なテーマは金融・ビジネスで、マネ会ではカードローン記事の執筆・編集を担当している。本を読むことが好きで、年間の読書量は100冊以上。 保有クレカはエムアイカード。使いすぎ防止で三菱UFJ-VISAデビットを愛用していたが、増税を契機にスマホ決済アプリへの関心を高め、現在は楽天Payを中心にLINE Pay・PayPay・d払い・メルペイを使い分けている。

大坪の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの借り方に関する記事

アコムの金利に関する記事

アコムの増額に関する記事

アコムの返済に関する記事

アコムに関するその他の記事

プロミス:※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要 アイフル:※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合) SMBCモビット:※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 ※ 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。 レイクALSA:※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※金利:貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。 ※ご融資額:1万円~500万円 ※貸付利率(実質年率):4.5%~18.0% ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。 ※お申し込み資格:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方) ※遅延損害金(年率):20.0% ※ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式 ※ご返済期間・回数:最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回) ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。 ※返済期日:お客さまのご都合にあわせて、毎月のご返済日をご指定いただくことができます ※必要書類:運転免許証(ない方は健康保険証など)、収入証明等 ※担保・保証人:不要 ※収入証明書:契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合(レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合/レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合) ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8〜22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります ※無利息期間:初回契約翌日から無利息 ※無利息期間:Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります ※無利息期間:60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで ※無利息期間:30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません ※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります ※無利息期間経過後は通常金利適用 ※商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)) ※貸金業者の登録番号:(関東財務局長(9) 第01024号)