更新日:

アコムのおまとめローンは誰でも使える?審査に落ちる理由を詳しく解説

アコムのおまとめローンは誰でも使える?審査に落ちる理由を詳しく解説

借入れ件数が複数になると、毎月の返済日もバラバラで金利も違うので、返済管理がしにくくなってきます。そこで検討したいのが、借金を1本化するおまとめローン。

いまやどこの金融機関でも、おまとめローンを展開してますが、そのなかでも注目したいのが大手消費者金融のアコムのおまとめローンです。

それでは、アコムのおまとめローンは誰でも申込み可能なのかなど、気になる疑問を詳しく解説したいと思います。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムのおまとめローンの基本情報

まず、アコムの気になる基本情報から見てみましょう。

借入れ上限金額 1万円~300万円
金利 7.7%~18.0%
資金使途 貸金業者債務の借換え
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)

アコムのおまとめローンの正式名称は「貸金業法に基づく借換え専用ローン」と少し難しい名前が付いています。

一見しただけでは、おまとめローンなのか何なのか分かりにくいものですが、間違いなくアコムが展開しているおまとめローンのことです。

この「貸金業法に基づく借換え専用ローン」ですが、本来ならばアコムは消費者金融業なので、総量規制(年収の3分の1以下までの貸付)を守らなくてはいけません。

しかし、何事にも対象外や例外が存在します。総量規制もしかりで、すべての金融機関で総量規制を守らなくてはいけないということではありません。

同じ金融機関というカテゴリであっても、総量規制を守る必要があるのは、消費者金融や信販会社といった貸金業者です。

対して、銀行が守るべき法律は、貸金業法ではなく銀行法です。

つまり守るべき法が違うので、銀行が展開するカードローンは、貸金業法の総量規制の対象外という位置づけです。

また同じく総量規制の対象外のなかに「顧客に一方的に有利となる借換え」という文言が存在します。

これは読んで字のごとく、利用する顧客が一方的に有利になる借り換えを指すので、おまとめローンは、これに該当します。そのためアコムからの借入だとしても、おまとめローンを利用するならば総量規制の対象外となるのです。

アコムのおまとめローンの申込み方法はフリーコールのみ

通常、アコムから借り入れをする場合には、インターネットや電話、自動契約機からなど複数の申込み方法があるものですが、おまとめローンの申込み方法に限ってはフリーコール(0120-07-1000)一択です。

「フリーコールの営業時間内に申込みができるかな」と不安になってしまいますが、アコムのコールセンターは、24時間対応可能です。そのためWEB申込み同様に時間も曜日も気にすることなく申込みできるのが特徴です。

アコムおまとめローンの申込みから借入れまでの流れ

アコムおまとめローンの申込み方法は、先に話したようにフリーコールからのみ受付可能です。それでは申込み受付から借入までの流れを見てみましょう。

アコムおまとめローンの契約までの流れ

  1. フリーコール(0120-07-1000)へ電話し、申込みを希望する
  2. 必要書類を準備し、店頭窓口もしくは自動契約機へ出向く
  3. その場で契約
  4. 契約後アコムから借入先に振込がされ完済

基本的な流れは上記のとおりです。もし「来店も自動契約機に行くのも難しい」という事ならば事前に相談することで、郵送での契約も可能です。

ただその分、振込までに時間を要します。おまとめローン契約後は、他社分を完済させなくてはいけませんので、契約までの日付が長くなればなるほど、他社に支払う利息が増えていきます。その点は慎重に判断していきましょう。

【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムのおまとめローンの即日融資は難しい

結論から先に言いますが、アコムおまとめローンでの即日融資は難しいと思っておいたほうがいいでしょう。

アコムは融資までのスピード力に定評がある大手消費者金融です。そのため「いくらおまとめローンと言えど、消費者金融独自の審査力でスピード融資もしてくれるのではないか」と期待してしまいますが、難しいのが現状です。

理由は、先に話したように融資をしてもらったとしても、契約者の手元に現金が入る訳ではありません。他社完済分はアコムがおこないます。そのため残高の確認をしなくてはいけなかったりと通常のカードローンよりも手間がかかるのです。

そうこうしている間に、銀行振込の時間は過ぎてしまいますから、どうしても申込みをしたその日に他社分もすべて完済というのが難しくなっています。

アコムのおまとめローンでまとめられるのは元金だけ

おまとめローン=融資してもらったお金で他社分の借金をすべて完済できる、というイメージが強いのではないでしょうか。

アコムのおまとめローンでまとめられるのは、元金のみです。しかし完済はその日の利息込みの金額を支払わないと、完済扱いにはなりません。つまり、本当に完済するには完済日までの利息を手出ししなくてはいけません。

そのためアコムには「いつの振込になるのか」という確認をしたうえで、他社に「〇日に完済予定なので、その日までの利息を教えてほしい」と連絡をしなくてはいけない手間、そして手出し分の利息支払は発生するので注意しておきましょう。

提出書類は事前に準備しておこう

アコムおまとめローンで必要になる書類は、本人確認書類と収入証明書です。それでは詳しく見てみましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

要は、顔写真付き身分証明書であれば問題ありません。両方とも所有していない場合には、健康保険証プラス住民票や公共料金領収書、納税証明書が必要になってくるので、事前に準備しておくといいでしょう。

収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税類通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書

これらの書類はすべて最新年度、または直近過去の分を準備しておきましょう。ちなみに給与明細がもし手書きであれば勤務先の社印が必要です。経理担当者の個人名捺印では通りませんので、一度給与明細書を確認しておくことをおすすめします。

在籍確認は必ずおこなわれる

アコムおまとめローンでの在籍確認は、必ずおこなわれます。とはいえ、これはおまとめローンに限った話ではなく、どの金融商品に申込みをしたとしても必ずおこなわれるものです。

もちろん「アコムです」など社名を名乗る事はなく、担当者の個人名でおこなわれますし、電話口に必ず申込者が出て対応しなくてはいけないという話でもありません。

要は、申告している勤務先で本当に働いているかどうかの確認です。

もし会社の人に何か言われそうな場合には「付き合いでキャッシュカードを作らなきゃいけなくて」など誤魔化せるセリフを考えておくといいでしょう。

アコムのおまとめローン審査落ちの人に共通する5つの項目とは

アコムの審査落ちに共通する5つの項目を表す画像

アコムのおまとめローンにも通常どおり審査が入りますので、審査の結果、残念ながら希望に添えない人も出てきます。

アコムは審査内容や基準を公表していませんから、一概に「こうすれば審査に通る」などは言えません。しかし、審査に落ちる人にはある特徴があるので、それを回避することで融資に繋がる可能性は出てきます。

それでは、審査落ちする人に共通する5つの項目とは何かを詳しく見てみましょう。

審査落ち原因1.個人信用情報に問題がある

審査落ちになる大きな原因は、信用情報機関から得た情報内容にネガティブな情報が記載されていた場合です。

どこまでを許容範囲とするのかは、各金融機関での判断ですが、おまとめローンは通常のアコムカードローンよりも融資金額が大きくなるので、その分厳しくなることが予想されます。

そのため通常の審査では許容範囲であった、内容もおまとめローンでは厳しくみられる事もあるので、できる限り延滞はないように心がけておくことが重要になってきます。

また同時に複数の申込みをすると、その情報も信用情報に記載されます。あまりにも申込み件数が多いとそれだけで「申込みブラック」となり、審査落ちしてしまう原因にもなるので控えておいたほうがいいでしょう。

審査落ち原因2.他社借り入れ件数

おまとめローンを利用する以上、借入先が複数あるのも当然なのですが、審査時では他社借入件数も審査項目に入ってきます。件数も少なければ少ないほどいいので、できる限り5件以内に抑えておいたほうが望ましいでしょう。

もし使っていないけれども所有しているカードがあれば、持っているだけで借入れ件数に反映されてしまうので解約手続きをして1件でも減らすことをおすすめします。

審査落ち原因3.年収が低い

いくらアコムのおまとめローンが総量規制の対象外だとしても、年収があまりに低ければ審査落ちの原因になります。

年収は返済が本当にできるのかという基準にもなりますし、仮に他社を今回まとめたとしても、問題なく返済ができるのかなど多角的に判断する材料になる部分です。

多ければそれでいいという訳でありませんが、せめて収支のバランスが崩れていない程度の収入がなければ融資にはつながりません。

アコムとしても融資する以上、返済が難しくなるほどの収入であればリスクが大きすぎて貸付ができないのです。

審査落ち原因4.アコムを利用したことがない

意外に思われるかもしれませんが、今までまったくアコムを利用したことがない人は、おまとめローンに落ちてしまう傾向にあります。

申込み条件を確認しても、特に「アコムを利用したことがある人」という文言はないのですが、考えられる可能性があるとすれば、アコムが大手消費者金融業であることではないでしょうか。

おまとめローンを借りるということは、すでに他社に複数契約があることでしょう。初めてキャッシングをする場合、心情として「大手が安心」と思うのが一般的です。

そこでなぜアコムを借りず、他社から借り入れをして最終的にアコムでまとめることになったのか…。と、いらぬ疑いをかけられてしまうのです。

大手はアコムだけではありませんが、アコムだけをスルーして借入を増やす、というのも確かに不自然ではありますから、可能性としてアコムの審査に落ちたのではないかと予想されるのです。

先に話したように、通常のアコムカードローンよりも融資金額が大きいので、おまとめローンはより審査が厳しい傾向にあります。通常の審査に通らない人がおまとめローンに通る可能性は極めて低いものです。

このような状況から、アコムを利用したことがない人は、アコムのおまとめローンにも通りにくいと言われています。

審査落ち原因5.収入が安定していない

審査時で確認されるのは年収の金額だけではありません。いかに安定した収入を得られているのかも大事なポイントです。

先に「年収が高ければいいというものでもない」と話したのも、ここが理由です。

例え高収入であったとしても、月によって収入金額にバラつきがあれば「収入が少ない月はどうやって返済をするのか」という点が不安視されます。そのため収入の高さはもちろん、いかに安定しているのかも審査に通るか否かの壁なのです。

アコムのおまとめローンの返済方法は3種類

アコムのおまとめローンを契約し、他社を完済させれば、いよいよアコムへ今後は毎月返済をしていきます。

毎月のことですから、ライフスタイルにあった返済方法を選ばなくては返済しにくくなってしまうものです。アコムのおまとめローンの返済方法は3種類あるので、自身に合った返済方法を見つけていけるのではないでしょうか。

アコムのおまとめローンの返済方法

  1. アコムATMで返済
  2. 提携ATMで返済
  3. 口座引き落としで返済

それでは詳しい返済方法を見てみましょう。

アコムATMでの返済方法は?

アコムの自動契約機(むじんくん)や、店頭窓口の敷地内に設置されているアコム専用ATMからも返済ができます。

利用手数料は発生せず、基本的に24時間いつでも利用可能ですが、設置場所が店頭窓口や自動契約機であれば営業時間内にしか利用ができません。

そのため少し使い勝手が悪く、なおかつ「誰かに見られるかもしれない」というデメリットが発生します。

提携ATMでの返済方法は?

アコム専用ATM以外でも、提携ATMから返済ができます。利用時間は各提携ATMによって異なるので事前にしっかりと確認しておきましょう。

提携先 ATM利用可能時間
三菱UFJ銀行 ATM設置場所の営業時間による
セブン銀行 0:10~23:50(※1)
イーネット 24時間利用可能
ローソン銀行 0:10~23:50(※1)
イオン銀行 ATM設置場所の営業時間による
北海道銀行 ・平日/8:00~21:00
・土日祝日/8:00~21:00
北陸銀行 7:00~21:00(※3)
東京スター銀行 ・平日/8:00~21:00
・土日祝日/8:00~21:00
八十二銀行 ・平日/7:00~23:00
・土日祝日/8:00~21:00
第三銀行 8:00~21:00
広島銀行
・平日/8:00~21:00
・土日祝日/8:00~19:00
西日本シティ銀行
8:00~21:00
親和銀行 8:00~21:00
熊本銀行 8:00~21:00
クレディセゾン 店舗・施設の営業時間に準じる
(※1)月曜日の1:00~5:00はメンテナンスのため利用不可
(※2)毎月第二月曜日1:30~7:00まではメンテナンスのため利用不可
(※3ハッピーマンデー(成人の日、海の日、体育の日、敬老の日)の当日8:00までは利用不可


【注意!】ATMは手数料が発生する

提携ATMを使って返済をすると、利用手数料が毎回発生してしまいます。いつでも使えて利用しやすい反面、手数料が発生するというデメリットも存在するので注意しておきましょう。

返済額1万円以下
返済額1万円超
108円 216円

口座引き落としでの返済方法は?

利用手数料ももったない、かといってわざわざ専用ATMに行く時間もない、となれば口座からの引き落としという選択が有効です。

手続き方法は、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に連絡し、口座振替を希望する旨を伝えれば完了です。

口座振替になれば毎月6日が引き落とし日になるので、給料日と大きく開いていないかを事前に確認しておくといいでしょう。また手続きから開始まで2~3カ月程度、時間を要します。手続き完了までは今までの返済方法で返済をおこなってください。

なおアコム総合カードローンデスクは、24時間対応ではありません。平日9時~18時までが営業時間ですから、営業時間内に手続きをしておきましょう。

アコムおまとめローンでのメリットは3つ

アコムのおまとめローンのメリットを享受して笑顔の女性

アコムのおまとめローンの概要などが分かったところで、気になってくるのはどのようなメリットがあるのかという点です。

繰り返しになりますが、何もおまとめローンを展開しているのはアコムだけではありません。探してみれば銀行から消費者金融まで幅広く展開しているのが、おまとめローンなのです。

金利面や条件だけではなく、「アコムのおまとめローンと契約をしたらこんなメリットがある」という付随の部分も併せて検討していくと後悔も少なくなります。

アコムのおまとめローンで得られるメリットは、下記のとおりです。

アコムのおまとめローンのメリット

  • 返済管理が楽になる
  • 月の返済額が下がる可能性がある
  • 審査スピードの速さ

この3点を以下で下記で順番に説明します。

アコムおまとめローンでのメリット1:返済管理が楽になる

まとめることで得られる最大のメリットは、返済管理のしやすさです。

今までバラバラだった返済日、そして金利が1つに集約されますので残高も分かりやすくなっています。また返済日もまとめることにより、うっかり返済忘れで遅延損害金を支払う事も避けられるので、無駄な支出を抑えられるのもメリットです。

アコムの返済は、返済日3日前にお知らせメール、返済日当日にもお知らせメールと二重で知らせてくれるので、返済日忘れ予防にも繋がりますし、インターネットからであれば24時間返済が可能です(事前にインターネットバンキングへの手続きが必要)。

アコムおまとめローンでのメリット2:月の返済金額が下がる可能性がある

「アコムのおまとめローンにすれば確実に返済金額が下がる」とは、断言できませんが、多くの人は以前よりも返済金額が下がっています。

どの金融商品にも共通して言えることなのですが、借りる金額が大きくなればその分、金利が下がる傾向にあります。例えば今まで小口融資だったのであれば、適用金利は18.0%だった可能性が高いです。

それを1つにまとめることで、小口融資から大口融資に変わるので、金利が引き下げられますから、金利が低くなった分、返済金額も下がるという訳です。

そのため「ちょこちょこした借入がいっぱいある」という人ほど、より返済金額が下がる可能性が出てきます。

アコムのおまとめローンでのメリット3:審査スピードの速さ

先に「アコムのおまとめローンは即日融資は期待できない」と話しましたが、それでも他のおまとめローンと比較すれば、審査スピードは速いほうです。

例えば銀行でのおまとめであれば、審査結果が分かるまで1~2週間ほど時間を要することも珍しくはありません。しかしアコムのおまとめローンは消費者金融独自のスピードで、審査をしますからさほど時間は要しません。

先に話したように、完済分の利息は手出しになるので、少しでも審査結果が早くでたほうが、利息の支払いも抑えられます。

アコムのおまとめローンで生じる3つのデメリットも把握しておこう

申込み先を検討する際に、本当に必要な情報はメリットではなくデメリットではないでしょうか。いいことばかり書いてあると逆に怪しく感じてしまいますし、もしデメリットがあったとしても事前に把握していたかどうかで、受ける印象も変わってきます。

他者にとってデメリットであっても、自身ではデメリットに感じないならそれが一番ですし、もし「ちょっとこのデメリットは…」ということならば、申込み前に気づいておいたほうがいいものです。

アコムのおまとめローンでのデメリットとしては、以下3点が挙げられます。

アコムのおまとめローンデメリット

  • 審査が厳しい
  • 最高融資限度額が低い
  • 銀行カードローンはおまとめできない

3つのデメリットを下記で順番に説明します。

アコムのおまとめローンでのデメリット1:審査が厳しい

繰り返しになりますが、アコムのおまとめローンの審査は決して甘いものではありません。融資金額が高額になるので、アコムとしても極力リスクは負いたくないものです。

そのため通常のカードローンであれば、許容されるような部分もおまとめローンでは否決になってしまうことも珍しくありません。

「アコムのおまとめローンと言っても、消費者金融なんだから銀行よりも審査は甘いでしょう」という気持ちで申込みをすると返り討ちにあってしまいます。消費者金融だからと気を抜かずにしっかりと審査落ちしないように、事前にとれる対策はとっておきましょう。

アコムのおまとめローンでのデメリット2:最高融資額が300万円と低い

アコムのおまとめローンの最高融資額は300万円です。まとめたい借入れが300万円以下ならばさほど問題ありませんが、問題は300万円以上ある場合です。

借入が300万円以上あれば、そもそも、借金をまとめることもできませんから申込みをしてもあまり意味がありません。

その状況ならばアコムのおまとめローン以外の選択肢を持ったほうが、賢明です。

アコムのおまとめローンでのデメリット3:銀行カードローンは対象外

アコムのおまとめローンでまとめられる借入は、「貸金業者からの借り入れ」のみです。

そのため、銀行カードローンの借入れはまとめることができません。まずは今抱えている借入の種類(銀行からなのか消費者金融や信販会社からなのか)を確認し、どの借入が最も残高が多いのかをチェックしてみましょう。

もし「銀行カードローンの残高が1番多い」となれば、そもそもアコムのおまとめローンでまとめても、銀行カードローンはおまとめできませんから、期待しているほどの効果は得られません。

またクレジットカードのリボ払いもおまとめ対象外なので、注意しておきましょう。

アコムのおまとめローンまとめ

アコムのおまとめローンの申込み方法はフリーダイヤルからのみです。WEBや自動契約機からは申込みできないので注意しておきましょう。また気をつけておきたいのが、銀行カードローンやクレジットカードのリボ払いは、おまとめ対象外であること、アコムがまとめてくれるのは借金の元金のみであることです。この点をしっかりと考慮したうえで、検討していくことをおすすめします。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

関連記事