更新日:

アコムで追加融資を受けたい人必見!追加融資できないときの原因と対処法も解説

アコムで追加融資を受けたい人必見!追加融資できないときの原因と対処法も解説

大手消費者金融であるアコムですでにカードローンの契約をしているけれど、「追加で融資を受けたい」という場合には、どのような手続きを取ればいいのでしょうか?

また、新規申込時のように審査がおこなわれたり、収入証明書類などを提出する必要があるのでしょうか。知っているようで知らないアコムの追加融資について、詳しく見てみましょう。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムの追加融資とは?増額との違いも解説

アコムを利用中の方が「追加でお金を借りたい!」と思い、インターネットで検索してみると、「追加融資」や「増額融資」という言葉がヒットするのではないでしょうか。

どちらも、現在の借入金額よりも多く融資を受ける、という意味合いでは同じですが、実は似て非なるものなのです。まずは「追加融資とはなにか?」という点から詳しく見てみましょう。

限度額内での追加融資は、原則として「審査不要」!

追加融資について説明する画像

アコムに申込んで審査に通った際には、「あなたはここまで融資を受けられますよ」という限度額を設定されたことでしょう。そのあとで、まだ限度額に余裕があったり、返済によって限度額に空きが出たりした場合には、「追加融資」を受けることができます。

追加融資とは、限度額のなかで追加の融資を受けることです。限度額内での借入れなので、とくに審査も必要なく気軽に借入れをすることが可能です。

例えば、新規申込時に設定された限度額が30万円で、30万円借入れたとしましょう。毎月返済をおこない、借入残高が25万円になったら、限度額30万円から借入残高の25万円を引いた5万円が追加融資できる金額です。

追加融資のための審査はおこなわれませんが、書類の提出が求められる場合はあります。借入希望金額が50万円を超える場合、または他社借入金額との合算で借入額が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出が必要です。

注意!借入残高を増やすと、毎月の返済金額が変わることもある

追加融資であれば、審査不要でいつでも借入れをおこなえるという気軽さがある一方で、注意しておきたい点もあります。

それは、現在の借入残高を把握していないと、次回返済時に予想外の金額が返済額となっているかもしれないことです。なぜなら、アコムでは限度額と借入残高に応じて、毎月の返済金額が変動するからです。

下表で、限度額と借入残高に応じて変動するアコムの返済金額を見てみましょう。

アコム返済金額一覧
限度額 返済額の割合
30万円以下 借入残高×4.2%以上
30万円超~100万円以下 借入残高×3.0%以上
100万円超 借入残高×1.5%~3.0%以上

例えば限度額が50万円、借入残高も50万円だった場合、返済額の割合は3.0%以上なので、最小返済額は50万円×3.0%=15,000円という計算になります。

ここでのポイントは、返済金額は限度額だけではなく借入残高によっても変動するということです。

追加融資であれば、初回時と限度額が変わらない方もいらっしゃることでしょう。しかし、限度額は同じでも、借入残高が変われば最低返済金額は変わってきます。

例として、20万円の限度額を設定されている人が、10万円借入れていたとします。そのあとで10万円の追加融資を受けて借入残高が20万円になったら、どのように最小返済金額が変動するかを計算してみましょう。

限度額が20万円であれば、返済額の割合は4.2%以上に設定されているので、借入残高に4.2%をかけます。

残高による最小返済金額の違い
借入残高
最小返済金額
借入残高10万円
4,200円
借入残高20万円
8,400円

10万円借入残高が変わると、月々4,200円の差額が発生しました。追加融資を受けて、この返済額の変動に驚くことがないようにしましょう。

限度額内での追加融資だとしても、借入残高が増えればその分、最小返済金額が変わることもあるので、事前に計算をして無理なく返済できる金額なのかを確認しておくといいでしょう。

限度額を超えて融資を受けたい方は、増額審査を受ける必要がある

「追加融資だけでは間に合わないので、限度額自体を増やしたい」ということならば、追加融資ではなく、アコムの増額審査を受ける必要があります。

増額は、その名のとおり限度額そのものを増やすことです。追加融資と異なるのは、「限度額を超えた借入を希望する」、「審査が必要になる」という点です。

増額するためには、新規申込時と同様に、かならず審査が発生します。「希望限度額」や「他社借入金額」によっては、あらたに収入証明書類などの提出が求められる可能性も出てきます。

増額審査の結果、逆に限度額が下がる可能性もあるので注意

アコムの増額審査を受けるときには、場合によっては審査に通らないどころか、現在の限度額が下がる可能性も考えておかなくてはいけません。

とくに、前回の審査時よりも他社での借入件数や借入金額が増えている人は要注意です。他社借入件数や借入金額が増えるということは、支出が増えているとみなされる可能性が高いです。

それで収入もアップしていればまだいいのですが、収入金額は変わらないが支出だけがアップしている状況ですと、返済比率が高くなるので、「返済できなくなるのでは?」という懸念が生じます。

また、返済で遅れが生じているような状況ならば、審査落ちや限度額の原因となりやすいです。心当たりがある人はむやみに増額申請をせず、追加融資でまかなったほうがよいかもしれません。

【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムで追加融資をしたい!まずは「いくら借りられるか」を確認しよう

限度額内での融資である「追加融資」をアコムで希望するならば、まずはいくら借入れができるのかを把握しておくといいでしょう。

なぜなら、利用可能額を確認したうえで、「これじゃ足りない。もっと借りたいのに」ということであれば、アコムで増額することを検討する必要があるからです。

借入可能額は、限度額と借入残高から算出することもできます。「限度額-借入残高=利用可能額」です。ただし、知らないうちに限度額が変更されていることもあるので、注意が必要ですね。

「いくら借りられるのか」を知りたいときは、アコムであれば以下の4つの方法で確認することができます。

借入残高や借入可能限度額、利用可能額を調べる方法

  1. アコムの会員サービス
  2. アコムのフリーダイヤル
  3. アコムATM・提携ATM
  4. アコムの店頭窓口

1.アコムの会員サービス

最も簡単で手軽な確認方法は、アコムの会員サービスで確認するという方法でしょう。アコムの公式ホームページから「アコムの会員サービス」にログインすれば、現在の借入残高や限度額、利用可能額が表示されます。

なお、同じ「アコムの会員サービス」で、「契約極度額の増額お申込み」という箇所も存在しますが、これは追加融資ではなく、アコムへの増額申請になってしまうので間違えないように注意しておきましょう。

追加融資の場合、利用可能額内であれば審査なしで融資を受けることができます。そのため、追加融資を受けるために会員サービスで手続きをする必要はありません。すべきことは、利用可能額を確認することのみです。

アコムの会員ページにログインしてサービスを活用しよう!
アコムでは会員ページにログインして、会員限定のサービスを受けることができます。このページではそのアコムの会員限定サービスがどのような内容になっているかについて解説します。今まで知らなかった便利なサービスが見つかるかもしれません。

2.アコムのフリーダイヤル

「追加融資に際してちょっと聞きたいことがある」など、ほかの疑問点などもある場合には、フリーダイヤル(0120-629-215)に電話をし、オペレーターに直接聞くという方法もあります。

フリーダイヤルは24時間稼働している訳ではなく、営業時間は平日9時~18時と決まっています。フリーダイヤルで確認する際には、営業時間内に電話をするようにしておきましょう。

なお、「利用可能額は分かっているから借入残高だけ知りたい」という場合には、アコムプッシュホンサービス24(0120-134-567)を活用するといいでしょう。自動音声での対応のため、電話応対が苦手だという人でも抵抗なく利用できます。

3.アコムATM・提携ATM

アコムATMや提携ATMでも、借入残高や限度額、利用可能額を調べることが可能です。なぜなら、利用後に発行される利用明細書には、現在の利用状況がプリントされているからです。

ATMに出向き、カードを利用した際に発行される利用明細書に借入残高や利用可能額が記載されているので、その利用明細書で確認をしておきましょう。

また、わざわざATMまで行かずとも、ATMで借入・返済をおこなった際の利用明細書が手元にあるのならば、その用紙を見れば一目瞭然です。

4.アコムの店頭窓口

直接、アコムの店頭窓口に出向いて、利用可能額を調べてもらうことも可能です。ただし、アコムの店頭窓口は無人契約機のように店舗数が多いわけではありません。

「たまたま近くにある」ということであれば問題ないのですが、そもそも居住する地域に店頭窓口がなければ、来店は難しくなってしまいますよね。

「どうしても店頭窓口がいい」という希望ならば、まずアコムのホームページから居住する地域に店頭窓口は存在するのかを調べてから、アクションを起こすといいでしょう。

また、店頭窓口の営業時間は平日9時30分~18時です。土日祝日は休業日なので、営業時間や曜日に注意しておきましょう。

アコムで追加融資を受ける5つの方法

「いくら借りられるのか」を確認し、問題なく追加融資ができることがわかったなら、あとは実行あるのみです。

アコムで追加融資を受けるためには、下記の5つの借入方法を利用することができます。

アコムで追加融資を受ける方法

  1. アコムATM
  2. 提携ATM
  3. アコムのホームページ
  4. アコムのプッシュホンサービス
  5. アコムの提携窓口

ライフスタイルに応じて選択できるので、どの方法が最も自分に合っているのかをしっかりと見極めていきましょう。

1.アコムATM

アコムカードを挿入して画面を操作するだけなので、手軽な方法を選びたいのであればATMからの借入れが得策でしょう。

さらに、アコムATMなら手数料無料で利用することができます。提携ATMでは手数料が発生することを考えると、少しでもお得にキャッシングしたいならアコムATMのほうがおすすめです。

アコムATMで追加融資を受けたいという方は、手元にあるアコムローンカードを持参して、アコムATMまで出向きましょう。カードを差し込み、画面上で「ご融資」を選択します。その後画面が変わるので、希望金額を入力すれば完了です。

2.提携ATM

提携ATMで追加融資を受けることもできます。使い方はアコムATMと同じですが手数料が発生するので、その点は念頭に入れておくことをおすすめします。

アコムの提携ATMは以下のとおりです。

アコム提携ATM

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 東京スター銀行
  • 八十二銀行
  • 第三銀行
  • 広島銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 熊本銀行
  • クレディセゾン

それぞれに営業時間は異なり、メンテナンス時間なども発生します。とくに夜中に追加融資を希望する際には、時間帯によってはATMが使えないこともあるので注意しておきましょう。

提携ATMを利用する際の手数料は、以下のとおりです。

提携ATM手数料(税込)
1万円以下 108円
1万円超 216円

さほど大きな金額ではありませんが、手数料が発生するのももったいないので、お得にATMを利用したいならアコムATMがおすすめです。

3.アコムのホームページ(インターネット)

アコムの公式ホームページからログインできる「会員メニュー」でも、追加融資の手続きは可能です。

アコムの振込キャッシングでは、原則として24時間365日の即時振込が可能です。利用する金融機関によって振込実施時間は異なりますが、例えば楽天銀行であれば、毎日ほぼ24時間、最短1分で振込融資を受けることができます。

アコムで振込キャッシングを利用できる時間の長さは、「急ぎだがATMに出向く暇がない」という人にとっては、非常に便利なポイントですよね。アコムの振込融資に対応している主要な銀行と、振込実施までの時間(目安)を見てみましょう。

銀行ごとの振込までの時間(目安)
銀行名 曜日 受付時間 振込実施までの時間(目安)
楽天銀行 月~日曜、祝日 0時10分~23時49分 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行 月~日曜、祝日 0時10分~23時49分 ・0時10分~8時59分の受付であれば当日9時30分ごろ
・そのほかの時間帯であれば1分程度(※)
三井住友銀行 月~日曜、祝日 0時10分~23時49分 ・0時10分~8時59分の受付であれば当日9時30分ごろ
・そのほかの時間帯であれば1分程度(※)
みずほ銀行 月~日曜、祝日 0時10分~23時49分 ・0時10分~8時59分の受付であれば当日9時30分ごろ 
・そのほかの時間帯であれば1分程度(※)
ゆうちょ銀行 月~日曜、祝日 0時10分~23時49分 ・0時10分~8時59分の受付であれば当日9時30分ごろ 
・そのほかの時間帯であれば1分程度(※)
(※)受付時間が土日祝日の20時~23時49分の場合の振込時間は、翌営業日の9時30分ごろ


楽天銀行以外の銀行で週末に振込キャッシングを利用した場合、実際に入金されるのは翌営業日の9時30分ごろになります。つまり、振込実施時間外は、即日振込に対応していないので、注意しておきましょう。

また、この時間帯はあくまで目安です。時期や金融機関によって、変更になる場合があります。

もちろん、これらの銀行以外でも、多くの金融機関への振込が可能です。振込先によって受付時間などは変動しますので、詳しくはアコムのホームページを事前に確認しておくことをおすすめします。

公式サイトへ 【PR】Sponsored by アコム株式会社

4.アコムのプッシュホンサービス

アコムの自動音声応答「プッシュホンサービス(0120-134-567)」からでも、追加融資は可能です。インターネット同様に、指定の銀行へと振り込みをしてくれるのですが、受付時間によって振込時間も変わってきますから注意が必要です。

プッシュホンサービスの受付時間と振込時間
受付曜日と時間 振込時間(目安)
平日0時〜9時 当日12時頃
平日9時~14時 当日15時頃まで
平日14時~23時50分 翌営業日12時頃
土日祝日0時10分~23時50分 翌営業日12時頃

インターネットと比較すると、振込までの時間に少し時間がかかるのが特徴です。またプッシュホンサービスは24時間稼働しておらず、0時10分~23時50分までの対応です。

時間帯にも気をつけて手続きをおこないましょう。

5.アコムの店頭窓口

あまり数は多くありませんが、アコムの店頭窓口からでも追加融資の申込みは可能です。

アコムの店頭窓口は、借入れのほかに返済の手続きや完済手続きなど、様々な業務を取り扱っています。対面で手続きをおこなうことができる唯一の手段なので、「追加融資以外のことも少し相談したい」という時には、店頭窓口まで出向くといいでしょう。

【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムで追加融資できないときの原因と対処法は?

「アコムでの追加融資は審査を必要しない」と先述しましたが、アコムを利用中の方は誰でも追加融資を受けられるわけではありません。場合によっては、追加融資ができないことがあります。

審査はないのに借入れができないとは、一体どのようなことなのでしょうか? アコムで追加融資できない原因とその対処法をあわせてみてみましょう。

追加融資できないケース

  • アコムで返済を滞納中
  • アコムを解約済みである
  • すでに限度額いっぱいである
  • 信用情報の定期調査で限度額が下がった
  • これ以上借りると総量規制に抵触する

1.アコムで返済を滞納中

アコムの追加融資では、基本的に審査がおこなわれないので、その場合は信用情報に問い合わせられることもありません。そのため、仮に他社での返済に遅れがあってもアコムにはばれにくいものですが、自社の返済状況ならば話は別です。すぐにわかります。

あまりいないとは思いますが、アコムの返済を滞納中にもかかわらず追加融資の申込みをしても、断られてしまう可能性が高いのでご注意ください。

滞納中で追加融資が受けられないときの対処法

アコムの返済を滞納していることが原因ならば、「急ぎ返済をおこなう」こことで追加融資を受けられるようになる可能性があります。ただし、滞納したことで信用を損なってしまい、追加融資を受けられない場合もあります。

また、返済に遅れたことによって、設定されていた限度額を引き下げられている可能性もあります。手続き前に一度、自身の限度額を確認しておきましょう。

アコムの返済を延滞してしまったら?延滞のデメリットと延滞後の返済方法を解説
アコムでキャッシングをしているときは、返済日ごとに返済しなくてはいけません。返済を延滞すると何が起こるのか、時系列で説明します。また、返済を延滞するとアコムから督促の電話や督促状が届きますが、かならずしもすぐに電話や手紙が来るわけではありません。督促の電話や督促状を回避する方法、そして延滞後のアコムへの返済方法についても解説します。

2.アコムを解約済みである

「以前は付き合いがあったがもう完済して、解約手続きまで済んでいる」という場合には、追加融資ではなく、改めて新規で申込みをしなくてはいけません。

アコムで一括返済をして、「借入残高は0円だけど契約は残っている」という状態であれば、限度額内での追加融資が可能です。しかし、一度解約してしまったら、改めてアコムの審査を受ける必要があるのです。

解約済みで追加融資が受けられないときの対処法

完済ではなく解約手続きまでしてしまっているのであれば、改めて申込みをするしか方法はありません。

「解約したかどうかまで記憶にない」ということならば、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話をして状況を確認してもらいましょう。もし解約済みとなれば、その電話での申込みも可能です。

【PR】Sponsored by アコム株式会社

3.すでに限度額いっぱいである

すでに限度額いっぱいまで借りている方は、追加融資を受けることができません。

ただし、「限度額を残していたと思っていたのに、気づけば利用可能額0円だった!」という場合もあります。それは、限度額を引き下げられてしまった場合です。

アコムでは顧客管理の一環として、定期的に指定信用情報機関で、他社借入状況などを確認しています。「他社での借入れが増えた」などの理由で限度額引き下げになってしまうこともあるのですが、その事実を契約者に事前に知らせることはありません。

そのため、「前回の借入れで限度額に余裕を残しているから」と思っても、知らないうちに限度額いっぱいまで借りており、追加融資ができない状況になることがあるのです。

限度額いっぱいだけど追加融資を受けたい場合の対処法

一旦下がった限度額を引き上げるには、増額の申込みという手続きをおこないましょう。審査に通れば、今よりも多くのお金を借りることができるようになります。

アコムでは、電話やインターネット、店舗や自動契約機への来店に加えて、アコムのATMでも増額申請が可能です。下記の記事では、増額審査を受ける方法を詳しく解説しています。

アコムはネットから増額できる?できない?増額方法から審査まで徹底解説!
アコムで追加の借入をしようとした際に、利用限度額に達して、追加融資が受けれなかったという方もいるかと思います。そういった時に必要となるのが「増額申請」です。増額申請が認められれば、利用限度額が増え、追加の融資が可能となります。そこで、本記事では増額の方法や審査における基本情報などを徹底解説したいと思います。

4.これ以上借りると総量規制に抵触する

忘れてはいけないのが、アコムは消費者金融だという事実です。消費者金融である以上、必ず関係してくるのが貸金業法で定められている総量規制でしょう。

消費者金融のような貸金業者は、総量規制によって利用者の年収の3分の1までしか貸付をおこなうことができません。これは、ほかの貸金業者での借入も含まれます。

他社借入などが増え、「これ以上借りると総量規制に抵触する」という場合には、アコムのような消費者金融での追加融資はできなくなっています。また、年収が下がったことで、既存の借入が総量規制に抵触してしまうこともあります。

総量規制で追加融資が受けられないときの対処法

総量規制に達した場合には、とにかく返済して借入金額を減らさなければ、追加融資を受けることはできません。収入を上げるという方法もありますが、収入は一朝一夕では簡単に上がらないものですよね。

少し余裕がある月には多めに返済をするなどして、総量規制に抵触しないように借入金額を調整しましょう。借入金額が年収の3分の1以下になれば、追加融資を受けられる可能性が復活します。

アコムの追加融資に関するQ&A

ここまで、アコムで追加融資を受ける方法や、追加融資できないときの原因と対処法などを解説してきました。

人によっては、「もう少しここが知りたい」などの疑問点が残っているかもしれません。この章では、アコムの追加融資に関してもう少し深掘りをしたQ&Aを見てみましょう。

医療費ローンで借入額が年収の1/3を超えてしまいそう。追加融資を受けられる?

体調を崩すと、どうしても必要になってくるのは医療費です。そこで医療費ローンを活用したものの、借入金額が年収の3分の1を超えてしまいそうな場合、「もうアコムで追加融資を受けることができないのでは?」と今後の生活が不安になることもあるでしょう。

結論をいえば、医療費ローンは総量規制の対象外なので、その心配は要りません。医療費のほか、住宅ローンや車のローンなども総量規制の対象外なので、それらのローンを契約したからといって、アコムで追加融資を受けられなくなることはありません。

ただし、総量規制には関係しなくてもローンを利用していることは事実なので、「返済比率が高いので返済が滞る可能性がある」と判断された場合には、審査にマイナスの影響を与える可能性を否定できません。

他社を含めた借入額が総量規制の範囲を超えた。追加融資を受けることはできない?

すでに総量規制の範囲を超えているのであれば、アコムでの追加融資はできません。結果としては「諦めて、取り急ぎ借入金額を減らすことに専念したほうがいい」ということになりますが、どうしても現金が必要である場合もあるでしょう。

その際には、申込先を銀行カードローンにしてみるという方法もあります。なぜなら、銀行は総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の借入れがあったとしても、状況によっては融資になる可能性が残っているからです。

ただし、銀行カードローンでももちろん審査はありますし、いくら総量規制の対象外とはいえ、他社の借入状況や収支のバランスは考慮されます。昨今は総量規制に準じた自主規制を敷いている銀行も多いので、「かならず総量規制を超えて借りられる」というわけではない点にご注意ください。

「貸金業者以外で借りたい」という方は、下記のような銀行カードローンをご検討ください。

【PR】Sponsored by 株式会社三菱UFJ銀行
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

アコムの追加融資まとめ

アコムの追加融資は、利用限度額内であれば審査なしで融資を受けることが可能です。ただし、いくら審査なしとはいえ延滞などをしていれば、借入れできないこともあります。

まずは、アコムの会員ページなどで現在の借入残高や限度額を確認し、「いくら借りられるのか」を調べたうえで手続きをおこなうことをおすすめします。

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 3.00〜18.00%
無利息期間 最大30日間
借入限度額 800万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの借り方に関する記事

アコムの金利に関する記事

アコムの増額に関する記事

アコムの返済に関する記事

アコムに関するその他の記事