更新日:

smsって必要!?mineoで利用する時の料金&設定方法

smsって必要!?mineoで利用する時の料金&設定方法

「sms」を使ったことはありますか?電話番号を宛先にしてメッセージが送れる機能ですが、送信に料金がかかったり、文字数が決められていたりなど、他のメールよりも使い勝手が良くないと思うかたもいるかもしれません。しかしsmsには、メッセージのやり取りを行うこと以外に、様々なメリットがあります。今回は、格安スマホを提供している「mineo」でsmsを使う方法をご紹介していきます。是非ご覧ください!

mineoとは

mineo(マイネオ)とは、株式会社ケイ・オプティコムが提供している、格安スマホのサービスです。1988年4月2日に設立後、関西電力グループの一員として運営を行っています。auとDoCoMoの通信回線を利用しており、MNP転入の手続きを行えば現在使っている携帯電話番号をそのまま引き継いで使用することができます。

端末に挿し込んである「SIMカード」を、大手携帯会社のものから格安スマホ会社のものへと入れ替えることによって、格安スマホ会社のサービスが利用できるようになります。

毎月の携帯料金が安くなるという魅力がある格安スマホは、大手携帯会社との契約が解除されるため、キャリアメールや割引サービス、電話のかけ放題、データ通信の使い放題などは利用できなくなります。しかし、電話やsms、インターネット接続やアプリ、テザリングは今まで通り使えるのが一般的です。

mineoの公式サイトを見ると、「動作確認端末一覧」が掲載されています。mineoのSIMカードがどの機種に対応しており、どんな動作ができるのかを確認することができる情報です。mineoの料金プランは「Aプラン」と「Dプラン」の2種類です。

各料金プラン別に、SIMフリー端末・auブランド端末・DoCoMoブランド端末の、各機種で分けられており、色々な動作確認をすることができます。例えば、AプランのiPhoneはテザリングに「」が表示されています。

つまり、iPhoneをmineoのSIMカードを入れて使いたい場合は、Aプランに加入するとテザリングができないということになります。使いたい端末が既に決まっている方は、動作確認端末一覧を是非見るようにしてくださいね。

smsって何?

smsは、「ショートメッセージメール」と言います。各携帯会社で作成できるメールアドレスを使用するのではなく、電話番号を使ってメッセージのやり取りができる機能です。つまり、相手のメールアドレスを知らなくても、電話番号さえ知っていればメールができます。

smsは、送受信できる文字数が限られています。

【au】
・半角文字数:160文字まで
・全角文字数:70文字まで
【DoCoMo】
・半角文字数:1,530文字まで
・全角文字数:670文字まで

また、受信は「無料」ですが、送信には一定の料金が必要になります。

【au】
・1通(国内):3円
【DoCoMo】
・1通(国内):3円~30円

smsを使用することによって、月額料金は変わりませんが、1通送るごとに料金が加算されていくという仕組みです。また、送信できるメールの数も限られています。

【au】
・1日200通まで
【DoCoMo】
・1日200通未満

mineoでsmsを使用した場合の料金については、以下にて詳しくご紹介しています。文字数や通数の制限があって、更に送信料がかかるとなると、smsの必要性を感じられない方がいらっしゃいます。しかし、冒頭でもお伝えしましたが、メッセージを送るという機能以外に、sms機能が役立つ場合があります。

mineoの料金プランについて

f:id:Cima0206:20161216002404j:plain

mineoの料金プランは2種類あり、その中でも2種類を選ぶことになります。まず、大まかなプランは以下の通りです。

◆Aプラン
◆Dプラン

Aプランとは、auの回線エリアを使用するauプランのことです。「au 4G LTEサービスエリア」や「au 3G サービスエリア」を使用します。

Dプランとは、DoCoMoの回線エリアを使用するDoCoMoプランです。「Xiエリア」、「FOMAエリア」を使用します。

プランを選択した後は、タイプを選ぶ必要があります。

◆シングルタイプ
◆デュアルタイプ

シングルタイプとは、データ通信のみ行うことができるSIMカードです。電話やメールを他の端末で行い、インターネットやアプリ、動画の再生だけを行う端末に向いているタイプです。スマホを2台使ったり、スマホとタブレットを使ったりする方にオススメです。

デュアルタイプとは、データ通信と音声通話ができるSIMカードです。今まで通り、スマホ1台で電話、メール、インターネット、アプリなどを使用する方にオススメです。

AプランとDプランで、月額基本料金や使用できる機能が違っています。月額基本料金について、以下をご覧ください。

【Aプラン】

◆シングルタイプ

・データ通信(500MB~10GB):700円~2,520円

◆デュアルタイプ

・シングルタイプ+610円

【Dプラン】

◆シングルタイプ

・データ通信(500MB~10GB):700円~2,520円

◆デュアルタイプ

・シングルタイプ

+700円

シングルタイプは同額ですが、デュアルタイプはDプランの方が90円高くなるということですね。AプランとDプランで共通する料金は、「通話料」です。

◆国内通話:30秒につき20円

ただし、大手携帯会社に電話のかけ放題プランがあるように、mineoにも「通話定額」という割引サービスがあります。よく電話をかける方は、通常の通話料よりも360円~720円お得になる通話定額に加入することをオススメします。

AプランとDプラン、シングルタイプとデュアルタイプについて、料金の違いはお分かりいただけたでしょうか?それぞれ通話に使用している回線エリアが違うので、音声通話の料金が違ってくるということになります。

smsの利用料はいくら?

では、mineoでsmsを使用する時にかかる料金についてご紹介していきますね。まず、月額基本料金についてです。

【Aプラン】

・シングルタイプ:無料

・デュアルタイプ:無料

【Dプラン】

・シングルタイプ:120円

・デュアルタイプ:無料

シングルタイプは元々データ通信のみとなっていますが、Dプランの場合、SMS機能の付いているSIMカードと付いていないSIMカードを選ぶことができます。契約の途中でsmsが使いたくなったら、変更手続きをすることができますが、2,000円の手数料がかかります。また、Aプランの場合は「オプションサービス」の申し込みをすることでsmsが使用できるようになります。

smsは、1通送るごとに料金がかかるということをお伝えしました。これは、大手携帯会社でも、格安スマホ会社の1企業であるmineoでも同様のようです。

【Aプラン】

・1通:3円

【Dプラン】

・1通:3円~30円

見ていただくと分かるように、auやDoCoMoで契約をしている時にかかる料金と同額となっています。海外とのsmsについても、それぞれ料金が設定されており、使用可能となっていますが、Dプランのシングルタイプのみ、海外での送受信ができないので注意してくださいね。

このように、mineoでsmsを使用する時は、月額基本料金はDプランのシングルタイプのみ120円が必要になります。また、受信は無料ですが送信は1通ごとに3円~30円必要になります。

なぜsmsが必要なのか

月額基本料金に加えてお金がかかる「sms」。あなたは必要だと思いますか?mineoでは、「@mineo.jp」というメールアドレスを作成することができたり、「LINE」というSNSアプリを使用したりできます。つまり、smsがなくてもメッセージのやり取りを行うことができるということですね。

実際にsmsを使用しなくても、sms機能を付けておくメリットがあります。それは、以下のようなものがあります。



◆セルスタンバイ問題の解決

◆「LINE」認証・端末認証

◆確実に相手に届ける

◆インターネットの接続速度が関係ない

セルスタンバイ問題とは、バッテリー消耗の速度が早いという問題のことです。sms機能が付いていないSIMカードは、機能が付いているSIMよりもバッテリーの消耗が早い傾向にあります。sms機能が付いていない場合、データ通信のみとなるので、電波は「圏外」と表示されます。

すると、スマホが電波を探そうと、常に接続先を探しているような状態になります。つまり、スマホを使っていなくても、知らない間にバッテリーが多く消耗していくという問題が発生してしまうのです。スマホにとって、「バッテリー」は命ですよね。バッテリーが切れてしまうと何もできなくなってしまいます。

あなたがすぐに充電できる環境にいるのであれば、セルスタンバイ問題を気にする必要はありませんが、外出中や旅行先などですぐにバッテリーが切れてしまうと不便です。

「LINE」のアプリをインストールし、使用する時は、「認証」が必要になります。使用者が本人であることを確認するために必ず行われています。「Facebook」のアカウントで認証することもできますが、「電話番号」が存在しないので「LINE電話」はできなくなります。

sms機能付きのスマホは、LINEの認証が簡単にでき、メッセージも電話もLINEで使用可能になります。反対にsms機能が付いていないスマホでLINEを使用したい場合は、Facebookのアカウントが必要になるということですね。アカウントを持っていない方だと、作成することから始めなければいけません。

こういった「端末認証」は、LINEだけでなく様々なアプリで必要となる場合があります。sms機能が付いていれば、電話番号だけで本人確認ができ、すぐにアプリを使えるようになるので、便利なのです。

メールアドレスを使うメッセージのやり取りは、インターネット回線を使用します。つまり、電話番号を宛先とするsmsとは違う回線を使用しているということですね。mineoでは、「@mineo.jp」の他に、「Gmail」や「Yahoo!メール」などフリーメールのアドレスを使用することができます。

これらのメールアドレスを使ってメッセージを送る時は、数か所のサーバーを経由します。1か所でもサーバーがダウンしている時は、メールが相手に届かないということになります。一方smsを送る時は、通話に関するサーバーだけを通り相手に届きます。

また、フリーメールの場合は「迷惑メール」を届かないようにするという受信設定をすることができます。送信先の人が迷惑メール対策をしている時は、メッセージを送っても相手に届かない可能性があります。smsは迷惑メール対策というものがないので、確実に相手に届けられます。

メールアドレスを使用する場合、インターネット接続をしてメッセージの送受信が行われます。つまり、データ通信をするということになります。「通信速度規制」という制限をご存知でしょうか?毎月あらかじめ設定したデータ容量を超えると、通信速度が遅くなってしまうという制限です。

この制限は、インターネットや動画の再生、アプリなどの読み込みが遅くなるので不便です。また、通信速度規制がかかると、メールの送受信にかかる時間も遅くなります。一方smsが気にすべき速度は「通話」に必要な速度です。インターネットの接続が遅いエリアにいても、smsではスムーズにメッセージのやり取りができるということになります。

どうやって使えるようにするの?プラン別設定方法

デュアルタイプの場合は、Aプラン・Dプラン共にsmsについての設定をする必要はありません。つまり、SIMカードを挿し込んだ時点で使えるようになります。シングルタイプの場合は、それぞれのプランで設定が必要です。方法が違っているのでご紹介しますね。是非ご参考にしてください。

【Aプラン】

*オプションサービスの申し込みをする。

◆mineoの公式サイトへアクセス

◆マイページへログイン後、「オプション変更」を選択

◆「smsオプション」にチェックを入れ、「次へ進む」を選択

◆「登録」を選択


【Dプラン】
*「音声通話なし」を「あり」へ変更

◆mineoの公式サイトへアクセス

◆マイページへログイン後、「ご契約サービスの変更」の「タイプ変更」を選択

◆「シングルタイプ」を選択

◆sms機能を「申し込む」にチェックを入れ、「次へ進む」を選択

◆「申し込みを確定する」を選択

mineoは全国的なショップ展開を少なくすることでコストを削減している分、ネット上でのサービスが充実しています。

smsについて、分からないことや疑問、質問がある際は、「マイネ王」というコミュニティサイトを一度ご覧いただくことがオススメです。mineo利用者同士の意見交換ができる掲示板となっており、キーワードを入れて検索をすることもできるので、便利です。

また、公式サイトのお問い合わせフォームからも質問のメールを送ることができます。疑問となる画面をスクリーンキャプチャで保存して、画像を添付することもできます。是非ご活用ください。

まとめ

・mineoの料金プランは2種類あり、更に2種類のタイプで分かれている。

・Dプラン・シングルタイプのみ、基本使用料が120円かかる。

・受信料は無料、送信料は各プランで異なる。

・smsの必要性は、メッセージのやり取り以外にもある。

・デュアルタイプは設定の必要なし、シングルタイプは各プランで設定が必要。

格安SIM比較情報